2014年08月02日

<SNSと生きる>トラブルゼロを目指して//岡山

<SNSと生きる>トラブルゼロを目指して//岡山


//////
Spate / Up Aiming trouble zero "incorrect login" / Okayama

◇ the ID distinguish self-defense

Free calls and e-mail application that can be used in smart phones "LINE (​​line)." It is popular with young generation can interact more quickly than mail, such information can be shared in a group. But, and crimes committed by "incorrect login" to be taken over to a third party account, trouble among users is also one after another. Will be introduced with two portions and the reality of crime via the Internet social networking site, including the line, the prevention of damage Trouble was sprinkled with experts.

"Could you help me in the nearby convenience store, to buy a prepaid card of WebMoney". Mid-June, company employee male Kita (26) under the message was received in the line from high school classmates. You are instructed to ask what to do, "I bought two cards of 30,000 yen worth" or "Please send by taking a photo of the card number who bought". Men were suspicious a telephone directly to the classmate. I noticed a message by an unauthorized login.

Classmate hijacked the account also, that has been scrambling to keep up. Is an incorrect message has been sent to most of the approximately 200 people friend who has registered, phone inquiry flooded. And apologize and "Excuse bother", was forced to change to a different account. Was to reveal the wrath and "requires time settings such as re-registration. Friend was the place to be to perpetrators of fraud while do not know," he said.

According to the line headquarters (Tokyo), June 14, damage by illegal login grasp the 303 cases in the whole country. Damage has occurred also in the prefecture. WebMoney, can buy goods without a prepaid electronic money on the Internet only, indicating, for example, personal information. Therefore, in such as Shiga and Osaka, incidents with swallow the message by an unauthorized login, and actually sent the card number that you have purchased, meet the fraud also have occurred.

From the fact that damage has occurred SNS (Social Networking Service) or the like "mixi", information flows out from one of the external site the victim is using, I have the same set a password and ID that there is a possibility that other sites have also been attacked. Line has called "also cumbersome, would like to ask you to change to the ID and password that is different from the other services," he said.

.....................................................................................................................

■ words

◇ LINE (​​Line)

Service phone and email can be free with whom you have registered. Rates of packet communication charges other than not applied to take advantage of the Internet access. In addition to being displayed on the screen in the form of a balloon, and Toriaeru quickly contact, e-mail can see the other party even whether read. Conversation function that created a specific group also popular. As of June this year, the number of registered users is about 400 million 70 million people worldwide, about 52 million people in the country.



Aiming trouble zero / under "Information Ethics Education" Delivery of teaching / Okayama

◇ the correct knowledge of each other

Internet social networking site, including "LINE (​​Line)" free phone calls and e-mail application in (SNS), not just the crime, trouble between users are also serious. (Tokyo) April line, in collaboration with the University, I embarked on information moral development of teaching materials for elementary and junior high school students. "I think their own children," the appropriate way of communication on the net that is that important. And sat in on classes catering was a junior high school in the prefecture on July 10, and followed the information ethics education in the forefront.

In line, conversation or function by a particular group, the recipient has read the mail, there is a function that is displayed as "read" is also on the screen of the sender. But, trouble or are excluded from the members to consider the feed in that reply does not come hand is being "ignored" or "read ignored", while you do not know, do not put in a group, such as "Remove line" occurs. There are also examples that developed in the incident and bullying.

Response to this situation, along with the Shizuoka, line have been developing information ethics education. It is scheduled to while checking the feel with the outreach classes in elementary and junior high schools around the country, to make a moral teaching material information by the end of this fiscal year.

July 10, Okayama Municipal Junior High School in Hosen (Minami-ku Toshinden), I sat in on classes that target the approximately 290 people sophomore. In one class, Yantian Shingo lecturer of the Faculty of Education Shizuoka guidance. It has a smart phone or mobile phone, most of about 30 students, was the answer to "know" and "that was used is," he said also about the line.

In class, to question the perception of the word "serious", "pace" and "unique". Words that you feel it's disgusting is said to explain that it varies from person to person, and called "in words no offense by themselves, be careful opponent is either not a nasty thought," he said. Also, put as an example conversation within the group of the line, and also discuss the "disgusting act" and "the topic of their leaves at the place where there is no known" went etc. bet a "is published the photograph". Shiota lecturer told to be "trying to use to think the feelings of the other party always original. Odd one out of trouble."

Yuta Kobayashi-kun (14) looked back classes to be "learned the fear of writing on the net." Because you are not using the line is usually, that there also when it comes to worry as "than no longer keep up with the conversation around". Mr. Kobayashi said, "even. Mail to talk and meet with direct opponent as much as possible, that the important thing is, want to choose words in consideration of the position of the other party," he said.

Shiota lecturer told "to. Children to convey the idea with a letter on the net, the expression of each other misleading to not see, I want to use it with the correct knowledge," he said.
//////

<SNSと生きる>トラブルゼロを目指して/上 相次ぐ「不正ログイン」 /岡山

◇ID使い分け自衛を

 スマートフォンなどで使える無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」。メールより素早くやり取りができ、集団で情報共有できるなど若者世代に人気だ。だが、アカウントを第三者に乗っ取られる「不正ログイン」による犯罪や、利用者間でのトラブルも相次いでいる。ラインをはじめとするインターネット交流サイトによる犯罪被害の実態と、専門家を交えた被害・トラブルの防止策を2回に分けて紹介する。

 「近くのコンビニで、ウェブマネーのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか」。6月中旬、北区の会社員男性(26)のもとに、高校時代の同級生からラインでメッセージが届いた。どうすればいいか尋ねると、「3万円分のカードを2枚買って」「買ったカード番号の写真を撮って送ってください」などと指示された。不審に思った男性は、同級生に直接電話。不正ログインによるメッセージと気づいた。

 アカウントを乗っ取られた同級生も、対応に追われたという。登録していた友人約200人のほとんどに不正なメッセージが送られたとされ、問い合わせの電話が殺到。「迷惑をかけて申し訳ない」と謝り、別のアカウントへの変更を余儀なくされた。「知らない間に詐欺の加害者にされるところだった。友人の再登録などの設定も手間がかかる」と憤りをあらわにした。

 ライン本社(東京都)によると、6月14日現在、不正ログインによる被害は全国で303件を把握。県内でも被害が起きている。ウェブマネーは、インターネット専用のプリペイド型電子マネーで、個人情報などを示すことなく商品を購入できる。そのため、大阪府や滋賀県などでは、不正ログインによるメッセージをうのみにして、購入したカード番号を実際に送信し、詐欺被害に遭う事件も発生している。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「ミクシィ」などでも被害が発生していることから、被害者が利用している外部サイトのいずれかから情報が流出し、IDやパスワードを同一設定にしている他のサイトも攻撃されている可能性があるという。ラインは「面倒でも、他のサービスとは異なるIDやパスワードに変更することをお願いしたい」と呼び掛けている。

………………………………………………………………………………………………………

 ■ことば

 ◇LINE(ライン)

 登録した相手と無料で電話とメールができるサービス。インターネット回線を利用するためパケット通信料以外の料金はかからない。メールは吹き出しの形で画面に表示され、連絡を素早く取り合えるほか、相手が読んだかどうかも分かる。特定のグループを作成した会話機能も人気。今年6月現在、登録利用者数は世界で約4億7000万人、国内でも約5200万人。



<SNSと生きる>トラブルゼロを目指して/下 「情報モラル教育」出前授業 /岡山

◇互いに正しい知識を

 無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」をはじめとするインターネット交流サイト(SNS)では、犯罪被害だけでなく、利用者間でのトラブルも深刻化している。ライン(東京都)は4月、大学と共同で、小中学生向けの情報モラル教材開発に乗り出した。ネット上での適切なコミュニケーション方法を「子供たち自ら考える」ことが重要という。7月10日に県内の中学校であった出前授業に同席し、最前線の情報モラル教育を追った。

 ラインでは、特定のグループによる会話機能や、受け手がメールを読むと、送り手の画面にも「既読」と表示される機能がある。だが、返信が来ないことで送り手が「無視された」と考える“既読無視”や、知らないうちにメンバーから除外されたり、グループに入れない“ライン外し”などのトラブルが発生。いじめや事件に発展した例もある。

 こうした事態を受け、ラインは静岡大とともに、情報モラル教育の研究を進めている。全国各地の小中学校で出前授業をして感触を確認しながら、今年度末までに情報モラル教材を作る予定だ。

 7月10日、岡山市立芳泉中学校(南区当新田)で、2年生約290人を対象にした授業に同席した。あるクラスでは、静岡大教育学部の塩田真吾講師が指導。生徒約30人のほとんどが、携帯電話やスマートフォンを持ち、ラインについても「知っている」「使ったことがある」と答えた。

 授業では、「真面目」「マイペース」「個性的」といった言葉の感じ方を質問。言われて嫌だと感じる言葉は人によって異なることを説明し、「自分では悪気のない言葉でも、相手が嫌な思いをしていないか注意して」と呼び掛けた。また、ラインのグループ内での会話を例に出し、「知らないところで自分の話題が出る」「写真を公開される」なとどいった「嫌な行為」についても議論。塩田講師は「仲間外れはトラブルの元。常に相手の気持ちを考えて利用しよう」と伝えた。

 小林裕太君(14)は「ネット上での書き込みの怖さを学んだ」と授業を振り返った。普段はラインを使っていないため、「周りの会話についていけなくなるのでは」と心配になる時もあるという。小林君は「大事なことは、なるべく直接相手と会って話をする。メールでも、相手の立場を配慮して言葉を選びたい」と話した。

 塩田講師は「ネット上では文字で考えを伝えるため、互いの表情が見えずに誤解を与えやすい。子供たちには、正しい知識を持って利用してもらいたい」と語った。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:21| Comment(0) | <SNSと生きる>トラブルゼロを目指して//岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。