2014年10月07日

8日夜に“赤い満月”を見よう「皆既月食中」

8日夜に“赤い満月”を見よう「皆既月食中」
/////
8 day and night so you can view the "red moon"

The entire full moon enters comfortably in the shadow of the Earth, 8 day and night, total lunar eclipse that looks like a "full moon red" can be seen in the country. From the appearance of the moon changes over night from the evening, as "a great opportunity to enjoy the astronomical phenomenon easily", in addition to Kanbo meeting is scheduled Okayama, Kurashiki, and food to match the lunar eclipse in Okayama city events to enjoy will be held.
Sunlight will not hit the moon moon enters in the shadow of the Earth, lunar eclipse, a phenomenon that appears to be colored or use it to apply. I happen when the sun, Earth, moon are aligned in a straight line. State of being covered in shadow completely total lunar eclipse.
Seen the entire process to return to the original missing from the beginning of the month about three years. Total lunar eclipse of December 2011 last, was observed at midnight.
Month of the total lunar eclipse during, appear dark red by sunlight passing through the atmospheric layer of the Earth. According to Kurashiki Science Center (Kurashiki Fukudachokoshinden), 8:00 pm before and after the 8th is around only total lunar eclipse in the prefecture. I seen the moon began to absent from the 14 minutes around the 6 o'clock, returning to its original shape and 34 minutes around the 9:00.
The total lunar eclipse during the full moon shine is lost, constellations that are nearby, such as Cassiopeia and Pegasus emerges vividly. Co-star of the blink of the stars and the moon turns red and yellow mysteriously also a highlight.
Without the need to telescope observation, vantage point of the east direction is suitable for observation.
The Center, from 18:30 on the 8th, I open the meeting Kanbo using telescope. The day can participate in Free Join. Elementary school following guardian. I'm scheduled to Internet relay at the Center home page from the same 6:30.


The future Hall of Saipia science Okayama cho, Kita-ku, Ito, and people, so you can view the red "month from 18:00 on the 8th!
Total lunar eclipse Kanbo Meeting "will be held.
It provides a single telescope that can be used freely on the east side terrace and about five binoculars. Large screen to live the state of the month is also special, Koji Hata teacher of Okayamashokadai high school attached to commentary and flow mechanisms and phases of the moon. Free. Third grade following guardian. Museum us (086-251-9752).


8 day and night, eating and drinking events once a month to enjoy the moonlight "full moon BAR" is held in conjunction to the total lunar eclipse for the first time. Place Ishiyama park in Okayama-cho, Kita-ku Ishizeki. Along with the Korakuen and Okayama Castle, while admiring the "astronomical show", you can enjoy a cocktail.
Start 17:00. The installation of about 50 m extension that can buffet is about 70 people in Asahikawa along the "moon" Counter. Peripheral food store offers sake and cocktails, the food. For people who want to see up close how the total lunar eclipse, prepare a single telescope, students of Okayama astronomical unit from time to time commentary.
(Drinks the same 8:30) in the same 8:00, last order end at the same time 9. Buy a (10 sheets 500 yen ticket) 5,000 yen in ticket system, to be replaced at the time of ordering. I can refund the extra ticket. BAR same execution committee is talking "while looking at the waxing and waning, and by all means enjoy the different atmosphere homeopathic and always," he said.
Light rain or shine. I transmit information even in face book or page (http://mangetsu-bar.com/) dedicated site.
/////
満月全体が地球の影にすっぽりと入り込み、“赤い満月”のように見える皆既月食が8日夜、国内で見られる。夕方から夜にかけて月の姿が変化することから、「手軽に天文現象を楽しめる絶好の機会」と、岡山、倉敷市で観望会が予定されているほか、岡山市内では月食に合わせて飲食を楽しむイベントも開催される。
 月食は、月が地球の影の中に入り込んで月面に太陽光が当たらなくなり、欠けたり色づいたりして見える現象。太陽、地球、月が一直線に並ぶときに起こる。完全に影に覆われた状態が皆既月食。
 月の欠け始めから元に戻るまでの全過程が見られるのは約3年ぶり。前回2011年12月の皆既月食は、深夜に観測された。
 皆既月食中の月は、地球の大気層を通り抜けた太陽光によって赤黒く見える。倉敷科学センター(倉敷市福田町古新田)によると、県内の皆既月食の見ごろは8日午後8時前後。同6時14分ごろから月が欠け始め、元の形に戻るのは同9時34分ごろとみられる。
 満月の輝きが失われる皆既月食中は、ペガスス座やカシオペヤ座といった周辺の星座たちが鮮やかに浮かび上がる。神秘的に色づく月と星々の瞬きの共演も見どころだ。
 観測に望遠鏡は必要なく、東方向の見晴らしのよい場所が観測に適している。
 同センターでは、8日午後6時半から、望遠鏡を使った観望会を開く。参加無料で当日参加可能。小学生以下は保護者同伴。同6時半から同センターホームページでインターネット中継を予定している。
 
 ◇
 岡山市北区伊島町、人と科学の未来館サイピアでは、8日午後6時から「赤い月を見よう!
 皆既月食観望会」が開かれる。
 東側テラスに自由に使える天体望遠鏡1台、双眼鏡5個程度を用意。月の様子をライブ中継する大型スクリーンも特設され、岡山商科大付属高校の畠浩二教諭が月の満ち欠けの仕組みや流れなどを解説する。無料。小学3年生以下は保護者同伴。問い合わせは同館(086—251—9752)。
 
 ◇
 月明かりの下で楽しむ月1回の飲食イベント「満月BAR」が8日夜、初めて皆既月食に合わせて開催される。場所は岡山市北区石関町の石山公園。岡山城や後楽園と一緒に、“天文ショー”を眺めながら、カクテルなどを味わえる。
 午後5時スタート。旭川沿いに約70人が立食できる延長約50メートルの「月見カウンター」を設置。周辺飲食店がカクテルや日本酒、フードを提供する。皆既月食の様子を間近に見たいという人のために、天体望遠鏡を1台用意し、岡山大天文部の学生が随時解説する。
 ラストオーダーは同8時(ドリンクは同8時半)で、同9時に終了。チケット制で5千円分(500円券10枚)を購入し、注文時に交換する。余ったチケットは払い戻しできる。同BAR実行委は「満ち欠けを眺めながら、いつもとはひと味違った雰囲気をぜひ楽しんで」と話している。
 小雨決行。専用サイト(http://mangetsu-bar.com/)やフェイスブックページでも情報を発信する。
/////
岡山城と皆既月食を楽しむ「満月BAR」

岡山市民会館横にある石山公園(岡山市北区石関町)で10月8日、「満月BAR」が開催される。
 2012年6月から始まった同イベント。通常は西川緑道公園を使って満月の夜などに開催していたが、今回は岡山未来プロジェクトの一環として、石山公園で行う。
 当日は、「皆既月食」。皆既月食とは、月を照らしている太陽と月の間に地球が入り、月に影ができるため、欠けたように見えるというもの。18時15分頃、月食は始まり、21時30分頃まで楽しめる。
 石山公園の旭川沿いには、先月、空間デザイナーの重名さんが考案・設置した川沿いカウンターも設置される。左手に岡山城、右手に後楽園と周辺に高い建物もなく満月を愛(め)でるには絶好の場所となっている。
 「満月の夜、少し神秘的な夜においしい料理と楽しい会話。ゆったりとした時間を過ごしてほしい」と同実行委員の担当者。
 出店予定は、フードが、洋食のレストラン達磨亭、中華料理のエクセルホテル、タイ料理のRuean Thai、自家製ハム・ベーコンのトリオ倶楽部、イタリアンのTRATTORIA MIZUOCI。ドリンクは、華伝座、BAR PAGANINI、バーヤマダ、日本酒バル解放区。
 開催時間は、17時~21時。飲食チケットは、当日=5,000円(10枚つづり、余ったチケットは返金可)。

/////
岡山県岡山市のカレー店に秋限定「2種のきのこと白菜ベーコンカレー」登場

カレー専門店「30 curry kitchenサーティカレー岡山本店」(岡山県岡山市)はこのほど、秋の限定メニュー「2種のきのこと白菜ベーコンカレー」の販売を開始した。

同店が提供するカレーは、国産の鶏・牛・豚と厳選した水だけを使って72時間煮込んだブイヨンと、5種類の野菜と5種類の果実、独自ブレンドの30種のスパイスを使用している。ていねいに時間をかけて作ることで、後味の残らないさらりとした口当たりでコク深い味わいに仕上がるという。

このほど発売した同商品は、具材に秋が旬のきのこ2種(しめじ、まいたけ)と、白菜・ベーコンを使用した季節限定のカレー。消化促進・食欲増進・脂肪分分解などの働きがあると言われているスパイスをブレンドしており、「食欲の秋」にぴったりの商品となっている。価格は800円(税別)。

販売店舗は30curry kitchenサーティカレー岡山本店(岡山県岡山市北区辰巳42-101)。営業時間は11:00~22:00。
/////
国内外のEV展示、試乗会も

国内外の電気自動車(EV)を集めた「EV展示フェアin倉敷」(岡山県主催)が12日、倉敷市本町の倉敷アイビースクエアで開かれる。
 中庭広場に三菱自動車のアイ・ミーブや日産自動車のリーフ、BMWのi3などの市販EVを展示。県が県内の自動車部品メーカーなどと試作した次世代EV「OVEC—ONE」、標高差1500メートルを駆け上がる米国レース「パイクスピーク国際ヒルクライム2014」のEV改造クラスで初優勝したレーシングカー「ミーブ・エボリューション3」もお目見えする。アイ・ミーブの試乗会もある。
 無料。午前10時~午後4時半。問い合わせは県新エネルギー・温暖化対策室(086—226—7298)。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 8日夜に“赤い満月”を見よう「皆既月食中」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。