2014年11月21日

岡山県で「ご当地グルメフェスティバル」開催 - 肉料理29分食べ放題も

岡山県で「ご当地グルメフェスティバル」開催 - 肉料理29分食べ放題も
////
Okayama Prefecture "Gotochi Gourmet Festival" is held - also meat dishes 29-minute all-you-can-eat


In Okayama Prefecture Tsuyama Tsuyama Castle (Kakuzan park), you can enjoy the your local gourmet Tsuyama "autumn of Tsuyama Castle! 2014 Gotochi Gourmet Festival (http://pocketbusiness.jp/mypage/?=6&v=1844&p=0&type= 0 & mc =) "will be held. Dates are November 22 to 23, until 9:30 to 15:30.

○ Tsuyama hormone udon and ramen Kagamino also

In the same event, beautiful fall foliage to enjoy autumn of Tsuyama Castle (Kakuzan park) in Tsuyama of various Gotochi gourmet taste to things. Cow hormone and udon involving "Tsuyama Hormone Udon", easily taste of ramen "Kagamino ramen" of salt soup, wild yam with plenty "Yamakake Udon", addition of such a condensed taste of cow "Tsuyama Zeng shear pot", booth that can be enjoyed by all-you-can-eat variety of meat dishes for 29 minutes is also opened.

In addition, a collection of Tsuyama specialties "Tsuyama local products Festival" also held at the same time. JA Katsuhide-Saku-shu black Promotion Committee of "cattle skewers, black people tea, black bean flour ice" or, "gelato" cherry Daigo, is Niino Yamagata life Exchange Group to exhibit "YokoSen rice with red beans, Ohagi-Tuna miso", such as "wild boar pot" or "grilled meat of wild boar and deer meat" of Makio shops, Desorou is diverse product.

Furthermore, in addition to know 10:30 "Tsuyama Castle exploring tour" is performed, and established the "Chibikko Square" throughout the period. Twice o'clock 11:00 to 12:00, 13 of November 23 to 14 in the stage, "Mario Music Live" will be held.
////
岡山県で「ご当地グルメフェスティバル」開催 - 肉料理29分食べ放題も


岡山県津山市の津山城(鶴山公園)で、津山のご当地グルメを味わえる「秋の津山城!2014ご当地グルメフェスティバル( http://pocketbusiness.jp/mypage/?=6&v=1844&p=0&type=0&mc= )」が開催される。開催日時は11月22日~23日、9時30分~15時30分まで。

○津山ホルモンうどんや鏡野ラーメンも

同イベントでは、美しい紅葉が楽しめる秋の津山城(鶴山公園)で津山市の各種ご当地グルメが味わえるもの。牛ホルモンとうどんが絡む「津山ホルモンうどん」、塩スープのあっさり味のラーメン「鏡野ラーメン」、自然薯がたっぷり入った「山かけうどん」、牛の旨味を凝縮した「津山そずり鍋」などのほか、さまざまな肉料理を29分間食べ放題で楽しめるブースも出店される。

また、津山市の特産品を集めた「つやま地域産品まつり」も同時開催。JA勝英・作州黒推進委員会の「牛串焼・黒々茶・黒豆きなこアイス」や、醍醐桜の「ジェラート」、新野山形生活交流グループが出品する「横仙おこわ・おはぎ・てっか味噌」、牧尾商店の「イノシシ鍋」や「イノシシと鹿肉の焼肉」など、多彩な商品が出揃う。

さらに、10時30分から「津山城探訪ツアー」が行われるほか、期間を通じて「ちびっこ広場」を設置。ステージでは11月23の11時~12時・13時~14時の2回、「マリオのミュージックライブ」も開催される。
////

横溝正史の恩人に光 倉敷であすからイベント「巡・金田一耕助の小径」

横溝正史の恩人に光 倉敷であすからイベント「巡・金田一耕助の小径」
/////
"Small diameter of Meg Kosuke Kindaichi" from tomorrow in light Kurashiki to benefactor of Seishi Yokomizo events


Mystery writer to represent Japan, from the 22nd in Kurashiki Mabi district that had been evacuated during Masashi transverse groove (1902-81 years) is war, unfolds event "Meg Kindaichi small diameter of Kosuke" is. Sixth year of this time the original teachers were involved in the birth of a masterpiece such as "Gokumon-to" in the benefactor of transverse grooves, one (Hitoshi) Mr. Kato (1909-95 years) I shed light. Special exhibition that took up the friendship of the masters will be held.

Transverse groove Showa 20-22 years evacuation in Okada village of previous inaugurated Mabi pre-merger and Kurashiki. Because of the extreme motion sickness, not be outing to collect subject of novels, and inflated the imagination from such as "tradition of uneven society" which was heard in Shuseki of the neighborhood residents, and was working on creative activities.

The name detective, Kosuke Kindaichi to debut "honjin murder" is '21, announced during the evacuation. The stage is set and the riverside village of the old post town adjacent (at that time), the depiction of the scourge of the field also remains description reminiscent of the evacuation home.

Gave the most impact on the creative was Kato. Kato has Manabeshima the work experience of Niimi and Kasaoka off the coast with a limestone cave, the story is and gave a big hint to the epic birth of after such as "Village of Eight Gravestones" "Gokumon-to".

Kato was a big reading who has also read the initial lateral grooves work, I believed to have strengthened the sense of intimacy with each other. Place the transverse groove on the bike, even memories that you transfer to the barber of Mura-gai has been introduced in the lateral groove after the death of the memorial Proceedings.

Lateral groove is followed by friendship with Kato after bellflower, in January-October 1970 all 10 volumes of "Seishi Yokomizo Complete Works" (Kodansha) were sent to Mr. Kato. Scrawls had been placed on the inside front cover with each volume. Amihon Yoshimitsu's Kasaoka staff, known as "Kindaichi Mania" (54) "in Kato's opener, I read in multiple memoirs and Kindaichi series did not. I think of the benefits is also evident from the letter addressed to Mr. Kato" I as possible says.

Kurashiki this year's "Meg Kindaichi -" "benefactor of Seishi Yokomizo and evacuation era, Kato, one" special exhibition at (22 days to next year January 25) held at the same evacuation home. Display about 20 points to center the related books (including not for sale), such as the complete works.

Kato's son of the daughter-in-law, Hisae's century (75) has said, "as if to elicit a more untold story from the father-in-law, a little regret. Gift from the transverse groove teacher want to cherish as a family heirloom."

"Meg Kindaichi -" is on the 22nd of the first day held the "1000 people of Kosuke Kindaichi". Fans dressed in character of Kindaichi and works, to march the Mabi district with the aim of the evacuation home. Such as paper recital of works transverse grooves on the 23rd, related events are scheduled during the period.
/////
横溝正史の恩人に光 倉敷であすからイベント「巡・金田一耕助の小径」


日本を代表する推理小説作家、横溝正史(1902~81年)が戦争中に疎開していた倉敷市真備地区で22日から、イベント「巡・金田一耕助の小径」が繰り広げられる。6年目の今回は横溝の恩人で「獄門島」など名作の誕生に関わった元教員、加藤一(ひとし)さん(1909~95年)に光を当てる。巨匠との友情を取り上げた特別展も開催される。

 横溝は昭和20~22年、倉敷市と合併前の真備町が発足以前の岡田村に疎開。極度の乗り物酔いのため、小説の題材集めに遠出することはなく、近所の住人との酒席で聞いた“ムラ社会の因習”などから想像力をふくらませ、創作活動に取り組んでいた。

 名探偵・金田一耕助が初登場する「本陣殺人事件」は21年、疎開中に発表。舞台は隣接する旧宿場町の川辺村(当時)と設定され、惨劇の現場の描写には疎開宅を思わせる記述も残る。

 創作に最も影響を与えたのが加藤さんだった。加藤さんは鍾乳洞のある新見市や笠岡市沖の真鍋島に勤務経験があり、その話が「八つ墓村」「獄門島」などの後の大作の誕生に大きなヒントを与えたとされる。

 大の読書家だった加藤さんは初期の横溝作品も読んでおり、互いに親近感を強めたとみられる。横溝を自転車に乗せ、村外の散髪屋に送迎した思い出も横溝亡き後の追悼文集に紹介されている。

 横溝が帰京後も加藤さんとの親交は続き、昭和45年1~10月には「横溝正史全集」(講談社刊)の全10巻が加藤さんに贈られた。各巻とも表紙裏に直筆のサインが入れられていた。“金田一マニア”として知られる笠岡市職員の網本善光さん(54)は「加藤さん抜きで、金田一シリーズはなかったと複数の手記で読んだ。その恩恵の思いは加藤さん宛の書簡からも明白」と言い切る。

 倉敷市は今年度の「巡・金田一-」(22日~来年1月25日)で特別展「横溝正史と疎開時代の恩人、加藤一」を同疎開宅で開催。同全集など関連書物(非売品含む)を中心に約20点を展示する。

 加藤さんの息子の嫁、紀久恵さん(75)は「義父からもっと秘話を聞き出しておけばと、少し心残り。横溝先生からの贈り物は家宝として大切にしたい」と話している。 

 「巡・金田一-」初日の22日には「1000人の金田一耕助」を開催。ファンが金田一や作品の登場人物に扮し、同疎開宅を目指して真備地区を行進する。23日には横溝作品の論文発表会など、期間中に関連行事が予定されている。
/////

<月の輪古墳>歴史見つめ生き方探る 「真実を」戦後と今、重なる心 岡山映画祭であす2作上映 /岡山

<月の輪古墳>歴史見つめ生き方探る 「真実を」戦後と今、重なる心 岡山映画祭であす2作上映 /岡山

/////
history staring explore way of life "the truth" after the war and now, overlaps mind tomorrow two albums Screening / Okayama in Okayama Film Festival


About 1 Misaki-cho, people participated thousands Iioka of "Tsukinowa tumulus" excavations of documentary film (1954, 29 minutes) from researchers to elementary school with, documentary film 22 days followed the officials this summer, Kita-ku, in it is the first time simultaneous screenings in Okayama Film Festival being held. Ogawa Takao's Film Festival Committee who served as the director of the documentary (61) "excavations, values have changed dramatically after the Second World War, many people have been made to the era that was looking for a way of life. We but you are talking that it might be of even a hint "to think about now.

Tsukinowa mound, fourth century late around the circle mound (diameter of about 60 meters). Clay image (Haniwa) is placed to triple the stone floors slope, found the grave goods such as a plurality of ashes and bronze mirror and sword.

After the Second World War, the old Iioka village residents is "I want to rebuild the wounded village in war. Different from the idea to proceed to war, you want to know the true history of the village," said the researchers at Okayama University consultation the investigation of the ancient tomb. Workers of farmers and nearby Yanahara mine, elementary school students from a wide range of generations of human sympathy beyond the position, and took part in the excavations.

Record movies, or many of the scholars and residents is to discuss the learning meetings, chasing a like figure to the excavation work in Takebera, go wearing the power to grab the "children with their own hands (of history) truth I tied in the words of as is ". Been screened through such schools across the country, that saw more than 500 million people.

This year, Ogawa, who was planning a documentary film, Tsukinowa ancient tomb is in the '53 born that has been excavated, has been involved in such as movies of voluntary screening in the prefecture. I think the "documentary film of the era, which became possible after the war to free expression is, wants to reflect the reason that attracted a large audience", and the concept documentary. Itself served as a director, I began shooting.

Title is "journey that starts from cinema trip movie" Tsukinowa tumulus' "(62 minutes). Other residents of the excavation, was also featured youth group that emigrated to the next-Mimasaka of Misaki-cho, as "one of the new way of life now that half a century from the excavation". Emigrated from Okayama City representative, Fujii Yuya-san (27) also has the experience was singing in residents were called "Tsukinowa choir".

The location in Mimasaka of June this year, and screened the documentary film in the parlor of share house where some of the young people to live together. About 10 people I've taken a figure which tells such impressions. Mr. Fujii et al., "Re-discover the history of the region in the excavation, probably was looking for its own way of life," he said, such as. Ogawa "can not be the same approach as the excavation at the time, those that overlap with the mind that at that time people were cherished, and the in or not has led to new dreams Mimasaka of young people challenge" feels.

Screenings from 22:00 3:00 pm, Okayama City Museum (Motomachi Kita Ward Station). The day of admission is 1300 yen. 60 years of age or older 1000 yen, university and vocational school student 800 yen, 500 yen teenagers, such as elementary school or less free. Inquiry movie-related goods store "adventure of the movie" (086, 252, 7606).
/////
<月の輪古墳>歴史見つめ生き方探る 「真実を」戦後と今、重なる心 岡山映画祭であす2作上映 /岡山


研究者から小学生まで約1万人が参加した美咲町飯岡の「月の輪古墳」発掘調査の記録映画(1954年、29分)と、今夏に関係者らを追ったドキュメンタリー映画が22日、北区で開催中の岡山映画祭で初めて同時上映される。ドキュメンタリーの監督を務めた映画祭実行委の小川孝雄さん(61)は「発掘は、第二次世界大戦後に価値観が一変し、多くの人が生き方を探した時代に行われた。私たちが今を考えるヒントにもなるのではないか」と話している。

 月の輪古墳は、四世紀後期ごろの円墳(直径約60メートル)。石敷き斜面には埴輪(はにわ)が三重に置かれ、複数の遺骨と銅鏡や剣などの副葬品が見つかった。

 第二次世界大戦後、旧飯岡村の住民らが「戦争で傷ついた村を立て直したい。戦争に進む考え方とは違った、村の本当の歴史を知りたい」と岡山大の研究者らに古墳の調査を相談。農民や近くの柵原鉱山の労働者、小学生ら幅広い世代の人が立場を超えて共感し、発掘調査に参加した。

 記録映画は、大勢の学者や住民らが学習会で討論したり、竹べらで発掘作業をする姿などを追い、「子どもも自分の手で(歴史の)真実をつかみ取る力を身につけていくのです」との言葉で結ばれる。全国の学校などを通じ上映され、500万人以上が見たという。

 今年、ドキュメンタリー映画を企画した小川さんは、月の輪古墳が発掘された53年生まれで、県内で映画の自主上映などに関わってきた。「戦後に自由な表現が可能になった時代の記録映画が、大勢の観客を引きつけた理由を見つめ直したい」と思い、ドキュメンタリーを構想。自身が監督を務め、撮影を始めた。

 題名は「シネマトリップ・映画『月の輪古墳』から始まる旅」(62分)。発掘をした住民のほか、「発掘から半世紀を経た今の新しい生き方の一つ」として美咲町の隣・美作市に移住した若者グループも取り上げた。岡山市から移住した代表、藤井裕也さん(27)は、住民らが呼びかけた「月の輪合唱団」で歌った経験も持つ。

 今年6月の美作市でのロケでは、若者の一部が共同生活するシェアハウスの座敷で記録映画を上映。約10人が感想などを語る姿を撮影した。藤井さんらは「発掘で地域の歴史を再発見し、自身の生き方を探したのだろう」などと話した。小川さんは「発掘当時と同じ取り組みはできないが、当時の人々が大事にした心と重なるものは、美作市の若者たちが挑む新しい夢につながっているのではないか」と感じている。

 上映は22日午後3時から、岡山シティミュージアム(北区駅元町)。当日入場料は1300円。60歳以上1000円、大学・専門学校生800円、中高生500円、小学生以下無料など。問い合わせは映画関連グッズ店「映画の冒険」(086・252・7606)。
/////

岡山城に現代アート=岡山市 /イオン駐車場 開業時は料金高め

岡山城に現代アート=岡山市  /イオン駐車場 開業時は料金高め

道路の交通渋滞ほど「迷惑な話」はない!

「イオン駐車場 開業時は料金高め」では、なく「イオン駐車場 開業時は料金かなり高く」がいい!
新しい感覚の「イオンモール岡山」であって欲しい。
(回遊性・自転車を推進している岡山市(岡山県)だけに未来に向けて、人にやさしい「心も晴れの国」になりたい。 岡山駅中心部に車が集中し、渋滞するのは、好ましいことではない。 周辺までマイカーで、公共的な乗り物にのるという「世界基準の都市」に挑戦して欲しい。渋滞しては「晴れの国 岡山」になれない! 晴れの街、晴れの「イオンモール岡山」になれない! ぜひ、検討して欲しい!)

できれば、
(イオンモール 店舗内の 駐車場 )
開業1週間目は、・・・・・・・・1時間 1万円
開業2週間目から3週間は・・・・1時間 5千円
開業3週間目から4週間は・・・・1時間 3千円
開業2か月目からは・・・・・・・1時間 千円

という具合の「メッセージ性」を出したほうがよい。(世間状況を見て、「値段は徐々」に下げる という風にして欲しい。 おそらく、「宣伝効果(全国ニュースにもなるだろう! ワイドショーも取り上げるだろう! 批判もあるかもしれないが・・・! )」もあるだろう! 値段を下げるのは、どのタイミグでもできるはず・・・。)その分、公共交通利用の増加を増やしたい。

とはいえ、現実は
(イオンモール 店舗内の 駐車場 )
開業1週間目は、・・・・・・・・1時間 2千円
開業2週間目から3週間は・・・・1時間 1千円
開業3週間目から4週間は・・・・1時間 500円
開業2か月目からは・・・・・・・1時間 300円
かな?
道路の交通渋滞ほど「迷惑な話」はない!  (これだけ、渋滞が予想されているのであれば・・・)
イオン.jpg

岡山城に現代アート=岡山市
////
Modern Art = Okayama City in Okayama Castle

Exhibition to showcase contemporary art in the center city of Okayama City "IMAGINEERING (Imagineering)" is being held until December 25. Ping pong table that has been exhibited before the castle tower of Okayama Castle in the mirror tailoring, while the sight of the castle tower that reflected on ping-pong table, it's work that you can play the actual table tennis.
Exhibition, the exhibition city of apparel manufacturers, the 20 points, including the country's first exhibition from "Ishikawa Collection" to holdings Ishikawa Yasuharu Mr. Cross Company President. JR and along the road leading from Okayama Station to Okayama Castle, so that it is possible to watch for free at schools of the site in the peripheral Doshiro.
"IMAGINEERING" will, imagination and (imagination) in the coined word that combines engineering the (engineering), "and making full use of imagination, to realize a better future" that the message has been put that.
One of the exhibition, the social experiment by Okayama, which aims to migratory improvement of the central city area. The December 5, at JR Okayama Station "Aeon Mall Okayama" is open plan, Omori Masao mayor has said, "to encourage the migration, I want to connect to the activation of the entire central city area".
////

岡山城に現代アート=岡山市

岡山市の中心市街地に現代アートを展示する作品展「IMAGINEERING(イマジニアリング)」が12月25日まで開催されている。岡山城の天守閣前に展示された卓球台は鏡面仕立てで、卓球台に映り込む天守閣の姿を見ながら、実際に卓球をプレーすることができる作品だ。
 作品展は、同市のアパレルメーカー、クロスカンパニー社長の石川康晴氏が所蔵する「石川コレクション」から国内初展示作品を含む20点を展示。JR岡山駅から岡山城に続く道沿いや、同城周辺にある学校の跡地などで無料で鑑賞することができる。
 「IMAGINEERING」は、imagination(想像力)とengineering(工学)を組み合わせた造語で、「想像力を駆使し、よりよい未来を具現化する」というメッセージが込められているという。
 作品展は、中心市街地の回遊性向上を目指す岡山市による社会実験の一つ。12月5日には、JR岡山駅前に「イオンモール岡山」が開店予定で、大森雅夫市長は「回遊を促し、中心市街地全体の活性化につなげていきたい」と話している。
岡山 後楽園.jpg
/////
イオン駐車場 開業時は料金高め

岡山市の大森雅夫市長は20日の記者会見で、イオンモール岡山が渋滞対策として「開業時は店舗の駐車場料金を通常より高めに設定すると聞いている」と述べた。
 市によると、同モール敷地にある駐車場2500台分が対象。高額の料金設定にすることで来店客の公共交通機関利用を促したり、マイカー利用者をJR北長瀬駅前などに設けられる臨時駐車場に誘導したりする。
 ただ、具体的な料金設定について市側は「正確な数字を承知していない」(市長)。同モールを運営するイオンモール(千葉市)は「高めに料金設定する方針は決めたが、具体額、期間は検討中」としている。
 市長は「渋滞が起きれば路線バスの遅れや緊急車両への悪影響が懸念される。来店の際は公共交通機関を利用してほしい」とあらためて訴えた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 08:00| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。