2014年11月24日

<2014衆院選>各党陣営慌ただしく 遊説や集い、事実上の選挙戦へ /岡山

<2014衆院選>の記事など
岡山 選挙
Powered by RSSリスティング


NHK 解説委員
Powered by RSSリスティング


NHK 「岡山ニュース もぎたて!」、「ひるまえ もぎたて!」
Powered by RSSリスティング


NHKニュース 政治
Powered by RSSリスティング


産経新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

読売新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

政治 - 朝日新聞デジタル
Powered by RSSリスティング

毎日新聞 - ニュース速報(総合)
Powered by RSSリスティング


毎日新聞 選挙
Powered by RSSリスティング


政治:速報 東京新聞
Powered by RSSリスティング


日本経済新聞 - Google News
Powered by RSSリスティング


岡山の1区と5区の選挙は、選択が少ないのが残念!(人によっては、実質、選択肢ない と! 誰か出馬して欲しいとの声も聞かれた!)


せめて、全国の動きをチェックし、選挙には行こう!

/////
<2014衆院選>各党陣営慌ただしく 遊説や集い、事実上の選挙戦へ /岡山

衆院解散から一夜明けた22日、県内小選挙区で公認候補を擁立する各政党は、事実上の選挙戦をスタートさせた。前職の立候補予定者は東京から地元に戻って選挙対策会議や集会に出席したり、新人の立候補予定者は街頭で政策を訴えた。

 ■自民

 自民党県連は、中区のホテルで衆院選と来春の統一地方選とを合わせた「選挙対策委員会合同会議」を開催。立候補予定者は「アベノミクスによるデフレ脱却、良い景気循環に水を差してはならない。まだ地方に効果がないと聞くが、景気回復を感じられるよう、国民の信頼を得るのが今回の選挙だ」と「大義」を語った。また「全小選挙区での勝利を目指し、良い流れを春の県議・市議選につなげたい」と呼び掛けた。

 ■民主

 民主党県連は、業界団体から政策の要望や意見を聞く「ヒアリング」を北区で開いた。県内企業労組の定期大会に出席した立候補予定者は「アベノミクスの恩恵を受けない地方に光を当てる」とアピール。支援者からは「働く者の声を政治に反映させて」と期待の声が寄せられた。今回、公認候補擁立は2区と4区のみだが、積極的に地域のイベントなどに顔を出し、有権者に「国民目線の政治に変える」と訴えた。

 ■次世代

 次世代の党は、広島市西区の区民文化センターで「中国ブロック結党報告会」を開き、支援者ら約500人が集まった。新党発足後、初の衆院選。平沼赳夫党首が「大義名分なき解散総選挙だ。『自立』『新保守』『次世代』の三つを基本理念として国づくりを進める。今日が事実上の皮切りになる。みなさんの力強い応援を心からお願いします」とあいさつすると、会場から拍手が起こった。

 ■共産

 全5選挙区で新人を擁立する共産党は「急な解散総選挙で時間がない。直接、有権者に訴えた方がいい」と街頭演説に繰り出した。有権者の多い岡山、倉敷両市をはじめ、県北の農村部なども街宣車で巡回。消費増税の中止やTPP反対、反原発などを掲げ「安倍政権の暴走を止める」と訴えた。立候補予定者は来月14日の投開票に向けて、「地方の声を形にできるよう、広い選挙区をくまなく回りたい」と意気込んだ。

………………………………………………………………………………………………………

 県内小選挙区の立候補予定者

 ◇1区

逢沢一郎 60 [元]党国対委長(9)自 前

向谷千鳥 56 党地区役員 共 新

 ◇2区

山下貴司 49 弁護士 (1)自 前

津村啓介 43 [元]内閣政務官(4)民 前

井上素子 67 党地区役員 共 新

 ◇3区

阿部俊子 55 副農相 (3)自 前

平沼赳夫 75 党首 (11)次 前

古松国昭 69 党県委員 共 新

 ◇4区

橋本岳 40 厚労政務官 (2)自 前

柚木道義 42 党県代表 (3)民 前

垣内雄一 50 党県常任委員 共 新

 ◇5区

加藤勝信 59 官房副長官 (4)自 前

美見芳明 57 党県委員 共 新

<一覧の見方>左から順に、氏名、年齢、職業・肩書、当選回数、政党名、前職・元職・新人の区別
////
FNN 政治
Powered by RSSリスティング



日テレNEWS24
Powered by RSSリスティング



TBS News-i
Powered by RSSリスティング


ANNニュース 最新ニュース

Powered by RSSリスティング


テレビ東京 - Google News
Powered by RSSリスティング


ワールドビジネスサテライト - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
楽天Social News(ソーシャルニュース)
Powered by RSSリスティング


////

シーガルズ、6季ぶり開幕3連勝  / ファジ、今季は過去最高タイ8位

シーガルズ、6季ぶり開幕3連勝 /ファジ、今季は過去最高タイ8位
////
Seagulls, 6 seasons the first time in the opening three-game winning streak

Volleyball V · Premier League is the 23rd, there are men and women each four games, Okayama Seagulls last season second place in the women's fought a home game at Momotaro Arena in Okayama City defeated the same 6th Hitachi 3-0, 2008 since -09 season 6 seasons the first time to become first three-game winning streak. In all straight victory, was standing on the sole leader stretched the points in only 9.
Seagulls are suffering in haste of Hitachi Paolini (USA), became a deployment that follow the four points in the first set early, to catch up to the end, reversed in Sasaki, of love Kawabata attack such as from 23-24. When you pre-emption at 26-24, it was not ceded the initiative to protect then also persistently.
The previous winner that was reversed win 3-1 in DENSO Hisamitsu, was with NEC together three races unbeaten who rejected the Toyota Auto Body 3-2, the first time in 8.3 seasons winning total points because there is a full set game the aim Toray hammered in the first elevated Ageo Medics, points 1 still no win. Okayama Seagulls 3-0 Hitachi 26-2425-2225-20
[Evaluation] Okayama Seagulls, it took in the reverse of the first set of inferiority, was fueled. Baked the hand to the other block, a place that lacks the decision force was attacked haste of Paolini to the axis. Yamaguchi of blocks determined by 13-16 turning point. And kill the back attack of Kurihara in one and gradually to catch up. From 18-18 Sasaki, love Kawabata was robbed at the end of censoring juice at strategic points. Subsequent two sets Miyashita is scattered toss, did not allow the lead once.
Hitachi Paolini but has 17 points in 58, 6% of the decision rate attack, power side of the offense has been gradually reduced.
//

Fuzzy, this season highs Thailand 8th

J2 final section (23 day, Toyama Athletic Stadium addition = 11 games) Fajiano Okayama defeated Toyama on away 3-0, I have finished the season at position record of 8 lined up in 2012. Total 15 wins 16 draws and 11 losses (61 points).
Third place Chiba, 4th Iwata, Yamagata I decided J1 promotion playoff (PO) advance to compete for one frame sixth. 5 Kitakyushu there is no qualification for not holding the J1 license. Iwata 30 days - is performed Yamagata (Yamaha Stadium), to play against in the final of the winner December 7 (Ajinomoto Stadium) Chiba.
Chiba defeated Sanuki, Iwata drew and Sapporo. Yamagata was defeated in Tokyo V. There is a possibility of PO advance Oita seventh place by losing to Shonan you have decided to promote the victory J1. Shonan stretched the point wins to 101. Okayama 3-0 Toyama first half 1-0 second half 2-0 Okayama 15 wins 16 draws and 11 losses (61) Toyama five wins 8 draws and 29 losses (23)
[Evaluation] Fajiano Okayama is regained strength and dynamism to the offense and defense, was complete victory. First half 11 minutes, pre-emptive shot of allies from CK touch with FW Oshitani chest. FW Shimizu in the second half of 4 minutes, MF Mimura has Tsukihanashi robbing an additional point to the same 40 minutes. Defense is also not given a chance that exploited and stretched the body to the other, was outstanding also good save GK Nakabayashi.
Toyama monotonic attack, fell gradually also momentum.
////
シーガルズ、6季ぶり開幕3連勝

バレーボールのV・プレミアリーグは23日、男女各4試合があり、岡山市の桃太郎アリーナでホームゲームを戦った女子で昨季2位の岡山シーガルズは同6位日立を3—0で下し、2008—09年シーズン以来6季ぶりとなる開幕3連勝。全てストレート勝ちで、勝ち点を唯一9に伸ばし単独首位に立った。
 シーガルズは、日立のパオリーニ(米国)の速攻に苦しみ、第1セット序盤で4点を追う展開となったが、終盤に追い付き、23—24から佐々木、川畑愛のアタックなどで逆転。26—24で先取すると、その後もしぶとく守って主導権を譲らなかった。
 デンソーに3—1で逆転勝ちした前回覇者の久光製薬、トヨタ車体を3—2で退けたNECともに3戦無敗としたが、フルセットゲームがあるため通算勝ち点は8。3季ぶり優勝を目指す東レは初昇格した上尾メディックスに完敗し、いまだ勝ち星なしの勝ち点1。岡山シーガルズ3—0日立26—2425—2225—20
 【評】岡山シーガルズは、劣勢の第1セットを逆転で奪い、勢いづいた。相手ブロックに手を焼き、決定力を欠いたところをパオリーニの速攻を軸に攻められた。転機は13—16で決めた山口のブロック。栗原のバックアタックを1枚で仕留めるとじわじわ追い上げる。18—18からは佐々木、川畑愛が要所で打ち切りジュースの末に奪った。続く2セットは宮下がトスを散らし、1度もリードを許さなかった。
 日立はパオリーニがアタックで58・6%の決定率で17得点したが、サイドの攻撃陣の威力が徐々に低下した。
//

ファジ、今季は過去最高タイ8位

J2最終節(23日・富山県総合運動公園陸上競技場ほか=11試合)ファジアーノ岡山はアウェーで富山を3—0で下し、2012年に並ぶ過去最高の8位で今季を終えた。通算15勝16分け11敗(勝ち点61)。
 3位千葉、4位磐田、6位山形が1枠を争うJ1昇格プレーオフ(PO)進出を決めた。5位北九州はJ1ライセンスを保持していないため出場資格がない。30日に磐田—山形(ヤマハスタジアム)を行い、勝者が12月7日の決勝(味の素スタジアム)で千葉と対戦する。
 千葉は讃岐を下し、磐田は札幌と引き分けた。山形は東京Vに敗れた。PO進出の可能性があった大分はJ1昇格と優勝を決めている湘南に敗れて7位。湘南は勝ち点を101に伸ばした。岡山3-0富山前半1-0後半2-0岡山15勝16分け11敗(61)富山5勝8分け29敗(23)
 【評】ファジアーノ岡山は攻守に力強さと躍動感を取り戻し、完勝した。前半11分、CKから味方のシュートをFW押谷が胸で触って先制。後半4分にFW清水、同40分にMF三村が追加点を奪って突き放した。守備陣も体を張って相手に付け入る隙を与えず、GK中林の好セーブも際立った。
 富山は攻撃が単調で、徐々に運動量も落ちた。
////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。