2014年09月26日

肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初

肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初

「移植成功、世界初」の成功は、すばらしい。
母子ともに健康でありますように・・・

/////
Okayama portable successful 2-year-olds and some split of the lung, the world's first

Surgery can be divided into smaller units called "zone" part of left lung maternal implanted into both lungs 2 year olds were conducted in Okayama University Hospital. The smallest unit that can function as the lungs "zone". 2-year-olds has been restored to the state that you can breathe on their own, (Takahiro Oto) Associate Professor has said, "surgery was successful," said Takahiro OTOH you surgeon. Was successful in lung transplant unit in the area that the first time in the world.

According to Mr. OTOH, patients boys of 2 years 9 months living in Saitama Prefecture. It is lung transplantation of the youngest in the country. Surgery is carried out over a period of about 11 hours on August 31. Remove the ventilator on September 13, it is no longer also used oxygen inhaler in the 22nd.

Boys develop idiopathic interstitial pneumonia around May this year. The exacerbated as become severe hypoxia even using the ventilator in mid-August, double lung transplant is needed. Initially, it was assumed that ask them to provide one portion lung from two adults, but the results of the inspection, did not have to fit people other than his mother.
/////
母親の左肺の一部を「区域」と呼ばれる小さな単位に分割して、2歳児の両肺に移植する手術が岡山大学病院で実施された。「区域」は肺として機能できる最小単位。2歳児は自力で呼吸できる状態まで回復しており、執刀した大藤剛宏(おおとうたかひろ)准教授は「手術は成功した」と話している。区域単位の肺移植に成功したのは世界で初めてという。

 大藤さんによると、患者は埼玉県に住む2歳9カ月の男児。国内では最年少の肺移植となる。手術は8月31日に約11時間かけて実施。9月13日に人工呼吸器を外し、22日には酸素吸入器も使わなくなった。

 男児は今年5月ごろ特発性間質性肺炎を発症。8月中旬には人工呼吸器を使っても重度の酸欠になるほど悪化し、両肺の移植が必要になった。当初、大人2人から肺を一部ずつ提供してもらう想定だったが、検査の結果、母親以外に適合する人がいなかった。

////
母の肺、小さく分け2歳児へ=世界初「区域」移植―岡山大病院

岡山大病院(岡山市)は24日、母親の左肺の一部を小さく分割して2歳児の両肺に移植する手術に成功したと発表した。同病院によると、肺として機能する最小単位である「区域」に分割して移植が成功したのは世界で初めてで、生体肺移植では国内最年少。

 患者は、埼玉県在住の2歳9カ月男児。今年4月下旬ごろ、特発性間質性肺炎を発症し、両肺の移植が必要な状態となった。

 手術は8月31日、約11時間かけて実施。母親の左肺から「下葉」と呼ばれる部分を摘出し、分割して男児の両肺に移植した。手術は成功し、9月22日には酸素吸入器も必要なくなった。 

/////
<生体肺移植>母親の左肺の一部を細分割 2歳9カ月男児に

 岡山大病院(岡山市北区)は24日、2歳9カ月の男児に、母親から摘出した左肺の一部を「区域」と呼ばれる最小単位に分割して移植する生体肺移植手術に、世界で初めて成功したと発表した。体が小さな男児には肺を分割して移植する必要があった。国内での肺移植はこれまで3歳が最年少で、2歳児への移植も初めて。

 岡山大病院によると、移植を受けたのは埼玉県在住の男児で、今年4月下旬ごろ、特発性間質性肺炎を発症。8月中旬には人工呼吸器を使っても重度の酸欠になるほど悪化し、両肺の移植が必要になった。当初、2人の大人から肺を一部ずつ提供してもらう予定だったが、母親以外に適合する人がいなかった。

 岡山大の大藤剛宏(おおとう・たかひろ)准教授らのチームが先月31日、30人態勢で約11時間かけて移植を実施。母親から摘出した左肺の「下葉(かよう)」という部分を分割し、そのうちの1区域(肺全体の18分の1)を左肺に、3区域を右肺に移植した。

 今月13日に男児の人工呼吸器を外し、同22日には酸素吸入器も必要なくなった。男児は1カ月で退院できる見通しだが、成長の過程で肺の容量が足りなくなった場合には、再移植が必要になる可能性もあるという。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 肺の一部分割し2歳児に 岡山大が移植成功、世界初 | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕

岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕
岡山 高島屋
Powered by RSSリスティング


岡山 天満屋 - Google News
Powered by RSSリスティング


/////
"Large Hokkaido Exhibition of autumn" in Okayama Takashimaya

The 25th, "Hokkaido large exhibition of autumn" a collection of Suites and agricultural products of Hokkaido began in Okayama Takashimaya (Okayama, Kita-ku, Hon). Until October 7.
43 shops, including three new shop selling about 850 kinds. Potato chips corn white corn that seafood lunch was dished salmon roe and salmon, sea urchin (2376 yen), eaten raw (399 yen), multiplied by the chocolate, such as (¥ 756) are arranged, it was crowded with tourists of many from the first day .
The exhibition (2700 yen) roll cake sandwiched Okayama the "Momotaro grapes" in the same store limited. I also sell crafts such as wood carving figurine of Otaru glass or (glass) until the 30th.
Was talking about "shopping is fun just delicious products of Hokkaido unique," said (37) housewife Kurashiki who purchased the confectionery and king crab. (The last day of the same 4:00) 10:00 to 19:00.

Okayama Ikebana Exhibition opening in Tenmaya

The 25th, (sponsored by the city, such as the city flower arranging cultural Federation) 64th Okayama Ikebana exhibition began in Tenmaya Okayama shop 6 Kaiashikawa Hall Kita Table town. Works autumnal lovers with a focus on the city, are pleasing to the eyes of visitors. Up to 30 days.
To exhibit while replacing a total of 498 points lovers of 11 schools Ikenobo, such as 専敬 flow was exhibited one point one. On the first day, 167 points to start the epic using persimmon of about 2 meters height fruited in laden, using flowers of autumn cosmos pink and white, and gentian violet are lined up.
Women of the same city that you have seen (78) had said, "just a beautiful piece as if brought into the room as it is natural. Vitality comes out When I see," he said.
(29 days for the same 6:00) 10:00 to 17:30. ¥ 200 entrance fee.
/////
岡山高島屋で「秋の大北海道展」

岡山高島屋(岡山市北区本町)で25日、北海道の農水産物やスイーツを集めた「秋の大北海道展」が始まった。10月7日まで。
 新規3店を含む43店が約850種類を販売。サケやイクラ、ウニを盛り付けた海鮮弁当(2376円)、生で食べられるトウモロコシ・ホワイトコーン(399円)、チョコレートをかけたポテトチップス(756円)などが並び、初日から大勢の客でにぎわった。
 同店限定で岡山産「桃太郎ぶどう」を挟んだロールケーキ(2700円)を出品。30日までは小樽硝子(がらす)や木彫りの置物といった工芸品も販売している。
 タラバガニや菓子を購入した倉敷市の主婦(37)は「北海道ならではのおいしい商品ばかりで買い物が楽しい」と話していた。午前10時~午後7時(最終日は同4時)。

天満屋で岡山市いけばな展開幕

 第64回岡山市いけばな展(市、市華道文化連盟など主催)が25日、北区表町の天満屋岡山店6階葦川会館で始まった。市内を中心とした愛好家の秋らしい作品が、来場者の目を楽しませている。30日まで。
 池坊、専敬流など11流派の愛好家が1人1点ずつ出品した計498点を入れ替えながら展示する。初日は、たわわに実をつけた高さ約2メートルの柿の木を使った大作をはじめ、白やピンクのコスモス、紫のリンドウといった秋の花を用いた167点が並んでいる。
 観賞した同市内の女性(78)は「自然をそのまま室内に持ち込んだかのように美しい作品ばかり。見ていると元気が出てきます」と話していた。
 午前10時~午後5時半(29日は同6時)。入場料200円。

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山高島屋で「秋の大北海道展」/天満屋で岡山市いけばな展開幕 | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

次は、「もんげーボーイ」だな? 県知事出演で・・。
//////
(Misaki Momose et al Okayama Prefecture) PR is "Dere Girls" actress

Ahead the end of shooting the movie "Dere Girls", the 23rd, production report meeting by starring actress et al was held in (Okayama, Naka-ku, Kadotayashiki) Sanyo Women's mid-high model of the story. Along to the original writer Harada Maha's Okayama Yukari (52), friendship and love of high school girls are drawn, was PR to be "work heartwarming charm of Okayama is jammed" movie.
Yuki started Yoshiao san, Adachi Rika that on the stage of the 1980s, played a high school two hero, five actress Misaki Momose et al Okayama Prefecture was attended.
Full-length works of Okayama location. Yuki's student officers coming to changing schools in Okayama was proudly "views overlooking the Asahikawa ku Okayama Castle from the top of the Tsurumibashi was beautiful really. Contents for me to sympathize also people of every generation," he said.
On the other hand, smile "was struggling to accent the unique, but was glad to be referred to as" Na was "growth from teacher guidance dialect" Adachi's that contains the Okayama valve plenty to dialogue with. Momose-san according to "have Kawayu Dere, and I was delicious," said it was wowed venue.
Italian wood Ryuta Governor also skies made the debriefing. Horipro is planning to produce the movie, Okayama Roque scheduled until the 27th.
//////
「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

映画「でーれーガールズ」の撮影終了を控え、主演女優らによる制作報告会が23日、物語のモデルの山陽女子中高(岡山市中区門田屋敷)で行われた。映画は岡山ゆかりの作家原田マハさん(52)の原作に沿い、女子高生の恋と友情が描かれ、「岡山の魅力が詰まった心温まる作品」とPRした。
 1980年代を舞台に、主人公2人の高校時代を演じた優希美青さん、足立梨花さんをはじめ、岡山県出身の桃瀬美咲さんら女優5人が出席した。
 全編岡山ロケの作品。岡山に転校してくる生徒役の優希さんは「鶴見橋の上から旭川と岡山城を臨む景色は本当に美しかった。どの世代の人たちにも共感してもらえる内容」と胸を張った。
 一方、せりふにたっぷり岡山弁が含まれる足立さんは「独特のアクセントに苦労したけれど、方言指導の先生から『成長したな』と言われてうれしかった」と笑顔。桃瀬さんが「でーれーかわゆうて、うまかったわ」と応じ、会場を沸かせた。
 報告会には伊原木隆太県知事も応援に駆け付けた。映画はホリプロが企画、制作し、岡山ロケは27日までの予定。
//////
「でーれーガールズ」制作報告会「岡山県民と作った映画」

オール岡山ロケで岡山弁を駆使した映画「でーれーガールズ」(来年2月公開)の制作報告会が23日、岡山市内で開かれ、ダブル主演の女優、優希美青さん(15)と足立梨花さん(21)が作品への熱い思いを語った。

 東京から岡山の女子高に転校した漫画好きの主人公(優希さん)と勝ち気な友人(足立さん)をめぐる友情や恋愛を描いた同作。今月13日にクランクインし、前例がないというオール岡山ロケで撮影が進み、この日までに主役級がクランクアップした。

 足立さんは平成19年、優希さんは24年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でともにグランプリを獲得し、さらに昨年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」にも2人そろって出演して注目された。優希さんは「エキストラなどたくさんの岡山県民と一緒に作った映画」と話し、足立さんは「難しい岡山弁も最後は指導の先生からオーケーが出るほど。うれしかった」と完成を心待ちにしている。

 撮影は今月末で終了する予定。来年2月上旬、岡山市で先行公開、その後、全国ロードショーされる。

                  ◇

 原作者の原田マハさん(52)も岡山市内で会見し、「第二の故郷である岡山で過ごした私の青春。岡山弁は春の川をいく船のイメージ」と話した。作品は小学校6年生から大学進学までを岡山市内で過ごした体験をもとにしているという。
//////
<映画>岡山舞台の「でーれーガールズ」 出演者報告会「じゃけ」かわいい! /岡山

岡山が舞台の青春映画「でーれーガールズ」の出演者5人が23日、撮影場所の山陽女子高(中区門田屋敷2)で報告会を開いた。この日、メインキャストの優希美青さん(15)、足立梨花さん(21)らは撮影を終え、「全力で生きる女の子たちの姿を見て」と作品の魅力を語った。

 「でーれーガールズ」は、同校卒業生の作家、原田マハさんの小説が原作。1980年代の岡山が舞台で、東京から引っ越してきた主人公・鮎子が、高校で出会った武美らクラスメートと友情を育む物語。鮎子が慣れない岡山弁を通じて武美たちと仲良くなる。

 出演者たちは、再現された30年前の同校制服の衣装で報告会に臨んだ。武美役の足立さんは「方言指導の先生に教わりながら、楽しく撮影できた。私なりに岡山の人になれたのがうれしい」。鮎子を演じる優希さんは「『じゃけ』という言い方がかわいいな、と思った」と笑顔を浮かべた。クラスメート役で出演する岡山市出身の桃瀬美咲さん(21)は「岡山の人にとっては『ここ知ってる』という場所がいくつも出てくるはず。楽しんで見てほしい」と話した。

 映画は来年2月、岡山で先行上映され、全国公開される。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。