2014年11月16日

イオンモール岡山で植樹祭 /イオン開業控え交通規制見直し /12月5日(金)「イオン岡山店」グランドオープン

イオンモール岡山で植樹祭 /イオン開業控え交通規制見直し

イオンモール岡山で植樹祭
/////
Tree-planting ceremony in ion Mall Okayama


JR Okayama Station south of large commercial facilities and Aeon Mall Okayama (Okayama city north district Shimoishii) the 15th before opening the (December 5) of, local residents about 500 people in the evergreen oak about 6 thousand of such site I planted the seedlings.
Part of the "Forests of hometown" business that ions are carried out in accordance with the new store opening from 1991. The Meiuchi as "tree-planting", it was public participants.
In the opening ceremony Okazaki bi-president of the operating company Aeon Mall (Chiba City) is "consisting of Okayama appropriate to entrance facilities. Expected to want" and greeting. Participants in green spaces which are provided to take the edge on the ground 8th floor and underground second floor of a huge shopping center (SC), was planted Castanopsis, the 42 kinds of seedlings such as cherry. Participated with two daughters in Kurashiki Part women (32) "consisting memories of the place. Prefecture first appearance of the shop tenants are many, open can not wait" was talking with.
Prior to planting, ion social welfare fund ion Group companies and employees to equity investments, with a lift for wheelchair in social welfare corporation Izumi Gakuen Day Center shepherd's purse (city, Kita-ku Tamagashi) welfare vehicle (10 seater) gave a single.
Aeon Mall Okayama (sales floor area of about 90,002 one thousand square meters) is specializes in 356 enters in western Japan the largest in SC of ion Mall.
/////
イオンモール岡山で植樹祭


JR岡山駅南の大型商業施設・イオンモール岡山(岡山市北区下石井)の開業(12月5日)を前に15日、地元住民ら約500人が敷地内にシラカシなど約6千本の苗木を植えた。
 イオンが1991年から新店舗開設に合わせて行っている「ふるさとの森づくり」事業の一環。「植樹祭」と銘打ち、参加者を公募した。
 開会式では運営会社イオンモール(千葉市)の岡崎双一社長が「岡山の玄関口にふさわしい施設になる。期待してほしい」とあいさつ。参加者は地上8階・地下2階の巨大なショッピングセンター(SC)を縁取るように設けられた緑化スペースに、スダジイ、ヤマザクラなど42種類の苗木を植えた。娘2人と参加した倉敷市のパート女性(32)は「思い出の場所になる。県内初出店のテナントが多く、オープンが待ち遠しい」と話していた。
 植樹に先立ち、イオングループ各社と社員が出資するイオン社会福祉基金が、社会福祉法人泉学園デイセンターなずな(同市北区玉柏)に車いす用リフト付き福祉車両(10人乗り)1台を贈った。
 イオンモール岡山(売り場面積約9万2千平方メートル)はイオンモールのSCでは西日本最大級で356の専門店が入る。
//////
イオン開業控え交通規制見直し

JR岡山駅前で12月5日に予定される大型商業施設「イオンモール岡山」(岡山市北区下石井)の開業を控え、岡山県警は14日、周辺で行う交通規制見直しの概要を発表した。イオンに直結する市役所筋の流れをスムーズにするなど、渋滞緩和と安全な交通環境の確保を図る狙いで8カ所が対象。17日から新たな規制を開始する。
 県警交通規制課によると、市役所筋の関係は、下石井1丁目交差点の北進右折禁止▽同交差点から大供交差点まで転回禁止▽下石井1丁目交差点からフォーラムシティ南交差点まで転回禁止▽幸町交差点の北進右折禁止?の4カ所で、いずれも終日規制する。
 また、イオン来店車両の滞留抑制に向け、イオンの北交差点の東進右折を禁止。源吉兆庵本社ビル南側市道の東進一方通行によって生活道路への進入防止を図る。いずれも終日。
 一層の混雑が予想される土日と祝日は、タクシーを除き、ホテルグランヴィア岡山南東交差点の東進左折と、第一セントラルビル南西交差点の南進右折を禁止する。駅を出入りするタクシーの運行確保のためで、規制時間帯は午前9時から午後8時。
 交通規制に併せ、23日から信号の運用も見直す。下石井1丁目交差点の東西の行き来を片側ずつにして対向車両の交錯をなくす。東向きが青信号の場合、西向きは赤信号となる。東向きの車が下石井1丁目交差点を右折した場合、県庁通りの入り口交差点の赤信号で滞留することがあったため、両交差点の信号運用を一体化し、流れを円滑化する。
 交通規制課の松田秀生課長は「大規模な交通インフラの整備が難しい中で主要路線を最大限活用したが、イオンの買い物客は年間2千万人と想定され、渋滞解消は困難だ。公共交通機関の利用促進を図り、交通総量抑制を進めたい」と話している。
 ◇岡山県警が行う交通規制見直しの内容(場所、規制内容、規制時間の順)
 (1)下石井1丁目交差点
 北進右折禁止
 終日
 (2)下石井1丁目交差点~大供交差点
 転回禁止
 終日
 (3)下石井1丁目交差点~フォーラムシティ南交差点
 転回禁止
 終日
 (4)幸町交差点
 北進右折禁止
 終日
 (5)イオンモール岡山北交差点
 東進右折禁止
 終日
 (6)源吉兆庵南側市道
 東進一方通行
 終日
 (7)ホテルグランヴィア岡山南東交差点
 東進左折禁止、タクシー除く
 土日祝の9時~20時
 (8)第1セントラルビル南西交差点
 南進右折禁止、タクシー除く
 土日祝の9時~20時
//////
イオン開業控え交通規制見直し.jpg

//////
イオンモール 岡山 光 未来.jpg
12月5日(金)「イオン岡山店」グランドオープン

“ひと・文化・情報のクロスポイント”岡山駅前に誕生!

イオンリテール株式会社は12月5日(金)、「イオンモール岡山」の核店舗「イオン岡山店」をグランドオープンします。当店は、イオンの新しい総合業態「イオンスタイル」を展開した旗艦店です。

シニア人口や単身世帯、共働き世帯の増加、ヘルス&ウェルネスや環境保全への意識の高まりなど、小売業を取り巻く環境変化は加速度を増しています。イオングループでは、現在直面している変化に適切に対応するとともに、将来予測される変化も見据え、新たな総合業態の創造に向けたGMS改革に取り組んでいます。

当社では従来の売場・商品構成をお客さま視点から大幅に見直し、専門性の高い売場・商品を編集・構築した新たな総合業態へと進化を遂げるべく総合スーパー「イオン」の改革を推進してきました。

また、急速に進展するデジタリゼーションに対応し、ICT(情報通信技術)を駆使して店舗とネットをシームレスにつないで商品やサービスに触れる機会を増やし、お客さまに新しいお買物体験をご提供する「コト・モノ・ネット」を融合し、グループ総合力を活かしたオム二チャネル化も進めています。

これらの改革を具現化する新たな総合業態が「イオンスタイル」です。

「イオンスタイル」は、「なりたい明日のために、納得して買うことができる“幸せ”を提供する」をコンセプトに、さまざまなライフスタイルに応じて新しい価値をご提供する売場とセルフサービス・セルフセレクション、オムニチャネルを組み合わせたイオンの新しい総合業態です。イオン岡山店では、このコンセプトに基づき、6つの要素を取り入れた最新の取り組みを展開します。
「イオンスタイル」の6つの特徴
1.日々のくらしや仕事、休日といった“ライフスタイル”をご提案
2.“つくること”“食べること”など“食”を楽しむための場をご提案
3.生活シーンに合った必要な商品をご提案
4.イオンにしかない商品をお買い得価格でご提案
5.「ヘルス&ウェルネス」「オーガニック」「ナチュラル」といったトレンドをご提案
6.デジタリゼーション時代にお客さまにご満足いただける新しいお買物体験をご提案
イオン岡山店の特徴
◎立地・商圏の特徴
イオン岡山店は、中四国エリアの交通の要衝として、ひと・文化・情報のクロスポイントである岡山県の玄関口、岡山駅から約300m、徒歩4分に立地しています。車20分圏内に約24万世帯55万人が居住し人口も堅調に伸びています。立地する北区と隣り合う南区は住宅開発が進行中で今後も人口増加が見込めることから、イオンの駅前立地型の総合業態の中でも大変ポテンシャルの高い店舗です。

また、当店周辺は全国平均に比べて20~30代、0~19歳までの居住者の比率も高く、官公庁や企業が集中しています。全国的に有名なアパレルブランドも数多く輩出しており、ビジネスパーソンや流行に敏感でご自身のライフスタイルにこだわりを持つお客さまのニーズが高いエリアです。

◎「イオンスタイル」イオン岡山店の代表的な取り組み
イオン岡山店は、地域の皆さまはもちろん、観光やビジネスで訪れる方々までさまざまなお客さまの期待にお応えし「岡山の未来を創る、新しい文化の発信地」となるべく、イオンの最新の売場・サービスと地域に密着した取り組みを結集した最新の“イオンスタイル”店舗です。

<ホームファッション>
ホームファッションでは、“アーバン”“ヴィンテージ”“カジュアルモダン”“北欧”の4つのスタイルをご提案し、お客さまの生活スタイルに合った家具やカーテン、照明などをお選びいただけます。また、“大人の書斎”や“働く女性のデスク”テーマにした文具コーナーなどを併せてご提案します。

<体験型コーナー>
イタリア食材専門店をはじめ、出来たてを対面形式でご提供する活気があふれる体験型コーナーを複数展開します。お持ち帰りはもちろん、その場で挽きたてのコーヒーとともに店内でお召し上がりいただけるようイートインコーナーも設置します。また、オーガニック野菜や簡単便利なカット野菜、カットフルーツやレンジで簡単に調理できる商品などをメニュー提案とともにご用意します。

<トレンドの発信地>
トレンドの発信地として、従来の年齢の枠を超えて“スタイル”を楽しんでいただくファッションフロアへと進化しました。新たにイオンが提案する4つのスタイルや、服飾・生活雑貨コーナーも展開します。

<国内外の商品を豊富に品揃え>
近郊はもちろん瀬戸内エリアから、とれたての生鮮品や昔から親しまれている商品、岡山で人気の逸品まで、岡山を中心とした地物やイオンのワイン輸入専門商社による直輸入ワインなど国内外の商品を豊富に取り揃えます。

<美と健康>
美と健康のフロアでは、希少糖を使ったスイーツや飲料などの健康付加食品を取り揃え、漢方コーナーでは無料の相談コーナーを設置します。また、厳選素材を集めて配合した手づくり石鹸や海外のオーガニック化粧品、自然派化粧品も多数取り揃えます。

<オムニチャネル>
「コト・モノ・ネット」を融合したオム二チャネルの取り組みとして、店舗に品揃えのない商品をお取り寄せできる「タッチ・ゲット」サービスを実施します。また、メインエントランスに設置された大型マルチビジョン(230インチ)をはじめ、レジや売場など店頭・店内各所に約30台のデジタルサイネージを設置し、商品・イベントから地域の観光やサービスまで、さまざまな情報を発信することで新たなお買物体験をご提案します。
//////
December 5 (gold) "ion Okayama store" Grand Opening

"Cross point of the people, culture and information" to birth before Okayama Station!

Aeon Retail December 5 (gold), and grand opening of the anchor store of "Aeon Mall Okayama" "ion Okayama store". Our shop is the flagship store where you extracted the new comprehensive business category "ion style" of the ion.

Senior population and single-person households, an increase of two-income households, such as the growing awareness of health & wellness and environmental conservation, environmental changes surrounding the retail industry is increasing the acceleration. In the ion group, properly be with respond to changes that you are currently facing, also with an eye changes that are predicted future, we are working on GMS reform aimed to the creation of a new comprehensive business category.

Significantly revised from the customer's perspective the traditional point of sale and product configuration in our company, and we have to promote the reform of supermarkets "ion" in order to evolve to a new comprehensive business category you edit and build a high sales floor and products specialized was.

In response to the digital re-internalization to progress rapidly, and make full use of ICT (Information and Communication Technology) to increase the opportunity to touch the goods and services by connecting the store sales and the net seamlessly, and offer a new shopping experience to our customers and were fused the "thing-mono-net", we are making progress Homme two channels of which was taking advantage of the group's comprehensive strength.

A new comprehensive business categories that embody these reforms is the "ion style".

"Ion style" is, the concept of the "for tomorrow you would like, you consent to provide a" happy "that it is possible to buy with", the sales floor and self-service self to offer a new value depending on a variety of lifestyle selection, is a new comprehensive business category of ion that combines the Omni channel. In ion Okayama shop, based on this concept, and then expand the latest initiatives that incorporate the six elements.
6 feature of the "ion Style"
1. daily life and work, suggestions a "lifestyle" such as holiday
2. We propose a place for you to enjoy the "make it" "eating" such as "food"
The suggestions the necessary products that meet 3. life scene
4. suggestions at bargain price products not only to the ion
5. suggestions trends such as "Health & Wellness", "Organic", "Natural"
6. Welcome to our new shopping experience to satisfy our customers to digital re-internalization era
Features of ion Okayama shop
◎ features of rich trade area
Ion Okayama shop, as a strategic point of the mid-Shikoku area transportation, entrance of Okayama Prefecture, is the cross point of the people, culture and information, from Okayama Station about 300m, enjoys a 4-minute walk. Population home to about 24 million households 550,000 people within a 20-minute car also has been growing steadily. Minami-ku, adjacent to the North District to the hotel's location from the fact that housing development is expected to increase the population in the future in progress, is very high potential store among comprehensive business category of the station location type of ion.

Also, shop around 20 to 30s compared to the national average, even higher proportion of residents from 0 to 19 years, we have concentrated on government agencies and companies. Nationally famous and apparel brand also produced many, it is the area is high needs of customers with a commitment to your own lifestyle sensitive to business people and trends.

◎ "ion style" ion Okayama shop of typical efforts
Ion Okayama shop, local residents, of course, to those who visit a tourist or business to meet the expectations of various customers "to create the Okayama of the future, the new culture of the place of dispatch," and as much as possible, ion of the latest sales floor - This is the latest of the "ion style" store, bringing together a coherent approach to service and community.


In home fashion, "Urban" "vintage" "casual modern" "is pleased to propose the four styles of Nordic", you can choose furniture and curtains match the customer's life style, lighting, etc.. In addition, "adult study" or will propose also to such as "women of desk work" stationery corner on the theme.


Including Italian food specialty store, a hands-on corner lively to offer you a fresh can be face-to-face format overflows and multiple expansion. Takeaway, of course, also established eat-in corner so that can enjoy in-store with freshly ground coffee on the spot. In addition, organic vegetables and simple convenient cut vegetables, along with the easy menu proposed such as products that can be cooked in cut fruit and range to offer.


As the epicenter of the trend, it has evolved to the "style" beyond the boundaries of traditional age to have fun am fashion floor. New and four styles that ions are proposed, and I will expand clothing, household goods corner.


Suburbs from course Setouchi area, goods that are familiar from fresh produce and old Tore-tate, until the gem of popularity in Okayama, for example, imported wine by feature and ions of wine imported professional trading company with a focus on Okayama home and abroad I will stocks of the commodity rich.


In the beauty and health of the floor, and offer a health additional foods such as sweets and beverages using a rare sugar, in Chinese medicine corner you can set up a free consultation corner. Also, handmade soap and overseas organic cosmetics that were formulated to collect the carefully selected material, also stocks many natural cosmetics.


As "Coto mono-net" the fused Homme two channels of efforts, and will conduct a "touch-Get" service that can be Stock Now a commodity no assortment in the store. Also, including a large multi-vision that has been installed in the main entrance (230 inches), established the over-the-counter-store various places to about 30 units of digital signage, such as cash register and sales floor, from products and events up to regional tourism and services, various by making a call it will propose a new shopping experience the information.
/////

「四国新聞」
競合店に警戒感/イオンモール岡山12月オープン


JR岡山駅前に12月5日、イオンが「西の旗艦店」と位置づける「イオンモール岡山」がオープンする。香川からもJRで簡単にアクセスできるとあって、県内の大型量販店や百貨店はオープン直後の影響に加え、香川県民の買い物先にイオンモール岡山が定着することに警戒感を強め、囲い込みに知恵を絞っている。

 イオンモール岡山は、地上8階、地下2階で、イオンとしては中四国最多という約360店が出店。延べ床面積約25万平方メートルはイオンモール綾川(綾川町萱原)の2・2倍もある。

 県外の大型店だが、香川からのアクセスは良く、JRの快速マリンライナーなら高松駅から1時間以内。坂出駅からならさらに短く、宇多津町の主婦(35)は「移動時間は車で高松へ行くのとほぼ同じ。県内に新しい店舗ができたような感覚」と目を輝かせる。

 岡山県のJR倉敷駅北側に2011年12月、三井アウトレットパーク倉敷がオープンした際も、県内から多くの買い物客が訪れた。高松三越(高松市内町)では、同年12月の売り上げが前年と比べ5%近く低下。ゆめタウン高松(同市三条町)は同時期にゆめタウン徳島(徳島県藍住町)がオープンしたこともあり、売上高の前年割れを経験した。

 しかも今回は列車の乗り継ぎが不要で倉敷よりアクセスがいい上、景気回復で11年当時より消費が活発になっている。「高松駅からのアクセスがいいという点では影響は大きい」とは高松三越。ゆめタウン高松も「中四国初出店が多く、影響は短期的とは言い切れない」と警戒を強める。

 イオンモール岡山の影響について、百十四経済研究所は「県内にない品ぞろえや多彩なイベントに県民が魅力を感じれば、買い物先の新たな選択肢に加わる可能性はある」と指摘。イオンは、イオンモール綾川店と高松店(高松市香西本町)も「影響は避けられない」としながら「岡山の良さを感じてもらうことで、普段は県内の2店舗、特別な日には岡山と使い分けてもらえれば」とする。

 県内各店は、イオンモール岡山の影響を最小限に抑えるため、顧客の囲い込みに力を入れる計画だ。ゆめタウン高松は、12月にカードポイントの5倍デーの期間を例年より伸ばすことなどを検討。高松三越は「接客など百貨店ならではの強みを打ち出し、差別化を図りたい」としている。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:10| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

シーガルズ、デンソー下す   / ファジ J1昇格プレーオフ逃す

シーガルズ、デンソー下す   / ファジ J1昇格プレーオフ逃す

シーガルズ、デンソー下す
/////
Seagulls, I make DENSO

Volleyball V · Premier League is the 15th, Tokyo Metropolitan Gymnasium men and women kicked off at the same time such as, Okayama Seagulls last season's second place in the women's is dismissed DENSO to fight in the Premier League in two seasons the first time at 3-0, gave the three points.
Seagulls but was strong game was Seria~tsu until the end none of the set. In particular, the third set is reversed from 20-23. Sasaki was starting at left, attack of light superficial discomforts that changed the flow is flashed at strategic points in the middle played.
3 is aiming for consecutive Hisamitsu, Japan captain of Kimura Sha is defeated 3-2 Toure after returning from Turkey league two points. Although the fourth set was held a match point, and turned upside down in such swipe of Ishii, the final set was also robbed in reverse from 11-13.
Men's Toyoda Gosei wins in the previous champion Panasonic, Toray was defeated Sakai.
In place of the traditional final round semifinals were contested in the regular round, season up to 6 out of 8 teams advance to the playoffs. Points system is also introduced, winning 3-0 and 3-1 is 3,3-2 2. 2? 3 of losing negative 1 1-3 0-3 0. Okayama Seagulls 3-0 Denso 26-24 25-21 25-23
[Evaluation] stability of the offense and defense of Okayama Seagulls exceeded. Maruyama, when brought to the rally with a high defensive power of Urabe et al., Setter Miyashita was pulled out colorful attack. First set swipe of love Kawabata from 24-24, taken in haste of Kawashima. When the second set take Abunagenaku, third set show Sasaki et al game strength from 20-23, reversed in five consecutive scoring. Swipe of AsaTsu who played the middle in each set also I heard.
DENSO is pulled is Mia you have 25 points, conceded by miss up to 17, linking also a disturbance tend to, you did not get on the flow.
/////
シーガルズ、デンソー下す

バレーボールV・プレミアリーグは15日、東京体育館などで男女同時に開幕し、女子で昨季2位の岡山シーガルズは2季ぶりにプレミアリーグで戦うデンソーを3-0で退け、勝ち点3を挙げた。
 シーガルズはいずれのセットも終盤まで競り合ったが勝負強かった。特に第3セットは20-23から逆転。レフトで先発した佐々木、途中出場で流れを変えたライト浅津らの攻撃が要所で光った。
 3連覇を狙う久光製薬は、日本代表主将の木村沙がトルコリーグから復帰した東レを3-2で下して勝ち点2。第4セットはマッチポイントを握られたが、石井の強打などでひっくり返し、最終セットも11-13から逆転で奪った。
 男子は豊田合成が前回覇者のパナソニックに勝ち、東レは堺を下した。
 レギュラーラウンドの4強が争った従来の決勝ラウンドに代わり、今季は8チームのうち6位までがプレーオフに進む。勝ち点制も導入され、3-0と3-1の勝利は3、3-2が2となる。2?3の負けは1で1-3と0-3の負けは0。岡山シーガルズ3-0デンソー26-24 25-21 25-23
 【評】岡山シーガルズの攻守の安定感が上回った。丸山、卜部らの高い守備力でラリーに持ち込むと、セッター宮下が多彩な攻撃を引き出した。第1セットは24-24から川畑愛の強打、川島の速攻で奪取。第2セットを危なげなく取ると、第3セットは20-23から佐々木らが勝負強さを見せ、5連続得点で逆転。各セットで途中出場した浅津の強打も効いた。
 デンソーは25得点したミアが引っ張ったが、ミスによる失点は17に上り、連係も乱れがちで、流れに乗れなかった。
/////
ファジ J1昇格プレーオフ逃す
/////
I miss fuzzy J1 promotion playoff

Fajiano Okayama 15 days soccer J2, it faces the season home finale at Kanko Stadium in Okayama City, drew in Kumamoto and 1? 1. Order to retreat to the 10th, the final race and leaving 3-6 place in the contest J1 promotion playoffs possibilities disappear. Promotion of next season had.
Fajiano to repel the inferior, but FW Oshitani from long throw of FW Katayama in the second half 23 minutes scored the first point, I drew the equalizer in the set play just before the end.
After the game, there is a ceremony in which many supporters watch, and "it is faces with something that was not enough, next season will show the reborn figure" Masanaga Kageyama director et al swore and growth. Players, thanks to the staff and around the stadium cheering. Warm applause was sent from supporters.
/////
ファジ J1昇格プレーオフ逃す

サッカーJ2のファジアーノ岡山は15日、岡山市のカンコースタジアムで今季ホーム最終戦に臨み、熊本と1?1で引き分けた。順位は10位へと後退し、最終戦を残して3~6位で争うJ1昇格プレーオフ進出の可能性が消滅。来季の昇格はならなかった。
 ファジアーノは劣勢をはね返し、後半23分にFW片山のロングスローからFW押谷が先制点を挙げたが、終了間際にセットプレーで同点弾を浴びた。
 試合後、多くのサポーターが見守る中でセレモニーがあり、影山雅永監督らが「足りなかった何かと向き合い、来季は生まれ変わった姿を見せる」と成長を誓った。選手、スタッフが場内を一周し応援に感謝。サポーターからは温かい拍手が送られた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | シーガルズ、デンソー下す   / ファジ J1昇格プレーオフ逃す | 更新情報をチェックする

福原遥、岡山県は「気持ちいい~って感じ」

福原遥、岡山県は「気持ちいい~って感じ」

Haruka Fukuhara, Okayama Prefecture "pleasant feeling ~"
Talent of Haruka Fukuhara (16) is the 15th, I attended the Tokyo metropolitan area PR events of took place in Tokyo "city of Okayama Momotaro".

PR movie "also hospitality declaration THE MOVIE" I visited the Okayama Prefecture in the shooting.
Recalls the "air also to it was fresh and felt good, towards the town also became very tender and fun shooting." So was looking forward to explore the shopping mall, "a lot of nature, slowly, in the flow of chillin and it was time," feels good ~! "It was really good in feeling," he smiled and.

When asked the Okayama specialty "It is a peach" smile. "Fruit and a love, I'd thought that it" Na want to eat "when I went to Okayama, and I did not eat, I want to go to Okayama to eat the fruit," he eyes shining.
/////
福原遥、岡山県は「気持ちいい~って感じ」
タレントの福原遥(16)が15日、都内で行われた「桃太郎のまち岡山」の首都圏PRイベントに出席した。

 PRムービー「ももてなし宣言THE MOVIE」の撮影で岡山県を訪れた。
 「空気も新鮮で気持ちよかったですし、街の方もすごく優しくて楽しい撮影になりました」と回想。商店街の散策も楽しみだったそうで、「自然がいっぱいで、ゆっくり、まったりとした時間の流れで、『気持ちいい~!』って感じで本当によかったです」と笑顔を見せた。

 岡山の特産物を聞かれると「桃ですね」とにっこり。「フルーツが大好きで、岡山に行った時に『食べたいなー』と思っていたんですけど、食べられなかったので、フルーツを食べに岡山に行きたいです」と目を輝かせた。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 福原遥、岡山県は「気持ちいい~って感じ」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。