2014年07月08日

児童の学力向上へ教材提供で連携 (ベネッセ・岡山大学・岡山赤磐市)

児童の学力向上へ教材提供で連携
//////
Cooperation in the educational materials provided to the academic development of children

The 8th, Akaiwa incorporated as a teaching tool in elementary school and learning drill with the aim of academic development of children, laboratory of Okayama Graduate School has developed a learning software Benesse Corporation of communication education major (Okayama city north district south) provides I announced.
Fifth grade of four schools to choose as a model of the 12 schools in the city elementary school subject. I spend one year from September. Next spring, to verify the effect on the basis of the results or outcome as a result of national achievement test to receive by promoted to sixth grade, the city to consider whether to expand the use of educational materials.
Four schools to provide a drill of reading kanji laboratory of university Graduate School of Education, The (Terasawa, Professor Takafumi). About 10 minutes a day, children will learn to like after school and before starting work. Two schools of which four subjects also learn language, math, science, and social studies, and a combination of learning software for tablet devices for the company. Tomomi Takenori mayor of Akaiwa had signed up cooperation.
On this day, in the middle of the city community center Shimoichi, Tsutsumi Director Masayuki mayor, Terasawa, Professor, the company has signed an agreement. The mayor emphasized that "research advanced through cooperation of industry, academia and government." "Drilling is supposed to lead to the improvement of performance motivation up can feel", Terasawa professor said, "want to provide learning that meets the developmental stage of the child" is bank director.
//////
児童の学力向上へ教材提供で連携

赤磐市は8日、児童の学力向上を目指し、岡山大大学院の研究室が開発した学習ドリルと、通信教育大手のベネッセコーポレーション(岡山市北区南方)が提供する学習ソフトを小学校の教材として取り入れると発表した。
 市内小学校12校のうちモデルとして選ぶ4校の5年生が対象。9月から1年間使う。来春、6年生に進級して受ける全国学力テストの結果などを基に効果を検証し、市は教材の利用を拡大するかどうかを検討する。
 同大大学院教育学研究科の研究室(寺澤孝文教授)は漢字の読みのドリルを4校に提供。児童は始業前や放課後などに1日約10分、学習する。うち2校は同社のタブレット端末用の学習ソフトを併用して国語、算数、理科、社会の4教科も学ぶ。赤磐市の友実武則市長が連携を申し込んでいた。
 この日、同市下市の中央公民館で、市長、寺澤教授、同社の堤雅之部長が協定書に調印した。市長は「産学官の連携による先進的な研究」と強調。寺澤教授は「ドリルは成績アップが実感でき意欲の向上につながるはず」、堤部長は「子どもの発達段階に合った学習を提供したい」と述べた。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 児童の学力向上へ教材提供で連携 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。