2014年11月03日

岡山市中心部を現代アートで彩る(岡山城 で鏡面仕上げの卓球)

岡山市中心部を現代アートで彩る(岡山城 で鏡面仕上げの卓球)

/////
Events that showcase contemporary art works Okayama city center "IMAGINEERING (Imagineering)" is 2

Day, I was kicked off. The main venue of Okayama Castle (city Kita-ku Marunouchi), ping-pong table mirror finish appeared. Reflection included the castle tower

City of elementary and junior high school students et al to play in do I stand, I blend into the landscape with art.
One of the city's social experiment that promote the migratory improvement of the center city to center the old castle town area. Apparel manufacturer

Ishikawa Yasuharu president of Cross Company (same Saiwaimachi) has provided a Fine Art. Doshiro and the old Koraku Hall High School Tenjin school building (same

Tenjincho), Yanagawa Rotary building (same Nakasange), home and abroad, such as in the streets of Machinaka of artists 12 person-group

I have exhibited 20 works.
Is the opening ceremony Doshiro castle tower square in front, Omori Masao mayor asked enjoying the work to walk ", overflowing with human or

The Tai Chinishi ", Ishikawa president said," in the power of art, activate the town ".
In the same square, and exhibit a ping-pong table 12 units of work that artist Rirkrit Tea Lover Nha san worked in Thailand

. In fact it is possible to ask them to play, that there is intended to blur the boundary between people and work to appreciate. Okayama

City of table tennis sport boy 5 years of elementary school of team boys (10) has a. Larry there is a powerful castle, which was reflected in the "die

And enters the eye, it was talking with interesting "than usual of table tennis.
Events until December 25. Works that lined the statue about 70 bodies reminiscent of the Terracotta Warriors (Terra so) (Tenjin School

Sha), there is also such works that posted the same poster seven thousand to 25 locations. With the exception of the work using the tram, Kan

Award is free.
/////
岡山市中心部を現代美術作品で彩るイベント「IMAGINEERING(イマジニアリング)」が2

日、開幕した。主会場の岡山城(同市北区丸の内)には、鏡面仕上げの卓球台が登場。天守閣の映り込

んだ台で市内の小中学生らがプレーし、アートのある風景に溶け込んだ。
 旧城下町エリアを中心に中心市街地の回遊性向上を図る同市の社会実験の一つ。アパレルメーカー・

クロスカンパニー(同幸町)の石川康晴社長が所蔵作品を提供した。同城や旧後楽館高校天神校舎(同

天神町)、柳川ロータリービル(同中山下)、まちなかの通りなどに国内外のアーティスト12人・組

の20作品を展示している。
 開会式が同城天守閣前広場であり、大森雅夫市長は「歩いて作品を楽しんでもらい、人であふれるま

ちにしたい」、石川社長は「アートの力で、まちを活性化させる」と述べた。
 同広場には、タイの芸術家リクリット・ティラヴァーニャさんが手掛けた卓球台12台の作品を展示

。実際にプレーしてもらうことで、鑑賞する人と作品の境界をあいまいにする意図があるという。岡山

市内の卓球スポーツ少年団の小学5年男子(10)は「台に映った城は迫力がある。ラリーをしている

と目に入り、普段の卓球よりも面白い」と話した。
 イベントは12月25日まで。兵馬俑(へいばよう)を思わせる彫像約70体を並べた作品(天神校

舎)、25カ所に同じポスター計7千枚を掲示した作品などもある。路面電車を使った作品を除き、鑑

賞は無料。
/////
岡山で「アートの今」展開幕

郷土ゆかりの現代作家を紹介する「アートの今・岡山2014」(同展実行委など主催)が5日、岡山市北区天神町、県天神山文化プラザで始まった。中堅・若手10人が「時のカタチ」をテーマに、多様な表現を披露している。16日まで(10日休館)。
 ことし岡本太郎現代芸術賞特別賞に輝いた高本敦基さん(真庭市)は、身近にある水たまりの形をコンクリート片に刻み、存在をクローズアップ。昨年、I氏賞奨励賞の北川太郎さん(京都市)は、厚さ3ミリの小さな石板を幾重にも張り合わせたピラミッドで、時間の積み重ねを表した。
 塗り重ねた絵の具の一部を拭き取り、“見えない時間”をイメージした和田文都さん(倉敷市)の絵画が気に入ったという総社市の女性(29)は「想像を誘う作品。作家による時の捉え方の違いが面白い」と話していた。
 同展は高梁市歴史美術館(22日~12月23日)、奈義町現代美術館(来年1月10日~2月8日)に巡回する。無料。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 岡山市中心部を現代アートで彩る(岡山城 で鏡面仕上げの卓球) | 更新情報をチェックする

9割が「予備軍」認定! 大人のスマホ依存調査

9割が「予備軍」認定! 大人のスマホ依存調査

「中学生のスマホ9時まで 岡山県」のニュースがあったが・・・
大人も・・・
////
If there is action that they've been doing on a daily basis, it is suspicious.

International organization by marketing practitioners "MCEI" has conducted a survey on "large adult businessman smartphone addiction". Press release has been announced.

Speaking of "smartphone addiction", young people in many cases, will be especially taken up as a student of the problem. As of this time, it is a rare thing that target adults.

In this study is intended for 160 people, it was examined whether not taking the action suspected of Sumaho dependent. Casual behavior usually is, in fact it is that ends up being certified to the "smartphone dependent".

Specifically, people who apply to the following, is especially so at high risk of "smartphone dependent".

· I have seen the smartphone even when the transfer of train
· I bring the smartphone also in the toilet
Is that you fall asleep while holding the smartphone,
Even forget the-wallet, there is that you have the only smartphone
I did not have to call - and the illusion that smartphone vibrates

(In say to "smartphone" is here, mobile, tablet PC, PHS, etc. are also included)
Will the how, per "bring the smartphone also in the toilet" is, in many people you have ended up doing is.

The author, the last of the "though not arrived, and the illusion that smartphone vibrates" only, was true. Although recently no longer feel here.

Besides, even when true in one of the following items, it will be "addiction reserve army".

Often you are looking at a smartphone during-meal
You are much look at the smartphone even, with friends to be with
· Meetings and become the SNS is worry in such as during the banquet, I would look at the smartphone
Tara • If SNS is not, I feel the relationship is no longer
Sometimes to act in order to make the story to be written to the · SNS
· While riding a bicycle you are looking at the smartphone
Regardless of the · TPO, you are unconsciously touching the touch panel
If this about, it is a multi-likely also those that one would have held true. Sumaho dependent reserve army of the people, might be surprising to many to businessmen.

The results of these questionnaires MCEI the group was taken, now as follows.

The most common is 67% of "addiction reserve army", then is 22% of the "mild". Indeed nearly 90 percent people, you have got true for more than smartphone addiction reserve army.

However, in only 1% people of "severe", seems to have no one that applies to the most serious "addiction". In MCEI, in which only modern society that mobile devices have been widely used, this result is not called it in some places there is no way.

In addition, the questionnaire because it is intended for marketers (marketing strategy planners), and that the general targeted might have a slightly different results.


It is a young person has been considered to be a just a matter of "smartphone addiction", but it does not seem to be a unrelated story also surprisingly adult. Everyone, the sufficient care to overuse.
////
日常的にやってしまっている行動があったら、要注意ですよ。

マーケティングの実務家による国際組織「MCEI」が、「大の大人のビジネスマンのスマホ依存症」についての調査を実施しました。プレスリリースが発表されています。

「スマホ依存症」といえば、多くの場合は若年層、特に学生の問題として取り上げられます。今回のように、大人を対象としたものは珍しいですね。

本調査は160人を対象に、スマホ依存の疑いのある行動をとっていないかを調べました。普段の何気ない行動が、実は「スマホ依存」に認定されてしまうということです。

具体的には、以下に当てはまる人は、特に「スマホ依存」の危険性が高いようですよ。

・電車の乗り換えの時もスマホを見ている
・トイレの中にもスマホを持っていく
・スマホを握ったまま眠ってしまうことがある
・財布を忘れていても、スマホだけを持っていることがある
・着信していないのに、スマホが振動した錯覚に陥る

(ここで言う「スマホ」には、携帯、タブレットPC、PHS 等も含まれる)
いかがででしょうか、「トイレの中にもスマホを持っていく」あたりは、やってしまっている方も多いのでは。

筆者は、最後の「着信していないのに、スマホが振動した錯覚に陥る」だけ、当てはまりました。ここ最近は感じなくなりましたが。

その他にも、以下の項目に一つでも当てはまると、「依存症予備軍」となります。

・食事中にスマホを見ていることが多い
・友達と一緒にいてもずっとスマホを見ている
・会議や宴会中などでもSNS が気になり、スマホを見てしまう
・もしSNSがなかったら、人間関係がなくなると感じる
・SNS に書き込むネタを作るために行動することがある
・自転車に乗りながらスマホを見ている
・TPO に関わらず、無意識にタッチパネルを触っている
このぐらいなら、一つは当てはまってしまうという方も多そうですね。スマホ依存予備軍の人は、意外とビジネスマンにも多いのかもしれません。

これらを基にMCEIがとったアンケートの結果、以下のようになりました。

最も多いのが「依存症予備軍」の67%、ついで「軽症」の22%です。実に9割近い人が、スマホ依存症予備軍以上に当てはまってしまっています。

ただし、「重症」の人はわずか1%で、最も深刻な「依存症」に当てはまる人はいなかったようです。MCEIでは、これだけモバイル機器が普及している現代社会において、この結果は仕方のないところもあると評しています。

また、このアンケートはマーケター(マーケティング戦略立案者)を対象としているため、一般を対象としたものとはやや異なった結果となっているかもしれません。


若い人だけの問題だと思われていた「スマホ依存症」ですが、意外と大人にも無縁の話ではないようです。みなさんも、使いすぎには十分ご注意を。
/////
中学生のスマホ9時まで 岡山県

 岡山県教委は31日、県内の小中学生に午後9時以降、スマートフォン・携帯電話を親に預け、利用を制限する統一ルールを11月1日からスタートさせると正式に発表した。家庭学習の時間確保による学力の向上、インターネット上でのいじめやトラブル防止が狙い。都道府県教委が主導し、全県的にスマホ・携帯の利用制限を行うのは全国で初めて。
 統一ルールは、保護者が午後9時以降は子どものスマホ(携帯も含む)を預かる▽ゲームも午後9時までとする▽学校でスマホなどについて考える場を設ける—の3点。
 県教委は「スマートフォンやゲームなどの夜の使い方について考えましょう」と題したリーフレットを作製。統一ルールに強制力はないが、市町村教委を通じて、各学校とPTAに順守を呼び掛ける。
 31日には県教育委員会の会議があり、担当者が統一ルールの概要を説明。委員からは「家庭で話し合って納得し、自主的にルールを守ってスマホ・携帯を使うことが重要」「(小中学生のスマホの利用時間の現状など)詳細な資料を作って保護者に説明すべき」といった意見もあり、県教委は今後、PTAの会合に出向くなどして周知を図っていく。
 会議後、竹井千庫教育長は「半ば強制的にルールを設けた形となったが、スマホ・携帯をどう使っていくか、子どもたちが自主的に考える力を育てていきたい。学校、家庭も含め、なぜルールが設けられたのか、理解に努めてほしい」と話した。
/////
小中学生のスマホ9時までに制限 岡山県教委、学力改善プランと連動

 小中学生のスマートフォン使用を午後9時以降制限することを決めた県教育委員会は31日、市町村教委の「学力・学習状況改善プラン」と連動させ、総合的な学力向上の取り組みを本格化させると発表した。「頑張る学校応援事業」とも有機的に連携させていく。

 今年度全国学力・学習状況調査の追加分析で、平均正答率の上昇幅が大きい上昇30校と下降30校を比較検証。「講師招聘(しょうへい)など校内研修をよく行う」と回答した小学校の比率が下降30校の53・3%に対し、上昇30校は73・3%と開きがあるなど特徴的な傾向が出た。このため、研修会の充実などが学力向上につながるとして、市町村教委が作成した改善プランに反映させたいとした。さらに家庭での「スマホ9時まで制限」や県内30校の選定を終えた「頑張る学校応援事業」などとも連動し、県全体の学力アップに本腰を入れて取り組む。

 県教委は「教職員が一体になって、粘り強く対策に取り組んでいる学校が好結果を生んでいる。改善プランも継続と徹底が不可欠だろう」とした。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 9割が「予備軍」認定! 大人のスマホ依存調査 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。