2014年11月09日

<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール 岡山   =「駅前と表町を行き来しない人が7割以上」=

<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール 岡山

<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール/上 共存共栄? /岡山
<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール/下 人の流れ /岡山
イオンモール岡山に警察官立寄所
<北海道物産展>きょうから後期--天満屋岡山店 /岡山

データ
「駅前と表町を行き来しない人が7割以上」


イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング

開業 真近 イオンモール 岡山.jpg
//////
Opened imminent ion Mall / above co-existence and co-prosperity ? / Okayama

◇ opportunity or threat or is tried is local

Opening of JR Okayama Station before in a commercial complex under construction "Aeon Mall Okayama" (Kita-ku Shimoishii 1) was closing in on June 5. Attract prospective year more than 20 million. And operated by Aeon Mall (Chiba City), to appeal to "local color" in the enhancement of the prefecture brand, also emphasize co-existence and co-prosperity with local mall. But, there in Okayama advance of huge stores that the company is positioned as "West flagship store", also movement in the local mall that tries to put a certain distance.

"I want to liven up the whole Okayama". In a press conference in August in North Ward, manager of the local companies that attended the Okazaki bi-president of Aeon Mall told powerfully. Apparel, a leading readies the store to outside the prefecture in such as jewelry, referred to as "originating the Okayama of appeal" through the opening. Among the specialty store 356 stores of ion Mall, the prefecture brand 65 stores. Okazaki president also "sell flagship store's local color" was confident with.

The exhibitors, and ion Mall opened directly linked to the strengthening of the sales network. On the other hand, local shopping street becomes a composition that compete for customers. Aeon Mall call for "cooperation", but reaction's different.

Ion Mall in October, and the Station shopping district of Okayama Station East, signed a cooperation agreement as well to introduce the ions of electronic money in the Hokan town shopping street "WAON (chord)" of the west entrance. The accumulated points by shopping at Aeon Mall, a mechanism that can be used at the mall, "now flows customers in shopping street, leading to regional revitalization" aims to. Takashi President shore of Hokan town shopping street promotion association (64) to speak with "rather than hostile and ion, but I think that it" can be Let's do '". Doi Yasunori representative director of Station shopping street promotion association (73) as a "First thing to improve the pedestrian traffic", put the expectation to bustle after opening.

On the other hand, thought of Omote-machi shopping street away about 1 km from the ion Mall to the east is different from both the shopping district of the station. Having received the consultation of chord introduction, "you can not answer immediately also been proposed in practice just before" and to hold the answer. In as many unknowns be flowing how many people from the front of the station, warning feeling peek. Hiroyuki Chairman opened by a large amount of Omote-machi mall Federation (57) was talking about "shopping district, has been developed in cooperation with department stores and surrounding facilities are old. In order to liven up the table town in the future, I want to discussions," said .

Mimura Satoshi Professor of Okayama University Regional Research Center "is not only rely on ion, also shopping street itself, it is important to have a comprehensive future design, including such unique initiatives and public relations activities," points out. The "threat" without if you can and "opportunity". Have been tried the idea of local.

Aeon Mall I approach the changes in the economic and traffic associated with the Okayama of practice.

.....................................................................................................................

■ words

◇ ion Mall Okayama

8 floors above ground, two-storey underground (a total of about 250,000 square meters). Multiplex cinema (cinema complex, 11 screen, 2000 seats) I provided a and multi-purpose hall (600 seats). Of clothing for global expansion, "H & M", "ZARA" and, like "Tokyu Hands" of household goods, about 70% of the prefecture's first opening of specialty store 356 stores. Trade area and the entire prefecture (about 190 million people), also coming from the Shikoku district has put into the field of view.
//////

<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール/上 共存共栄? /岡山

◇好機か脅威か 試される地元

 JR岡山駅前で建設中の複合商業施設「イオンモール岡山」(北区下石井1)の開業が来月5日に迫った。集客見込みは年間2000万人以上。運営するイオンモール(千葉市)は、県内ブランドの充実で「地元色」をアピールし、地元商店街との共存共栄も強調する。だが、同社が「西日本の旗艦店」と位置付ける巨大店舗の岡山進出に、地元商店街には一定距離を置こうとする動きもある。

 「岡山全体を盛り上げたい」。北区で8月にあった記者会見で、イオンモールの岡崎双一社長と同席した県内企業の経営者が力強く語った。アパレル、ジュエリーなどで県内外に店舗を構える大手で、出店を通して「岡山の魅力を発信する」という。イオンモールの専門店356店のうち、県内ブランドは65店。岡崎社長も「旗艦店の売りは地元色だ」と自信を見せた。

 出店者には、販売網の強化に直結するイオンモール開業。一方、地元商店街は顧客を奪い合う構図となる。イオンモールは「連携」を呼びかけるが、反応はさまざまだ。

 イオンモールは10月、岡山駅東口の駅前商店街と、同じく西口の奉還町商店街でイオンの電子マネー「WAON(ワオン)」を導入する連携協定を結んだ。イオンモールで買い物してたまったポイントを、商店街で使える仕組みで、「商店街に客が流れるようになり、地域活性化につながる」のが狙い。奉還町商店街振興組合の岸卓志理事長(64)は「イオンと敵対するのではなく、『できることはやっていこう』という思いだ」と話す。駅前商店街振興組合の土居靖典代表理事(73)も「まずは人通りを良くすること」と、開業後のにぎわいに期待を込める。

 一方、イオンモールから東に約1キロ離れた表町商店街の考えは、駅前の両商店街とは異なる。ワオン導入の打診を受けたが、「開業直前に提案されても即答できない」と回答を保留。駅前からどれだけ人が流れるかも未知数なだけに、警戒感がのぞく。表町商店街連盟の大開博之理事長(57)は「商店街は、古くからある百貨店や周辺施設と協力して発展してきた。今後も表町を盛り上げるため、議論を重ねたい」と話した。

 岡山大地域総合研究センターの三村聡教授は「イオンに頼るだけではなく、商店街自体も、独自の取り組みや広報活動などを含めた総合的な将来設計を持つことが重要」と指摘する。“脅威”ではなく“好機”とできるか。地元のアイデアが試されている。

 イオンモール岡山の開業に伴う経済や交通の変化に迫る。

………………………………………………………………………………………………………

 ■ことば

 ◇イオンモール岡山

 地上8階、地下2階建て(延べ約25万平方メートル)。複合映画館(シネマコンプレックス、11スクリーン、2000席)や多目的ホール(600席)を設ける。世界展開する衣料品の「H&M」「ZARA」や、生活雑貨の「東急ハンズ」など、専門店356店の約7割が県内初出店。商圏は県内全域(約190万人)とし、四国方面からの来店も視野に入れている。

/////
<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール/下 人の流れ /岡山

//////
<"Flagship" of the coming Oka> opened verge ion Mall / Commoner of flow / Okayama

Fashion, eateries, movie theaters, toy store .... Commercial complex that covers the shop of various genres, is said to be comparable to one of the shopping district. In the opening of ion Mall Okayama (Kita-ku Shimoishii 1), or the flow of people is what change. Make good the flow of Okayama city center, it's focus or be connected to the activation of the entire city.

People that do not traverse the station and Omote-machi more than 70% -. Okayama City last fall, Okayama, it's a result of the investigation that was conducted in collaboration with the Okayama Chamber of Commerce and Industry. Such as most streets and Takashimaya before, in face-to-face to 946 people who were around Okayama Station "Today, you go either to Omote-machi mall" When I asked the, "go" 21-5%, "do not go" 77-6 it was%.

The city and raised the "activation of the central city area", to focus on the maintenance or events of bicycles "peach bicycle". In Nishikawa Ryokudo park events of music and food is opened every week, it has been established. Omori Masao mayor said that "the person who visited the ion mall, ask them to migration to the entire city." But, such as social experiment to issue such open cafe in one lane of the prefectural government as is shelved in the opposite of the police, there is a problem.

In addition, there are various opinions between people interested in urban development. Masao Chairman Oka of trams and public transportation to detailed NPO corporation "public transportation camel" talk with "The key is information dissemination". "Okayama Castle, you can easy-to-understand access to Korakuen, if devised to reach the information to people who are in the mall, the event also alive come. (Year coming to a store's prospects of ion Mall) Of the 20 million people 1% But I felt that if migratory effect is significant. "

On the contrary, there is also a negative voice in migratory. While raising the eldest son of the 2-year-old real estate - Imanaka Chieko (Naka-ku) is skeptical as "child-rearing generation than not out into the city." "In town, strict eye on children surprisingly, as public transport difficult also available. Ion Mall is needed without having to worry about also clamoring children, such a place is less" it says. Imanaka who think the town of way through the city of used equipment utilization is "really, I want to develop a personality of the city itself. Large-scale commercial facilities because it does not change even anywhere in the city," he said.

Appearance of the city, economy, transportation -. Whether change It's unknown. Conceive a variety of expectations and predictions, June 5, ion mall Okayama to open.
//////
<“旗艦”の来岡>開業目前イオンモール/下 人の流れ /岡山

ファッション、飲食店、映画館、おもちゃ屋……。さまざまなジャンルの店を網羅する複合商業施設は、一つの商店街に匹敵すると言われる。イオンモール岡山(北区下石井1)の開業で、人の流れはどう変わるか。岡山市中心部への流れをうまく作り、街全体の活性化へとつなげられるかが焦点だ。

 駅前と表町を行き来しない人が7割以上--。岡山市が昨秋、岡山大、岡山商工会議所と共同で実施した調査の結果だ。一番街や高島屋前など、岡山駅周辺にいた946人に対面で「きょう、表町商店街へ行くか」と尋ねると、「行く」は21・5%、「行かない」が77・6%だった。

 市は「中心市街地の活性化」を掲げ、レンタル自転車「ももちゃり」の整備やイベント開催に力を入れる。西川緑道公園では毎週のように音楽や食の催しが開かれ、定着している。大森雅夫市長は「イオンモールを訪れた人に、市内全体に回遊してもらう」と語る。だが、県庁通りを1車線化してオープンカフェなどを出す社会実験が県警の反対で見送られるなど、課題もある。

 また、街づくりに関心を持つ人たちの間にはさまざまな意見がある。路面電車など公共交通機関に詳しいNPO法人「公共の交通ラクダ」の岡将男理事長は「鍵を握るのは情報発信」と話す。「岡山城、後楽園へのアクセスを分かりやすくしたり、モール内にいる人に情報が届くよう工夫すれば、イベントも生きてくる。(イオンモールの年間来店者見込み)2000万人のうち1%でも回遊してくれれば効果は大きい」

 反対に、回遊性に否定的な声もある。2歳の長男を育てながら不動産業を営む今中智恵子さん(中区)は「子育て世代は街中へ出ないのでは」と懐疑的だ。「街中は、意外なほど子どもへの目が厳しく、公共交通機関も利用しづらいほど。イオンモールは子どもが騒いでも気にせずにいられるが、そんな場所は少ない」と語る。市街地の中古物件活用を通して街のあり方を考える今中さんは「本当は、街そのものの個性が発展してほしい。大型商業施設はどこの都市でも変わらないから」と話した。

 街の姿は、経済は、交通は--。どう変わるかは未知数だ。さまざまな期待や予測をはらみ、来月5日、イオンモール岡山はオープンする。
/////
<北海道物産展>きょうから後期--天満屋岡山店 /岡山
岡山 天満屋 - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
late from today - Tenmaya Okayama shop / Okayama

Enjoy Hokkaido attractive mainly on Asahikawa City "and Hokkaido Bussan tourism exhibition" late is the 5th, starting with Okayama shop Tenmaya (Kita-ku-cho, Table 2). Plays a character "Asa~tsupiー" that loose of city tourism PR of Kushiro "Mermaid Kushiro" Hayashi Yuka is four days, visited the Mainichi Shimbun Okayama bureau, was called to be "enjoying the fresh ingredients of Hokkaido".

I replace the shop of almost half from the previous fiscal year began on October 28. "Asahikawa Special" and ramen of popular restaurant "UmeHikarinoki" in the corner, is the first exhibition fried pastry "Potetochuro" using the Hokkaido potatoes. Such as seasonal salmon fillet also appears from Kushiro.

Hayashi visit to the 5th morning. Starting at the 2 and from 8, 9 pm both days of the afternoon one, there is also rock-paper-scissors tournament of Asa~tsupiー. Inquiry this shop (086-231-7111)
/////
<北海道物産展>きょうから後期--天満屋岡山店 /岡山

旭川市などを中心に北海道の魅力が楽しめる「北海道の物産と観光展」後期が5日、天満屋岡山店(北区表町2)で始まる。同市のゆるキャラ「あさっぴー」と釧路市の観光PRを担う「マーメイドくしろ」林由華さんが4日、毎日新聞岡山支局を訪れ、「北海道の新鮮な食材を楽しんで」と呼びかけた。

 10月28日に始まった前期からほぼ半数の店を入れ替える。「旭川特集」コーナーでは人気店「梅光軒」のラーメンや、道産じゃがいもを使った揚げ菓子「ポテトチュロ」が初出品。釧路からも旬のサケ切り身などが登場する。

 5日午前に林さんが来店。8、9両日の午後1時からと同2時から、あさっぴーのじゃんけん大会もある。問い合わせは同店(086・231・7111)
/////
イオンモール岡山に警察官立寄所
/////
Plants stop-off police officers to Aeon Mall Okayama

Okayama Central Station is 7 days, which opened December 5 to JR Okayama Station south to the first floor north to patrol base of "Aeon Mall Okayama" (Okayama city north district Shimoishii) "police stop-off station" (3 meter room about 40 square meters) is provided, it was the opening ceremony. Established as a stop-off locations within the prefecture's first stores in cooperation of ion side. I want to start the operation from the end of November.
Police Okayama Station East Exit executives alternating plants of police officers et al., Stationed a large time zone of the customer, such as holiday of daytime and weekday evening to the axis. In addition to lost and lost property, theft incidents that increase is expected, the corresponding such as a traffic accident in the parking lot. Also I do crime prevention patrols in cooperation with local residents.
About 30 people officials attended the opening ceremony. Mizushima Koji chief is greeted as "Shoin tackle concerted crime prevention and traffic safety", it was tape cut and ion Mall Okayama of Takeda Hisakazu general manager, et al. A man who shoves a knife to female customers Shoin had also nab training.
/////
イオンモール岡山に警察官立寄所

岡山中央署は7日、JR岡山駅南に12月5日開業する「イオンモール岡山」(岡山市北区下石井)の1階北側に巡回拠点とする「警察官立寄所」(3部屋計約40平方メートル)を設け、開所式を行った。イオン側の協力で県内初の店舗内立寄所として設置。11月末から運用を開始する。
 同署岡山駅東口幹部交番所の警察官らが、休日の昼間や平日の夕方といった客の多い時間帯を軸に駐在する。迷子や落とし物のほか、増加が予想される盗難事件、駐車場での交通事故などに対応。地域住民と連携した防犯パトロールも行う。
 開所式には関係者約30人が出席。水嶋浩二署長が「署員一丸となって犯罪予防や交通安全に取り組む」とあいさつし、イオンモール岡山の武田久和ゼネラルマネージャーらとテープカットした。女性客に刃物を突きつけた男を署員が取り押さえる訓練もあった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論

岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論

岡山県内でRSウイルス流行兆し
//////
RS virus epidemic signs in Okayama Prefecture


Cause the infants of bronchitis and pneumonia "RS virus infection" is, is showing signs of epidemic in Okayama Prefecture. The second most common patient occurs in the year of the past 10 years in October. Experts are calling for a thorough prevention such as hand washing and gargling.
RS virus has a strong infection force prevalent in winter, and expanded through sneezing Sekiya. Cold to it resembles, most but requires only a runny nose or mild symptoms such as cough, infants with a 1-year-old less than or heart disease, the elderly that care must be taken for easy to severe.
According to the county Health Promotion Section, this year began increasing in the country after entering in previous years with the same in September, and is especially noticeable in western Japan. October 6 to 12 in the prefecture, the prefecture designated 54 medical institutions in 1 patient number 1 - 0 personality per facility, in the year of the past 10 years were many subsequent to 2012 (person 1, 17). Peak through January every year from December.
RS virus is low awareness than such as influenza, "the case of infants, can not be neglected, such as falling into difficulty breathing," said Goto, Shin-ichiro Deputy Director of Okayama Red Cross Hospital of Pediatrics. Since the case of mild and not the virus inspection, that the actual number of patients is greater than the county data.
Point to distinguish the cold breath sounds of "wheezing". If symptoms than heavy cold fever and cough is prolonged such as that it is better to suspected infection. Goto deputy director "bring parents in the home, not a few cases to transfer to children. Thorough prevention, including the mask worn" talking with.
//////
岡山県内でRSウイルス流行兆し


乳幼児の気管支炎や肺炎を引き起こす「RSウイルス感染症」が、岡山県内で流行の兆しをみせている。10月には過去10年間の同期比で2番目に多い患者が発生。専門家は手洗いやうがいなど予防の徹底を呼び掛けている。
 冬場に流行するRSウイルスは感染力が強く、せきやくしゃみを通じて拡大。風邪に似ており、大半は鼻水やせきなど軽い症状で済むが、1歳未満や心疾患のある乳幼児、高齢者は重症化しやすいため注意が必要という。
 県健康推進課によると、今年は例年と同じく9月に入って全国で増え始め、とりわけ西日本で目立っている。県内では10月6~12日、県指定54医療機関の1施設当たりの患者数が1・0人となり、過去10年間の同期比では2012年(1・17人)に次いで多かった。ピークは例年12月から1月にかけて。
 RSウイルスはインフルエンザなどより認知度は低いが、「乳幼児の場合、呼吸困難に陥るなど軽視できない」と岡山赤十字病院小児科の後藤振一郎副部長。軽症の場合はウイルス検査をしないため、実際の患者数は県データより多いという。
 風邪と見分けるポイントは「ぜーぜー」という呼吸音。熱やせきが長引くなど風邪より症状が重い場合は感染を疑った方がよいという。後藤副部長は「親が家庭に持ち込み、子どもにうつすケースも少なくない。マスク着用を含め予防の徹底を」と話している。
//////
教育県・岡山の復活テーマに議論
岡山 教育 - Google News
Powered by RSSリスティング


/////
Discussion on education Prefecture and Okayama resurrection theme

In response to rank downturn in the national achievement test that the Ministry of Education has been conducted every year, "the revival of" education Prefecture and Okayama, "" public symposium to think about the training of the high way and leadership of class teachers (Okayama Univ. Graduate School of Education Graduate School sponsored) is the 8th, was held at the university of Tsushimanaka Okayama city north district.
In this year's national achievement test, elementary school six years the previous year and the same position 38, junior high school three years 10th place down to # 42. The average percentage of correct answers below the national average in all subjects, academic development has become a major challenge.
In this situation, as the East Ichiro Professor keynote proposed Kurosaki of Okayama University teaching graduate school, and to foster a high "leadership talent, teaching graduate and local education committee of staff et al validates the challenges point to visit the class , take advantage of the next class? be repeated a commitment he said important it is. "
Then, to report the practice example of class development that teachers from five of the prefecture of elementary, middle and high school aims to improve academic achievement. "By leveraging the tablet terminal that can be recorded in the image such as science of the course of the experiment, effective review" that "incorporates a lively discussion of the children, and have enhanced the ability to think," he announced with such.
Prefecture of teachers from about 130 people attended. There was also talk of Italian wood Ryuta governor complained of a enthusiasm for education reform.
/////
教育県・岡山の復活テーマに議論

文部科学省が毎年実施している全国学力テストでの順位低迷を受け、授業のあり方や指導力の高い教員の養成について考える公開シンポジウム「『教育県・おかやま』の復活」(岡山大大学院教育学研究科主催)が8日、岡山市北区津島中の同大で開かれた。
 本年度の全国学力テストでは、小学6年が前年度と同じ38位、中学3年が10位下がって42位。平均正答率は全科目で全国平均を下回り、学力向上が大きな課題となっている。
 こうした状況に、岡山大教職大学院の黒崎東洋郎教授が基調提案として、「指導力の高い人材を育てるには、教職大学院や地元教育委員会のスタッフらが授業を見学して課題点を検証し、次の授業に生かす?という取り組みを繰り返すことが大切だ」と述べた。
 続いて、県内の小中高校の教諭ら5人が学力向上を目指す授業づくりの実践例を報告。「子どもたちの活発な討議を取り入れ、思考力を高めている」「理科の実験過程などを画像で記録できるタブレット端末を活用すれば、復習に効果的」などと発表した。
 県内の教諭ら約130人が聴講。教育改革への意気込みを訴えた伊原木隆太知事の講演もあった。
タブレッツト 授業 - Google News
Powered by RSSリスティング


ICT教育 - Google News
Powered by RSSリスティング



/////
渡辺和子さん 寄り添う大切さ訴え

岡山いのちの電話協会の開局30周年記念講演会が8日、岡山市内であり、設立に関わったノートルダム清心学園の渡辺和子理事長が、約600人を前に寄り添うことの大切さを訴えた。
 渡辺理事長は、30代半ばでノートルダム清心女子大学長に就任し、人間関係の悩みや忙しさでうつ病になった経験を告白。「1人で苦しんでいた時、年配のシスターが親身に話を聞いてくれた。それだけで気持ちの整理がつき、前に進めた」と強調した。
 その上で、いじめなどの悩みを誰にも相談できず、命を絶つ若者が増えている現状に触れ、「寄り添ってくれる人がいれば、みんな生まれ変われる。末永く活動を続け、悩める人を救ってほしい」とエールを送った。

/////
スマホ、夜9時以降はダメ 岡山県が小中学生対象にルール化を検討

岡山県教育委員会が、県内小中学生の児童・生徒がスマートフォン(スマホ)や携帯電話を利用する時間を午後9時までに制限するなどのルールを盛り込んだガイドラインの作成について協議していることが、10月23日、わかった。岡山県の担当者はハフポスト日本版の取材に対し、ルール化について「子供たちからみてもメリットになる」と話した。

担当者によると、現在協議されているのは、「午後9時以降はスマホ利用を制限し、保護者が預かる」、「ゲームも午後9時までに制限する」、「スマホとのつきあい方を考える場を学校が用意する」などの取り組みだ。これらを盛り込んだガイドラインを県が示し、実際の細かいルールはについては市町村の教育委員会や学校が定めることを考えているという。

ガイドライン作成の背景には、学力低下への懸念がある。2014年度全国学力・学習状況調査を県教委が分析したところ、スマホ等の所持率は小中学校ともに全国と比べてやや低いが、スマホを1日2時間以上使うと回答した中3生徒の割合は38.9%で、全国平均の35.4%よりも高かった。一方、家で学校の授業を復習しているとする生徒は39.8%で全国平均の50.4%よりも低く、家庭での学習時間に影響していると考えられるという。

これまで文部科学省では、小中学校への携帯電話持ち込みを原則禁止するよう各都道府県教育委員会に通知しているが、家庭内の使用時間制限までは踏み込んでいなかった。県の担当者はスマホ利用のルールをつくること、親だけでなく、子供にとってもメリットになると話す。

「『家庭でスマホ利用について考えましょう』とする呼びかけだけではなく、ルールも必要ではないかと考えました。保護者からも子供のスマホ利用への懸念が出ており、ルール化によって指導しやすくなるとの声があります。さらに、子供たちにもメリットになると考えます。ルールがあることを理由に、友達どうしでのやりとりを切り上げやすくなるという面もあるからです」
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 岡山県内でRSウイルス流行兆し/教育県・岡山の復活テーマに議論 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。