2014年08月12日

幻想庭園12日からステージ催し(岡山市・後楽園)

幻想庭園12日からステージ催し(岡山市・後楽園) 行こう!

幻想庭園12日からステージ催し(岡山市・後楽園)

 岡山市・後楽園の幻想庭園(岡山県、後楽園魅力向上委員会主催、岡山市、山陽新聞社共催)は、12日からステージイベントが始まる。唯心山南東の芝生にステージを設け、18日を除く31日までコンサートやトークショーを開催、祭典を盛り上げる。
 13日には青山テルマさんが出演し、FM岡山の公開収録があるほか、地元アーティストらがガーデンコンサートに登場。LED(発光ダイオード)ライトと、ろうそくの光で彩られた夜の名園に歌声や音色を響かせ、ロマンチックな空間をつくり出す。
 幻想庭園は、後楽園の開園時間を午後9時半(入園は同9時)まで延長。芝生で楽しむ庭園ビアガーデンなどもある。毎週金曜の午後5時以降は浴衣姿で入園すれば無料になる。問い合わせは後楽園(086—272—1148)。
 幻想庭園ステージスケジュール12日
 18:35
 ガーデンコンサート「かのんぷ♪」「Yasmeen
 Bellydance
 School」13日
 19:00「TWILIGHT
 PAVEMENT
 SPECIAL」(FM岡山公開収録)「青山テルマ」ほか14日
 18:35
 ガーデンコンサート「コージー&ダックス」「まる」15日
 19:30
 ガーデンコンサート「MiChi」16日
 19:30
 ガーデンコンサート「NAOMI
 YOSHIMURA」17日
 19:00
 「MUSIC
 TRIBE
 RADIO」(レディオモモ公開録音)19日
 18:35
 ガーデンコンサート「1-key」「Kapo」20日
 18:35
 ガーデンコンサート「戸田賢二」「藤本たから」21日
 18:35
 ガーデンコンサート「juno
 bellydance
 studio
 with
 Aurora」「宮田武士」22日
 18:30
 BINとダイナのマンデーナイト・フィーバーin幻想庭園(RSKラジオ公開録音)23日
 18:35
 ガーデンコンサート「SILVER
 TONE」「千里」24日
 18:35
 ガーデンコンサート「Y.S.
 Joy
 Friends」「アンドロメダ☆ハイツ」25日
 18:35
 ガーデンコンサート「ナカモトミズキ」「おがさわらけいご」26日
 18:35
 ガーデンコンサート「すぅえるとれす」「Leap
 Rick」27日
 18:35
 ガーデンコンサート「ひらお町民サム」「田本直弘」28日
 18:35
 ガーデンコンサート「イーシュ」「森原顕都」29日
 18:35
 ガーデンコンサート「Lu-na」「吉永拓未」30日
 18:35
 ガーデンコンサート「MILD
 STEP」「StudioN+Various
 dancers」31日
 18:35
 ガーデンコンサート「Okayama
 Civichall
 Brass」「shab◎n」※内容は変更の場合あり
//////
烏城天守閣前 闇に浮かぶ花鳥風月

岡山城(岡山市北区丸の内)で開催中の夜間ライトアップイベント「おかやま城下町物語~夏~烏城灯源郷」(同市、山陽新聞社などでつくる実行委主催)で12日、ろうそくによる「明かり地上絵」が天守閣前広場に登場した。16日まで日替わりで、花鳥風月をテーマにした絵柄が披露される。
 絵柄は中国デザイン専門学校(同船頭町)の生徒が考案。初日は約1500本のろうそくを使い、着物姿の女性とボタンの花を表現した。
 市民らが天守閣から観賞。写真を撮っていた岡山県和気町の女性(72)は「絵柄がくっきりと浮かび上がって美しい。感動した」と話していた。
 生徒たちは別の約500本のろうそくで城の中段広場も彩った。
 地上絵の点灯は各日午後7時~9時。烏城灯源郷は31日までの午後7時~9時半、天守閣と後楽園南門を結ぶ道沿いを中心に、あんどんやちょうちんなどの明かりがともる。
 隣接する後楽園でも「幻想庭園」が31日まで開かれており、LED(発光ダイオード)やろうそくの柔らかな光がロマンチックな雰囲気を演出している。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:50| Comment(0) | 幻想庭園12日からステージ催し(岡山市・後楽園) | 更新情報をチェックする

<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山

<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山(毎日新聞)
///////
Aeon Mall before opening this fall, social experiment abandoned police traffic jam concern / Okayama (Mainichi)

The 11th, for the "social experiment walking town prefectural government as" in accordance with the Aeon Mall Okayama (Kita Shimoishii 1) the opening of November, Omori Masao Mayor of Okayama made ​​it clear that giving up the implementation of the pre-opening. Plan to provide and open cafe reduce the lane Reformer Street is directly linked to this shop before, the city had recorded about 77 million yen in the fiscal 2014 budget, but the consent of the police are concerned about the traffic congestion that was not obtained .

Among municipal road that connects the east and west of the city center "prefectural government as" the (one-way path to the east), the subject of social experiment, about 650 meters up to Okayama Central Post Office from the same store planned site of the western end. It plans to reduce to one lane the two-lane, providing and open cafe on the sidewalk side. Conjunction with the social experiment that opens and events to the city streets closed to traffic Nishikawa Ryokudo park along the nearby, it was part of the business "bustle creation of city centers" that Omori mayor to focus.

Aimed at social experiment implementation of this shop before opening, the city was considering the police from last year. According to the city, until the 6th of this month, "and be carried out in the environment (such as traffic volume) different from the after opening, it is not possible to properly evaluate the impact on traffic" serious congestion is a concern "after opening the police . pointed out in mainline to spill out from the city center of the car, necessary to reduce the congestion, etc. "there is prefectural street, that" was judged not to put out a "road use permit.

At a regular press conference of the 11th, Omori mayor emphasized the significance of the social experiment that it is "I think urban development to be able to enjoy walking that's the demands of the times." It was said, "that was not able to understand the police's a shame extremely, but must respect the decision," he said. On the other hand, social experiment plan showed the idea of ​​carry over to the next fiscal year.

City 14 fiscal budget, and prefectural street, recorded about 77 million yen in the social experiment project cost of Nishikawa Ryokudo Park. For balance, except for about 11 million yen and traffic volume survey costs was already made, I correspond with, such as a reduction in the budget.

Police Traffic Regulation Division has been "to assess the traffic reality. Opened after that. Related organizations that traffic becomes enormous want is committed to reducing traffic congestion and cooperation, Aeon Mall Okayama after opening to consider the pros and cons of social experiment," he said.
///////
<岡山市>今秋イオンモール開業前、社会実験断念 県警が交通渋滞懸念 /岡山(毎日新聞)

岡山市の大森雅夫市長は11日、11月のイオンモール岡山(北区下石井1)開業に合わせた「県庁通りまち歩き社会実験」について、開業前の実施を断念することを明らかにした。同店前に直結する県庁通りの車線を減らしオープンカフェなどを設ける計画で、市は2014年度予算で約7700万円を計上していたが、交通渋滞を懸念する県警の同意が得られなかったという。

 社会実験の対象は、市街地の東西を結ぶ市道「県庁通り」(東への一方通行路)のうち、西端の同店予定地から岡山中央郵便局までの約650メートル。2車線を1車線に減らし、歩道側にオープンカフェなどを設ける計画だ。近くの西川緑道公園沿いの市道を通行止めにしイベントなどを開く社会実験と併せ、大森市長が力を入れる「中心市街地のにぎわい創出」事業の一環だった。

 市は同店開業前の社会実験実施を目指し、昨年から県警と検討していた。市によると、県警は今月6日までに、「開業後と(交通量などが)異なる環境で実施しても、交通への影響を正しく評価できない」「開業後は深刻な渋滞が懸念される。県庁通りは車を市中心部から外へ流出させる主要路線で、渋滞を抑える必要がある」などと指摘し、「道路使用許可を出せないと判断した」という。

 大森市長は11日の定例記者会見で、「歩いて楽しめる街づくりは時代の要請だと思う」と社会実験の意義を強調。「県警に理解して頂けなかったことは極めて残念だが、判断は尊重しなければならない」と述べた。一方で、社会実験計画は来年度以降に持ち越す考えを示した。

 市は14年度予算で、県庁通りと、西川緑道公園周辺の社会実験事業費で約7700万円を計上。既に行った交通量調査費など約1100万円を除く残額については、予算の減額などで対応する。

 県警交通規制課は「イオンモール岡山開業後は交通量が膨大になる。関係機関は連携し渋滞緩和に取り組んでほしい。開業後は交通実態を見極め、社会実験の是非を検討する」としている。
///////
岡山市、「県庁通りぶらり歩き」など社会実験断念 県警が難色(産経新聞)
///////
Okayama City, such as "walking Burari prefectural government as" reluctant social experiment abandoned prefectural police (Sankei Shimbun)

The 11th, and found that the social experiment of the city that try to expand and open cafe by limiting one lane through the center city of Okayama "prefectural Street" (2 lane), but was forced to stop at the opposite of the police were. The city had recorded about 8 ten million yen project cost, but expected that about 85% will be reduced correction. Police with the authority of the road use permit had been reluctant and as such "lead to congestion" from the year beginning.



In this day of the conference, Omori Masao mayor revealed. The city recorded a total of 77.3 million yen "walk Burari Prefectural Office Street" and "Nishikawa Ryokudo park muscle Free Walk" as a new business this year. Conducted in October-November and art exhibitions and open cafe deployment and traffic control for about 600 meters until the National Highway No. 53 from City Hall muscle Reformer street, on the theme of "fun space making walking" with Nishikawa Ryokudo park I was preparing in order to.

However, the opening of "ion Mall Okayama" is imminent in the vicinity, serious traffic congestion and as expected in the same store, which is near the number 20 million visitors a year, police had been reluctant.

Therefore, it is concluded that "unlikely serious traffic congestion even before opening" by performing a traffic study at 43 locations city, the city was asked to reconsider the police. But, "experiments in connection path of the city hall muscle heavy traffic does not put out a road use permit to social experiments. Opened just before the spur congestion," said police have expressed a rejection attitude on the 6th of this month .

Omori The mayor said, "You can not experiment sorry. You want to continue working did on adjustments to the next fiscal year," he said. Police Traffic Regulation Division has been, "It is time towards the ion mall opened, to be Komeru force to congestion prevention related organizations become united."

Is a pillar Omori mayor was first elected in October last year listed in the "Downtown Revitalization policy package", social experiment, was the centerpiece of the business bustle creation. Of the 77.3 million yen business budget, about 66 million yen is not implemented. According to the person in charge of the city, has been recorded as a reduction supplementary budget usually, in February Congress are not implemented by min, and that likely to be followed it this time.
///////
岡山市、「県庁通りぶらり歩き」など社会実験断念 県警が難色(産経新聞)

岡山市の中心市街地を貫く「県庁通り」(2車線)の1車線を制限してオープンカフェなどを展開しようという同市の社会実験が、県警の反対で中止に追い込まれたことが11日、分かった。同市は事業費約8千万円を計上していたが、約85%が減額補正になる見込み。道路使用許可の権限をもつ県警は年度当初から「渋滞を招く」などとして難色を示していた。

                  ◇

 この日の会見で、大森雅夫市長が明らかにした。同市は今年度の新規事業として「県庁通りぶらり歩き」「西川緑道公園筋フリーウオーク」に計7730万円を計上。県庁通りの市役所筋から国道53号までの約600メートルを交通規制し、西川緑道公園とともに「歩いて楽しい空間づくり」をテーマにしたオープンカフェ展開やアート作品展示などを10~11月に実施すべく準備を進めていた。

 しかし、近くでは「イオンモール岡山」の開業が迫っており、年間来客数2千万人とされる同店付近で深刻な渋滞が予想されるなどとして、県警が難色を示していた。

 そのため、市は市内43カ所で通行量調査を行って「開業前でも深刻な交通渋滞は考えにくい」と結論づけ、県警に再考を求めた。だが、県警は今月6日に「交通量の多い市役所筋との接続路での実験は渋滞に拍車をかける。開業直前の社会実験には道路使用許可を出せない」と、拒否姿勢を表明した。

 大森市長は「実験ができないのは残念。来年度以降に調整をしたうえで取り組んでいきたい」と話した。県警交通規制課は「イオンモール開業に向けて、関係機関が一丸になって渋滞予防に力を込めるべき時期だ」としている。

 社会実験は、昨年10月に初当選した大森市長が掲げる「中心市街地活性化政策パッケージ」の柱であり、にぎわい創出の目玉事業だった。事業予算7730万円のうち、約6600万円が未執行となる。市の担当者によると、未執行分は通例、2月議会に減額補正予算として計上しており、今回もそれを踏襲することになりそうという。
///////
歩行者優先化の社会実験見送り (山陽新聞)
///////
Social experiment Deferring pedestrian prioritization (Sanyo newspaper)
 
The 11th, for the social experiment to create a space of pedestrian priority to traffic regulations Nishikawa Ryokudo park muscle Prefectural Office Street in the city center, which has been planned for 2014, Omori Masao Mayor of Okayama ideas forego implementation revealed. Since the consent of the Okayama Prefectural Police to issue a road use permit has not been obtained.
The city you towards the bustle creation of central city, want to advance the urban development that can be enjoyed on foot, thinking of police to refrain from the opening of large-scale commercial facilities and Aeon Mall Okayama (November planned) at JR Okayama Station south, concerned about the impact on traffic I did not reconcile that. The mayor said, "Without the consent of the police (social experiment) can not. Extremely regrettable" and while it is stressed that "town planning fun walk is necessary," said at a news conference.
With the aim of social experiment of opening and after the October and November of the ion before opening, the city continued to coordinate with the police, but correctly assess the impact to be carried out social experiment in a traffic environment that is different from the "ion after opening According to the city policy of the police that "he should be determined, including the Come on you assess the reality of traffic. after opening that can not be that did not change.
Preparation period of three months or so is required for social experiment, the implementation of pre-opening had reached the time limit. I was determined that implementation of the 14 fiscal and difficult from that period of time is required for the actual situation of the traffic situation also after opening.
The mayor was "not going to give up that completely. Based on the indications of police, and in consultation with relevant departments, we would like to consider," said the implementation of 15 onwards.
   Social experiment is one of the policy package of Downtown Revitalization by the city indicated by the initial budget for FY2002. Reduced to one lane from two-lane carriageway at about 600 m intervals to the east from the intersection point of the city hall muscle, was opened and open street cafes prefectural government. It was a plan to pedestrian both sides roadway in about 300 m interval to the south from the intersection point of the Momotaro Boulevard in Nishikawa muscle.
///////
歩行者優先化の社会実験見送り (山陽新聞)
岡山市の大森雅夫市長は11日、2014年度に計画していた同市中心部の県庁通りと西川緑道公園筋を交通規制して歩行者優先の空間をつくる社会実験について、実施を見送る考えを明らかにした。道路使用許可を出す岡山県警の同意が得られなかったため。
 中心市街地のにぎわい創出に向け、歩いて楽しめるまちづくりを進めたい市と、JR岡山駅南で大型商業施設・イオンモール岡山の開業(11月予定)を控え、交通への影響を懸念する県警の考えが折り合わなかった。市長は記者会見で「歩いて楽しいまちづくりは必要」と強調する一方で「県警の了解がなければ(社会実験は)できない。極めて残念」と述べた。
 市はイオン開業前の10、11月と開業後の社会実験を目指し、県警と調整を続けたが、市によると「イオン開業後と異なる交通環境で社会実験を実施しても影響を正しく評価できない。開業後の交通実態を見極めた上で是非も含めて判断すべきだ」という県警の方針は変わらなかったという。
 社会実験には3カ月程度の準備期間が必要で、開業前の実施はタイムリミットを迎えていた。開業後についても交通状況の実態把握に一定の時間が必要なことから14年度の実施は難しいと判断した。
 市長は15年度以降の実施について「完全に断念するというつもりはない。県警の指摘を踏まえ、関係部署と相談し、検討していきたい」とした。
社会実験は市が14年度当初予算で示した中心市街地活性化の政策パッケージの一つ。県庁通りは市役所筋との交差地点から東に約600メートル区間で車道を2車線から1車線に減らし、オープンカフェなどを開設。西川筋では桃太郎大通りとの交差地点から南に約300メートル区間で両側車道を歩行者天国にする計画だった。
///////
社会実験は、挑戦して欲しかった!? なぜ、できなかったか? 人事が関係か?
県庁通り「深刻な渋滞なし」  (よくわからない?記事?)「イオンモール岡山」をめぐって・・・!
///////
2014年8月11日(月)
岡山県警本部長に斉藤氏

警察庁は11日、新しい岡山県警本部長に近畿管区警察局総務監察部長の斉藤良雄氏(54)を充てると発表した。18日付で発令する。
 小島隆雄・現本部長(53)は同日付で同庁長官官房付となる。
 斉藤良雄(さいとう・よしお)東京大法学部卒。1983年、警察庁に入り、関東管区警察局総務部警務課長、大阪府警交通部長、富山県警本部長などを経て2013年2月から現職。大阪府出身。
///////
「岡山の街」を考える!
岡山駅前商店街 木曜マルシェ  (イオンモール岡山の共存への模索  OHK、テレビせとうちのニュースに)


岡山駅前商店街「桃太郎市」( 毎月第2日曜 )


岡山駅前商店街で「桃太郎市」(震災移住者が食べ物など販売) =初の桃太郎市にぎわう 岡山駅前商店街
///////
岡山市の社会実験見送り「残念」

岡山県の伊原木隆太知事は12日の記者会見で、岡山市が県警の同意を得られず、県庁通りと西川緑道公園筋で歩行者優先の空間をつくる社会実験の2014年度実施を見送ったことについて「(市と県警が)お互い納得する形で社会実験をしていただければと思っていたので、その点が少し残念」との認識を示した。
 社会実験をめぐっては、県庁通りの西端近くで11月に大型商業施設・イオンモール岡山の開業が予定され、中心市街地のにぎわい創出につなげたい市と、交通対策を優先したい県警と調整がつかなかった。
 市が15年度以降の社会実験実施を目指すことについて、知事は「まちのにぎわい、回遊性を向上させていきたいという市の考えは賛同する市民も多いと思う。県警と十分話し合いをして良い形にしていただきたい」と述べた。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。