2014年08月24日

<土砂災害>「地域の危険性、確認を」 県が呼び掛け、警戒区域9307カ所 /岡山「おかやま全県統合型GIS」/「支援の輪」広島へ続々

<土砂災害>「地域の危険性、確認を」 県が呼び掛け、警戒区域9307カ所 /岡山「おかやま全県統合型GIS」/「支援の輪」広島へ続々


県のホームページ
「おかやま全県統合型GIS」
http://www.gis.pref.okayama.jp/map/top/index.asp
//////
岡山駅近郊の例
岡山駅近郊001s.png
//////
岡山駅近郊002s.png

//////
Ken called "risk in the region, the confirmation", 9307 sites / Okayama caution zone "Okayama Zenken Integrated GIS"



Landslide was caused by localized heavy rain in Hiroshima, but there 11,999 places is landslide hazard also in the prefecture, 9307 locations of which are specified in the warning area. I can confirm and security area on the homepage of the prefecture. Ken, are calling to check the status of the areas where their lives anew.

According to the prefectural disaster prevention Sediment Control Division, in addition to the security area that is specified in terms of the examination of terrain conditions, and other special security area with the building regulations, are 320 locations specified in the prefecture. Scheduled to be completed the investigation of the warning area during the current fiscal year, it carried out the specified until the next fiscal year. Policies then, designation of special security area also will proceed while explaining to residents.

In Tamano Uno, 5 people and die by debris flow due to the influence of the typhoon in October 2004, the damage has occurred also in the prefecture. Homepage of province "Okayama Zenken Integrated GIS" from 「  http://www.gis.pref.okayama.jp/map/top/index.asp 」,
it can be confirmed, such as landslides disaster prevention map and caution zone. Kenji Tomioka, chief of disaster prevention Sediment Control Division are talking about "their own region we want to know whether there is a risk of any disaster," he said.

As precursory phenomena of landslides, running water is cloudy or abnormal, the occurrence of spring water, there is that smell of soil emitted by trees rubbing against drifts. If there is a house in the mountains and along streams, and try to evacuate early, if evacuation such as heavy rain in the evening is difficult, correspondence such as moving to the second floor I need
//////
<土砂災害>「地域の危険性、確認を」 県が呼び掛け、警戒区域9307カ所 /岡山「おかやま全県統合型GIS」



広島市で局地的豪雨によって土砂災害が発生したが、県内でも土砂災害危険箇所が1万1999カ所あり、うち9307カ所が警戒区域に指定されている。県のホームページで警戒区域などが確認できる。県は、改めて自分たちが住む地域の状況を確認するよう呼びかけている。

 県防災砂防課によると、地形条件などを調査したうえで指定される警戒区域に加え、建築規制が伴う特別警戒区域は、県内で320カ所指定されている。今年度中に警戒区域の調査を終え、来年度までに指定を済ませる予定。その後、住民に説明しながら特別警戒区域の指定も進めていく方針。

 県内でも2004年10月に玉野市宇野で、台風の影響による土石流によって5人が死亡するなど、被害が発生している。県のホームページ「おかやま全県統合型GIS」
http://www.gis.pref.okayama.jp/map/top/index.asp
から、警戒区域や土砂災害防災マップなどが確認できる。防災砂防課の冨岡賢司主任は「自分たちの地域はどのような災害の危険性があるか把握してほしい」と話している。

 土砂災害の前兆現象として、流水が異常に濁ったり、わき水の発生、木々がこすれることで発する土のにおいが漂うことがある。山や渓流沿いに住宅がある場合は、早めの避難を心掛け、夜の大雨など避難が困難な場合は、2階に移動するなどの対応が必要だ
//////
2014年8月24日(日)
「支援の輪」広島へ続々 緊急援助隊/ボランティア/義援金 岡山
多数の死者を出した広島市の大規模土砂災害に対して、24日、倉敷市や笠岡市など県内自治体が緊急消防援助隊などを派遣する。日本赤十字岡山県支部も医療ボランティアを派遣。甚大な被害を受け、県内でも支援の輪が広がっている。

 倉敷市は24日、同市消防局から緊急消防援助隊として14人と車両4台を派遣し、救助活動を支援。今後も交代要員を送り継続的に支援する。土砂撤去などに協力する災害ボランティア約40人も派遣する。

 笠岡市も同日、地区消防組合から6人を派遣。総社市と国際医療NGO「AMDA(アムダ)」(岡山市)は23日、合同で現地支援隊員の第2陣として、保健師や看護師ら4人を送り出した。

 一方、日本赤十字岡山県支部からは24日に医師や看護師、こころのケア要員ら12人の救護班が出発。広島市安佐北区の避難所4カ所で、巡回診療や被災者のこころのケアに取り組む。

 同支部は中国銀行やトマト銀行、県内の日本赤十字の施設で、被災者への義援金の受け付けを始めた。

 銀行振り込みは備え付けの赤十字義援金専用振込用紙で、中国銀行本店普通口座761168とトマト銀行本店普通口座1430925へ。名義は「日本赤十字社岡山県支部 支部長 伊原木隆太」。通信欄に「平成26年広島県大雨災害義援金」と明記する。
//////
2014年8月21日(木)
広島市北部の集中豪雨被害で、自治体や団体などが救援、支援に乗り出した。広島市と市社会福祉協議会はボランティア受け入れの窓口となる「災害ボランティアセンター」を近く設置する方針。しかし、被災者のニーズの集約は進んでおらず、対応が急がれる。専門家は「行政に精通したボランティアらが求められる」と指摘する。

 国際医療NGO「AMDA」(本部・岡山市)と岡山県総社市は21日、合同で看護師1人を含む5人の先遣隊を派遣。避難所などにペットボトルのお茶やカップ麺などの救援物資を配るほか、今後の支援に向けた調査を始めた。JA尾道総合病院なども医師や看護師らを派遣した。

 岡山県警や鳥取県警などは機動隊員らを派遣。大阪市消防局も特別高度救助隊員ら7人を派遣した。大阪府は、広島県から支援要請があれば物資援助や職員の派遣を検討している。

 ただ、今月豪雨災害にみまわれた京都府福知山市や兵庫県丹波市にもボランティアが多数入っている。NPO「レスキューサポート関西」(東大阪市)の萩政明理事長は「すぐには手が回らない。まずは救援物資を送ることを考えたい」と話した。

 紀伊半島を中心に死者82人、行方不明者16人に上った2011年9月の台風12号災害で対応に当たった高瀬一郎・和歌山県危機管理局長は「正確な情報収集が第一。犠牲者の情報がない地域でも物的被害が広がっていた。市町村は現場対応に追われており、県職員を派遣した」と振り返った。

 関西大の河田恵昭教授(巨大災害)は「泥掃除、河川のゴミ拾いなど、やることはたくさんあるが、行方不明者の捜索が最優先」と指摘。今回は大都市が近く、物資的な不足は少ないとの見立てを示し、「被災者生活再建支援法の適用など、専門ボランティアが多く必要になる」と話した。

//////

「世界の絶景」に岡山の現代美術館 国内外から注目(夏休みの自由研究)

「世界の絶景」に岡山の現代美術館 国内外から注目(夏休みの自由研究)

//////
(Independent research during the summer vacation) attention from the Museum of Contemporary Art of Okayama in Japan and abroad "superb view of the world"


Okayama Prefecture Nagi Museum of Contemporary Art, which celebrated its 20 anniversary has attracted attention from home and abroad. Public museums of the world's first artist and architect was co-produced. Art space unique buildings and works associated has been praised again, or photos collections and art magazine and "you want to go before you die! Superb view of the world" as "I want to go once in a lifetime! Art spot in the World" and it is introduced one after another.

"Art Techo (notebook)" (art publisher) June issue featured "I want to go once in a lifetime! Art spot of the world," the. And have taken up 100 places in Japan and overseas as a "place worth a trip." Among them, Arata Isozaki (new)'s architect (83) has been introduced as a "carefully selected spots to rediscover Japan" the Nagi Museum of Contemporary Art, which worked on the production and design.

The Ask me for a photo of the exhibition room of the three "sun". A huge cylindrical inclined 8, 5 meters in diameter, of 18 m length, outside light that plugs into the exhibition space of "each for exhibition room to reproduce the rock garden in Kyoto Ryoanji Temple in the inner wall, was placed bench, and seesaw you are evaluating work to show a variety of facial expressions, by, and "bring us the experience once manner each time.
//////
「世界の絶景」に岡山の現代美術館 国内外から注目(夏休みの自由研究)


開館20周年を迎えた岡山県奈義町現代美術館が国内外から注目を集めている。建築家と芸術家が共同制作した世界初の公共美術館。作品と建物が結びついたユニークなアート空間が改めて高く評価され、「一生に一度は行きたい!世界のアートスポット」や「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」として美術専門誌や写真集などで相次いで紹介されている。

 「美術手帖(てちょう)」(美術出版社)6月号は「一生に一度は行きたい!世界のアートスポット」を特集。「旅する価値のある場所」として国内外の100カ所を取り上げている。その中で、建築家の磯崎新(あらた)さん(83)が設計とプロデュースを手がけた奈義町現代美術館を「日本を再発見する厳選スポット」として紹介している。

 三つの展示室のうちの「太陽」の写真を掲載。直径8・5メートル、長さ18メートルの傾いた巨大な円筒形で、内壁に京都・龍安寺の石庭を再現し、ベンチ、シーソーなどを配置した展示室について「それぞれの展示空間に差し込む外光によって、作品はさまざまな表情を見せ、その都度一回的な体験を私たちにもたらしてくれる」と評価している。
//////

中高生がネット利用や弊害で熱弁/「スマホ子守り」に注意呼び掛け 岡山

中高生がネット利用や弊害で熱弁
///////
High school students in the spiel evils and net use

The 23rd, "argued speech contest of the 10's" by high school students in Kurashiki Kojima district (sponsored by Soroptimist International of Kojima) was held in Kojima citizen Exchange Center of the city Kojimaajino. 12 people 7 schools opinion published on the theme of "network society and I" this year. While emphasizing the convenience of the net, and complained of the need for information ethics.
Participants, introduce the benefits "was able to have ties with many beyond the regional and age" and "was motivated by the heart to the message that transmits the video on the Internet" sprinkled with real-life experience.
It pointed out that "it looks like a conversation with a communication app in the family together, the opportunity to match the face has decreased" and "no longer able to concentrate on studying the reply from friends worrisome" for evil. It said, "devised and make rules in their own needs" or.
Okutomi Yoichi Associate Prof. of the City College will review, we chose to Excellence Award a total of five people.
///////
中高生がネット利用や弊害で熱弁

倉敷市児島地区の中高校生による「10代の主張弁論大会」(国際ソロプチミスト児島主催)が23日、同市児島味野の児島市民交流センターで開かれた。今年は「わたしとネット社会」をテーマに7校12人が意見発表。ネットの利便性を強調する一方、情報モラルの必要性を訴えた。
 参加者は、実体験を交え「年齢や地域を超え大勢とつながりが持てた」「ネット上の動画が発信するメッセージに心を突き動かされた」と利点を紹介。
 弊害については「家族同士で通信アプリを使って会話するようになり、顔を合わせる機会が減った」「友達からの返信が気になり勉強に集中できなくなった」と指摘。「自分の中でルールをつくるといった工夫が必要」などと述べた。
 同市立短大の奥富庸一准教授らが審査し、計5人を優秀賞に選んだ。
///////
「スマホ子守り」に注意呼び掛け
//////
And call attention to the "smartphone lullaby"


The 20th, lectures on the theme of the relationship of children and electronic media such as smartphones and game was held in Kasaoka first hospital of Kasaoka evil. Pointed out that pediatricians from, it is not coming into direct contact with the child, that there is a parent to the muffled by giving electronic media. And called attention as may adversely affect the mental and physical development of children.
In recent years, the hospital is planning for the first time as a health class of citizens to try to raise issues that children from a patient to visit a pediatric outpatient, media-dependent is suspected in many cases. About 100 patients and medical personnel, residents are asked.
Miyajima Yuko pediatrician, description stimulation of the five senses of early childhood is to form the basis of personality in the same hospital vice president. It said, "risk that prevents the development of language and brain function is allowed to lack the experience involved with people, to control the emotion there is over-reliance on the booming using the media," he said.
A survey of private organizations, that if the time you want to use games and television is more than 6 hours a day, result child is that four to three times the amount of children that do not use exits the violence impulse also introduce further. I complained, "close attention must contact from infancy, the use of a long period of time," he said.
The hospital survey carried out for the 100 family of outpatient. Realities 3-5 year-olds who are experienced in contact with the smartphone and that more than 30% have been published prior to the lecture.
//////
「スマホ子守り」に注意呼び掛け


スマートフォンやゲームなどの電子メディアと子どもの関わりをテーマにした講演会が20日、笠岡市横島の笠岡第一病院で開かれた。小児科医らが、子どもと直接触れ合わず、電子メディアを与えて子守をさせる親がいると指摘。子どもの心身の発達に悪影響を及ぼす可能性があるとして注意を呼び掛けた。
 同病院は近年、小児科外来を訪れる患者に、メディア依存が疑われる子どもが多いことから問題提起しようと市民向けの健康教室として初めて企画。医療関係者や患者、住民ら約100人が聴いた。
 同病院副理事長で小児科医の宮島裕子さんは、乳幼児期の五感への刺激が人格の基礎を形成すると説明。「メディアを使った子守への過度の依存は人と関わる体験を不足させ、感情を制御する脳機能や言語の発達を妨げる危険性がある」と述べた。
 さらに民間団体の調査では、テレビやゲームなどを使う時間が1日6時間を超える場合、暴力衝動を持つ子は、使わない子の4・3倍という結果が出たことも紹介。「乳幼児期からの接触、長時間の使用には細心の注意が必要」と訴えた。
 同病院は外来患者の家族100人を対象にアンケート実施。スマホなどに接した経験のある3~5歳児は3割を超えるという実態が、講演に先立って公表された。
//////
2014年8月29日

岡山)通信会社が学校現場でスマホ教室

スマートフォン関連の通信会社が、学校でインターネットやスマホとの付き合い方について考える出前教室を始めた。犯罪やいじめ被害など学校現場では敬遠されがちなスマホだが、便利なツールとして認識してもらうのが目的だ。学校側も「すでに生活に密着したツールで、付き合わないわけにはいかない。正しい使い方を学ぶことが必要だ」と歓迎している。

 岡山市立芳泉中学校では7月、スマホの無料通信アプリの「LINE」(本社・東京)が、2年生(288人)を対象に情報モラルの教室を開いた。

 同社は静岡大学教育学部の塩田真吾講師(32)=教育工学=と連携。LINEを題材にした情報モラル教室を5月から全国の小中学校で始めた。

//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。