2014年06月12日

学力アップは「板書」から 岡山県教委、教員に指導手引配布

学力アップは「板書」から 岡山県教委、教員に指導手引配布

教育県 復活なるか?
「板書」の研究は賛成です。そのデータベースの収集も視野に、「電子黒板」用の「板書」を・・・


//////
It can be seen that teachers can not properly "blackboard" is not a few in the class of elementary and junior high schools in the prefecture, and issued a document entitled "Standard of Okayama-based learning guidance" for the first time, county board of education and began teaching. While the province has raised the "revival of education in Okayama Prefecture", with the aim of dramatic academic achievement up to up to three years, "pointed out the blackboard is not enough from supervisors to patrol the school there were many" (prefectural board of education obligation It is poised to be referred to as Education Division), starting from the blackboard guidance to teachers first academic-up measures.



This document is to create a 10,009 thousand parts, I have distributed elementary and junior high schools in the prefecture, the municipal board of education. As the "foundation of leadership", it illustrates how to write a blackboard in class among them. Were instructed to be the standard's - indicates where to write the blackboard, to enumerate the idea of ??children and students in helping put up learning task, write a summary.

Description How should be assume a further note. It has shown to the right way to hold a pencil, teachers are instructed to teach in compliance with this.

It is a mere memo's written on. Blackboard that that the "blackboard is not able to properly be taken up at the meeting, the more the mosquitoes for example that students can not understand the structural classes are not a few , you are going to "have decided to document this guidance.

The national achievement test last year, ranking prefecture of Okayama has been sluggish 38 small position 6, while 3 is # 32.

The province established the "learning Improvement Program" with the goal we have set the revival of education Prefecture, Okayama "plan alive live country Okayama sunny", to raise the top 10 both rank in up to 28 fiscal year.

"Improving technology to teach the teacher" has become one of the priority measures.


//////

県内の小中学校の授業で「板書」を適切にできない教員が少なくないことがわかり、県教育委員会は初めて「岡山型学習指導のスタンダード」と題する文書を発行し、指導を始めた。県が「教育県岡山の復活」を掲げ、3年後までに劇的な学力アップを目指す中、「学校を巡回する指導主事から板書が不十分だとの指摘が多かった」(県教委義務教育課)といい、学力アップ施策をまず教員への板書指導から始める構えだ。

                   ◇

 同文書は1万9千部をつくり、県内の小中学校、市町村教委などに配布した。そのなかで「指導の基礎」として、授業中の板書の書き方を図解。黒板の書き込む場所を示し、学習課題を掲げたうえで児童や生徒の考えを列挙させ、まとめを書き込む-のがスタンダードであると指示した。

 さらにどのようにノートをとらせるべきかも解説。正しい鉛筆の持ち方まで図示しており、教員はこれに準拠して指導するように指示している。

 同課は「板書が適切にできていないことが会議で取り上げられることが多い。黒板に書かれているのが単なるメモであり、児童・生徒が授業を構造的に理解できない例が少なくないため、今回の文書指導に踏み切った」としている。

 昨年度の全国学力テストでは、岡山の県別順位は小6が38位、中3が32位と低迷している。

 県は「晴れの国おかやま生き活きプラン」で教育県・岡山の復活を掲げ、平成28年度までに両順位を10位以内に引き上げることを目標に「学習向上プログラム」を策定。

 「教師の教える技術の向上」は重点施策のひとつとなっている。

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 20:51| Comment(0) | 学力アップは「板書」から 岡山県教委、教員に指導手引配布 | 更新情報をチェックする

EV導入へ新助成 岡山県、スマートグリッド普及へ

EV導入へ新助成 岡山県、スマートグリッド普及へ
//////
New grant Okayama Prefecture, to smart grids spread to the EV introduction

He started his grant to the introduction of the "power supply function charger with" a new province that has been working electric vehicles (EV) spread with the aim of including global warming began to accept from this month. One of forming a next-generation power network called smart grid, the charger can be used as a power source for household appliances and EV. Ken policy to take this opportunity to promote the more popular.

Not only in one direction of the charging of the EV, the power supply to the house, such as even a possible interactive from EV, the rechargeable battery is called the (vehicle Two home) V2H. And as it Mitateru sort of "battery" and EV, and utilized as a power source for home when charging the battery is low midnight power, not using a car. To help also and lighting information collected at the time of the disaster.

For placement in such rapid charging stations and tourist attractions public institutions, along the national road, to create a "prefecture electric vehicle charger installation vision", so far have advanced infrastructure development subsidies Ken. The desire impetus to the EV dissemination according to V2H which is based on the home in parallel in the future.

To grant the 100,000 yen to 1 target and individuals who have a resident registration in the prefecture. New Energy and Global Warming Response Office query (electro) 086.226.7297.
//////
EV導入へ新助成 岡山県、スマートグリッド普及へ

地球温暖化防止などを目指して電気自動車(EV)普及に努めている県は、新たに「給電機能付き充電器」の導入への助成をスタートし、今月から受け付けを始めた。同充電器はスマートグリッドと呼ばれる次世代電力網を形成するひとつで、EVを家庭用機器の電源として利用できる。県はこれを機に、さらに普及を促進する方針。

 同充電池はEVへの充電という一方向だけでなく、EVから住宅などへの給電も可能な双方向型で、V2H(ビークルトゥーホーム)と呼ばれる。EVを一種の「蓄電池」に見立てるもので、安い深夜電力で充電して、自動車を使用しないときは自宅の電源として活用。災害時の情報収集や照明などにも役立てる。

 これまで県は公共機関や観光地、国道沿いに急速充電スタンドなどに設置するため、「県電気自動車充電器設置ビジョン」をつくり、補助金によるインフラ整備を進めてきた。今後は平行して家庭をベースにしたV2HによるEV普及に弾みをつけたいという。

 県内に住民登録をしている個人などを対象に1件10万円を助成する。問い合わせは新エネルギー・温暖化対策室(電)086・226・7297。
//////
参考
決定打ない「スマート化」の今後
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:49| Comment(0) | EV導入へ新助成 岡山県、スマートグリッド普及へ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。