2014年10月26日

<ももちゃり>「ファジアーノ」と「シーガルズ」“特別仕様” 市貸し出し自転車、NPOが寄贈--岡山 /岡山

<ももちゃり>「ファジアーノ」と「シーガルズ」“特別仕様” 市貸し出し自転車、NPOが寄贈--岡山 /岡山

岡山市が運営する貸し出し自転車「ももちゃり」に、サッカー・Jリーグ2部のファジアーノ岡山と、バレーボール・プレミアリーグ女子の岡山シーガルズ両チーム仕様の自転車各1台が加わることになった。岡山のスポーツ活動を支援するNPO法人「チーム岡山スポーツクラブ・県民後援会」が24日、市に寄贈した。岡山市でそれぞれの主催試合がある11月1日にファジアーノ号、同23日にシーガルズ号が登場する。

 特別仕様車は、それぞれのチームカラー「ワインレッド」(ファジアーノ)と「ロイヤルブルー」(シーガルズ)で、両チームのロゴなどが描かれている。贈呈式には、マスコットキャラクターのファジ丸とウィンディーも同席。シーガルズの吉田みなみ選手(26)は「私も乗ってみたい。この自転車に乗って試合をぜひ観戦にきて」と話した。

 試合当日は、JR岡山駅西口(北区駅元町)と県総合グラウンド(北区いずみ町)に仮設ポートを設置。試合前に、岡山駅西口に特別仕様車1台を含む40台を置く。
/////
ファジアーノ 岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


岡山 シーガルズ - Google News
Powered by RSSリスティング

////

備中松山城と城下町の魅力満喫  /岡山県の魅力は?

備中松山城と城下町の魅力満喫

 高梁市の国史跡・備中松山城と城下町の魅力をPRする「天空の山城備中松山城とまるごと城下町フェスタ」(市観光協会主催、山陽新聞社後援)が25日、市中心部で開幕した。11月3日まで、観光名所を巡るスタンプラリーや各種イベントで観光客をもてなす。
 備中松山城や頼久寺、武家屋敷・旧埴原(はいばら)家など13カ所にスタンプを設置。観光客はラリーの台紙を兼ねたパンフレットを手に、旧埴原家に残る江戸時代の甲冑(かっちゅう)や火縄銃、頼久寺が所有する備中国奉行・小堀遠州の肖像などに見入った。
 旧埴原家のある石火矢町ふるさと村一帯には、甲冑の着付けやかご乗り体験、山田方谷の生涯を紹介する紙芝居コーナーも開設。甲冑を試着した市内の会社員男性(39)は「重いけれど、またとない機会。高梁の歴史が楽しみながら学べますね」と話した。
 フェスタは昨年まで備中松山城一帯で開いていた「たかはしお城まつり」を一新し、会場や内容を拡充。各日午前10時~午後4時。同城の二重櫓(やぐら)特別公開や、甲冑着付け体験などのコーナー設置は26日と11月1~3日。
////
2つの天空の城(岡山 備中松山城 と 兵庫 竹田城跡)
////
岡山県の魅力は? 38位
////
岡山県 38位
地域ブランド調査2014 都道府県ランキング(2014年10月6日)

都道府県の結果では、最も魅力度が高かったのは北海道で、62.7点。2009年に都道府県を調査対象に加えて以来6年連続の1位となった。北海道は市区町村の魅力度ランキングにおいても、1位の函館市のほか、札幌市(2位)、小樽市(4位)、富良野市(6位)などベスト10以内に4市ランクインしており、道内各市の魅力が北海道という地域の魅力を高めているものと思われる。

続いて魅力度が高かったのは京都府で50.1点(前年49.1点)。京都府は京都市(3位、48.0点)の点数とほぼ同じで、府内で同市に続くのは宇治市(24.1点、38位)、舞鶴市(10.3点、201位)となっており、京都府は限られた地域が府の魅力を構成していることが想定される。

3位は沖縄県で43.0点(前年44.3点)。沖縄県は北海道同様に石垣市(11位)、那覇市(14位)、宮古島市(19位)など、魅力度の高い市町村を県内に複数抱えている。

なお、1位から9位までは順位変動はなかった。

今回の調査にて最下位となったのは2年連続で茨城県となった。魅力度に相関の高い観光意欲度も6年連続最下位となっている。一方で、県内出身者による県への愛着度は前年よりも高くなっている。

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 備中松山城と城下町の魅力満喫 | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

県で小中生に「スマホ9時まで」制限 岡山が全国初、来月スタート(NHK のニュース 動画も)

県で小中生に「スマホ9時まで」制限 岡山が全国初、来月スタート(NHK のニュース 動画も)
“夜間スマホ”岡山県教委が利用制限へ
NHK(動画)ニュース


スマートフォンなどのサービスを巡って、いじめや学習への影響が問題になっているとして、岡山県教育委員会は、小中学生を対象に午後9時以降、スマートフォンや携帯電話を親に預けて利用しないようにするガイドラインを設けることになりました。
都道府県の教育委員会によるこうした取り組みは、全国で初めてだと言うことです。

岡山県教育委員会によりますと、県内の小中学校では、スマートフォンの無料通話アプリ「LINE」でのやり取りなどをきっかけに、いじめなどのトラブルが増える傾向にあるほか、夜遅くまで友人とやり取りをして自宅での学習時間が減り、学校の授業にも影響が出ているということです。
このため、県の教育委員会は来月、県内の小中学校の児童・生徒を対象に、午後9時以降、スマートフォンや携帯電話を親に預けて利用を制限するガイドラインを設けることになりました。
県の教育委員会によりますと、こうしたガイドラインやルールを市町村の教育委員会などが策定した例はありますが、都道府県の教育委員会が設けるのは、全国で初めてだということです。
岡山県内の市町村の教育委員会や学校は、今後、このガイドラインに基づいて細かいルールを作ることになっていて、県の教育委員会は、PTAなどとも連携して実効性のある対策にしたいとしています。
//////
くらし☆解説 「スマホも影響?学力テスト」 解説委員室ブログ (NHK)
//////
The whole county in the elementary and junior high students "until Sumaho 9" limit Okayama nation's first, start next month

Okayama Prefectural Board of Education is to up to 22 days and decided to embark on a whole county efforts to limit the use of smart phones in the home of children and students in until 21:00. We have already obtained the approval of such Superintendent meetings and PTA, and start to prospect the next month. Begins with the same kind of efforts Kariya, Aichi Prefecture in April this year, Fukuoka, and the like can Sendai are to follow, the tackle in each prefecture Okayama Prefecture that nation's first.

Efforts, elementary and junior high school students in the subject, (1) 21 o'clock or later keep the guardian the smartphone (2) games to create a place to think about the relationship the way with up to 21:00 (3) Smartphone at school - of 3 item. In addition to Superintendent Association, actually describes elementary and junior high schools length meeting facing the children and students, the spirit in such as PTA, and has obtained the approval, you are finished also report to the county Board of Education committee.

For the first time in the nation Kariya who worked in business of "smartphone until 9:00", the trouble and bullying prevention is the main purpose of using such free communication app LINE (​​line). City 21 elementary and junior high schools work together with the PTA and parents, you are asked to not use the smartphone after 21:00 from April this year.

Prefectural board of education initiatives are also in accordance with this, one in four people in "junior high school students is a weekday 3 hours or more games. Its many as are playing on the smartphone. In addition long-term use of smartphones is cyberbullying also not can lead to crime and damage, can not be left "that (compulsory Education Division).

On the other hand, in the 26 fiscal nationwide scholastic ability and learning survey, lower than the percentage nationwide that a review of the lesson, the actual learning time was shorter in the home emerged. Prefectural board of education if you can shorten the game time at the initiative of "smartphone until 9:00", the increase in learning time is expected, the national achievement test in until "2016 fiscal year that was set in the long-term guidelines, sunny country Okayama alive alive plan of prefecture I'm expected to lead to goals within national ranking 10th ".

Although the Ministry of Education has been notified to the prefectural board of education to prohibited the mobile phone brought into the elementary and junior high schools, to use time limit in the home is not depressing.
//////
全県で小中生に「スマホ9時まで」制限 岡山が全国初、来月スタート

岡山県教育委員会は22日までに、児童・生徒の家庭でのスマートフォン使用を午後9時までに制限する全県的な取り組みに乗り出すことを決めた。すでに教育長会やPTAなどの賛同を得ており、来月をめどにスタートする。同種の取り組みは今年4月に愛知県刈谷市で始まり、福岡、仙台市などが追随しているが、都道府県単位で取り組むのは岡山県が全国初という。

 取り組みは、小中学生が対象で、(1)午後9時以降はスマホを保護者が預かる(2)ゲームも午後9時まで(3)スマホとのつきあい方を学校で考える場をつくる-の3項目。教育長会のほか、実際に児童や生徒と向き合う小中学校長会、PTAなどに趣旨を説明し、賛同を得ており、県教育委員会委員への報告も終えている。

 全国で初めて「スマホ9時まで」の事業に取り組んだ刈谷市は、無料通信アプリLINE(ライン)などを使ったトラブルやいじめ防止が主な目的。市内21小中学校がPTAや保護者と連携し、今年4月から午後9時以降にスマホを使わせないよう要請している。

県教委の取り組みもこれに準じており、「中学生では4人に1人が平日3時間以上ゲームをしている。その多くはスマホ上で遊んでいるよう。さらにスマホの長時間使用はネットいじめや犯罪被害にもつながりかねず、放置できない」(義務教育課)という。

 一方、26年度全国学力・学習状況調査で、授業の復習をしている割合が全国より低く、家庭での学習時間も短かった実態が浮上。県教委は「スマホ9時まで」の取り組みでゲーム時間が短縮できれば、学習時間の増加が見込まれ、県の長期指針・晴れの国おかやま生き活きプランで設定した「平成28年度までに全国学力テスト順位全国10位以内」の目標達成にもつながると期待している。

 文部科学省は小中学校への携帯電話持ち込みを原則禁止するよう各都道府県教育委員会に通知しているが、家庭内の使用時間制限までは踏み込んでいない。
/////
いろいろ考えてみよう
NHK解説委員(少し考えてみよう)
Powered by RSSリスティング

NHK生活情報ブログ
Powered by RSSリスティング

マイ健康ブログ
Powered by RSSリスティング

ニュース7ブログ
Powered by RSSリスティング

News Watch 9 キャスターやスタッフ
Powered by RSSリスティング

おはよう日本出演者
Powered by RSSリスティング

/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。