2014年08月10日

夏休みの自由研究(玉野海洋博物館(玉野市渋川)・笠岡市横島の市立カブトガニ博物館)

夏休みの自由研究(玉野海洋博物館(玉野市渋川)・笠岡市横島の市立カブトガニ博物館)

//////
Rare species in the Seto Inland Sea is full

Exhibition that Chinami 80th anniversary of the Seto Inland Sea National Park designation, to get to think about environmental protection introduces the rare organisms such as fish that live within the area have been opened Tamano Maritime Museum at (Tamano Shibukawa). Until the 31st.
The exhibition center in six organisms that are classified in the aquarium of the exhibition corner, are at risk of extinction in the county Red Data Book. Amphibians blurred vision salamander that live horseshoe crab called a living fossil, the waterside less flow of mountains, I can be observed, such as chrysanthemum beetle noun of the few coral in the Seto Inland Sea.
Photo panels of plants and insects fringed orchid, and Nannophya pygmaea also lined. There is also a corner to make a small pond in the outdoors, reproduced the tidal flats mudskipper live.
Each exhibition, it is with a description about the cause of the decrease in the number of habitat reduction of spawning areas, such as water quality deterioration. You are "as well as get to know familiar organisms, please also interested in environmental issues in the Seto Inland Sea," said the museum.
Seven days a the end of August, the museum is 8:30 to 17:30. 500 yen more than high school student, admission is ¥ 250 5 years old - junior high school students. The museum queries (0863 81 8111).



Evolution of sea creatures that follow in the fossil

Municipal Museum of the horseshoe crab Kasaoka evil, "History of the Sea ~ ~ Life" special exhibition is open. Miiri likely to interesting exhibition showing a process of biological evolution, Families et al visited are thinking about in a sea of ​​ancient times.
From Mesozoic to Paleozoic, will be exhibited about 100 points, such as fossils of organisms that inhabit the sea. Marine Jurassic (Static) and skeletal preparations compelling kind-of plesiosaur (length 2 · 7 m), such as fossil fish dragon was transferred abode to the sea from land-lined (Tadashi) reptile.
There is also a fossil of Umisasori and various trilobite that lived the Paleozoic, you have caught the eye of visitors. Women Fukuyama City Small two years had been said, "a lot of fossil was beautiful. It was found often in the sea of the past," he said.
Until September 30 the exhibition. The Closed on 16 and 24 days on Monday and with the exception of the 15th, seven days a week, to September until the end of August. Hours are 9:00 to 17:00. General 520 yen, 310 yen high school students, admission is ¥ 210 elementary and junior high school students. The museum queries (0865 67 2477).
//////

瀬戸内海の希少生物がいっぱい

瀬戸内海国立公園指定80周年にちなみ、区域内に生息する魚などの希少生物を紹介し環境保全について考えてもらう企画展が、玉野海洋博物館(玉野市渋川)で開かれている。31日まで。
 同展コーナーの水槽では、県レッドデータブックで絶滅の恐れがあると分類されている生物を中心に6種を展示。生きた化石と呼ばれるカブトガニ、山あいの流れの少ない水辺に生息する両生類・カスミサンショウウオ、瀬戸内海では数少ないサンゴのキクメイシモドキなどを観察できる。
 サギソウ、ハッチョウトンボといった植物や昆虫の写真パネルも並ぶ。屋外に小さな池をつくり、トビハゼがすむ干潟を再現したコーナーもある。
 各展示には、産卵地の減少、水質悪化など生息数減少の原因についての説明を添えている。同博物館は「身近な生物を知ってもらうとともに、瀬戸内海の環境問題にも興味を持ってほしい」としている。
 同博物館は8月末まで無休で、午前8時半~午後5時半。入館料は高校生以上500円、5歳~中学生250円。問い合わせは同博物館(0863 81 8111)。



化石でたどる海の生物の進化

笠岡市横島の市立カブトガニ博物館で、特別展示「海~生命の歴史~」が開かれている。訪れた家族連れらは生物の進化の過程を示す展示を興味深そうに見入り、太古の海に思いをはせている。
 古生代から中生代に、海に生息した生物の化石など約100点を展示。ジュラ紀の海棲(せい)爬虫(はちゅう)類・プレシオサウルス(体長2・7メートル)の迫力満点の骨格標本や、陸から海へとすみかを移した魚竜の化石などが並ぶ。
 古生代を生きたさまざまな三葉虫やウミサソリの化石もあり、入館者の目を引いている。福山市立小2年女子は「たくさんの化石がきれいだった。昔の海のことがよく分かった」と話していた。
 会期は9月30日まで。8月末まで無休、9月は15日を除く月曜と16、24日休館。開館時間は午前9時~午後5時。入館料は一般520円、高校生310円、小中学生210円。問い合わせは同博物館(0865 67 2477)。
//////
岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。