2014年05月20日

「宇宙の学校」参加者を募集 岡山(5歳~小学6年生までの児童とその保護者100組)

「宇宙の学校」参加者を募集 岡山
//////
Okayama recruiting participants "school of the universe"

Prefecture Lifelong Learning Center (Okayama city north district) is looking for a fiscal 2014 participants of "School of the universe" to be held in conjunction Japan Aerospace Exploration Agency, etc. (JAXA) Space Education Center.

Last spring, signed an agreement with JAXA in the education program provides, prefectural education board that operates the Center held a school from last year. Capacity is 100 pairs and their parents children up to 5 years old - 6th grade elementary school. I recruit a multiple of last year.

He started from June 29, a total of 4 times 8 and 12 May, in February of next year. He studied lunar eclipse and hot-air balloon, and for styrene octopus, to carry out experiments and crafts, and observation. Participation fee is 2,000 yen per family. I apply for up to 30 days.

//////
「宇宙の学校」参加者を募集 岡山

 県生涯学習センター(岡山市北区)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターなどと連携して開催する「宇宙の学校」の平成26年度参加者を募集している。

 同センターを運営する県教育委員会は昨春、教育プログラム提供でJAXAと協定を結び、昨年度から学校を開催。定員は、5歳~小学6年生までの児童とその保護者100組。昨年度の倍を募集する。

 6月29日からスタートし、8、12月、来年2月の計4回。熱気球や月食、スチロールたこなどについて学び、工作や実験、観察などを行う。参加費は1家族2千円。30日までに申し込む。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:56| Comment(0) | 「宇宙の学校」参加者を募集 岡山 | 更新情報をチェックする

マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)

マルナカ VS 天満屋ストア (イオン VS セブン&アイHD の地域戦か)


Marunaka VS Tenmaya Store Co., Ltd. (Or region against ion VS Seven & I HD)
//////
◇ Seven & I HD / 5 trillion trillion 6318/3396/3 5360
◇ ion / 6 trillion 3951/1714/9970

Ion is to integrate the three companies food supermarkets in the Kanto

It was found on the 19th may embark on management integration of the three companies supermarket ions , funded . I integrate the prospect next spring and subsidiary Maxvalu Kanto 100% ion , Maruetsu that ground in the Tokyo metropolitan area , the three companies of Kasumi revolves around Ibaraki Prefecture . Strengthen cooperation and logistics products and procurement , to increase the competitiveness of the metropolitan area for the super and other convenience stores .
Kasumi and Maruetsu Listed on the First Section of the Tokyo Stock Exchange of the three companies . The company plans to open the Board of Directors on the 19th , to be announced in the afternoon the same day .
Integrated form , established a holding company three companies Maxvalu Kanto , Maruetsu , first of Kasumi . Marubeni to invest about 30% in Maruetsu , it plans to ions to establish a joint investment company and, at the same time a majority of the investment holding company , is listed on the holding company . About 70% of the ion , I have adjusted by Marubeni to invest about 30% for the joint venture .
Their respective companies survive after integration , to continue operations in existing brands . You can store under the umbrella is approximately 470 stores , to promote cooperation and large-scale use (PB, voluntary plan ) of the product private brand of ion group , logistics , and the like product procurement , cost reduction can be achieved.
Integration of this time , first step forward in collaboration with Marubeni ion of " metropolitan area super vision " . In addition you have invested in Inageya and Berg , ions , are capital tie-up with Marubeni also Tobu Store Co., Ltd. . Future , there is a possibility to involve the super with a capital these relationships .

From " metropolitan area super vision " , what will Okayama .


In Okayama Prefecture ,
Seven & I HD, Okayama Prefecture, is accelerating the M & A strategy such as Tenmaya Store Co., Ltd. of the ground .
And we are accelerating the M & A strategy such as Marunaka of ion .

In relation to sister company rather than a parent-child relationship as " Marunaka " and " Sanyo Marunaka " , both of which become the company of ion group is currently in the capital on . " Marunaka Holdings " itself is one company of the corporate shareholder that which you have the stock ion the other hand .
The two companies had a supermarket group of originally local , but a subsidiary " Marunaka " , ions are a wholly owned subsidiary " Sanyo Marunaka " on November 25, 2011 .

From being whispered in the market , it's sales reversal of ion and Seven & i . Ion 's in Japan now, but " and Nissen of mail order , Seven & I we are accelerating the M & A strategy such as Tenmaya Store Co., Ltd. of the ground is Okayama Prefecture . Rival reversal might be near" Sugimura Tomio (Economic critic called Mr. ) . Operating income of Seven & I is about twice the ion , market capitalization is more than three times . Only sales are lost to ion . Reason alone , even voice came out " Abduction sales top becomes a runway Toshifumi Suzuki, CEO (81 ) " Nantes ( Financial Analyst ) .


//////

◇セブン&アイHD/5兆6318/3396/3兆5360
◇イオン/6兆3951/1714/9970

イオンが関東の食品スーパー3社を統合へ

イオンが、出資する食品スーパー3社の経営統合に乗り出すことが19日わかった。イオンの100%子会社マックスバリュ関東と、首都圏を地盤とするマルエツ、茨城県を中心に展開するカスミの3社を来春をめどに統合する。商品調達や物流などの連携を強化し、コンビニエンスストアや他のスーパーに対する首都圏での競争力を高める。
 3社のうちマルエツとカスミは東証1部上場。各社は19日に取締役会を開き、同日午後にも発表する予定だ。
 統合形態は、まずマックスバリュ関東、マルエツ、カスミの3社が持ち株会社を設立。マルエツに約3割出資する丸紅と、イオンが共同出資会社を設立し、持ち株会社の過半数を出資すると同時に、持ち株会社を上場させる方針だ。共同出資会社についてはイオンが7割程度、丸紅が3割程度出資することで調整している。
 統合後もそれぞれの会社は存続し、既存ブランドでの営業を継続する。傘下の店舗は約470店となり、イオングループのプライベートブランド(PB、自主企画)商品の活用や、物流、商品調達などで大規模な連携を図ることができ、コスト削減が可能になる。
 今回の統合は、イオンが丸紅と共同で進める「首都圏スーパー構想」の第1弾。イオンは、ベルクやいなげやに出資しているほか、丸紅も東武ストアと資本提携している。今後、これら資本関係のあるスーパーを巻き込む可能性もある。

「首都圏スーパー構想」から、岡山はどうなる。


岡山県では、
セブン&アイHDが、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。
イオンのマルナカなどM&A戦略を加速しています。

資本上においては「マルナカ」と「山陽マルナカ」は親子関係ではなく兄弟会社の関係で、現在はいずれもイオングループの企業となっている。一方で「マルナカホールディングス」そのものはイオン株を所持している法人株主のうちの一社である。
両社は元々地場のスーパーマーケットグループであったが、2011年11月25日にイオンが「マルナカ」を子会社化、「山陽マルナカ」を完全子会社化した。

市場で囁かれるのは、セブン&アイとイオンの売上高逆転だ。現在はイオンが日本一だが、「セブン&アイは通販のニッセンや、岡山県が地盤の天満屋ストアなどM&A戦略を加速しています。ライバル逆転は近いかもしれません」(経済評論家の杉村富生氏)という。セブン&アイの営業利益はイオンの約2倍で、時価総額は3倍以上。売上高だけがイオンに負けている。それだけに、「売上高トップの奪取は、鈴木敏文CEO(81)の花道になる」(証券アナリスト)なんて声も出てきた。

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | マルナカ VS 天満屋ストア | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。