2014年07月14日

<鹿田遺跡>烏帽子かぶった人骨出土 鎌倉時代後期に埋葬 「極めて良い保存状態」--岡山大調査 /岡山

<鹿田遺跡>烏帽子かぶった人骨出土 鎌倉時代後期に埋葬 「極めて良い保存状態」--岡山大調査 /岡山
//////
"Very good state of preservation" unearthed human bones buried in the late Kamakura period capped Eboshi - Okayama investigation / Okayama


The human bones of Kamakura period late found to have been buried in a state of wearing the head (Veiled) Eboshi men to wear, how (how) remains Okayama Archaeological Research Center, (Kita Shikata-cho, I announced that it had found in the first 25 Next excavations Shikata Okayama Univ campus). Okayama that "human bones of the state of being covered with Eboshi's found or not there is no example in the whole country" he said.

According to Okayama, Shikata ruins near, in the place where it was estate Fujiwara regent to the emperor family "Shikata Zhuang" in the Heian to Muromachi period, human bones found in the vicinity of the building marks remain as well as well.

The human bones that were buried with Eboshi, teeth and part of the bone of the head remained. (25 cm in height, width 29 cm) Eboshi is found in the state in contact with the bone of the back of the head. I was confirmed and the fiber of the fabric, the black lacquer-coated surface. Is from near the human bones, and swords, white porcelain, celadon unit of China is found, deceased person that found it was a person of high status.

Plans to study in detail and human bones, Yamamoto Etsuyo professor of university said, "there is not much to say so only luck and was really good, state of preservation is very good," said future.

In this study, human bones and other systemic remains almost, and partition of trace mansion also found, the 12th, Okayama held a local briefings Shikata ruins. The center officials have been explained and human bones. Said, "I was surprised human bones has been well preserved. Imagination swelled people lived here and what was any life," said (23) 1 year Okayama Univ graduate who participated, Nakagawa Tomomi.
//////
<鹿田遺跡>烏帽子かぶった人骨出土 鎌倉時代後期に埋葬 「極めて良い保存状態」--岡山大調査 /岡山


岡山大埋蔵文化財調査研究センターは、男性が身に着ける烏帽子(えぼし)を頭にかぶった状態で埋葬されたとみられる鎌倉時代後期の人骨が、鹿田(しかた)遺跡(北区鹿田町2、岡山大鹿田キャンパス内)の第25次発掘調査で見つかったと発表した。岡山大は「烏帽子をかぶせられた状態の人骨が見つかるのは全国でも例がないのではないか」としている。

 岡山大によると、鹿田遺跡付近は、平安~室町時代に藤原摂関家の所領「鹿田荘」があった場所で、人骨は井戸なども残る建物跡の近くで見つかった。

 烏帽子と一緒に埋葬された人骨は、頭の骨の一部や歯が残っていた。烏帽子(高さ25センチ、幅29センチ)は、後頭部の骨に接した状態で発見。布の繊維や、表面をコーティングした黒い漆を確認した。人骨の近くからは、刀剣や、中国の白磁・青磁器が発見され、被葬者は身分の高い人物だったとみられるという。

 今後は人骨などを詳しく調査する予定で、同大の山本悦世教授は「本当に運が良かったとしか言いようがないくらい、保存状態が極めて良い」と話す。

 今回の調査では、ほぼ全身が残る別の人骨や、屋敷の区画跡なども見つかり、岡山大は12日、鹿田遺跡の現地説明会を開催。同センター職員らが人骨などについて説明をした。参加した岡山大大学院1年、中川朋美さん(23)は「人骨がよく残っていたと驚いた。ここで暮らした人がどんな生活をしていたのかと想像が膨らんだ」と話した。
//////

ベネッセ流出、持ち出し複数回…小分けし複写か

ベネッセ流出、持ち出し複数回…小分けし複写か
//////
Benesse outflow, or copying and taking out multiple times ... subdivision

It was found in the interviews with stakeholders that the problems that customer information has been flowing out in large quantities from the Benesse Corporation, customer information had been taken out in a plurality of times from a database (DB) in-house.

It has been around in name-list seller shortly after they brought out, when viewed information has been brought out for sale from the very beginning, the Metropolitan Police Department are investigating (trade secret territory obtained, disclosure) on suspicion of unfair competition law violations.

According to people familiar with the matter, in the room there is a terminal that is installed in the offices of Tama City, Tokyo Group companies Benesse company had contracted to management "thin form" of Okayama, manipulate, DB and Persons. This has been decided not to Tachi-ire.

The end of last year, there is a log record of more than once in the ID system engineers of the company that had received a subcontracted management of the DB from the company (SE), there is evidence that customer information has been taken out. Found good customer information about 20.7 million reviews has been stored in the DB, since the customer information was a large amount, it has been replicated in portions to a recording medium such as a USB memory.
//////
ベネッセ流出、持ち出し複数回…小分けし複写か

ベネッセコーポレーションから顧客情報が大量に流出した問題で、顧客情報は社内のデータベース(DB)から複数回に分けて持ち出されていたことが関係者への取材で分かった。

 持ち出されてから間もなく名簿業者に出回っており、警視庁は当初から売却目的で情報が持ち出されたとみて、不正競争防止法違反(営業秘密領得、開示)容疑で捜査している。

 関係者によると、DBは、管理を請け負っていたベネッセ社のグループ会社「シンフォーム」(岡山市)の東京都多摩市の事業所に設置され、操作する端末がある部屋には、関係者以外は立ち入れないことになっていた。

 同社からDBの管理業務の再委託を受けていた会社のシステムエンジニア(SE)のIDで昨年末、複数回のログイン記録があり、顧客情報が持ち出された形跡があった。このDBには約2070万件の顧客情報が保存されていたといい、顧客情報が大量だったことから、USBメモリーなどの記録媒体に小分けして複写したとみられる。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:28| Comment(0) | ベネッセ流出、持ち出し複数回…小分けし複写か | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。