2014年06月15日

W杯日本代表へファン大声援 (青山選手の出身地・倉敷市の連島公民館、岡山市北区幸町のスポーツバー、イオンモール倉敷、津山市の商店街にて)

W杯日本代表へファン大声援 (青山選手の出身地・倉敷市の連島公民館、岡山市北区幸町のスポーツバー、イオンモール倉敷、津山市の商店街にて)
//////
Fan crowd behind to W Cup Japan representative (Tsurajima public hall of Hometown, Kurashiki Aoyama athletes, sports bar, Kita-ku, Okayama Saiwaicho, Aeon Mall Kurashiki, in the shopping district of Tsuyama)

The 15th, watching the event was held in Okayama prefecture World Cup football (W Cup) Brazilian tournament, and try to support the Japan representative facing the first match. There was no brave figure of MF Aoyama Toshihiro player who is a member as the first province graduates, but sent a loud cheers players to race around the pitch at the venue Kurashiki, such as Tsuyama of Yukari. However, reverse losing result. "What next believe in the success of Aoyama player" and "a victory in the spring chagrin", participants were committed to hope two games to remain.
In Tsurajima community center of Hometown, Kurashiki Aoyama player, rally support by local residents and junior Tsurajima Nishiura elementary school is opened, about 70 people cheered in front of the TV. To raise the spirit to match the voice invisible appearance on the pitch, but of "Ganbare Aoyama player", and watched the deployment. And continued support in the hope that participation of Aoyama players even after it has been reversed.
Ended in disappointing "results, but I want to do my best what the next game. Good and the path to the front of the characteristic Aoyama players if played (28) = Kurashiki = office worker man was a teammate and Aoyama players in elementary school I was talking to a supposed "you'll make the flow of the attack.
About 30 people and guardians players, OB et al club team Hajasu Aoyama players were enrolled in junior high school gathered in the sporting goods store in Kurashiki Kojimaogawa town. Keisuke Honda players and determine the first goal, with both hands raised high toward the big screen "Honda" call. I was inspire players to the end. (14) hoped "was robbed of a point from the left side of the supposed strengths of the Japanese want to see the brave figure of Aoyama players in the game. Following disappointing" and male junior high school three years of the team.
On the other hand, in the Tsuyama there is a high school alma mater, Sakuhi Aoyama players, staff and (47), citizens Masayuki Nomura, director of the school soccer team gathered shopping street in the heart in "Socio-First Avenue." Blast joy high five goals in the Honda player. You strike a megaphone was put a seal of the Japanese flag on the cheek fourth grade of Tsuyama (9) The "great after all." However, the second half fell of momentum, finale of regret lost two points. Women of the same city (64) is said to be "I want alive then the lesson of the day", "Aoyama senior did not appear It is a pity, but the rest (18) male member of three years Sakuhi-daka soccer I spoke to a "want good luck by switching the two games feeling.
There is a public viewing of Adidas Japan sponsored by commercial facilities and Aeon Mall Kurashiki Kurashiki Mizue, about 200 people cheering. Many fans will gather the sports bar of Okayama city north district Saiwaicho, it was repeated the hot "Japan" call.
//////
W杯日本代表へファン大声援 (青山選手の出身地・倉敷市の連島公民館、岡山市北区幸町のスポーツバー、イオンモール倉敷、津山市の商店街にて)

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、初戦に臨む日本代表を応援しようと15日、岡山県内各地で観戦イベントが開かれた。県出身者として初のメンバーとなったMF青山敏弘選手の勇姿は見られなかったが、ゆかりの倉敷、津山市などの会場ではピッチを駆け巡る選手に大きな声援を送った。しかし、結果は逆転負け。参加者は「悔しさをばねに勝利を」「次こそ青山選手の活躍を信じている」と、残る2試合に希望を託した。
 青山選手の出身地・倉敷市の連島公民館では、連島西浦小学校の後輩や地元住民らによる応援集会が開かれ、約70人がテレビの前で声援を送った。ピッチに姿は見えないものの「青山選手頑張れ」の声に合わせて気勢を上げ、展開を見守った。逆転された後も青山選手の出場を願って応援を続けた。
 小学校時代に青山選手とチームメートだった会社員男性(28)=倉敷市=は「悔しい結果に終わったが、次の試合こそ頑張ってほしい。青山選手が出場すれば持ち味の前線へのパスでいい攻撃の流れをつくってくれるはず」と話していた。
 倉敷市児島小川町のスポーツ用品店では青山選手が中学時代に在籍したクラブチーム・ハジャスの選手や保護者、OBら約30人が集まった。本田圭佑選手が先制ゴールを決めると、大型スクリーンに向かって両手を高く掲げて「ホンダ」コール。最後まで選手を鼓舞した。同チームの中学3年男子(14)は「日本の強みのはずの左サイドから点を奪われたのは残念。次の試合では青山選手の勇姿を見たい」と願った。
 一方、青山選手の母校・作陽高校がある津山市では、中心部の商店街「ソシオ一番街」で同校サッカー部の野村雅之監督(47)や部員、市民らが集まった。本田選手のゴールシーンにはハイタッチで喜びを爆発。頬に日の丸のシールを貼った津山市の小学4年生(9)は「やっぱりすごい」とメガホンをたたいた。だが、運動量の落ちた後半、2点を奪われ無念の幕切れ。「この日の教訓を次に生かしてほしい」と同市内の女性(64)は言い、作陽高サッカー部3年の男子部員(18)は「青山先輩が出なかったのは残念だが、残り2試合気持ちを切り替えて頑張ってほしい」と話した。
 倉敷市水江の商業施設・イオンモール倉敷ではアディダスジャパン主催のパブリックビューイングがあり、約200人が応援。岡山市北区幸町のスポーツバーにも大勢のファンが集結し、熱い“ニッポン”コールを繰り返した。
///////

池田動物園 /岡山 <サッカー>W杯ブラジル大会 日本代表勝利願い、象のメリー(<キャプテン翼>人気健在)

池田動物園 /岡山 <サッカー>W杯ブラジル大会 日本代表勝利願い、象のメリー
/////
Wish W Brazil Cup tournament win Japan representative, Mary elephant yellowtail cheer soccer ball-shaped watermelon - Ikeda Zoo / Okayama

In an attempt to support the Japanese national team that qualified for the World Cup of soccer in (W Cup) Brazilian tournament, the 13th, eat vegetables and fruits such as watermelon Merry Indian elephant has a pattern of soccer ball Ikeda Zoo Kita Kyoyama 2, I have to pray for victory "Zach Japan".

Mary is praying for victory each time the W Cup will be held for eight years, third time. Given about 7 kg of fruits and vegetables a total of seven watermelon, apples, and tomatoes, Mary was ate To Perori a favorite food. After Mary had finished eating,'s Garden came sent a Yale representative to Japan loudly! "Japan Go for it".

It was talking cheerfully "I was eating watermelon a soccer ball. It was cute. I want to win in Japan" and Hisanobe YoshiAkira that was the next garden and mom (Hisanobu Mihiro) chan (2).
/////
<サッカー>W杯ブラジル大会 日本代表勝利願い、象のメリーも声援 サッカーボール型スイカがぶり--池田動物園 /岡山

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表を応援しようと、北区京山2の池田動物園で13日、インド象のメリーがサッカーボールの模様をしたスイカなど果物と野菜を食べ、「ザックジャパン」の勝利を祈願した。

 8年前からW杯が開かれるたびにメリーは勝利を祈っており、今回で3回目。スイカ、リンゴ、トマトなど計7種類の果物と野菜約7キロを与えられ、メリーは好物をぺろりと平らげた。メリーが食べ終わった後、来園者は「がんばれ! ニッポン!」と大声で日本代表にエールを送った。

 お母さんと来園したという久延美皓(ひさのぶみひろ)ちゃん(2)は「サッカーボールのスイカ食べてた。かわいかった。日本に勝ってほしい」と元気よく話していた。
/////
<キャプテン翼>人気健在 現役W杯戦士の憧れ
//////
The longing of Popular in good health active W Cup warrior

(W Cup) Brazil tournament has started the World Cup. It's like one of the reasons why football is rooted in Japan, manga sparked a boom of unprecedented football in the 1980s was "Captain Tsubasa". Yoichi Takahashi's author was a baseball boy once, but that was awakened in football in the wake of the W Cup. I heard Mr. Takahashi reason for the popularity of the work which also affected the active W Cup warriors and soccer boy of the world not only in Japan, about the birth secret story. (Mainichi Shimbun Digital)

Original also nostalgic ... Captain Tsubasa Exhibition

The series "Weekly Shonen Jump" in (Shueisha) in the 1981-88 year, "Captain Tsubasa", comics issue 65 million or more copies in the series total. Sequel is drawn even then, in the series of his most recent work "Rising Sun," "Grand jump" in the (same), and has been active sky wings of the hero to aim the vertices of the Olympics as a Japanese captain of the U23 now.

Takahashi's focused on football for the first time, it was Argentina W Cup tournament of '78. The watch by chance on television, and fell in love "field is like a canvas, sports dramatic" he said. And now the subject of a cartoon football in addition to baseball, "Captain Tsubasa" became the debut Takahashi, who aspired cartoonist at the same time as the high school.

Because football was a minor sport at the time, was able to team up with 11 people, needs to be carefully explained also of W Cup. Reputation of the original series was not good enough, but the popularity is up overhead kick of wings drawn in the fourth episode to surprise the reader.

Sports comics at the time, "thing root Obispo" so-called called ...... win after she made an effort to blur the blood was the mainstream, rather than pathetic sense of "Captain Tsubasa", star player is feeding techniques to transcendence basis I shines in thrilling is playing an active part. Takahashi is telling the theme running through the work as "origin are doing football fun", "ball friend" quotable line of the wing also, is "I think everyone wants a like soccer" and that have been put.

Favorite character of such Takahashi best friend, Ishizaki of the wing. At first it was a substitute in the team, but grown to be called representative by overlapping effort. Takahashi said, "and vice versa wings if genius, theme. Everyone in the back is not always get used to the wing, but I wanted to have a dream and children ...... if Ishizaki," he said.

◇ The enthusiasm to deadly shoot

And it's finishing move a number of the frenzy was the football boys. Referred to as "the origin of the idea and I draw and think ...... When you are such a thing. Shoots break through the goal net as well, it called? Kana not Tsukiyabure net of the goal as long as it Hokoron", and overhead kick, heel in the skill of the real heel lift kick up above the head ball and drive chute of course, to save jump goalkeeper kicking the post "jump triangle", a strike of about ball dent in concrete, such as "Tiger shot" original technique also appeared.

◇ quarter of a century from the birth

Became the topic video J-League has reproduce the deathblow is published on the net sequentially from March. "Captain Tsubasa Exhibition" and kicks off at Tokyo Ueno in the 14th, popular quarter-century still alive even after the birth.

wing declared as "to win the W Cup Japan" in the era never Japan came out even once in W Cup. Olympics on the stage latest work is "Rising Sun", there is also a sense to support a "representative, and Takahashi work everyone able to get well laughing," I doubt you can either before the W Cup, you can either draw the Olympics " you are talking with "want to draw. Takahashi is hopeful that it is "I think (or more to compete possible) non-zero, and the possibility of winning the most ever to be high" for W Cup victory in the Japan.

//////
<キャプテン翼>人気健在 現役W杯戦士の憧れ

ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が始まった。日本でサッカーが根付いた理由のひとつに挙げられるのが、1980年代に空前のサッカーブームを巻き起こしたマンガ「キャプテン翼」だ。作者の高橋陽一さんはかつては野球少年だったが、W杯をきっかけにサッカーに目覚めたという。国内ばかりでなく世界のサッカー少年や現役W杯戦士たちにも影響を与えた同作の人気の理由、誕生秘話について高橋さんに聞いた。(毎日新聞デジタル)

懐かしい原画も… キャプテン翼展

 「キャプテン翼」は1981~88年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、コミックスはシリーズ累計で6500万部以上を発行。その後も続編が描かれ、現在は「グランドジャンプ」(同)で最新作「ライジングサン」を連載中で、主人公の大空翼がU23の日本代表主将として五輪の頂点を目指して活躍している。

 高橋さんが初めてサッカーに注目したのは、78年のW杯アルゼンチン大会だった。テレビで偶然に観戦し、「フィールドがキャンバスのようで、ドラマチックなスポーツ」とほれこんだ。高校卒業と同時にマンガ家を志した高橋さんは野球に加えサッカーをマンガの題材とするようになり、「キャプテン翼」がデビュー作となった。

 当時はサッカーがマイナースポーツだったため、11人でチームを組むこと、W杯のことも丁寧に説明する必要があった。連載当初の評判は今ひとつだったが、第4話で描いた翼のオーバーヘッドキックが読者を驚かせて人気がアップした。

 当時のスポーツマンガは、血のにじむ努力をした末に勝つ……といういわゆる“スポ根もの”が主流だったが、「キャプテン翼」は悲壮感はなく、スター選手が超絶的なテクニックを繰り出して活躍する痛快さで異彩を放った。高橋さんは「サッカーは楽しいからやっているのが原点」と作品を貫くテーマを語っており、翼の名せりふ「ボールは友達」も、「皆がサッカーが好きであってほしい」という思いが込められているという。

そんな高橋さんのお気に入りのキャラクターは翼の親友・石崎。最初はチームの補欠だったが、努力を重ねて代表に呼ばれるまでに成長する。高橋さんは「翼が天才ならその逆で、裏のテーマ。皆が翼になれるわけではないが石崎なら……と子供に夢を持たせたかった」と話す。

 ◇必殺シュートに熱狂

 そしてサッカー少年たちを熱狂させたのが数々の必殺技だ。「こんなことができたら……と思って描くんです。ゴールネットを突き破るシュートも、ゴールのネットがほころんでいれば突き破れないかな?というのが発想の原点」といい、オーバーヘッドキックや、かかとでボールを頭上に蹴り上げるヒールリフト、ドライブシュートなど実在の技はもちろん、ゴールキーパーがポストを蹴って跳びセーブする「三角跳び」、コンクリートにボールがめり込むほどの強烈なシュート「タイガーショット」などのオリジナル技も登場した。

 ◇誕生から四半世紀

 その必殺技をJリーガーが再現した動画が3月から順次ネットに公開され話題となった。14日に東京・上野で「キャプテン翼展」が開幕するなど、誕生から四半世紀がたっても人気は健在だ。

 日本がW杯に一度も出たことがない時代に「日本をW杯で優勝させる」と宣言した翼。最新作「ライジングサン」は五輪が舞台で、高橋さんは「W杯を先にするか、五輪を描くか迷った」と笑いながら「代表を応援する意味もありますし、皆が元気になれる作品を描きたい」と話している。その日本のW杯優勝について高橋さんは「(出場する以上可能性は)ゼロではないし、今までで一番優勝できる可能性は高いと思う」と期待を寄せている。
//////
必殺技をJリーガーが再現した動画
【衝撃サッカー動画】漫画『キャプテン翼』の必殺技をJリーガーが完全再現した動画が話題
今度の技は「カミソリシュート」だ!!
カミソリシュートの動画
今度の技は「反動蹴速迅砲」だ!!
反動蹴速迅砲の動画
今回挑戦した必殺技は「ツインシュート」だ!!
ツインシュートの動画
//////
「キャプテン翼」の噂

大空翼   香川真司
日向小次郎 本田圭佑
石崎了   長友佑都
//////

ザックJ逆転許す…“切り札”大久保を投入
//////
The input to the Okubo "trump card" ... forgive Zach J reverse

"Brazil Cup W ・ C pairs, Japan - Ivory Coast" (the 14th, Recife)

Zach Japan that was folded back at the 1-0 first half, allowed the reverse is deprived of two points in quick succession the second half.

19 minutes into the second half, determined by the head to Bonifaz, was decided to go-ahead goal with a header in Byerubinyo than two minutes later. Same 17 minutes, Cote d'Ivoire, which was after the one point difference is charged with ace FW Drogba was bench start. It was immediately after that.

9 minutes into the second half, poured MF Yasuhito Endo of the veteran (G Osaka), Japan was lowered to bench Hasebe. I put the FW Yoshito Okubo (Kawasaki) of the "trump card" in 22 minutes, which was reversed.

Japan Ranked # 46 of FIFA rank scored the first goal FW Keisuke Honda in 16 minutes into the first half. Honda has cited two goals in '10 W Cup tournament in South Africa four years ago, W Cup two consecutive tournaments goal to be the first Japanese. The 3 W Cup total score, and broke the former Top scorers record Inamoto itself and has.

Competition record of the past with the Ivory Coast two wins and one loss in Japan. You have lost 0-2 make friendly match in Sion, Switzerland on June 4 of the '10 World Cup South Africa W tournament just before the most recent.

◆ starting lineup of Japan

GK Kawashima, DF Uchida, Morishige, Yoshida, Nagatomo, MF Hasebe, Yamaguchi, FW Okazaki, Honda, Kagawa, Osako
//////
ザックJ逆転許す…“切り札”大久保を投入

「ブラジルW杯・C組、日本-コートジボワール」(14日、レシフェ)

 前半を1‐0で折り返したザックジャパンは、後半立て続けに2点を奪われ逆転を許した。

 後半19分、ボニに頭で決められ、2分後にもビェルビーニョにヘディングで勝ち越しゴールを決められた。1点差を追っていたコートジボワールは同17分、ベンチスタートだったエースFWドログバを投入。その直後だった。 

 日本は後半9分、ベテランのMF遠藤保仁(G大阪)を投入し、長谷部をベンチに下げた。逆転された22分には“切り札”のFW大久保嘉人(川崎)を入れた。 

 FIFAランク46位の日本は前半16分にFW本田圭佑が先制ゴールを決めた。本田は4年前の10年W杯南アフリカ大会でも2得点を挙げており、日本人初となるW杯2大会連続ゴール。W杯通算3得点とし、自身と稲本が持つ歴代最多得点記録を塗り替えた。

 コートジボワールとの過去の対戦成績は日本の2勝1敗。直近では10年W杯南ア大会直前の6月4日にスイス・シオンで親善試合を行い、0‐2で敗れている。

 ◆日本の先発メンバー

 GK川島、DF内田、森重、吉田、長友、MF長谷部、山口、FW岡崎、本田、香川、大迫
/////
ギリシャ戦に向けて気分転換!

必殺技をJリーガーが再現した動画
【衝撃サッカー動画】漫画『キャプテン翼』の必殺技をJリーガーが完全再現した動画が話題
をみよう!

必殺技をJリーガーが再現した動画
【衝撃サッカー動画】漫画『キャプテン翼』の必殺技をJリーガーが完全再現した動画が話題
今度の技は「カミソリシュート」だ!!
カミソリシュートの動画
今度の技は「反動蹴速迅砲」だ!!
反動蹴速迅砲の動画
今回挑戦した必殺技は「ツインシュート」だ!!
ツインシュートの動画
/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。