2014年08月20日

子どもたちに芸術の楽しみを(夏休みの自由研究)

子どもたちに芸術の楽しみを(夏休みの自由研究)

//////
(The independent research of summer vacation) fun art to children

23 and 24 days, touching the art children enjoy "Children's Art Museum (Chirumyu) 2014" will be held in Ohara Museum of Art in Kurashiki Central. To deploy a variety of hands-on programs such as dance workshops and gallery tours.
And try to draw in the "everyone finish the epic to match a picture of a water lily that is over and while interacting with the staff" Gallery Tour "▽ participants drew!
Prepare a 16 program, such as three-dimensional painting? "To make a" masterpiece that use the post card "Dance Workshop" of ▽ masterpiece that interact with the sculpture of Monet water lily (water lily) "of ▽ lawn.
From 10:00 on the 24th, and conducted an observation tour was for people from who are interested in art promotion and education officials. While tour the venue, Yanagisawa Hideyuki curator section chief, explains the aim of such programs and origin of Chirumyu.
(Admission to the same 4:30) 9:00 to 17:00 on both days. ¥ 1,300 general, university students ¥ 800, ¥ 500 high school students, admission is ¥ 250 elementary and junior high school students. Some programs require material costs separately. The museum us (086 422 0005).
//////
子どもたちに芸術の楽しみを(夏休みの自由研究)

子どもたちが楽しみながら芸術に触れる「チルドレンズ・アート・ミュージアム(チルミュ)2014」が23、24日、倉敷市中央の大原美術館で開かれる。ギャラリーツアーやダンスワークショップなど多彩な体験型プログラムを展開する。
 スタッフと対話しながら巡る「ギャラリーツアー」▽参加者が描いたスイレンの絵を合わせて大作を仕上げる「みんなで描こう!
 モネの睡蓮(すいれん)」▽芝生広場の彫刻と触れ合う「ダンスワークショップ」▽名画のポストカードを使う「名画でつくる立体絵画」?など16プログラムを用意する。
 24日午前10時から、教育関係者やアート振興に関心がある人らを対象にした観察ツアーを実施。柳沢秀行学芸課長が、会場を巡りながら、チルミュの成り立ちやプログラムの狙いなどを解説する。
 両日とも午前9時~午後5時(入館は同4時半まで)。入館料は一般1300円、大学生800円、高校生500円、小中学生250円。一部プログラムは別途材料費が必要。問い合わせは同美術館(086 422 0005)。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:34| Comment(0) | 子どもたちに芸術の楽しみを(夏休みの自由研究) | 更新情報をチェックする

津山洋学資料館 HPを一新(岡山)

津山洋学資料館 HPを一新(岡山)
//////
Renewed (Okayama) Tsuyama Western studies museum HP

Tsuyama Western studies museum (Tsuyama Nishi-cho) was significantly renewed official homepage (HP). In addition to originating from time to time information in season at the social networking site Face book on the Internet, was established also "Western studies corner of Tsuyama," which was discussed in detail about Udagawa house and Mitsukuri who served as Tsuyama clan physician.
Addition to the guidance of the exhibition, you can introduce with pictures and flowering effect of herbs planted in the courtyard, and published the movement of "now" of the museum, such as the state of practice training curator on Facebook. The beginning Udagawa Genzui who left the big achievements in the development of modern science, Genshin, of Yo菴 the "Udagawa three generations", "Western studies corner of Tsuyama" served as the first professor predecessor of Tokyo University of "Shigeru-sho tone plant" I have put the performance of the person in the house Mitsukuri Yukari Daifumoto Kikuchi et al served and both large empire-General Tokyo, Kyoto grandson Mitsukuri Genpo, of Genpo.
Renewal of HP's first Western studies museum since relocated to newly built its current location in 2010. Tanaka Miho curator has said, "dispel In an attempt to (dispel) the image of high threshold, get interested in Western studies through. Homepage was configured as friendly and easy to understand, it becomes an opportunity to the visitors," he said.
Address, http://www.tsuyama-yougaku.jp/
//////
津山洋学資料館 HPを一新(岡山)

津山洋学資料館(津山市西新町)は、公式ホームページ(HP)を大幅リニューアルした。インターネット上の交流サイト・フェイスブックで旬な情報を随時発信するほか、津山藩医を務めた箕作家と宇田川家について詳しく解説した「津山の洋学コーナー」も新設した。
 フェイスブックでは企画展の案内に加え、中庭に植えられた薬草の作用と開花を写真付きで紹介したり、学芸員の実習研修の様子など資料館の“今”の動きを公開。「津山の洋学コーナー」は、近代科学の発展に大きな功績を残した宇田川玄随、玄真、榕菴の「宇田川三代」をはじめ、東京大の前身「蕃書調所」の初代教授を務めた箕作阮甫、阮甫の孫で東京、京都の両帝国大総長などを歴任した菊池大麓ら箕作家ゆかりの人物の業績を載せている。
 HPの刷新は2010年に洋学資料館が現在の場所に新築移転して以来初めて。田中美穂学芸員は「敷居の高いイメージを払拭(ふっしょく)しようと、分かりやすく親しみやすい構成にした。ホームページを通して洋学に関心を持ってもらい、来館へのきっかけになれば」と話している。
 アドレスは、 http://www.tsuyama-yougaku.jp/
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 津山洋学資料館 HPを一新(岡山) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。