2014年06月14日

【W杯】幼なじみ「大ちゃん」に追いつけ!青山のライバルはフィギュアの高橋 (青山を先発に!大久保、遠藤を切り札に!)岡山県倉敷市出身

【W杯】幼なじみ「大ちゃん」に追いつけ!青山のライバルはフィギュアの高橋 (青山を先発に!大久保、遠藤を切り札に!)岡山県倉敷市出身
//////
Catch Up [W] Cup childhood friend in the "Dai-chan!" Rival Aoyama Takahashi figure

Japan representatives to refrain from (Japan time) on the 15th against the Ivory Coast soccer World Cup (W Cup) Primary league opener. The Toshihiro Aoyama (28) = Hiroshima = of defensive MF, there are top athletes childhood friend stood on top of the world. Takahashi Daisuke of men's figure skating it's (28). Aoyama you receive a message of encouragement through the TV get all fired up, "I got a new stimulus. And want to show it in the play" he said.

2 people in Kurashiki, Okayama Prefecture from, from nursery school to junior high school was with. Contact was reduced in high school go on to separate, but to pursue a career of athletes together after graduation.

Had fluttered to the world before it was Takahashi. For the first time competed in the 2006 Torino Olympics, and bronze medal in the Vancouver Olympics in '10. I won the champion at the World Championships immediately.

On the other hand, Aoyama was a succession of setbacks. In addition to repeated injury, rainy day members leakage at the Beijing Olympics in '08 that contributed to the qualification. The "It was a disappointment never tasted. Do not forget even now." It has became emotional support in such a case, it was the presence of a childhood friend.

"Position that I cheer. Had received a stimulus unilaterally. Was chasing back I thought to be a rival on its own until now." Honed vertical path of good, the driving force behind the J1 straight victory. And, packed up to the W Cup representative everyone aim if professional soccer player. Nod "I think that it was close to the Dai-chan is a little" walks that it may be said that it is late-blooming.

Battle of the Japanese national soccer beginning with the Kingdom of Brazil. Aoyama to par to an old friend of former world champion, there is a need to exceed the incredibly high hurdle.

The "to catch up, we have to become a world champion. even if it is said to be a miracle even if, in order to cause the miracle, you want to fight together to the Japanese representative"

Before the W Cup to experience for the first time, it was tightening the mouth to say so.
//////
【W杯】幼なじみ「大ちゃん」に追いつけ!青山のライバルはフィギュアの高橋

サッカー・ワールドカップ(W杯)1次リーグ初戦のコートジボワール戦を15日(日本時間)に控える日本代表。守備的MFの青山敏弘(28)=広島=には、世界の頂点に立った幼なじみのトップアスリートがいる。フィギュアスケート男子の高橋大輔選手(28)だ。テレビを通じて激励のメッセージを受け取った青山は「新たな刺激をもらった。それをプレーで示したい」と意気込む。

 2人は岡山県倉敷市出身で、保育園から中学まで一緒だった。別々の高校に進学して接点は少なくなったが、卒業後はともに競技者の道に進む。

 先に世界へと羽ばたいたのは高橋選手だった。2006年トリノ五輪に初出場し、10年バンクーバー五輪では銅メダル。直後の世界選手権でチャンピオンに輝いた。

 一方、青山は挫折の連続だった。度重なるケガに加え、予選突破に貢献した08年北京五輪でまさかのメンバー漏れ。「味わったことのない失望だった。今でも忘れない」。そんなときに心の支えになったのが、幼なじみの存在だった。

 「今までは自分が応援する立場。一方的に刺激をもらっていた。勝手にライバルだと思って背中を追いかけてきた」。得意の縦パスに磨きをかけ、J1連覇の立役者に。そして、プロサッカー選手なら誰もが目指すW杯代表にまで上りつめた。遅咲きといえる歩みに「少しは大ちゃんに近づけたと思う」とうなずく。

 サッカー王国ブラジルで始まる日本代表の戦い。青山が元世界王者の旧友に肩を並べるには、とてつもなく高いハードルを越える必要がある。

 「追いつくには、世界チャンピオンにならないといけない。たとえ奇跡だといわれても、その奇跡を起こすために、日本代表が一丸となって戦いたい」

 初めて経験するW杯を前に、そう言って口元を引き締めた。
///////
青山先発に使い、大久保、遠藤を切り札に!
///////
Use Aoyama starting lineup, to trump Okubo, Endo!
Hope version

Osako
Kagawa Honda Okazaki
Aoyama Yamaguchi
Nagatomo Yoshida Morishige Uchida
Kawashima

In order to prevent important first match, kept the rise of,
And ask them to go pounding young Yamaguchi, the second half, the defensive reinforcement in the side or back by the case as it is if possible pre-emptive,
When you are lead, before-long is good? Okubo (Okazaki), Endo (Yamaguchi), in Kakidani (Osako)



Use Aoyama starting lineup, to trump Okubo, a Morishige!

Okubo
Kagawa Honda Okazaki
Aoyama Yamaguchi
Nagatomo Konno Yoshida Uchida
Kawashima

In order to prevent important first match, kept the rise of,
And ask them to go pounding young Aoyama, the second half, the defensive reinforcement in the side or back by the case as it is if possible pre-emptive,
When you are lead, before-long is good? Osako (Okubo), Endo (Aoyama), in Konno (Morishige)

///////
青山先発に使い、大久保、遠藤を切り札に!
希望バージョン

大迫
香川 本田 岡崎
青山 山口
長友 吉田 森重 内田
川島

大事な初戦、立ち上がりの失点を防ぐ為、
若い山口にガンガン行ってもらって、後半、先制出来ればそのままか 場合によりサイドバック で守備強化、
リードされたら、大久保(岡崎)、遠藤(山口)、柿谷(大迫)で前がかりがいいかな



青山先発に使い、大久保、森重を切り札に!

大久保
香川 本田 岡崎
青山 山口
長友 今野 吉田 内田
川島

大事な初戦、立ち上がりの失点を防ぐ為、
若い青山にガンガン行ってもらって、後半、先制出来ればそのままか 場合によりサイドバック で守備強化、
リードされたら、大迫(大久保)、遠藤(青山)、今野(森重)で前がかりがいいかな
/////////

【W杯】 MF青山 と FW大久保 「継続性」重視のザックが認めた唯一の例外(大久保、青山を切り札ジョーカーに)

【W杯】 MF青山 と FW大久保 「継続性」重視のザックが認めた唯一の例外(大久保、青山を切り札ジョーカーに)
//////
The only exception Zach FW Okubo of "continuity" importance was recognized

There were also surprise. The 12th, Alberto Zaccheroni coach of Japan national football team (61) went reading in own mouth 23 members facing the Brazil W Cup, but was Foremost among FW is Yoshito Okubo (31 = Kawasaki) was.

For selection of this situation, the commander was "volante" and (defensive MF) position that was troubled to the end.

In order to but. Whether to increase a piece of "volante, So would then cut a piece of DF or FW. Seize the initiative in. W Cup decided to try to choose the offensive player of the lot, there is only this member "

Was expected as the "trump card" in the, was Okubo cites 8 score of Japanese score rank top in the J-League this season.

Continuity among a limited preparation period, coach Zaccheroni's an emphasis. "You have to cherish that you chose a player that has piled up. Together there is no time to go packed now. Are a lot of players that I play an active part recently, had a good performance, but that has been stacked together"

Under such circumstances, Okubo's the only exception. There is only convened at (Osaka Nagai) against Iceland in February 2012 in Zach system, I did not leave the result is also the game. There was also the voice tone of recent at best, from Zaccheroni director of "are written off".

Still commander was in the hope to J-League top scorer last season given the threat to the opponent attack surface. Than what has been stacked, experience and Okubo became the driving force of the previous World Cup South Africa W 16 strong, were subjected to scoring ability that was up significantly in Kawasaki after transferring.

It's MF Aoyama Toshihiro (28 = Hiroshima) Another person, and became the youngest elected to be troubled. "It was solidified roughly in the head at the stage before with respect to 23 people. But in that we want thought until the last minute, I went to see (10 day) game of Hiroshima (versus Shimizu)"

Captain of Hiroshima to fight the Asian Champions League this season, it was exhausted both physically and mentally is, how to withstand the harsh environment of the W Cup -. It was a commander you have guessed seen to have such a theme, but Aoyama showed the performance to meet the expectations well. 23 So people of Zach Japan was effectively fixed.

Of course, members announced only start it for the W Cup. "Quality is also high in Japan representative, I want to leave a testimony Japan soccer that has grown in production." With commanders taken says, challenges players finally begins.
//////
FW大久保 「継続性」重視のザックが認めた唯一の例外

 やはりサプライズはあった。12日、サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)はブラジルW杯に臨むメンバー23人を自身の口で読み上げていったが、FWで真っ先に挙げたのが大久保嘉人(31=川崎)だった。

 指揮官は今回の選考事情について、最後まで悩んだポジションを「ボランチ」(守備的MF)とした。

「ボランチを一枚増やすかどうか。だが、それではFWかDFを一枚削ることになる。たくさんの攻撃的選手を選ぼうと決断した。W杯でも主導権を握るためには、このメンバーしかない」

 その中で“切り札”として期待したのが、今季Jリーグで日本人得点ランクトップの8得点を挙げている大久保だった。

 準備期間に限りがある中で、ザッケローニ監督が重視したのが継続性。「これから詰めていく時間はない。一緒に積み上げてきた選手を選んだ。最近活躍し、いいパフォーマンスをしていた選手はたくさんいるが、一緒に積み上げてきたということを大切にした」

 そんな中で、大久保は唯一の例外だ。ザック体制では2012年2月のアイスランド戦(大阪・長居)での招集しかなく、その試合も結果を残せなかった。最近の調子がよくても、ザッケローニ監督からは“見限られている”という声もあった。

 それでも指揮官は攻撃面で相手に脅威を与えられる昨季のJリーグ得点王に期待を込めた。積み上げてきたものよりも、前回南アW杯16強の原動力になった大久保の経験と、川崎移籍後に格段にアップした得点力にかけた。

 もう一人、悩んだ末の選出となったのがMF青山敏弘(28=広島)だ。「23人に関しては前の段階で頭の中でだいたい固まっていた。でも最後の最後まで考えたいということで、(10日の)広島の試合(対清水)を見に行った」

  今季アジアチャンピオンズリーグを戦い、肉体的にも精神的にも疲弊していた広島の主将は、W杯の過酷な環境に耐えられるのか――。そんなテーマを持って視 察した指揮官だったが、青山は十分に期待に応えるパフォーマンスを見せた。そこでザックジャパンの23人は事実上確定した。

 もちろん、メンバー発表はW杯に向けたスタートに過ぎない。「日本代表はクオリティーも高くなり、本番でも日本サッカーが成長しているという証しを残したい」。こう言い切った指揮官とともに、選手たちの挑戦がいよいよ始まる。

///////
大久保、青山を切り札ジョーカーに

///////
To trump joker Okubo, Aoyama

Expected starting lineup!

Osako
Kagawa Honda Okazaki
Endo Yamaguchi
Nagatomo Yoshida Morishige Uchida
Kawashima

In order to prevent important first match, kept the rise of,
And ask them to go pounding young Yamaguchi, the second half, the defensive reinforcement in the side or back by the case as it is if possible pre-emptive,
When you are lead, before-long is good? Okubo (Okazaki), Aoyama (Yamaguchi), in Kakidani (Osako)


Okubo
Kagawa Honda Okazaki
Endo Yamaguchi
Nagatomo Konno Yoshida Uchida
Kawashima

In order to prevent important first match, kept the rise of,
And ask them to go pounding young Yamaguchi, the second half, the defensive reinforcement in the side or back by the case as it is if possible pre-emptive,
When you are lead, before-long is good? Osako (Okubo), Aoyama (Yamaguchi) and Konno (Morishige)
///////
大久保、青山を切り札ジョーカーに

先発予想!

大迫
香川 本田 岡崎
遠藤 山口
長友 吉田 森重 内田
川島

大事な初戦、立ち上がりの失点を防ぐ為、
若い山口にガンガン行ってもらって、後半、先制出来ればそのままか 場合によりサイドバック で守備強化、
リードされたら、大久保(岡崎)、青山(山口)、柿谷(大迫)で前がかりがいいかな


大久保
香川 本田 岡崎
遠藤 山口
長友 今野 吉田 内田
川島

大事な初戦、立ち上がりの失点を防ぐ為、
若い山口にガンガン行ってもらって、後半、先制出来ればそのままか 場合によりサイドバック で守備強化、
リードされたら、大迫(大久保)、青山(山口)、今野(森重)で前がかりがいいかな
/////////
オランダ 前回覇者スペインに5発リベンジ ロッベンV弾
//////
5 shots Revenge Robben V bullets in the Netherlands last time champion Spain

◇ 1 primary League Group B Spain W Cup tournament Brazil 5-1 Netherlands (June 13, 2014 Salvador)

Three games of the primary league is carried out in (the 14th Japan time) on the 13th the second day World Cup of Soccer (W Cup) Brazil Conference, B group is Spain played against in the 2010 tournament in South Africa the final of the last (FIFA rank Netherlands ranked first) (the 15th) is competition. The great victory at 5-1 in the go-ahead, such as bullet Roppen, Netherlands played a revenge to Spain the previous champion.

It is also pre-emptive in PK 27 minutes into the first half, the Netherlands leveled the score Van Persie to fit in the head of a left cross to the Blind 44 minutes.

And Robben pulled the DF2 people in eight minutes into the second half, go-ahead bullets with his left foot. 2 goals first day of Van Persie, you press the useless Robben scored a goal with his left foot to the 35 more minutes Defurai, in the same 27 minutes in the same 20 minutes.

The Netherlands lost 0-1 at the end of the extension to Spain in the final of the tournament in South Africa. In a rematch since then, I was revenge to previous winners.
//////
オランダ 前回覇者スペインに5発リベンジ ロッベンV弾

 ◇W杯ブラジル大会1次リーグB組 スペイン5―1オランダ(2014年6月13日 サルバドル )

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会第2日は13日(日本時間14日)に1次リーグの3試合が行われ、B組は前回の2010年南アフリカ大会決勝で対戦したスペイン(FIFAランク1位)とオランダ(同15位)が対戦。オランダはロッペンの勝ち越し弾などで5―1で大勝し、前回覇者のスペインにリベンジを果たした。

 オランダは前半27分にPKで先制されるも、同44分にファンペルシーがブリントの左クロスを頭で合わせて同点に追いつく。

 そして後半8分にはロッベンがDF2人をかわし、左足で勝ち越し弾。同20分にもデフライ、同27分にはファンペルシーのこの日2得点目、さらに同35分にもロッベンが左足で得点を決めダメを押した。

 南アフリカ大会の決勝ではスペインに延長の末に0―1で敗れたオランダ。それ以来の再戦で、前回覇者に雪辱した。
///////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。