2014年06月13日

いよいよW杯 (劇的アシストの再現誓う青山「あれを本番で出さないと」) 岡山出身 青山選手 応援

いよいよW杯 (劇的アシストの再現誓う青山「あれを本番で出さないと」) 岡山出身 青山選手 応援

コートジボアール戦 
私の先発メンバー !希望!

柿谷
香川 本田 岡崎
青山 山口
長友 吉田 森重 内田
川島
//////
ブラジル、いざ初戦=ネイマール泰然〔W杯〕

//////
Brazil, emergency first match = Neimaru self-possessed [W] Cup

The 11th, the host country of Brazil was ahead of the next day the opening game of the W Cup, Croatia opponent has made the day before practice in Sao Paulo Arena stadium. Ace of Brazil, Neimaru told enthusiasm "Most Valuable Player also top scorer even did not ask. However, you want to win with everyone of the team" in a press conference.
Brazil versatile talent is aligned, the strongest contender favorite. 22 year-old with a tenth of tradition, piggybacking on oneself the expectations of their home country self-possessed "to understand the role of their own people, know what to do on the pitch" he said. The mini-games, and a sweat in the state of relaxation and teammate, pressure was not seen.
Sukorari director, has been declared "victory obligation" and the W Cup held since their appointment at the time of November 2012. I declared confidently, "The time has come.'s Tournament this time our" he said. He stressed the stance of battle victory "can not go jumping over seven steps.'s First against Croatia tomorrow" and anticipation of the seven games, including the final.
Not fighting spirit "of a great fight in Brazil W Cup opener pride" and captain of Croatia, the Srna. Seen Brazil is overwhelmingly dominant, but Kovacs was director Ikimai "I want to cause the upset. You want to hand the historical results tomorrow" he said.

//////
ブラジル、いざ初戦=ネイマール泰然〔W杯〕

W杯の開幕戦を翌日に控えた開催国のブラジルと、対戦相手のクロアチアが11日、試合会場のサンパウロ・アリーナで前日練習を行った。ブラジルのエース、ネイマールは記者会見で「最優秀選手も得点王も求めていない。ただ、チームのみんなと優勝したい」と意気込みを語った。
 多彩なタレントがそろうブラジルは、優勝候補の最右翼。伝統の10番を付け、母国の期待を一身に背負う22歳は「みんな自分の役割を理解し、ピッチで何をすべきか分かっている」と泰然。ミニゲームでは、チームメートとリラックスした様子で汗を流し、重圧は見られなかった。
 スコラリ監督は、2012年11月の就任時から自国開催のW杯について「優勝は義務」と公言してきた。「時は来た。今回はわれわれの大会だ」と自信たっぷりに宣言した。決勝を含む7試合を見据え「七つのステップを飛び越えていくことはできない。まずはあしたのクロアチア戦だ」と一戦必勝の構えを強調した。
 クロアチアの主将、スルナは「W杯開幕戦で偉大なブラジルと戦えるのは誇り」と気負いはない。ブラジルが圧倒的に優位とみられるが、コバチ監督は「番狂わせを起こしたい。あしたは歴史的な結果を手にしたい」と息巻いた。
//////
コートジボアール戦  岡山出身 青山 が鍵!
//////
Côte d'Ivoire against Okayama from Aoyama is key!


Cote d'Ivoire game
I hope for starters!

Kakidani
Kagawa Honda Okazaki
Aoyama Yamaguchi
Nagatomo Yoshida Morishige Uchida
Kawashima

In order to prevent important first match, kept the rise of,
And ask them to go pounding young Aoyama, the second half, as it is if possible pre-emptive,
When you are lead, before-long or good Endo (Aoyama), Okubo (Okazaki), Osako in (Kakidani)

//////
コートジボアール戦  岡山出身 青山 が鍵!


コートジボアール戦 
先発メンバー 希望!

柿谷
香川 本田 岡崎
青山 山口
長友 吉田 森重 内田
川島

大事な初戦、立ち上がりの失点を防ぐ為、
若い青山にガンガン行ってもらって、後半、先制出来ればそのまま、
リードされたら、遠藤(青山)、大久保(岡崎)、大迫(柿谷)で前がかりがいいかな



//////
劇的アシストの再現誓う青山「あれを本番で出さないと」
//////
"Is not issued in the production there" Aoyama swear reproduction of dramatic assist

There is no excessive tension also the eve of the W Cup his first. Japan representative from the practice of the 11th, embarked on measures of Côte d'Ivoire to play against in the opening match finally. "Remaining 3 days, you are doing it consciously (the Ivory Coast) is in me. Have to packed tightly in two days after (from tomorrow)," and, MF Aoyama Toshihiro (Hiroshima) is final while assuming the other party I went into the preparation Na.

That said, it is not that going to change anything. After having placed in mind the weaknesses or strengths, of the other party, and through the football of their own. Aoyama joined the Zach Japan from East Asia Cup in July last year I put the power "over the past year, it's the way all the way, and I do not even know only that way. To get down to it, you want to defeat at the football" he said.

Zambia against the 6th to the middle played from ADDITIONAL time the second half, I was assisting the winning goal of FW Yoshito Okubo a long feed to the front which became the first play. Dramatic assist awareness of vertical is a characteristic gave birth. GK Nishikawa Shusaku (Urawa) was a teammate last season in Hiroshima to speak as "was happy because it was seen that path while looking at the back of the blue-chan for the first time in a long time."

Also in Hiroshima to which it belongs, Aoyama which has been through a vivid vertical path many times in FW Hisato Sato hold their back always. I show a representative weapons at the club, "I think it is or rather grabbed Ao-chan himself, an opportunity, and became a self-confidence", Nishikawa was delighted as their own thing.

"I think that you able to understand the goodness of their own, and I'm glad it is in the form". Aoyama said the pale of 'but, because it is a practice game "and even looking back so. Production and W Cup. "Because I think it was for the assist. If you do not issued in the production there, you want to challenge in production." In an attempt to be a starter, and will compete in the middle, I just do one's their own play at a given time.
//////
劇的アシストの再現誓う青山「あれを本番で出さないと」

自身初のW杯を目前に控えても過度な緊張はない。11日の練習から、いよいよ初戦で対戦するコートジボワールの対策に乗り出した日本代表。MF青山敏弘(広島)は「残り3日間、自分の中では(コートジボワールを)意識してやっている。(明日からの)あと2日間でしっかり詰めないといけない」と、相手を想定しながらの最終的な準備に入った。

 とはいえ、何かを変えようというわけではない。相手の長所、あるいは弱点を頭に入れたうえで、自分たちのサッカーを貫く。昨年7月の東アジア杯からザックジャパンに加わった青山は「この1年間、ずっとそのやり方だし、自分はそのやり方しか知らない。それを突き詰めて、そのサッカーで倒したい」と力を込めた。

 6日のザンビア戦は後半アディショナルタイムから途中出場し、ファーストプレーとなった前線へのロングフィードでFW大久保嘉人の決勝点をアシストした。持ち味である縦への意識が生んだ劇的アシスト。昨季まで広島でチームメイトだったGK西川周作(浦和)は「久しぶりにアオちゃんの背中を見ながらあのパスが見れたのでうれしかった」と話す。

 所属する広島でも、常に裏を狙うFW佐藤寿人に何度も鮮やかな縦パスを通してきた青山。クラブでの武器を代表でも発揮し、西川は「アオちゃん自身、きっかけをつかんだというか、自信になったと思う」と、自分のことのように喜んでいた。

「自分の良さは分かってもらえていると思うし、それが形になってよかった」。青山はそう振り返りながらも「でも、練習試合なので」と淡々と語った。本番はW杯。「あれを本番で出さないと。そのためのアシストだったと思うので、本番でもチャレンジしたい」。先発であろうと、途中出場であろうと、与えられた時間で自分のプレーを出し切るだけだ。
//////
ブラジル W杯開幕戦飾った ネイマール2発で逆転勝ち

//////
Come-from-behind victory in two shots Neimaru adorned Brazil W Cup opening match

◇ 1 Primary League Group A Brazil W Cup tournament Brazil 3-1 Croatia (June 12, Sao Paulo Arena 2014)

(The 13th Japan time) on the 12th, World Cup of Soccer (W Cup) Brazil tournament opener. Opening match is performed in Sao Paulo Arena of Sao Paulo, Brazil and Croatia representative representative of the primary group A league is played against. Game development that Brazil is scoring own goal as well, come-from-behind victory 3-1 in the activities of two goals Neimaru (22). Turning off the win start towards his sixth victory.

I was reversed wins Brazil of the host country is subjected to local crowd behind. Play the same 18 in Croatia and FIFA Rank 3 in Brazil.

The took the lead It was Croatia. 11 minutes into the first half, Ivica Olic (34) left cross of folly rounder from counter. Nikitsu~a-I~erabitchi the front of the goal (28) changes the angle touch with his right foot, and jumped into the goal mouse to hit the right foot (26) Marcelo of Brazil.

Same 29 minutes, Neimaru (22) dribbles up attack, outside the penalty area, Brazil, which is pre-emptive in rainy day own goal is Swings the left foot from the left front a little goal. Shoot folly rounder was rocked goal net by hitting the right post.

26 minutes into the second half, Brazil tied the score was reversed shook the goal net is daring shed arm (35) GK Sutipe-Puretikosa that Neimaru is, jumped right into PK obtained had been knocked Furejji (30).

Brazil listed additional point goal Oscar (22) is decorated with a win their first match in injury time as well.

The jury of this match in charge of the two assistant referees (42), Toru Sagara (37), of the name tree Toshiyuki (42) Referee Yuichi Nishimura. Japanese referee's in charge of the W Cup opener became the feat for the first time.

Final takes place July 13 to (the same on the 14th).
//////
ブラジル W杯開幕戦飾った ネイマール2発で逆転勝ち

◇W杯ブラジル大会1次リーグA組 ブラジル3―1クロアチア(2014年6月12日 サンパウロ・アリーナ)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は12日(日本時間13日)、開幕。サンパウロ市のサンパウロ・アリーナで開幕戦が行われ、1次リーグA組のブラジル代表とクロアチア代表が対戦した。試合はブラジルがオウンゴールで先制される展開も、ネイマール(22)の2得点の活躍で3―1で逆転勝ち。6度目の優勝に向けて白星スタートを切った。

 開催国のブラジルが地元の大声援を受けて逆転勝ちした。FIFAランク3位ブラジルと同18位クロアチアの対戦。

 先制したのはクロアチアだった。前半11分、カウンターからイビチャ・オリッチ(34)がグラウンダーの左クロス。ゴール前のニキツァ・イェラビッチ(28)が右足で触り角度が変わると、ブラジルのマルセロ(26)の右足に当たってゴールマウスに飛び込んだ。

 まさかのオウンゴールで先制されたブラジルは同29分、ネイマール(22)がドリブルで攻め上がり、ペナルティーエリアの外、ゴール正面やや左から左足を振り抜く。グラウンダーのシュートは右ポストに当たってゴールネットを揺らした。

 同点に追いついたブラジルは後半26分、フレッジ(30)が倒されて得たPKをネイマールが、右に跳んだGKスティペ・プレティコサ(35)の腕をはじいて豪快にゴールネットを揺らし逆転した。

 ロスタイムにもオスカル(22)のゴールで追加点を挙げたブラジルが初戦を白星で飾った。

 この試合の審判団は西村雄一主審(42)、相楽亨(37)、名木利幸(42)の両副審が担当。日本人審判員がW杯開幕戦を担当するのは初の快挙となった。

 決勝は7月13日(同14日)に行われる。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。