2014年06月02日

生きびだんご:冷やして食べて 岡山で本格製造

生きびだんご:冷やして食べて 岡山で本格製造
/////
Full-scale production in Okayama to eat chilled: raw Kibidango

New Kibidango to eat chilled in the refrigerator "raw Kibidango" is gaining in popularity. Dough was sticky by, for example, use a rice cake powder, custard cream white peach flesh into Okayama Prefecture specialty to enter.

Manufacturing company in Okayama City, Naka-ku, "Yamawaki Yamatsuki-do" is devised. It becomes popular and test marketing last summer and JR Okayama Station, in the prefecture and service area, and began full-scale production.

¥ 1,240 ¥ 180 one, six. Many flavors such as flour and brown sugar appeared one after another in the Kibidango industry, competition is overheating. However, the person in charge is expecting "riding a heat wave of recent sales also mad dash" he said.
//////
生きびだんご:冷やして食べて 岡山で本格製造

冷蔵庫で冷やして食べる新しいきびだんご「生きびだんご」が人気を呼んでいる。もち粉を使うなどしてもちもちした生地に、岡山県特産の白桃果肉入りカスタードクリームが入る。

 岡山市中区の製造会社「山脇山月堂」が考案。JR岡山駅や、県内サービスエリアなどで昨夏試験販売して好評になり、本格製造を始めた。

 1個180円、6個1240円。きびだんご業界では黒糖やきなこなど多くの味が次々と登場し、競争は過熱気味。だが、担当者は「最近の猛暑に乗って、売り上げも猛ダッシュを」と期待している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 12:50| Comment(0) | 生きびだんご:冷やして食べて 岡山で本格製造 | 更新情報をチェックする

ショウ賞に京都大・森教授 山中氏に続き日本人2人目 (岡山県倉敷市出身)

ショウ賞に京都大・森教授 山中氏に続き日本人2人目 (岡山県倉敷市出身)
//////
Following the Kyoto Mori Professor Yamanaka in Show Award Japanese second person ( Kurashiki, Okayama Prefecture from )


Life science and medicine department Academic Award of Hong Kong to be awarded to scientists with excellent " Show Award" , was chosen ( 55 ) = molecular biology = Kazutoshi Mori Professor of Kyoto University Graduate School of Science, the winner of this year .

Winner of the Japanese 2nd followed by Shinya Yamanaka , Kyoto University Professor .

Professor Mori has been studying the mechanism of the cells to control the quality of the protein , awarded jointly with Professor Peter Walter of the U.S. California at San Francisco . $ 1,000,000 prize money ( about 100 million yen ) is awarded to two people .

Forest professor commented "We are very pleased , that the light hits the down-to-earth basic research that began 25 years ago . Encouraged by this , we will continue to devote myself to increase the research further " he said.

Professor Mori Okayama Prefecture . Graduated from Kyoto University Faculty of Pharmacy , assumed his present position in 2003 through the University of Texas and the United States .

2004 , Shaw Prize was founded by the influential people of Hong Kong media circles , astronomy ▽ life science and medical ▽ mathematics - three divisions . The award ceremony will be held in Hong Kong in September .


The biologists of Japan - ( Kazutoshi Mori , July 7, 1958 ) Kazutoshi Mori . Dr. ( pharmacy ) . Kyoto University Graduate School of Science, Professor . Molecular biology , cell biology , specializes in biophysics . Kurashiki, Okayama Prefecture from .
Through the University of Texas -doctoral fellow , and H. S. P. Research Laboratories , 1999 Kyoto University , Associate Professor , Professor in 2003 . I revealed how defective proteins made ​​in the endoplasmic reticulum in the cells is sensed , or is processed .
//////
ショウ賞に京都大・森教授 山中氏に続き日本人2人目 (岡山県倉敷市出身)


 優れた科学者に贈られる香港の学術賞「ショウ賞」の生命科学・医学部門で、今年の受賞者に京都大大学院理学研究科の森和俊教授(55)=分子生物学=が選ばれた。

 日本人の受賞は山中伸弥・京都大教授に続いて2人目。

 森教授は細胞がタンパク質の品質を制御する仕組みを研究しており、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のピーター・ウォルター教授との共同受賞。2人には賞金100万ドル(約1億円)が贈られる。

 森教授は「25年前に始めた地道な基礎研究に光が当たったことを、とてもうれしく思っています。これを励みに、さらに研究を高めるべく精進して参ります」とコメントした。

 森教授は岡山県出身。京都大薬学部を卒業し、米テキサス大などを経て平成15年から現職。

 ショウ賞は2004年、香港メディア界の有力者により創設され、天文学▽生命科学・医学▽数学-の3部門。授賞式は9月に香港で開催される。


森 和俊(もり かずとし、1958年7月7日 - )は、日本の生物学者。博士(薬学)。京都大学大学院理学研究科教授。専門は、分子生物学、細胞生物学、生物物理学。岡山県倉敷市出身。
テキサス大学博士研究員,エイチ・エス・ピー研究所主任研究員などを経て、1999年京大助教授、2003年同教授。細胞内の小胞体で作られた不良品のたんぱく質がどのように感知され、処理されるかを明らかにした。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。