2014年11月06日

岡山県・イオンモール岡山に「東急ハンズ」開業/岡山県内百貨店で歳暮商戦始まる/イオンモールに高島屋?!

岡山県・イオンモール岡山に「東急ハンズ」開業/岡山県内百貨店で歳暮商戦始まる/イオンモールに高島屋?!

「イオンモール岡山」開業まで、あと1ヶ月! いろんな動きがるね!

「イオンモール岡山」開業は、楽しみ! しかし、課題はあるね!


岡山県・イオンモール岡山に「東急ハンズ」開業--瀬戸内の魅力をリコメンド

『イオンモール岡山』に西日本初の「ラ・メール・プラール」を出店
イオンモール 岡山.jpg
//////
Okayama Prefecture ion Mall in Okayama "Tokyu Hands" opened - and recommended the Setouchi of charm


Tokyu Hands is December 5, to practice the Okayama-ion Mall directly operated stores in Okayama "Tokyu Hands Okayama store".

○ Introducing the Setouchi attractive to outside the prefecture

This shop is located in a good place also access from Okayama Station is the central station of Okayama Prefecture. Commuting and school the way home, a holiday I have environment where families can enjoy the shopping feel free to, aims to create stores, such as is also supported to users from other prefectures, with the city.

In addition, including the product development that stocked the center popular products of Tokyu Hands, Setouchi the charm of Okayama Prefecture unique that has been nurtured in the background is full, this shop also a plan to deploy their own products and corner.

As its own corner Okayama shop, and established the "Setouchi recommendation". Medium to Okayama Prefecture is a cross point of Shikoku, we propose a "Setouchi of appeal" to the user to visit from outside the prefecture, a commodity like also to local users get to the more prosperous rediscover living the good of the local , same store staff is recommended in each corner.

In "Life recommendation (LIFE RED)", plus a little bit of change in the daily life, and implement the suggestions for enjoying the local, to enjoy life. Every time it decided the theme in "mono", "thing", "person", "place", we propose products or information you can feel the happiness in their lives in the Seto Inland Sea, the enjoyment of the journey.

In addition, "healthy" to the year theme, proposed such as the every season Shikoku of ingredients and seasonings, kitchen tools medium "gourmet recommendation (GOURMET YELLOW)", "olive oil" of Setouchi material "oranges" and "lemon" "bamboo" align the skin care products that are based on such "local hot spring water," "Beauty recommendation (BEAUTY GREEN)", to center the bag and accessories using local materials of Okayama Prefecture, such as Kurashiki canvas, the refined products in addition was "style recommended (STYLE BLUE)", the most popular of masking tape in Japan (Masute), Kamoikakoshi marked the beginning of the boom: Focusing on the "mt" brand of (headquarters Kurashiki, Okayama Prefecture), and masking I deploy the like were plenty stocks tape "mass Te Discovery".

Opening land, Okayama, Okayama Prefecture, Kita-ku, Shimoishii 1-2-1 ion Mall Okayama fourth floor. Shop area, about 2,200 square meters. Business hours, 10:00 to 21:00.
//////
岡山県・イオンモール岡山に「東急ハンズ」開業--瀬戸内の魅力をリコメンド


東急ハンズは12月5日、岡山県岡山市・イオンモール岡山にて直営店舗「東急ハンズ岡山店」を開業する。

○県内外に瀬戸内の魅力を紹介

同店は、岡山県の中心駅である岡山駅からのアクセスも良い場所に立地。通勤・通学帰りや、休日はファミリー層が気軽に買い物を楽しめる環境づくり、他県からの利用者にも支持されるような店づくりを目指す、としている。

また、東急ハンズの人気商品を中心に取りそろえた商品展開を始め、瀬戸内を背景に育まれてきた岡山県ならではの魅力が満載の、同店独自の商品・コーナーも展開予定となる。

岡山店独自コーナーとして、「瀬戸内リコメンド」を設置。中四国のクロスポイントである岡山県へ、県外から来店するユーザーへ「瀬戸内の魅力」を提案し、地元の利用者にも地元の良さを再発見し生活をより豊かにしてもらえるような商品を、同店スタッフたちが各コーナーでリコメンドする。

「ライフリコメンド(LIFE RED)」では、日々の暮らしに少しの変化を加え、地元を楽しむ、暮らしを楽しむための提案を実施。毎回「モノ」「コト」「ヒト」「バショ」でテーマを決め、瀬戸内での暮らしの中で幸せを感じられる商品や情報、旅の楽しみ方を提案する。

そのほか、「ヘルシー」を通年のテーマに、中四国の食材・調味料・キッチンツールなどをシーズンごとに提案する「グルメリコメンド(GOURMET YELLOW)」、瀬戸内素材の「オリーブオイル」「みかん」「レモン」「竹」「地元温泉水」などをベースにしたスキンケア商品をそろえる「ビューティリコメンド(BEAUTY GREEN)」、倉敷帆布など岡山県の地元素材を使用したバッグや小物を中心に、洗練された商品を加えた「スタイルリコメンド(STYLE BLUE)」、日本中で大人気のマスキングテープ(マステ)の、ブームのはじまりとなったカモ井加工紙(本社:岡山県倉敷市)の「mt」ブランドを中心に、マスキングテープをふんだんに取り揃えた「マステディスカバリー」などを展開する。

出店地は、岡山県岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山4階。店舗面積は、約2,200平方メートル。営業時間は、10時~21時。
//////
イオンモールに高島屋?! 他社施設に初テナント 岡山
/////
The Takashimaya to Aeon Mall? ! The first tenant to another company facility Okayama

Okayama Takashimaya (Okayama city north district) has announced the opening of "Takashimaya Food Maison Okayama shop" to large-scale commercial facilities "Aeon Mall Okayama," which opened at JR Okayama Station south on December 5. Takashimaya is that the first time to opening the tenant to other distributors of the management to facility. Okayama Tanaka, Ryoji president of Takashimaya was commented that "I want to contribute to the bustle creation of the entire city of Okayama."

Takashimaya Food Maison Okayama shop is on the theme "Everyone's Depachika", image the underground food section of a department store. In western Japan's first store openings, divided about 1900 m2 floor space in five areas, to expand luxury food and cafes, fresh food, sweets such as 31 brands.

Bakery cafe "Fauchon" and Yokohama Chinatown Chinese delicatessen "Chongqing Hotel GIFT & DELI" such as department store's first 10 brand of other Chugoku's first two brands, I align the Okayama Prefecture's first 7 brand. First year sales target of 20 billion yen.

Aeon Mall Okayama (8 basement second floor above ground, floor space 90,002 one thousand square meters), which opened in Okayama Takashimaya south about 200 meters of the West's largest shopping mall. About 400 stores, TV stations and cinemas, it becomes enters complex facilities such as cultural facilities. The annual number of visitors is the 2 million people, conflicts with existing commercial facilities, a large impact on the trade area of the flow of people is expected.

President Tanaka also "bring the bustle of the city due to a large ability to attract customers is a lot of coming town's, and a big opportunity for the overall development Okayama" and analysis. Okayama Takashimaya may provide a "products and services of the department store unique" in the opening of the hood Maison, to enhance the migration of shoppers from the mall, that aims to attract customers up.
/////

イオンモールに高島屋?! 他社施設に初テナント 岡山

岡山高島屋(岡山市北区)は、12月5日にJR岡山駅南で開業する大型商業施設「イオンモール岡山」に「タカシマヤフードメゾン岡山店」を出店すると発表した。高島屋が他の流通業者の経営する施設にテナントを出店するのは初めてという。岡山高島屋の田中良司社長は「岡山の街全体のにぎわい創出に寄与したい」とコメントした。

 タカシマヤフードメゾン岡山店は「みんなの デパチカ」がテーマで、デパートの地下食料品売り場をイメージ。西日本初の出店で、売り場面積約1900平方メートルを5つのエリアに分け、高級食品やカフェ、生鮮食品、スイーツなど31ブランドを展開する。

 ベーカリーカフェ「フォション」や横浜中華街の中華総菜「重慶飯店 GIFT&DELI」など百貨店初の10ブランドのほか中国地方初の2ブランド、岡山県初の7ブランドなどをそろえる。初年度売り上げ目標は20億円。

 岡山高島屋の南約200メートルで開業するイオンモール岡山(地上8階地下2階、売り場面積9万2千平方メートル)は西日本最大級のショッピングモール。約400の店舗、テレビ局や映画館、文化施設などが入る複合施設となる。年間来客数は2千万人とされ、既存の商業施設との競合、商圏の人の流れへの大きな影響が予測される。

 田中社長も「大きな集客力が大勢の来街者による街のにぎわいをもたらし、岡山全体の発展の大きな契機になる」と分析。岡山高島屋はフードメゾンの出店で「百貨店ならではの商品・サービス」を提供し、同モールからの買い物客の回遊性を高め、集客力アップを目指すという。
//////
岡山県内百貨店で歳暮商戦始まる
/////
Begin end of year holiday season in Okayama prefecture department store

Turn off the top of Okayama prefecture of department stores, Okayama shop Tenmaya (Okayama) and the same Kurashiki shop (Kurashiki) is the 5th, has opened a gift center of the end of year. Okayama Takashimaya (Okayama) will start to accept 6 days, also shopping season begins toward the middle of this month with other local each store. On competition with such as Internet shopping is growing year by year, is also consumption tax hike this year, or free shipping each, I have come up with features to expand the specialties of the region.
Tenmaya Okayama store is provided with a center to 6 Kaiashikawa Hall, are on display about 2700 points, such as ham and beer. The glare progress and increase in small households of aging, was aligned 80-point increase 30% from the previous year the assortment of side dishes such as that in small portions pack. Kurashiki stores side by side about 1 thousand points, put a force on the selling of local products such as miso marinated in the Seto Inland Sea production Spanish mackerel (¥ 5,400).
Tenmaya the first time conducted a free shipping service this year in all stores. In the majority of products subject except such as gift certificates or gift cards, shipping charges also its burden on the cool flight and distant. To counteract the supermarkets and online sales of a national chain that has come up with free shipping from a few years ago.
Some November is accepted with a 10% discount to the target 150 points. Okayama shop is also that you have the 51 days to extend the 9th the period from the previous year, it is assumed that "aims to sales of 900 million 95 million yen year-on-year increase of 5%".
Okayama Takashimaya to start accepting from six days, and exhibited about 700 points on the 8th floor of the special area, plans to expand the space from later this month that the order increases to 1 · 5 times. Up to 30 days to a maximum 15% discount to target about 1200 points as "early bird".
Same store Setouchi coast seven prefectures of specialty products total about gift catalog a collection of 150 points "Setouchi Guru Tour" (3780-11340 yen) for the first time prepared by the end of year the. "In every year of the gift to a distant acquaintance from, people that you want to add a change in the area of unique goods many, you want to capture the demand" and strategize.
In addition, Tsuyama shop Tenmaya (Tsuyama) and Fukuyama shop (Fukuyama-shi) is the 12th, Mitsukoshi Takamatsu (Takamatsu) to open the gift center 14 days.
Shopping season of the peak is expected to early December from late this month. Each store is expected to average unit price and 4100 - about 4500 yen, the same level as the previous year.
/////
岡山県内百貨店で歳暮商戦始まる

岡山県内の百貨店のトップを切り、天満屋岡山店(岡山市)と同倉敷店(倉敷市)が5日、歳暮のギフトセンターを開設した。岡山高島屋(岡山市)は6日に受け付けをスタートし、他の地場各店でも今月中旬にかけて商戦が始まる。インターネット通販などとの競合が年々強まっている上、今年は消費税増税もあり、それぞれ送料を無料にしたり、地域の名物を拡充し特色を打ち出している。
 天満屋岡山店は6階葦川会館にセンターを設け、ハムやビールなど約2700点を展示している。高齢化の進展や少人数世帯の増加をにらみ、小分けパックにした総菜などの詰め合わせを前年より3割増やし80点そろえた。倉敷店は約1千点を並べ、瀬戸内海産サワラのみそ漬け(5400円)といった地元産品の売り込みに力を入れる。
 天満屋全店で今年は初めて送料無料サービスを実施。商品券やギフトカードなどを除き大半の商品が対象で、クール便や遠方への配送料も同社が負担。数年前から送料無料を打ち出している全国チェーンのスーパーやネット通販に対抗する。
 11月中は150点を対象に10%引きで受け付け。岡山店は前年より期間を9日延ばし51日としたこともあり、「前年比5%増の9億9500万円の売り上げを目指す」とする。
 6日から受け付けを始める岡山高島屋は、8階の特設コーナーに約700点を展示し、注文が増える今月下旬からはスペースを1・5倍に広げる予定。30日までは「早期割引」として約1200点を対象に最大15%引きとする。
 同店は瀬戸内沿岸7県の特産品計約150点を集めたカタログギフト「瀬戸内ぐるめぐり」(3780~1万1340円)を歳暮で初めて用意。「遠方の知人らへの毎年の贈り物に、地域ならではの品で変化を付けたいという人は多く、需要を取り込みたい」と戦略を練る。
 このほか、天満屋の津山店(津山市)と福山店(福山市)は12日、高松三越(高松市)は14日にギフトセンターをオープンする。
 商戦のピークは今月下旬から12月上旬の見込み。各店は平均単価を前年並みの4100~4500円程度と予想している。
//////
岡山 イオンモール - Google News
Powered by RSSリスティング


//////
世界遺産モン・サン・ミッシェルの“ふわふわオムレツ”が西日本初進出。年間2千万人の集客を見込む新商業施設「イオンモール岡山」に 『ラ・メール・プラール イオンモール岡山店』が12月5日オープン。


「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」をコンセプトに、関東・関西でレストラン・バーなどを248店舗(受託運営店舗含む)経営する株式会社ダイナック(本社:東京都新宿区新宿1-8-1、代表取締役社長:若杉 和正)は、2014年12月5日(金)、岡山県岡山市にオープンする大型商業施設『イオンモール岡山』に「ラ・メール・プラール イオンモール岡山店」を出店することを発表した。



◆『イオンモール岡山』に西日本初の「ラ・メール・プラール」を出店
中国四国地方の交通の要衝として、ひと・文化・情報のクロスポイントである岡山県の玄関口「岡山駅」から地下道直結徒歩5分に「イオンモール岡山」がオープン。地上8階、地下2階の建物は、延床面積が約25万平方メートル、売場面積は約9万2千平方メートルと中国四国地方最大級を誇る商業施設である。
専門店は356店が集まり、そのうち約7割が岡山県初出店。シネマコンプレックスや多目的ホール、岡山のものづくりが体験できるエリアなどを配し、県内外から年間2千万人の集客を目指すとしている。

飲食店は4階のフードコートと6階~7階のレストランフロアを中心に全66店舗が出店し、西日本初出店や新業態、岡山県の地元企業による出店など、バラエティーに富んだ飲食店が揃っている。6~7階の大規模なレストラン街は、中国四国地方最大級の店舗数となる全39店舗が出店。その中でも注目を集めているのが、西日本初出店となる同社の「ラ・メール・プラール イオンモール岡山店」である。「ラ・メール・プラール」の魅力を日本国内に広めるには最適な話題のスポットだと考え、この度「イオンモール岡山」への出店を決めたとの事。同店はこの先も4号店・5号店の展開を予定している。



◆「ラ・メール・プラール」とは
今回の出店で国内3号店(※1)となる「ラ・メール・プラール」は、1888年に創業者のアネット・プラールが、モン・サン・ミッシェルで宿屋を開き、およそ700ものレシピを完成させ、巡礼者に特別な料理を提供したのがはじまりとされている人気ブランド。世界中がその料理のクオリティーの高さを絶賛し、現在では、ユネスコ世界遺産に登録された年間350万人が観光に訪れるモン・サン・ミッシェルの地で、120年以上の歴史と伝統を受け継ぐ有名カジュアルフレンチレストランとして認知されている。

そして、2013年6月21日に、当社が初めて海外飲食ブランドとライセンス契約を締結し、オープンさせた「ラ・メール・プラール 横浜みなとみらい店」(※2)は大きな話題となり、連日大行列ができる人気店となっている。行列のきっかけとなった看板メニューの『伝統のオムレツ』は、開店から1年4ヶ月で累計12万食を売り上げる驚異の大ヒットを記録している。

(※1)日本1号店 2011年8月 東京・有楽町(運営は同社と異なる)
日本2号店 2013年6月 横浜・みなとみらい(運営は同社)

(※2) 「横浜みなとみらい店」に関するリリース(2013年4月22日・5月28日配信)。
http://www.dynac-japan.com/shopnews/

◆120年以上愛され続けてきた「ラ・メール・プラール」のメニューが、今夏にリニューアル
「イオンモール岡山店」は、「横浜みなとみらい店」と同様、フランス本店のレシピやメニューを忠実に再現し、提供する。

今夏、本店をはじめ「ラ・メール・プラール」の店舗でメニュー改定が行なわれた。目的は“伝統的な技術やおいしさはそのままに、時代のニーズにあった新たなおいしさを提案する”ことである。
看板メニューの『伝統のオムレツ』は“厚さ5cm、直径24cmの大きさ”“メレンゲのようなふわふわとした独特な食感”“有塩バターのみのシンプルな味付け”など、伝統的なおいしさはそのままに、付け合わせのソースをゴロゴロとした素材がたっぷり入った“食べるソース”に変更。8種類もの味の中から好みのものを1種類選べるので、おいしさだけでなく選べる楽しさも提供する。

また、利用客の9割を女性が占める「ラ・メール・プラール」だが、ニーズにも対応できるよう、メニュー数を32品から41品に増やした。『牛肉のステーキ フォアグラとマデラワインのソース』や『牛ホホ肉の赤ワイン煮』など牛肉を使用した食べ応えのあるメイン料理や本格的なフレンチが堪能できるコース料理など、オムレツ以外のメニューも充実させている。

■『伝統のオムレツ』(フライドポテト/パン付) 1,990円

※写真のソースは「野菜のラタトゥイユ」。

◆内装デザインコンセプト
本店のクラシカルな雰囲気を残しつつ、現代的な色やデザインを取り入れたモダンなデザイン。壁には世界中から本店に訪れた著名人(パブロ・ピカソ、クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローラン、藤田嗣治、各国の大統領など)の写真とサインが飾られており、日本にいながらモン・サン・ミッシェルを訪れたような気分になれる。また、すでに本店を訪れたことのあるお客には“優雅な追体験”のひとときが楽しめる店舗である。



◆店舗概要
店名:ラ・メール・プラール イオンモール岡山店
http://www.gnavi.co.jp/?notyet (11月15日頃公開予定)
開店日:2014年12月5日(金)
所在地:岡山県岡山市北区下石井1丁目2番1号 イオンモール岡山7F
電話:086-206-7202
規模:51.32坪
営業時間:11:00~17:00(L.O.16:00)、17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:無休(イオンモール岡山に準ずる)
席数:総席数86席(テラス席20席)
想定客単価:ランチ1,800円、ディナー3,200円
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:10| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

中国・四国エリアの「紅葉スポット」ランキング1位は? 岡山は?

中国・四国エリアの「紅葉スポット」ランキング1位は? 岡山は?

ついに紅葉シーズンが到来。今年の予定はお決まりですか? 日本全国にはさまざまな紅葉スポットが点在しています。そこで、中国・四国エリアで行ってみたい紅葉スポットについて皆さんに聞いてみました。

■中国・四国エリアで行ってみたい紅葉スポットランキング
1位:宮島・紅葉谷公園/広島県廿日市市
2位:大山/鳥取県大山町など
3位:紅葉谷公園/山口県岩国市
4位:塩江温泉郷/香川県高松市
5位:長門峡/山口県山口市

6位 白滝公園/愛媛県大洲市
7位 蒜山高原/岡山県真庭市
7位 祖谷渓谷/徳島県三好市
9位 寒霞渓/香川県小豆島町
10位 三郎の滝/広島県府中市

らしい!
/////
ウオームビズ 岡山でも本格開始
//////
The full-scale start in Uomubizu Okayama

Reduce the heating use of workplace and home by the ingenuity of such layering "Uomubizu" is the 4th of Renkyuake, began in earnest. Ministry of the Environment has proposed since 2005 as part of the winter of global warming, it is this time in 10 seasons. Until the end of March next year.
Uomubizu not feel the chill in the air, even at room temperature is 20 degrees at the time of the heating, aim a life style that spend comfortable. Black vest wearing Yoshio Environment Minister Mochizuki that faces the cabinet meeting, "it's 10th year milestone. In the approval of the people of everyone, it is possible to suppress the equivalent of power consumption" at a press conference said.
Earnest start Okayama Prefecture from 4 days "Uomubizu Citizens Movement". Male staff tie in the prefectural government, Tocho in suits. Appearance of staff to office wearing a wool sweater and vest were also observed.
Okayama City, called on all staff in Cho-nai LAN to the building of the heating set to 19 degrees or less. To mind the best and cardigan wearing, you are asked to devise such as layering on a cold day.
Okayama Prefecture has put a worm share spot 89 locations in the prefecture to the home page.
Ministry of the Environment is a warm function underwear and knit cardigan, rug has been effective, and that you take the food and drink that the body is warm, simple gymnastics also recommended. According to the ministry, awareness of Uomubizu it is aimed and 71 · 6%, 94 · 9% of the Cool Biz (both 2001) lower than, the widespread use.
//////
ウオームビズ 岡山でも本格開始

 重ね着などの工夫をして職場や家庭の暖房使用を抑える「ウオームビズ」が連休明けの4日、本格的に始まった。冬場の地球温暖化対策の一環として環境省が2005年から提唱し、今回で10シーズン目となる。来年3月末まで。
 ウオームビズは暖房時の室温が20度でも肌寒さを感じず、快適に過ごせる生活スタイルを目指す。黒いベストを着て閣議に臨んだ望月義夫環境相は記者会見で「10年目の節目だ。国民の皆さんの賛同で、相当の電力消費を抑えることができる」と述べた。
 岡山県も「ウオームビズ県民運動」を4日から本格的にスタート。県庁では男性職員がネクタイ、スーツ姿で登庁。ウールのセーターやベストを着て執務する職員の姿も見られた。
 岡山市は、庁舎の暖房設定を19度以下にするよう庁内LANで全職員に呼び掛け。ベストやカーディガンの着用を念頭に、寒い日には重ね着などの工夫をするよう求めている。
 岡山県はホームページに県内のウオームシェアスポット89カ所を載せている。
 環境省は保温機能のある下着やニットのカーディガン、膝掛けが有効としており、体が温まる食べ物や飲み物を取ることや、簡単な体操も推奨する。同省によると、ウオームビズの認知度は71・6%と、クールビズの94・9%(いずれも13年度)より低く、普及拡大を目指している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 中国・四国エリアの「紅葉スポット」ランキング1位は? 岡山は? | 更新情報をチェックする

EV導入メリットや活用策を議論(岡山市と岡山大)

EV導入メリットや活用策を議論(岡山市と岡山大)
////
なかなか面白い取り組み!


////
1-2 seater Okayama and Okayama University, which aims to spread of ultra-compact electric vehicle (EV) is the 5th, open the symposium with the same Otsu Island campus as the first series of joint research (city Kita-ku Tsushimanaka), I talked the introduction of benefits and utilization measures. There is also a test-ride event of ultra-small EV, officials have confirmed the like goodness of maneuverability.
Symposium, the Ministry of Land, Infrastructure and Transport of Tokuyama Hideo Waza監 (city-born) to promote the spread of ultra-small EV, the city of Omori Masao mayor keynote. Tokuyama skills audit was pointed out that "public transportation or private car, can break away from such a well-balanced thing to combine excessive automobile dependence bicycle". Omori mayor said, "sure want what happens is positioned ultra-compact EV in the citywide transportation system" describes the idea of a demonstration in the city center during the 2014 fiscal year.
After this, sprinkled Araki Katsufuku president of the university, the Kajiya Shunsuke regional development committee chairman from five of the Japan Association of Corporate Executives Okayama, to expand the panel discussion. Car sharing citizens to interoperate with the city center, there was a proposal, such as the use of in farm work at the periphery. Araki Vice President is "to bring together the wisdom of researchers, you want to think of the Tsukaimichi appropriate to Okayama" was stressed. Local economic man, students about 150 people were heard.
Prior to the symposium, there is also a test-ride event of ultra-compact EV in the same campus, Omori mayor said, "more than expected in maneuverability is handed, but easily could be driving. Likely to be utilized in a small area and sightseeing road".
Ultra-small EV is the text to move a short distance of about 5 km, experiments for the introduction throughout the country have been deployed. The support of the Ministry of the Environment is Tsuyama City in the prefecture, and is working on a demonstration experiment. Okayama and Okayama October, had expressed that to embark on joint research.
////
1~2人乗りで超小型の電気自動車(EV)の普及を目指す岡山市と岡山大は5日、共同研究の第1弾として同大津島キャンパス(同市北区津島中)でシンポジウムを開き、導入のメリットや活用策を話し合った。超小型EVの試乗会もあり、関係者が小回りの良さなどを確認した。
 シンポジウムは、超小型EVの普及を進める国土交通省の徳山日出男技監(同市出身)、同市の大森雅夫市長が基調講演。徳山技監は「公共交通やマイカー、自転車などとバランスよく組み合わせることで過度の自動車依存から脱却できる」と指摘した。大森市長は2014年度中に市中心部で実証実験をする考えを説明し「市全体の交通体系の中で超小型EVをどう位置付けられるかを確かめたい」と述べた。
 この後、同大の荒木勝副学長、岡山経済同友会の梶谷俊介地域振興委員長ら5人を交え、パネルディスカッションを展開。市中心部で市民が共同利用するカーシェアリング、周辺部での農作業での活用などの提案があった。荒木副学長は「研究者の知恵を結集し、岡山にふさわしい使い道を考えたい」と強調した。地元経済人、学生ら約150人が聞いた。
 シンポジウムに先立ち、同キャンパスで超小型EVの試乗会もあり、大森市長は「想像以上に小回りが利き、手軽に運転できた。道の狭い地域や観光で活用できそうだ」と話した。
 超小型EVは5キロ程度の近距離移動に適すとされ、全国各地で導入に向けた実験が展開されている。県内では津山市が環境省の支援を受け、実証実験に取り組んでいる。岡山市と岡山大は10月、共同研究に乗り出すことを表明していた。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | EV導入メリットや活用策を議論(岡山市と岡山大) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。