2014年08月13日

14~16日、優雅に松山踊り(岡山県高梁市)「備中たかはし松山踊り」

14~16日、優雅に松山踊り(岡山県高梁市)「備中たかはし松山踊り」
///////
14 to 16, gracefully dancing Matsuyama (Takahashi City, Okayama Prefecture) "Bitchu Takahashi Matsuyama dance"

14 to 16, one of the three major dance prefecture "Bitchu Takahashi Matsuyama dance" (San'yoshinbunsha sponsored) will be held in JR Bitchutakahashi Station Boulevard Takahashi city center. The proud tradition from the early Edo period, knitting show the graceful dance dancers yukata differentially.
The dancing ground surrounds the Ondo tower, spacious, Matsuyama dance dances alternately Yatosa fast-paced dance. There is a 40 minute contest from 19:00 each day, about 1960 people 55 organizations dance ream workplace and children, local units compete for beauty. Visitors also can join after the end, it will continue until the 11:00.
Give 'em "three 輦 (Ren) dance bill" a sash clip ornament 200 people first arrival as a new project, participated in the three days yukata. I do also fireworks on the final day. "How (Shigumi) dance" (the 15th, and Sakae shopping district) that (the 14th, Ondo tower), samurai children Ondo is danced in Jochu, (same, Takahashigawa), a summer tea party Shoryonagashi events related to, (16 day, there is an international hotel and Takahashi).
During, and vehicle traffic prohibited Meanwhile venue whole area implementation = Figure traffic regulation of traffic. I provide a free parking space Takahashi elementary school, bellflower green space, and Takahashi comprehensive Cultural Center.
Light rain or shine. City Tourism Association us (0866 21 0461).
///////
14~16日、優雅に松山踊り(岡山県高梁市)「備中たかはし松山踊り」

県内三大踊りの一つ「備中たかはし松山踊り」(山陽新聞社後援)が14~16日、高梁市中心部のJR備中高梁駅前大通りで開かれる。江戸初期からの伝統を誇り、編みがさに浴衣姿の踊り手が優雅な踊りを見せる。
 松山踊りは音頭やぐらを囲み、ゆったりとした地踊り、テンポの速いヤトサ踊りを交互に舞う。各日午後7時から40分間コンテストがあり、子どもや職場、地域単位の踊り連55団体約1960人が美しさを競う。終了後は来場者も参加でき、同11時まで続く。
 新企画として、浴衣で3日間参加した先着200人に帯留め飾り「三輦(れん)踊札」を進呈。最終日には打ち上げ花火も行う。関連行事は、子供音頭(14日、音頭やぐら)、武士が城中で舞った「仕組(しぐみ)踊り」(15日、栄町商店街など)、精霊流し(同、高梁川)、納涼茶会(16日、高梁国際ホテル)などがある。
 期間中、会場一帯は車両通行禁止や一方通行の交通規制を実施=図。高梁小学校、ききょう緑地、高梁総合文化会館などに無料駐車スペースを設ける。
 小雨決行。問い合わせは市観光協会(0866 21 0461)。
///////

公園での遊び方、注意点解説(岡山市)

公園での遊び方、注意点解説(岡山市)
//////
How to play in the park, Notes commentary (Okayama)

When Engaging Our play park for children, Okayama made ​​handbook that summarizes how to play in the park, as of the accident or injury to the "play outside notes". It is distributed free of charge, such as parenting support groups and citizens of the child-rearing generation.
40 pages in A5 size color. You have configured in Chapter 8 illustrated "seed of play", how to play specific explained that the element of play to stimulate the imagination of children is jammed, such as "play outside recipe" in the park.
The "play outside recipe", and featured in photo and text 14 cases made ​​with rope and wooden boards "rickshaw", and "bed of fallen leaves," which was laid by collecting fallen leaves. In the chapter of "dangerous and play", as an example, such as playing with fire, you're commentary for both the risk of a good risk, must be avoided even if the connection experience to the growth of the child unless moderation.
Edited (same Kume) is commissioned by the city of the NPO-city children center, which operates playground for children to "play Okayama Park" Children's Forest at (Kita Gakunan town). City garden city Promotion Division call for "Leveraging. Handbook place of learning that children packed a wide variety of experience through play, park Try going out in the park in the family," he said.
Handbook is being distributed in the same division. It is also published in the city website. Same division query (086 803 1395).
//////
公園での遊び方、注意点解説(岡山市)

岡山市は子どもたちの公園遊びを促そうと、公園での遊び方、事故やけがへの注意点などをまとめたハンドブック「外遊びノート」を作った。子育て世代の市民や子育て支援団体などに無料配布している。
 A5判カラーで40ページ。公園には子どもの発想力を刺激する遊びの要素が詰まっていることを説明した「あそびのたね」、具体的な遊び方を例示した「外遊びレシピ」など8章で構成している。
 「外遊びレシピ」は、木の板やロープで作った「人力車」、落ち葉を集めて敷き詰めた「落ち葉のベッド」など14事例を文章と写真で紹介。「あそびとキケン」の章では、火遊びなどを例に、度を越さなければ子どもの成長につながり経験してもよい危険と、避けなければならない危険の双方について解説している。
 こどもの森(北区学南町)で子どもの遊び場「おかやまプレーパーク」を運営するNPO法人・市子どもセンター(同久米)が市の委託を受けて編集した。市庭園都市推進課は「公園は子どもたちが遊びを通じて多彩な経験を積める学びの場。ハンドブックを活用し、家族で公園に出掛けてみては」と呼び掛ける。
 ハンドブックは同課で配布中。市ホームページでも公開している。問い合わせは同課(086 803 1395)。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:18| Comment(0) | 公園での遊び方、注意点解説(岡山市) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。