2014年06月26日

岡山県施策にビッグデータ活用へ/海開き控えサメ防御網を設置/子ども向けパラパラ漫画を紹介

岡山県施策にビッグデータ活用へ/海開き控えサメ防御網を設置/子ども向けパラパラ漫画を紹介

岡山県施策にビッグデータ活用へ

//////
The 25th, Okayama Prefecture announced that begin on a trial basis from July 1 efforts to collect and analyze word about Okayama it is written in short posting site "Twitter". Part explores the behavior patterns of people from the vast amounts of information of "big data" use.
On to collect information three months to the end of September, it was ascertained to see if you can get the measures such as planning, it is determined whether or not the full-scale implementation.
Target of data collection is set with any of about 300 words and always includes the word "Okayama", related to the province, "Momotaro", "Korakuen" "aesthetic zone", "Hiruzen", "peach", "Muscat" and "Senya cow" the post became.
Collected using the services of (Tokyo) NTT COMWARE of system development. Impression age and gender, on the keyword of contributors to analyze and whether critical or positive.
Ken, to consider and you can use and development of the event that these data to PR tourist destinations, as an indicator to measure the effect measures. Prefecture Information Policy Division that "to validate any useful data is whether the degree present in the prefectural government on Twitter, you want to explore the use of know-how" and.
//////
岡山県は25日、短文投稿サイト「ツイッター」に書き込まれた岡山に関する単語を収集・分析する取り組みを7月1日から試験的に始めると発表した。膨大な情報から人々の行動パターンを探る「ビッグデータ」活用の一環。
 9月末まで3カ月間情報を収集し、施策立案などに活用できるかどうかを見極めた上で、本格実施の可否を判断する。
 データ収集の対象は「岡山」の単語を必ず含み、県に関係する「桃太郎」「後楽園」「美観地区」「蒜山」「白桃」「マスカット」「千屋牛」など約300語のいずれかとセットになった投稿。
 システム開発のNTTコムウェア(東京)のサービスを利用して収集。投稿者の性別や年代、キーワードに関する印象が肯定的か批判的かなどを分析する。
 県は、これらのデータが観光地をPRするイベントの開発や、施策効果を測る指標に活用できるかなどを検討する。県情報政策課は「県政に有用なデータがツイッター上でどの程度存在するのかを検証し、活用ノウハウを探りたい」としている。
//////
海開き控えサメ防御網を設置

//////
The 26th, the installation work of the defense network to protect the shark from swimmers began in Shibukawa beaches Tamano City ahead on July 12 the sea opening.
Orange to be sharks and hate (about 5 cm square mesh) defense network. Be enclosed in shape of "U" about 400 meters front of swimming area, about 65 meters east, over a period of about 75 meters west.
About ten contractors of the city work from 8:00. Offshore to pull the net in a small boat, I went to the fixed weight of the seabed. Diving board and rope to prevent the entry of personal watercraft by early July also set up in order to prepare for the season-in.
Defense network, set up every year since 1992 received a diver was attacked by a shark in the Seto Inland Sea. No sightings of sharks in recent years, but the city Chamber of Commerce Tourism Division is set to "want you to enjoy it in peace to bathers."
Order to operate efficiently, which focused the business on summer vacation, opening sea of Shibukawa beaches this year, slower than usual two weeks.

//////
海開き控えサメ防御網を設置

海開きを7月12日に控えた玉野市の渋川海水浴場で26日、海水浴客をサメから守る防御網の設置作業が始まった。
 防御網(網目約5センチ四方)はサメが嫌うとされるオレンジ色。遊泳エリアの正面約400メートル、東側約65メートル、西側約75メートルにわたって「コ」の字形に囲む。
 市の委託業者約10人が午前8時から作業。小型船で網を沖合まで引っ張り、海底の重りに固定していった。7月上旬までに水上バイクの進入を防ぐロープや飛び込み台も順次設置し、シーズンインに備える。
 防御網は、瀬戸内海でダイバーがサメに襲われたのを受け1992年から毎年設置。近年はサメの目撃情報はないが、市商工観光課は「海水浴客に安心して楽しんでもらいたい」としている。
 今年の渋川海水浴場の海開きは、夏休みに営業を集中した効率的な運営とするため、例年より2週間遅くなる。
//////
子ども向けパラパラ漫画を紹介

///////
Introducing children's flip book

Corner to introduce drawn on the theme of the house a wide variety of "flip book", has unveiled newspaper Okayama Sanyo Housing Exhibition in (Okayama, Minami-ku, Fujita).
If you'll let enjoy feel free to children visiting the exhibition hall, was opened as a "cartoon library lightly" in the corner of the center house. You are at one point the work of 19 people animator and illustrator, cartoonist from across the country.
Such dog to the mischief a lot in the house during the absence, dad doing its best to desperately so that it is not trampled on monster My home mortgage will remain, their owners just works heartwarming world spreads in unique and turn the page. Some paper itself is shaped like a house or those which treated the photo.
The exhibition hall says it "In addition to increasing the work if well received, the future, we also want to open production experience of classroom flip book" he said. The exhibition hall us (086 239 3434).
///////

子ども向けパラパラ漫画を紹介

家をテーマに描かれた多彩な「パラパラ漫画」を紹介するコーナーが、山陽新聞岡山住宅展示場(岡山市南区藤田)にお目見えした。
 展示場を訪れる子どもたちにも気軽に楽しんでもらおうと、センターハウス内の一角に「ぱらぱらマンガとしょかん」として開設。全国のイラストレーターやアニメ作家、漫画家ら19人の作品を1点ずつ置いている。
 住宅ローンが残るマイホームを怪獣に踏みつぶされないよう必死に頑張るお父さん、飼い主が留守の間に家の中でいろいろといたずらをする犬など、ページをめくるとユニークでほほえましい世界が広がる作品ばかり。写真をあしらったものや紙そのものが家をかたどったものもある。
 同展示場は「好評なら作品を増やすほか、今後、パラパラ漫画の制作体験教室も開きたい」としている。問い合わせは同展示場(086 239 3434)。
///////

岡山県の次世代自動車開発プロジェクト、第2期スタート

岡山県の次世代自動車開発プロジェクト、第2期スタート

//////
Next-generation automotive development project of Okayama Prefecture, the second phase start


To back up the automotive industry is a key industry of the province, the province started the "Okayama next-generation automotive technology research and development projects." In an attempt to follow in the first phase of efforts to 23-25 ​​fiscal year, the province is set to "aim to technology development, such as those employed in the production car."

16 affiliated companies in the prefecture software development and mechanical design, such as automobile body fabrication participation. Mitsubishi Motors with a factory in Kurashiki even joined the joint research, I aim and practical use next-generation electric vehicles and smaller and lighter (EV).

In the first phase project, the production prototype EV equipped with the innovative technology of four-wheel drive car to each, such as "in-wheel motor" and "OVEC-ONE". I gave the results to the development and training of human resources.

Italian wood Ryuta governor in the hope that it "would like to boost in order to activate the automotive industry, which accounts for 10% of the. Prefecture employment success great motivation's began to grow. Related skill was a great success the first phase."

Level that produced a prototype this year, is adopted to the manufacturer up to 28 year to improve the technology.
//////
岡山県の次世代自動車開発プロジェクト、第2期スタート


県の基幹産業である自動車関連業をバックアップするため、県は「おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト」をスタートした。平成23~25年度に取り組んだ第1期に続く試みで、県は「量産車に採用されるような技術開発を目指す」としている。

 機械設計やソフト開発、自動車ボディー製作など県内の関連企業16社が参加。さらに倉敷市に工場をもつ三菱自動車も共同研究に加わり、小型軽量化や次世代電気自動車(EV)の実用化などを目指す。

 第1期プロジェクトでは、自動車の4輪がそれぞれ駆動する「インホイールモーター」など革新的な技術を搭載した試作EV「OVEC-ONE」を製作。開発人材の育成などに成果をあげた。

 伊原木隆太知事は「第1期は大成功だった。関連業者にやる気が芽生えたのがすばらしい成功。県内雇用の1割を占める自動車関連業を活性化すべく後押ししたい」と期待を込めた。

 今年度から試作車を製作し、28年度までにメーカーに採用されるレベルまで技術を向上させる。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 22:00| Comment(0) | 岡山県の次世代自動車開発プロジェクト、第2期スタート | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力

特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力
/////
Okayama Prefecture cooperation established convenience store industry measures the net today in special fraud

Toward the prevention of damage "special fraud" such as billing fraud, such as Ken called for cooperation in the convenience store industry as well as financial institutions, to build a damage prevention network, to open the launch ceremony on the 25th. Measures received that cash transfer means of special fraud have shifted to such as home delivery of convenience stores use cutters from (ATM) Automated Teller. Organization of the same type that the prefecture's first.

According to the police, special fraud number in the prefecture of last year in the 149, the damage amount has doubled from the previous year and about 1.1 billion 42 million yen, it was past the worst. I have remained at a pace similar to that of the approximately 300 million 70 million yen 53 also from January to May this year.

Fraud pose a financial instrument transactions are often trick. Also, instead of letting credited with ATM as the conventional methods to be sent cash by causing funneled luggage such as courier Yupack that is increasing. About 65% of the amount of damage up to May this year (200 million 39 million yen), but that was this new method.

Ken's ongoing "intensive deterrence that together the public and private sectors! Protect the citizens from the special fraud (TSY) strategy" and from this month, but I create a network that spread the participating organizations further. To join Ken Bankers Association, convenience store companies, Ken Trucking Association, courier, postal and Japan about 20 organizations.

Asked to increase the awareness of the damage of special fraud courier or post office, even a convenience store operators in addition to "financial institutions, and halt at the border for sending the luggage of cash into, Ken living safety and security department prevent damage talking added, "if it is possible to.
/////
特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力

振り込め詐欺など「特殊詐欺」の被害防止に向け、県などは金融機関だけでなくコンビニ業界にも協力を呼びかけ、被害防止ネットワークを構築し、25日に発足式を開く。特殊詐欺の現金受け渡し手段が現金自動預払機(ATM)からコンビニエンスストア利用の宅配便などに移行していることを受けた措置。同種の組織は県内初という。

 県警によると、昨年1年間の県内の特殊詐欺被害件数は149件で、被害金額は約11億4200万円と前年から倍増し、過去最悪だった。今年1~5月も53件約3億7000万円と同様のペースで推移している。

 手口は金融商品取引を持ちかける詐欺が多い。また、従来のようにATMで振り込ませるのではなく、宅配便やゆうパックなどの荷物に紛れ込ませて現金を送付させる手法が増えているという。今年5月までの被害額の約65%(2億3900万円)が、この新しい方式だったという。

 県は今月から「特殊詐欺から県民を守れ! 官民一体となった集中抑止(TSY)作戦」を実施中だが、さらに参加団体を広げたネットワークをつくる。参加するのは県銀行協会、コンビニ各社、県トラック協会、宅配便業者、日本郵便など約20団体。

 県くらし安全安心課は「金融機関に加えて郵便局や宅配業者、コンビニ事業者などにも特殊詐欺の被害への意識を高めてもらい、現金入りの荷物を送付する水際で食い止め、被害を防止することができれば」と話している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:47| Comment(0) | 特殊詐欺に対策ネット きょう岡山県が発足 コンビニ業界も協力 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。