2014年11月28日

スマホで桃太郎気分クイズラリー 「イオンモール岡山(同市北区下石井)」が開業! イオン周辺の渋滞、空車状況放送

スマホで桃太郎気分クイズラリー 「イオンモール岡山(同市北区下石井)」が開業!

イオン周辺の渋滞、空車状況放送

「イオン周辺の渋滞、空車状況放送」とのこと、多少の効果は、あるが・・、今風・現代風でないかな?
むしろ、アプリ化(WEB上での交通渋滞の見える化)や交通標識のデジタル化が必要?と思われる。
イオンモール 岡山 高島屋 方面.jpg


「四国新聞  競合店に警戒感/イオンモール岡山12月オープン」より

イオンモール岡山の影響について、百十四経済研究所は「県内にない品ぞろえや多彩なイベントに県民が魅力を感じれば、買い物先の新たな選択肢に加わる可能性はある」と指摘。イオンは、イオンモール綾川店と高松店(高松市香西本町)も「影響は避けられない」としながら「岡山の良さを感じてもらうことで、普段は県内の2店舗、特別な日には岡山と使い分けてもらえれば」とする。
/////
Momotaro mood quiz rally in smartphone "Aeon Mall Okayama (city, Kita-ku, Shimoishii)" is opened!


Enjoy the quiz rally at Momotaro mood?. The 29th in Okayama city center, quiz rally around the city in four one set while leveraging the smartphone unfolds. Before the ion mall open Okayama (city, Kita-ku Shimoishii) of June 5, youths is the Let's Make a chance to carry the foot to shopping district, Okayama Prefecture of student organizations for the first time planning. You are recruiting participants.
The stage station, Omote-machi, each shopping street of Hokan-cho. Game start receiving instructions from the day Shimoishii park in 9:30 is set to (same Saiwaimachi), close to the Nishikawa "flow coming peach". Is passed through a free communication app · LINE, while solving the quiz sent to smartphone, the dog to wait each mall, pheasant, followed by a monkey (photography, etc.), with the aim of goal.
Quiz, from aim to get Furea~tsu and merchants from, of mall history and spot, was a lot of things about the product. Points are assigned depending on the percentage of correct answers. If it finds a QR code hidden in each mall, point up.
From 15:00 in the shopping district of the goal point, there is a dance performance by the dance ream "EmiTeru"'m back in the prefecture university students, and the end of the game dancing along with the quiz participants "demon". Prizes are awarded to the top three point team.
The main subject's college students, but also possible otherwise. Foursome in order to determine the day, individuals can participate. Participation fee 500 yen. 60 people capacity. I sign up in advance by e-mail (liens.okayama@gmail.com). I accept also the day when there is free.
Make in the prefecture six students Circle organization dedicated to community development activities "Liens" was planned. Members of the city's university four years female (21) said, "The students have never been to the mall often. Before becoming" hate not go ", I want to discover the charm of the mall while enjoying". I have information dissemination in Facebook.
/////
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
イオンモール 岡山 岡山市役所 方面.jpg
スマホで桃太郎気分クイズラリー 「イオンモール岡山(同市北区下石井)」が開業!


 桃太郎気分でクイズラリーを楽しもう?。岡山市中心部で29日、スマートフォンを活用しながら4人一組でまちを巡るクイズラリーが繰り広げられる。来月5日のイオンモール岡山(同市北区下石井)オープンを前に、若者らが商店街に足を運ぶきっかけをつくろうと、岡山県内の学生団体が初めて企画した。参加者を募集している。
 舞台は駅前、表町、奉還町の各商店街。当日は午前9時半に下石井公園(同幸町)に集合し、近くの西川に“流れてくる桃”の中から指示書を受け取ってゲームスタート。無料通信アプリ・LINEを通し、スマホに送られてくるクイズを解きながら、各商店街に待機する犬、キジ、猿を従え(写真撮影など)、ゴールを目指す。
 クイズは、商店主らと触れ合ってもらう狙いから、商店街の歴史やスポット、商品に関するものを多くした。正答率に応じてポイントが付与される。各商店街に隠されたQRコードを見つけると、ポイントがアップする。
 ゴール地点の商店街では午後3時から、県内大学生らのうらじゃ踊り連「笑輝」による演舞があり、クイズ参加者が“鬼”と一緒に踊ってゲーム終了。ポイント上位3チームに賞品が贈られる。
 主な対象は大学生だが、それ以外も可能。4人組は当日決定するため、個人も参加できる。参加費500円。定員60人。メール(liens.okayama@gmail.com)で事前に申し込む。空きがあれば当日も受け付ける。
 まちづくり活動に取り組む県内六つの学生サークル・団体でつくる「Liens」が企画した。メンバーの同市の大学4年女子(21)は「商店街に行ったことがない学生は多い。“行かず嫌い”になる前に、楽しみながら商店街の魅力を発見してほしい」と話す。フェイスブックでも情報発信している。
/////
イオン周辺の渋滞、空車状況放送

イオンモール岡山の開業を前に、岡山シティエフエム(岡山市北区中山下、愛称・レディオモモ)は29日から、周辺道路の渋滞とイオン駐車場の空車状況を伝える「レディオモモ交通情報」を放送する。
 1回の放送時間は4分。平日は午前7時40分から13回、土日は午前9時55分から6、7回、祝日は午前9時55分から9回、いずれも夕方までの間に流す。期間は来年3月末までで、1月13日以降は土日祝日のみとする。パソコンやスマートフォンでも聴ける。
 問い合わせは同社(086—227—6666)。
/////
岡山県・イオンモール岡山に「東急ハンズ」開業--瀬戸内の魅力をリコメンド

東急ハンズは12月5日、岡山県岡山市・イオンモール岡山にて直営店舗「東急ハンズ岡山店」を開業する。

○県内外に瀬戸内の魅力を紹介

同店は、岡山県の中心駅である岡山駅からのアクセスも良い場所に立地。通勤・通学帰りや、休日はファミリー層が気軽に買い物を楽しめる環境づくり、他県からの利用者にも支持されるような店づくりを目指す、としている。

また、東急ハンズの人気商品を中心に取りそろえた商品展開を始め、瀬戸内を背景に育まれてきた岡山県ならではの魅力が満載の、同店独自の商品・コーナーも展開予定となる。

岡山店独自コーナーとして、「瀬戸内リコメンド」を設置。中四国のクロスポイントである岡山県へ、県外から来店するユーザーへ「瀬戸内の魅力」を提案し、地元の利用者にも地元の良さを再発見し生活をより豊かにしてもらえるような商品を、同店スタッフたちが各コーナーでリコメンドする。

「ライフリコメンド(LIFE RED)」では、日々の暮らしに少しの変化を加え、地元を楽しむ、暮らしを楽しむための提案を実施。毎回「モノ」「コト」「ヒト」「バショ」でテーマを決め、瀬戸内での暮らしの中で幸せを感じられる商品や情報、旅の楽しみ方を提案する。

そのほか、「ヘルシー」を通年のテーマに、中四国の食材・調味料・キッチンツールなどをシーズンごとに提案する「グルメリコメンド(GOURMET YELLOW)」、瀬戸内素材の「オリーブオイル」「みかん」「レモン」「竹」「地元温泉水」などをベースにしたスキンケア商品をそろえる「ビューティリコメンド(BEAUTY GREEN)」、倉敷帆布など岡山県の地元素材を使用したバッグや小物を中心に、洗練された商品を加えた「スタイルリコメンド(STYLE BLUE)」、日本中で大人気のマスキングテープ(マステ)の、ブームのはじまりとなったカモ井加工紙(本社:岡山県倉敷市)の「mt」ブランドを中心に、マスキングテープをふんだんに取り揃えた「マステディスカバリー」などを展開する。

出店地は、岡山県岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山4階。店舗面積は、約2,200平方メートル。営業時間は、10時~21時。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

<2014衆院選>「逆風」と自民引き締め /岡山 3区 民主3万票どこへ 次世代、若者へ浸透課題 /岡山

<2014衆院選>「逆風」と自民引き締め /岡山
<2014衆院選>3区 民主3万票どこへ 次世代、若者へ浸透課題 /岡山
NHKニュース 政治
Powered by RSSリスティング


産経新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

読売新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

政治 - 朝日新聞デジタル
Powered by RSSリスティング

毎日新聞 - ニュース速報(総合)
Powered by RSSリスティング


毎日新聞 選挙
Powered by RSSリスティング


政治:速報 東京新聞
Powered by RSSリスティング


日本経済新聞 - Google News
Powered by RSSリスティング


岡山 選挙
Powered by RSSリスティング


NHK 解説委員
Powered by RSSリスティング


/////
<2014 election> and "headwinds" LDP tightening / Okayama


House of Representatives election December 2 notice, is Tokaihyo 14 days. Prefecture 14 people in 5 electoral district (25, 2009) is showing signs of candidacy. Transformed from the last election that come around the regime recapture, this time saw off the fielded a certified candidate in the Democratic Party is 1, 3, 5 wards. Starting with the two wards that have the same lineup as the previous election is expected, I explored the composition of each constituency.

◆ 2 wards

◇ Democratic, to Union intensive support

2 district, the former of the Liberal Democratic Party and Democratic, Communist rookie involving composition. Lineup that is expected is the same as the previous election of 2012. The last time the first elected, and Ikioizuku LDP before job as "to appeal a two-year track record", "the victory of a small constituency," said Ikigomu Democratic former, the communist newcomer to appeal to the "stop the Abe administration" challenge.

"It is not written Agra 2 years of experience, I would like to have a new power." Liberal Democratic former of Takashi Yamashita (49) 23 days in the street speech in Naka Ward, was lifted up the voice. Before the bicycle and pedestrian Once release the microphone from the mouth and through, to lower the head and "Hello", "We apologize inconvenience". Mr. Yamashita was tightening the expression that "you have heard a lot of voices against the dissolution. This election is I think headwinds".

Mr. Yamashita in the previous election, the House of Representatives and first elected as LDP prefectural chapter's first public offering candidate in the election. Elected after the return to the local every weekend, for example, to report the performance of lawmakers to open the mini-rally, we have shortened the distance between the supporters. Also a strong resemble that ruling party advantage is this time, camp officials do not stay sharp as the "second time of election exit cares of loose".

Keisuke Mr. Tsumura democratic former (43), served four terms in '11 from 2003. Last time lost 24,488 votes to Mr. Yamashita, revival elected by proportional representation. Was the office opening in Naka-ku on the 24th, "(to increase the seats of opposition) to regain the parliament with tension" before the supporters were loaded with a force.

Tsumura said, "Democrats are now, have not been to the other party as a party to the voters. Expectations also do not feel even criticism" and strictly look at the situation. Union to support the democratic, the two district official candidate of the Democratic stand, plans to Crossed support system to concentrate on the 4th district. Officials of the Union to speak with "It is nice to be able to focus the number of people. Although it is inferior for now, there is a possibility to win depending on future initiatives."

Element Inoue Communist rookie (67) Following the second run for the last time. Tamano City Council has the experience, who served five terms 20 years, I have begun a soapbox to center the city. "I put a stop the consumption tax increase, to come up with economic policies to protect the lives of people," said the appeal.

◆ The Okayama District 2, the expected lineup

Yamashita Takashi 49 lawyers (1) self-before

Keisuke Tsumura 43 [original] Cabinet Parliamentary Secretary (4) people before

Inoue element 67 party district officers both New

In order from left, name, age, occupation, title, winning number, party name, and the distinction between former-Genshoku-rookie
/////
<2014衆院選>「逆風」と自民引き締め /岡山


衆院選は12月2日公示、14日に投開票される。県内は5選挙区に14人(25日現在)が立候補の動きを見せている。政権奪還を巡った前回選から一変、今回は民主党が1、3、5区で公認候補の擁立を見送った。前回選と同じ顔ぶれが予想される2区を皮切りに、各選挙区の構図を探った。

 ◆2区

 ◇民主、連合が集中支援へ

 2区は、自民と民主の前職に、共産新人が絡む構図。予想される顔ぶれは2012年の前回選挙と同じだ。前回初当選し、「2年間の実績をアピールする」と勢いづく自民前職と、「小選挙区での勝利を」と意気込む民主前職、「安倍政権を止める」と訴える共産新人が挑む。

 「2年の実績にあぐらをかかず、新しい力をいただきたい」。自民前職の山下貴司氏(49)は23日、中区での街頭演説で、声を張り上げた。前を自転車や歩行者が通るといったん口からマイクを離し、「こんにちは」「ご迷惑おかけします」と頭を下げる。山下氏は「解散に反対する声をたくさん聞いている。今回の選挙は逆風だと思っている」と表情を引き締めた。

 山下氏は前回選で、衆院選では自民党県連初の公募候補者として初当選。当選後は週末ごとに地元に戻り、ミニ集会を開いて議員立法の実績を報告するなど、支援者との距離を縮めてきた。今回も与党優位という見立てが強いが、陣営関係者は「2回目の選挙は気の緩みが出る」と気を抜かない。

 民主前職の津村啓介氏(43)は、2003年から4期11年を務めた。前回は山下氏に2万4488票差で敗れ、比例代表で復活当選。24日に中区で事務所開きをし、支援者を前に「(野党の議席を増やし)緊張感のある国会を取り戻す」と力を込めた。

 津村氏は「民主党は今、有権者に党として相手にされていない。期待も風当たりも感じない」と厳しく状況を見る。民主を支援する連合は、民主の公認候補が立つ2区、4区に集中して支援体制を組む方針だ。連合の関係者は「人数を集中できるのはいい。今のところ劣勢だが、これからの取り組み次第で勝つ可能性はある」と話す。

 共産新人の井上素子氏(67)は前回に続き2回目の出馬。玉野市議を5期20年間務めた経験があり、同市を中心に街頭演説を始めている。「消費増税をやめさせ、国民の暮らしを守る経済政策を打ち出す」と訴える。

◆岡山2区・予想される顔ぶれ

山下貴司 49 弁護士 (1)自 前

津村啓介 43 [元]内閣政務官(4)民 前

井上素子 67 党地区役員 共 新

<一覧の見方>左から順に、氏名、年齢、職業・肩書、当選回数、政党名、前職・元職・新人の区別
/////
<2014衆院選>3区 民主3万票どこへ 次世代、若者へ浸透課題 /岡山

3区は、民主党県連が公認候補の擁立を見送ったため、2012年の前回選で当選した次世代前職、比例代表で復活した自民前職、前回選にも立候補した共産新人の三つどもえとなる公算が大きい。支持者の高齢化や支援体制の変化に加え、前回選で民主党候補が得た3万弱の票の行方が鍵を握りそうだ。

 12期目を目指す次世代党首の平沼赳夫氏(75)は、今回は党が変わったものの、支持者は「『保守の国作り』という基本線は変わっていない」。安全保障制度の充実、公平な社会保障制度などを訴える。

 盤石と言われた平沼氏の後援会組織は、支持者の高齢化を懸念。後援会幹部は「『次世代』という名前と、その政策を浸透させることが大事」と気を引き締める。

 過去3回、比例中国ブロックで復活当選した自民の阿部俊子氏(55)は「相手は関係なく、私の政策を訴える」と強調し、雇用の創出を成長戦略に掲げる。第2次安倍改造内閣で副農相を務め、「小規模事業者対策を進め、新規事業を興す。第一線の農業者・林業者・漁業者の所得を倍増させたい」。

 一方、阿部氏の元秘書の小倉博俊氏が今年8月、新庄村長に返り咲いたが、小倉氏は「(首長の)立場上、表だって支援することは難しい」。自民が追い風を受けた前回選でも、阿部氏の得票は前々回(09年)と比べ1360票の上積みにとどまっており、支援体制に課題がありそうだ。

 前回選では民主党公認候補が2万9095票を獲得。この票の動向について、平沼、阿部両陣営ともに「棄権して投票率が下がるのでは」と推測している。ただ、浮動票が多いとされる備前、赤磐両市などの東備地域の状況などによって、情勢が変わる可能性もある。前回選で、平沼、阿部両氏を推薦したJA系の政治団体「県農政連盟」は「公示までに推薦の結論を出す」としている。

 前回も立候補した共産の古松国昭氏(69)は、県北地域を中心に巡回。原発再稼働やTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の反対、消費増税の中止などを主張。「安倍政権は国民の願いに逆行している。正義の転換を」と訴え、支持拡大を図る。

………………………………………………………………………………………………………

 ◆岡山3区・予想される顔ぶれ

阿部俊子 55 副農相 (3)自 前

平沼赳夫 75 党首 (11)次 前

古松国昭 69 党県委員 共 新

………………………………………………………………………………………………………

 <一覧の見方>左から順に、氏名、年齢、職業・肩書、当選回数、政党名、前職・元職・新人の区別
/////
NHK 「岡山ニュース もぎたて!」、「ひるまえ もぎたて!」
Powered by RSSリスティング

/////
FNN 政治
Powered by RSSリスティング



日テレNEWS24
Powered by RSSリスティング



TBS News-i
Powered by RSSリスティング


ANNニュース 最新ニュース

Powered by RSSリスティング


テレビ東京 - Google News
Powered by RSSリスティング


ワールドビジネスサテライト - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
楽天Social News(ソーシャルニュース)
Powered by RSSリスティング


/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | <2014衆院選>「逆風」と自民引き締め /岡山 | 更新情報をチェックする

知的 岡山発見 第1号は岡山生まれ!

知的 岡山発見 第1号は岡山生まれ!
/////
Intellectual Okayama discovery No. 1 was born in Okayama!


domestic car No. 1 laden born steam engine Okayama, wooden bus inventor of Yama-wa Torao, fumbling in the prototype and running / Okayama


Net domestic jeans and karaoke box, such as Braille block, Okayama are many there is what is birthplace. But, in fact that it is the Okayama departure domestic automobile also the first issue, as to is not known in the prefecture jeans. The domestic car No. 1, and I wonder if it was any car.

The crafted North District Table-cho 3, it's now had electrical repair shop in Sennichimae near the shopping district. 1904 was that of (Meiji 37) year. And was made, the life of the plant, native had Okayama also inventor Yama-wa Torao (1874-1957). According to the Toyota Automobile Museum (Aichi Prefecture), which is known as the Automobile Museum of, width 136 cm, body length 445 centimeters made zelkova. Gasoline burner is equipped with a two-cylinder vapor engine as a heat source (25 hp), is transmitted to the rear wheel power in the chain. 10 people in the rear of the right and left face-to-face bench, but two to the driver's seat had to be riding was no roof.



1903 spring, foreign cars that have been exhibited at the National Industrial Exposition was held in Osaka was popular. The idea that the wealthy of the old three 〓 village (near the middle district Enami current) who looked at it, run the omnibus bus in a car. However, "paddle wheel" is to become a billion units in terms of the current price, decided to make the country. Was asked at that time, still 20 years old, but it's Yama-wa was a good engineer and reputation of the arm. Yama-wa but had never seen the car, in response to a request, to examine the European-made steam car in Kobe, was working on production after for example, receive guidance from foreign engineers.

It was exactly the fumbling of state, but next spring, finished. English-tube rubber tires that have been developed at the end of the 19th century in France at that time, not make in the country, was attached to the wheels a lump of rubber in the wheel. May 7, and departure the 10 o'clock factory morning to ask mainly delivered, cross the Kyobashi applied to Asahikawa, the ran the road along the river is a travel first domestic car. Although engine was excellent condition, in the running at the time of the unpaved road, trouble followed, such as tire is out, ran while, such as by the emergency measures in the wire. Actual or end point was any point in the vicinity of Naka-ku, Enami, that it is not clear at present, is about 7-8 km from the starting point, the speed was about 15 kilometers per hour.

Shinji curatorial group length Hamada of the museum shows the accumulation of "themselves in and made Let's death was the place is amazing to. Japanese strength and the curiosity of Japan's technical capabilities that could accept in a short period of time those overseas to appreciate the significance of the first traveling and to have ".



From the fact that funds were exhausted before practical use of car for the bus business, research becomes discontinued, 1 car memorable, nor Defunct its blueprint. The Toyota Automobile Museum has been exhibited one model of 5 minutes of real as "mountain feather steam car". Of and photos at that time, such as a real steam car that is stored in Hokkaido that it was made in reference.

In fact, after half a century from the first run, create a model based on people memories was involved in the making with Yama-wa and Yama-wa, still has that photo. Although the model is said to have donated to the museum outside the prefecture, now, and that has been missing.



The prefecture is implemented, as lovers authors of Old car from 1994 after '90 from traveling "Pioneer Run", a course that domestic car No. 1 ran, the every five-year event that reciprocates been chosen car of nostalgia . There starting at the 29th 9 am this year's 110th anniversary, it is expected to join about 50 units from outside the prefecture in the center of the car of the 1960s. Executive Committee of Katayama Shoichi chairman (67) = Kurashiki ='re talking "in Okayama of the land, such feat want to know a lot of people that have been achieved," said. Inquiry Katayama's "Pioneer Run" (086, 472, 1480, in the restaurant "Volkswagen").
/////
<見聞録@>国産車第1号は岡山生まれ 蒸気エンジン積んだ、木製バス 発明家の山羽虎夫、手探りで試作・走行 /岡山


純国産ジーンズやカラオケボックス、点字ブロックなど、岡山が発祥地とされるものはいろいろある。だが、実は国産自動車第1号も岡山発とされていることは、ジーンズほどには県内で知られていない。国産車1号とは、どんな車だったのだろうか。

 作られたのは北区表町3、今の千日前商店街付近にあった電機修理工場だ。1904(明治37)年のことだった。製作したのは、工場を営み、発明家でもあった岡山市出身の山羽虎夫(1874~1957)。自動車の博物館として知られるトヨタ博物館(愛知県)によると、幅136センチ、長さ445センチで車体はケヤキ製。ガソリンのバーナーを熱源とする2気筒の蒸気エンジン(25馬力)を搭載し、チェーンで動力を後輪に伝えた。後部の左右対面式ベンチに10人、運転席に2人が乗車できるようにしていたが、屋根はなかった。

    ◇

 1903年春、大阪で開かれた内国勧業博覧会に展示された外国車が人気を集めた。それを見た旧三〓村(現在の中区江並付近)の資産家が、自動車で乗り合いバスを運営することを構想。しかし、“外車”は、現在の価格で言えば億単位になるため、国内で作ることにした。依頼を受けたのが当時、まだ20歳代だが、腕のいいエンジニアと評判だった山羽だ。山羽は自動車を見たことがなかったが、求めに応じ、神戸で欧州製蒸気自動車を調べ、外国人技術者から指導を受けるなどした後に製作に取りかかった。

 全く手探りの状態だったが翌春、完成。英仏で19世紀末に開発されたチューブ式ゴムタイヤが当時、国内で造れず、ゴムの塊を輪にして車輪に装着した。5月7日、依頼主に納車するため午前10時に工場を発車、旭川にかかる京橋を渡り、川沿いの道を走ったのが国産車初の走行とされる。エンジンは快調だったが、当時の未舗装道路の走行では、タイヤが外れるなどトラブルが続き、針金で応急措置をするなどしながら走った。実際の終着点が中区江並付近のどの地点だったか、現在では明確でないが、出発点からは7~8キロ程度で、速度は時速約15キロだったという。

 同博物館の浜田真司学芸グループ長は「自分たちで作ってみようとしたところがすごい。日本人の好奇心の強さや、海外のものを短期間で受け入れることができた日本の技術力の蓄積を示している」と初走行の意義を高く評価する。

    ◇

 バス事業に向けた車の実用化前に資金が尽きたことから、研究は中止になり、記念すべき1号車も、その設計図も現存していない。トヨタ博物館には実物の5分の1モデルが「山羽式蒸気自動車」として展示されている。当時の写真や、北海道で保存されている蒸気自動車の実物などを参考に作られたという。

 実は、初走行から半世紀後、山羽や山羽とともに製作に携わった人たちが記憶を元に模型を作り、その写真が残っている。その模型は県外の博物館に寄贈したと伝えられるが、現在、行方不明になっているという。

    ◇

 県内では、走行から90年後の1994年からオールドカーの愛好者らが「パイオニアラン」として、国産車1号が走ったコースを、懐かしの車を連ねて往復するイベントを5年ごとに実施。110周年の今年は29日午前9時からあり、県内外から1960年代の車を中心に約50台が参加予定だ。実行委員会の片山章一会長(67)=倉敷市=は「岡山の地で、このような偉業が達成されたことを多くの人に知ってもらいたい」と話している。「パイオニアラン」の問い合わせは片山さん(086・472・1480、レストラン「ワーゲン」内)。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 知的 岡山発見 第1号は岡山生まれ! | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。