2014年06月21日

サッカーW杯ブラジル大会 青山選手の母校で全校生徒ら熱い声援 岡山(不屈のボランチ青山)

サッカーW杯ブラジル大会 青山選手の母校で全校生徒ら熱い声援 岡山(不屈のボランチ青山)

「サムライブルー、ブルーの「山」を、青山を」
//////

民放の2社(全国放送)でW特集 青山選手の特集があった。
//////
There was a feature of W Feature Aoyama players two companies of commercial broadcasting in the (national broadcast). Volante Aoyama indomitable.

There was a tragic miscarriage of justice, a foot injury, a leg repeated, and the Beijing Olympic team members fall.
(By all means, to assist. Goals hope participation in Colombia warfare, Aoyama of Okayama from "Aoyama, Samurai Blue, the blue" mountain "")

And brother Aoyama players, such as a physician that the surgery of the foot, a leg had to cheer.


Misjudgment of tragedy
Okayama Prefecture Finals Mizushima factory game. Aoyama. Nationwide high school football who have experienced "miscarriage of justice of tragedy" to "Sakuhi-daka two years when it decided daring middle to extend the first half, but rebounded ball hits the post of back are not admitted to. goal referee missed from the team was defeated at the end of the PK game.

//////
民放の2社(全国放送)でW特集 青山選手の特集があった。 不屈のボランチ青山。

悲劇の誤審、度重なる足・脚のケガ、北京五輪代表メンバー落ちなどがあった。TVの映像が流れた。
(ぜひ、コロンビア戦での出場を期待したい。ゴールへのアシストは、「サムライブルー、ブルーの「山」を、青山を」 岡山出身の青山を )

青山選手のお兄さんや、足・脚の手術をした医師などが応援していた。


悲劇の誤審
「作陽高2年時には“悲劇の誤審”を経験した。全国高校サッカーの岡山県大会決勝・水島工戦。青山は延長前半に豪快なミドルを決めたが、ボールが奥の支柱に当たって跳ね返ったのを主審が見逃した。ゴールとは認められず、チームはPK戦の末に敗れた。



//////
Okayama hot cheer all the students from alma mater of W Cup football tournament Brazil Aoyama player

Soccer World Cup (W Cup) Brazilian tournament, the 20th that Japan challenged in against Greece, alma mater, Sakuhi High School (28) = Kurashiki from = Aoyama Toshihiro players Sanfrecce affiliation on behalf entering in (Tsuyama) about 700 staff members and all the students gathered in the gym, I sent a hot cheer.

students after school, et al, went straight to the gym Miiri to devour a game that was projected on a large screen, and cheer megaphone in one hand in the hope that participation of senior Aoyama. You can divert himself, was disappointed with one's head in one's hand in a scene that Japan has missed the goal.

The game ended in a draw, Hasegawa Ken's three years (17) off the shoulder "if feeling. Aoyama senior missed the game to have won, sorry path that leads to score instant Even though the can" in soccer were. Nomura Masayuki director who led the Aoyama players in soccer is sent a Yale and "It's the players that can produce a score if delle but, regardless of not leaving out, for the team, I want so hard to be able to own for Japan" and were.

//////
サッカーW杯ブラジル大会 青山選手の母校で全校生徒ら熱い声援 岡山

サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本がギリシャ戦に挑んだ20日、代表入りしたサンフレッチェ広島所属の青山敏弘選手(28)=倉敷市出身=の母校・作陽高校(津山市)では全校生徒や職員約700人が体育館に集まり、熱い声援を送った。

 登校後、体育館に直行した生徒らは大型スクリーンに映し出された試合を食い入るように見入り、青山先輩の出場を期待してメガホン片手に声援。日本がゴールを逃したシーンでは身をそらしたり、頭を抱えて残念がった。

 引き分けで終わった試合に、サッカー部で3年の長谷川賢さん(17)は「勝てた試合を逃した感じ。青山先輩なら、瞬時で得点につながるパスができたのに残念」と肩を落とした。サッカー部で青山選手を指導した野村雅之監督は「出れば得点を演出できる選手だが、出る出ないに関係なく、日本のためチームのため、自分にできることを一生懸命してほしい」とエールを送った。
//////
日本代表としてがんばれサンフレッチェ・青山選手

//////
Sanfrecce Aoyama player Ganbare Japan as representative

[TV school - Hiroshima TV] Toshihiro Aoyama players Sanfrecce Hiroshima fight carrying a Japanese flag in the 2014 FIFA World Cup broadcast in June 11, 2014 has been introduced.

W Cup celebration elected representative!

Aoyama player told the enthusiasm to be! "I want to win" is referred to as a "victory because the person who only a limited taste".

February 22, 1986, is born as the youngest of three brothers in Kurashiki, Okayama Prefecture. Yoshihiro's father said, "in the spoiled child, the type that is not hated," and told the memories. In Proceedings of the elementary school graduation, Aoyama players listed to be "in a professional soccer player" was go on to high school Sakuhi.

strength game that coach Zaccheroni admits!

Nomura Masayuki teacher of Sakuhi high school soccer coach brought up such Aoyama players the strength of the sense of responsibility that goes up in front of the goal from the time of impressive. 1 Grade figure facing the game with a strong will from the time of the "first year had ".

8 years have passed since Grasp the regular third year Sanfrecce then. It was overlapped with growth and frustration-crowned Sanfrecce. Now that we had a great straight victory, you can challenge the world and imposing.

Strengthening game of Japan last representative, goal I was born to assist in Okubo first play it out just before the end! Success in the World Cup I look forward to! (Writer: Hiroshima-kko)
//////
日本代表としてがんばれサンフレッチェ・青山選手

[テレビ派‐広島テレビ]2014年6月11日放送内で2014年FIFAワールドカップで日の丸を背負って戦うサンフレッチェ広島の青山敏弘選手が紹介されました。

祝 W杯代表選出!

「勝ちたいです!」と意気込みを語った青山選手は「限られた人しか味わえない勝利だから」と言います。

1986年2月22日、岡山県倉敷市に3人兄弟の末っ子として誕生。「甘えん坊で、憎まれないタイプ」と言う父佳裕さんは思い出を語りました。小学校の卒業文集では、「プロのサッカー選手になる」と掲げた青山選手は作陽高校へ進学しました。

ザッケローニ監督も認める勝負強さ!

そんな青山選手を育てた作陽高校サッカー部監督の野村雅之教諭は「1年生の時から強い意志を持って試合に臨む姿が印象的。1年生の時からゴール前まで上がる責任感の強さを持っていた」。

その後サンフレッチェ3年目にレギュラーを掴み8年が経ちます。それはサンフレッチェの成長・挫折・栄冠と重なりました。連覇を掴んだ今、堂々と世界に挑みます。

日本代表最後の強化試合では、終了間際に出てファーストプレイで大久保へアシストしゴールが生まれましたね!ワールドカップでの活躍が楽しみです!(ライター:広島っ子)
//////
以前の記事!
不屈のボランチ青山努力は必ず報われる

【四国・岡山から飛び出したW杯戦士4・青山敏弘】

 かつて四国および岡山を舞台に活躍したサッカー日本代表選手を紹介する。岡山県倉敷市出身のMF青山敏弘(28)=サンフレッチェ広島=が、数々の苦難を乗り越えW杯のピッチに立つ。作陽高2年時に“悲劇の誤審”を経験し、08年には北京五輪代表メンバー落選。大けがに何度も見舞われてきた。それでも下を向かず、努力を続けてきた不屈のボランチの姿を3歳上の兄・裕高さん(31)=倉敷翠松高サッカー部監督=が振り返り、エールを送った。

 最高の形でW杯本番を迎えた。6日(日本時間7日)のザンビア戦。後半45分に交代出場したMF青山は、ファーストタッチのボールを最前線のFW大久保に送り、決勝ゴールをアシストした。視野の広さと的確なプレー選択、そして正確なロングキック。持ち味が凝縮されたパスだった。

青山が初めてザックジャパンに呼ばれたのは昨年7月。短い期間で指揮官に力を認められ、ボランチ4番手としてW杯メンバーに滑り込んだ。

 「努力は必ず報われるという、一番いい例ですね」。3歳上の兄・裕高さんは、青山が歩んできた道のりをそう表現する。

 強じんな精神力で、何度も苦難を乗り越えてきた。

作陽高2年時には“悲劇の誤審”を経験した。全国高校サッカーの岡山県大会決勝・水島工戦。青山は延長前半に豪快なミドルを決めたが、ボールが奥の支柱に当たって跳ね返ったのを主審が見逃した。ゴールとは認められず、チームはPK戦の末に敗れた。

 当時大学生だった裕高さんは、その幻のVゴールを観客席で見ていた。全国的な問題に発展したが「弟は落ち着いていた。悔しさはあったかもしれないけど、抗議の言葉は一言も口にしなかった」と振り返る。

 08年には北京五輪代表メンバー落ちの屈辱を味わった。アジア予選で大活躍したが、直前の故障が響いた。「大きな目標の1つでしたから、さすがにショックだったようです」と裕高さんは語る。

 それでも不屈のボランチはくじけなかった。さらなる高みを目指して技術を磨いた。

 けがには泣かされ続けたが「チームの練習が終わったあとも、遅くまで筋トレや体のケアをやっていると聞きました」と裕高さん。昨年は主将として広島のリーグ連覇に貢献。2年連続でベストイレブンに選ばれるなど、W杯出場へ一歩一歩近づいていった。

 小学生のころ、青山兄弟は自宅近くの公園で毎日一緒にボールを蹴った。「弟は負けず嫌いで、僕のドリブルにムキになってかかってきた」と懐かしそうに語る。

 裕高さんは福岡・東海大五高から吉備国際大に進み、ファジアーノ岡山で6年間プレー(前身のRFKを含む)。DFとしてJ2昇格を目指すチームを支えた。09年、倉敷翠松高の監督に就任。今月の県総体で準優勝するなど、同校を県内の強豪と呼べるまでに育ててきた。

 教え子たちには弟・敏弘の話をよく聞かせるという。

 「弟はいいお手本なんです。苦しいことがあっても努力を続けた。『だから日本代表に入れたんだよ』と話すと、生徒たちの心に響くようです」

 5月12日。裕高さんは校内にある応接室のテレビで、W杯代表メンバー発表を聞いた。ザッケローニ監督が「アオヤマ」と口にした瞬間、校内に響くほどの声で「よっしゃ~」と叫んだという。直後に弟から「入ったよ」とメールが届いた。

 直前のテストマッチ2試合でアピールし、本番では先発出場の可能性もある。「スタメンでも途中からでも、彼らしくタテに速いプレーを見せてくれれば。優勝を目指してほしいですね」。ブラジルのピッチで躍動する姿が、教え子たちを導く最高の教科書になる。
//////
<サッカー>W杯ブラジル大会 負けるな日本 次戦こそ先輩の活躍を 青山選手母校、倉敷・連島西浦小 /岡山


サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、ギリシャと対戦した日本代表の青山敏弘選手(28)=J1広島=を応援しようと、母校・倉敷市立連島西浦小学校(同市連島町西之浦)で20日朝、児童らが各教室のテレビを見ながら声援を送った。試合は0-0で引き分け、青山選手は2戦続けて出場機会がなかったが、児童からは「次こそ先輩が活躍を」との声が上がった。【平川義之】

 4年1組の児童25人は「ザックジャパンファイト」「負けるな日本」などと自分で書いた手作りの旗を振り、応援した。日本の得点機が訪れるたび、「決めてくれー」と叫んだ。安原晴哉君(9)は「すごいプレーばかりだった。僕も代表選手みたいに頑張り、活躍できる人になりたいと思った」と話した。また、三宅真奈さん(9)は「頑張っていることがプレーから伝わってきた。次こそ青山選手が出場し、勝ってほしい」と述べた。

 試合終了後、担任の浅野裕子教諭(28)は「代表選手は多くのけがを乗り越え、常にワールドカップに出るといった大きな夢を持ち努力しました。皆さんにも野球選手やパティシエに将来なりたいといった夢があるはず。実現のため努力しよう」と児童に伝えた。

 樋口明文校長は「観戦して終わりではなく、そこから自ら学ぶことが必要。身近に青山選手という素晴らしい先輩がいることを理解し、自分も夢のために頑張ろうと学ぶ機会になればと思い、観戦させた」と話した。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。