2014年11月25日

<2014衆院選>解散後初サンデー 立候補予定者ら、政策訴え選挙区奔走 /岡山

<2014衆院選>解散後初サンデー 立候補予定者ら、政策訴え選挙区奔走 /岡山

NHK 時論公論 「安倍首相解散表明 大義は何か」

岡山 選挙
Powered by RSSリスティング


//////
<2014 election> disbanded after the first Sunday candidacy will have, policy sued constituency efforts / Okayama


House of Representatives the 23rd it became the first Sunday after the dissolution, candidacy plan who visited prefecture of festivals and events, such as near market and shopping area, complained of such policies to voters.

◇ 1 district

Liberal Democratic former of Aizawa Ichiro was office opening in North Ward Okuda 1. "When the ion Mall Okayama to practice, may not be canvassed by car congestion. It became so net election ban, you want to take advantage of IT," he said. Mukuya plover's communist newcomer, street speech in front, Minami-ku, commercial facilities. "Yesterday in Japan. Earthquake that big earthquake was in Nagano is large, this remains Do not allow the movement of the primary re-operation," he said.

◇ 2 wards

"Oysters (oysters) Festival" and such "Bizen large city of Fukuoka" (both Setouchi City), 2 arrondissement is opened many events. Of Higashi-ku AnHitoshi (brother) to the "harvest Thanksgiving" the shrine, the Liberal Democratic Party of former Yamashita Takashi and Democratic former of Keisuke Tsumura Mr. attendance. Mr. Yamashita "We are biting the gratitude with which able to work as legislators," Tsumura Mr. greeted as "now also want a good job with you." Element Inoue of communist newcomer is to stump speech in Tamano city, claimed the "Abe administration of blocking".

◇ 3 wards

Liberal Democratic former of Toshiko Mr. Abe, events and in Tsuyama, greetings in Misaki-cho, industry Festival "Poppo Festival". Takeo Mr. Hiranuma of next-generation former also went to focus the Aisatsumawari of supporters. After participating in the rally in Kuniaki Mr. Tsuyama Komatsu communist newcomer, the same city and Tour of at Sound truck, was called as such as "protect the Article 9".

◇ 4 wards

Yuzuki morality's Liberal Democratic former Takeshi Hashimoto and Democratic former is, attendance aligned to Kojima Budokan new construction Memorial Judo Tournament of Kurashiki. Opening ceremony to children and parents from the judo in the "continuation will power", and "myself Katsu (or) sugar", I was respectively encouragement. Kakiuchi Yuichi's communist rookie Open the uprising rally, "not allow the 10% consumption tax rate, large companies, the burden of fair share to the wealthy," I spoke with such.

◇ 5 wards

Liberal Democratic former of Katsunobu Katō-Deputy Chief Cabinet Secretary, after leaving the caucus of sponsored meeting held in Soja, to attend court event, was starting to Tokyo in the afternoon. Bimi Yoshiaki Mr. communist rookie Takahashi, and around the cities of Ihara, sued, such as "consumption tax increase opposition" and "primary re-running stop" in such soapbox.
//////
NHKニュース 政治
Powered by RSSリスティング


産経新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

読売新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

政治 - 朝日新聞デジタル
Powered by RSSリスティング

毎日新聞 - ニュース速報(総合)
Powered by RSSリスティング


毎日新聞 選挙
Powered by RSSリスティング


政治:速報 東京新聞
Powered by RSSリスティング


日本経済新聞 - Google News
Powered by RSSリスティング


//////
<2014衆院選>解散後初サンデー 立候補予定者ら、政策訴え選挙区奔走 /岡山


衆院解散後の初めての日曜となった23日、立候補予定者は県内各地の祭りやイベント、商業施設周辺などを訪れ、有権者に政策などを訴えた。

 ◇1区

 自民前職の逢沢一郎氏は北区奥田1で事務所開きを行った。「イオンモール岡山が開業すると、車の混雑で遊説ができないかもしれない。ネット選挙解禁になったので、ITを活用したい」と話した。共産新人の向谷千鳥氏は、南区の商業施設前で街頭演説。「昨日は長野で大きな地震があった。地震が多い日本で、このまま原発再稼働の動きを許してはいけない」と述べた。

 ◇2区

 「牡蠣(かき)まつり」や「備前福岡の大市」(いずれも瀬戸内市)など、多くのイベントが開かれた2区。東区の安仁(あに)神社の「収穫感謝祭」には、自民前職の山下貴司氏と民主前職の津村啓介氏が出席。山下氏は「議員として働けるありがたさをかみしめている」、津村氏は「これからも皆さんと一緒にいい仕事をしたい」とあいさつした。共産新人の井上素子氏は、玉野市内で街頭演説し、「安倍政権の阻止」を主張した。

 ◇3区

 自民前職の阿部俊子氏は、津山市でのイベントや、美咲町産業祭「ぽっぽまつり」であいさつ。次世代前職の平沼赳夫氏も支援者のあいさつ回りを重点的に行った。共産新人の古松国昭氏は津山市での集会に参加後、同市内を街宣車で巡り、「憲法9条を守る」などと呼びかけた。

 ◇4区

 自民前職の橋本岳氏と民主前職の柚木道義氏は、倉敷市の児島武道館新築記念柔道大会にそろって出席。開会式で柔道着の子供や保護者らに「継続は力になる」、「自分に克(か)とう」と、それぞれ激励した。共産新人の垣内雄一氏は決起集会を開き、「消費税率10%を許さず、大企業、富裕層に応分の負担を」などと話した。

 ◇5区

 自民前職の加藤勝信・官房副長官は、総社市で開かれた後援会の幹部会に出た後、宮中行事出席のため、午後に東京へ出発した。共産新人の美見芳明氏は高梁、井原の両市を回り、街頭演説などで「消費増税反対」や「原発再稼働ストップ」などを訴えた。
/////
NHK 解説委員
Powered by RSSリスティング


NHK 「岡山ニュース もぎたて!」、「ひるまえ もぎたて!」
Powered by RSSリスティング

/////
FNN 政治
Powered by RSSリスティング



日テレNEWS24
Powered by RSSリスティング



TBS News-i
Powered by RSSリスティング


ANNニュース 最新ニュース

Powered by RSSリスティング


テレビ東京 - Google News
Powered by RSSリスティング


ワールドビジネスサテライト - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
楽天Social News(ソーシャルニュース)
Powered by RSSリスティング

/////
ある新聞 の記事
以下の5区は、誰かな?
/////
衆院選 予定者走る 
/////
◇連休行事参加や演説

 衆院解散から一夜明け、3連休の初日と重なった22日、県内5選挙区の立候補予定者は地域のイベントに顔を出したり、街頭演説に奔走したりと、12月14日の“決戦”に向けて活動を本格化させた。(衆院選取材班)

 県南部で開かれた「芋煮会」では、前議員が作りたての芋煮を味わいながら、有権者らに「地方を元気にする」とアピール。その後は岡山市に移動し、党の会合に出席した。

 別の前議員も、支持団体の会合に出席してから駆けつけ、高齢者向けの「健康体操」に参加。演歌に合わせて体を動かしたほか、芋煮とともにおにぎりをほおばりながら政策を訴えた。

 新人は地盤の市部で支持者へのあいさつ回り。陣営関係者は「短期決戦なので、まずは知り合いを中心に票を固めていく」と語る。23日は商業施設や駅などで街頭演説を行うという。

 海沿いの選挙区で立候補を予定する前議員は早朝の朝市に足を運び、買い物客らと握手。陣営幹部は「連休中は街頭演説を優先し、票を掘り起こしていきたい」と意気込む。

 別の前議員は午前中、支持団体との意見交換会に出席。午後からは報道陣の取材に応じた後、地元の公民館で開かれたイベントに参加したほか、街頭演説を行った。

 対する新人も、選挙区内を精力的に駆け回って街頭演説。23日も市街地を中心に回るといい、「天候にも恵まれ、足を止めて聞いてくれる人も多い」と手応えを口にした。

 県北部の選挙区では、前議員の陣営がプレハブ2階建ての事務所を開設。党務でこの日は不在だった本人も23日には地元入りし、支援者へのあいさつ回りをこなすという。

 別の前議員も岡山市で党の会合に出席。23日は地元のまちおこしイベントに参加して支持を訴えるが、陣営関係者は「急な解散でスケジュールの調整が難しい」と打ち明ける。

 新人は大票田の市部を中心に、支持者へのあいさつ回りに力を入れた。「連休中は人出の多いところを探して街頭演説し、浸透を図っていく」と陣営関係者は話す。
/////
雇用をつくり、地方へ人の流れを



安倍政権は衆院選に向けて「地方創生」を看板政策に掲げている。人口減が続く地方では経済規模が縮小し、それがさらなる人口減少を招く悪循環に陥っている。これを断ち切るためにも地域の雇用を創出し、人の流れを変えたい。

 先の国会で地方創生関連2法案が成立した。この点は評価するが、2つの法律は理念や手続きを定めているだけだ。地域経済を立て直す具体案を自民や公明など各党は公約で示してほしい。

企業の潜在力引き出せ
 地方を活性化するカギは地域の中小企業の潜在力を引き出すことにかかっている。産学官と金融機関が連携し、技術開発や販路の拡大を支援すべきだろう。公設の研究機関の研究成果を地元企業にもっと還元する仕組みも要る。

 経済産業省は今年3月、特定の製品や技術に強みをもち、世界市場で高いシェアと利益を確保している「グローバルニッチトップ企業」を選定した。そこには金沢市の津田駒工業や岡山市の内山工業など地方に拠点を置く企業が多数、名を連ねている。

 グローバル企業になる条件に本社の立地場所など関係ない。強い地方企業が増えれば雇用の厚みが増す。経済の新陳代謝を進めるために起業を促し、ベンチャー企業を支援することも欠かせない。

 人口減で域内の消費は減るのだから、域外から需要を取り込めるかどうかが地方経済の行方を左右する。この点からみて大きな意味を持つのは観光だ。ビザの発給要件の緩和や特産品の開発を後押しして観光客をさらに増やしたい。

 農林水産業も地方の強みなはずだ。大規模化や6次産業化を進めればもっと雇用を生み出せる。

 職住近接が可能で、自然が豊かな地方の方が子育てをしやすい面がある。機会があれば地方での暮らしを望む都市住民は少なくない。UターンやIターンを後押しする仕組みが必要だ。

 自民党は地元出身者の採用を増やす地方企業の支援策を検討している。全国知事会は地方大学を卒業して地元で就職した人を対象に奨学金の返済を免除する制度の創設を提案している。どういう方法が地域の活力を高めるうえで望ましいのか、議論を深めてほしい。

 地方の活性化は急務だが、それでも地方の人口減少は続く。地域ごとに都市機能を再編して「賢く縮む」戦略が欠かせない。商業や医療・福祉などの施設を幾つかの区域に集約できれば、バスなどの公共交通網を維持しやすくなる。

 そこに住宅も誘導できれば人口は減っても地域社会の崩壊を防げる。まずは老朽化した公共施設の再配置から取り組むべきだろう。

 この点で、財政再建中の北海道夕張市の取り組みは参考になる。夕張では街の中心部に市営住宅を建て、周辺部の古い住宅で暮らす市民の住み替えを促している。

 この2年間の安倍政権を振り返ると気になる点がある。地方分権の優先度が低下したことだ。政府の地方分権改革有識者会議が10月下旬にまとめた案をみると、地方が権限の移譲や規制緩和を求めた935項目のうち、実現のめどが立ったのは4分の1にすぎない。

分権なしに創生なし
 保育所の設置基準の緩和などは少子化対策を進めるうえでも不可欠だ。農地転用のような土地利用の権限ももっと市町村に移した方がいい。地方創生は分権なしには進まない。

 政府は小規模な市町村を対象に「日本版シティマネジャー」と名付けて中央省庁の職員などを派遣する制度を設ける方針だ。シティマネジャーとは米国の州や自治体にいる実務経験が豊富な行政の専門家集団のことだ。

 職員不足に悩む市町村は多いから国が支援するのは構わないが、地方をやや見下した名称ではないだろうか。必要なのは専門知識が豊富で、自治体職員と一緒に汗を流せる人材だ。

 地方を再生するためには中央省庁の予算に地方が合わせるのではなく、地方のニーズに合わせた予算にすることが肝要だ。この点からみても、あらかじめ使途を決めた補助金を減らして、使い道が幅広い新たな交付金制度に変えるべきだろう。

 地方を活性化する特効薬はない。一時的な予算のばらまきではなく、人の流れを変える効果的な政策は何か、選挙戦を通じて各党が競い合ってほしい。
/////

地域のグローバル化へ役割議論 「スーパーグローバル大学(SGU)岡山大 /集団的自衛権など

地域のグローバル化へ役割議論 「スーパーグローバル大学(SGU)岡山大/集団的自衛権など

//////
Role discussion to the globalization of the local "Super Global University (SGU) Okayama

Countries to support the research and internationalization of the world level "super global University (SGU)" of Okayama chosen to kick off the symposium is the 24th, was held in Okayama. Okayama prefecture of education, attended the company officials about 200 people, I discussed the concept and role of the university towards the globalization of the region.
"Advances the opportunity to internationalize the SGU business, to be active in the world want to grow" Practical people "" Morita Kiyoshi President and greeting. Taniguchi Hideo director of university reform in charge, explained the strengthening? Such as concept of matching program course ▽ medical engineering field corresponding to the global hands-on education ▽ percentage up of international students through the field experience.
In the keynote address, Tokyo Meng chairman Kimura of Board of Education (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology Advisor) is, explains the capabilities and current situation where there is a mismatch in university education, which is determined by the society. For sophistication necessary to global human resources was pointed out that "tolerance and curiosity, that you have a volunteer spirit".
There is also entitled panel discussion as "in order to foster a global" practice people "", Italian wood Ryuta Governor "increase of foreign students leads to the activation of the region, you want to actively support", Association of Corporate Executives Okayama Hisashi Matsuda representative secretary said that as "we should not be afraid challenge companies to prospectively evaluated. if you repeat a year in study abroad."
SGU is ministry business. Aiming for the world's top-level education and research Tokyo University such as 13 schools in the "top-type", Okayama such as 24 schools to lead the internationalization "globalization tow (seal of approval) type" was selected.

//
As opposed to collective self-defense exercise tolerance

Okayama prefecture of making at university professors and lawyers "Okayama Prefecture Kujo meeting of" the 24th, were rallies and street activities against the Cabinet decision of July that tolerate right of collective self-defense exercise Okayama, Kurashiki.
In Ishiyama park in Okayama, Kita-ku, Ishizeki the town there is a rally by about 150 people, and adopted the appeal of the "push back the cabinet decision so as not to run the right of collective self-defense, to protect the peaceful Japan". Then performs street activities, were marched to near JR Okayama Station have set the banner labeled "not allow the amendment runaway".
The Association of Ishii Junpei Secretary General (77) said, "the exercise of collective self-defense thing that the war abroad. Want Mamorinuki Article 9".
I opened a similar rally in Kurashiki.
//
Elementary school students challenging math and science issues

Elementary school students challenge the challenge to leverage the knowledge of mathematics and science "Science Challenge" (San'yoshinbunsha sponsored) is the 24th, was held at the Kanemitsu Gakuen junior and senior high schools of Asakuchi Kanemitsu cho Uramishinden.
Asakuchi, Kurashiki, participated foursome team of elementary school 4-6 grade from such Fukuyama. I competed the total score.
Children challenge the leaves of the same form as the leaves of plants that have been presented or find from the school premises, in such competition to be in neutral by mixing acidic and alkaline various solutions. You can proceed with split up with teammates, and brainstormed the wisdom in consultation, aimed a high score.
Event is Gakuen fiscal 2011 Kanemitsu, I have been held every year in the specified for the machine to Super Science High School of Education, Culture, Sports, Science and Technology.
//
World Heritage study meeting residents council to register such as, in Kita-ku, 150 people / Okayama

National towards the leprosy sanatorium World Heritage Site of, Nagashimaaiseien of Setouchi City Oku, residents residents' association, such as 22 days Okukomyoen, open the first public workshop in Kita-ku, about 150 people were gathered. Researchers introduce the registration process such as the World Heritage-Bomb Dome in Hiroshima. And discuss the significance and challenges of registration and residents' association representative et al., "To convey the courage to recovery who has survived the harsh history important. Cooperation with citizens and government, you want to work," and it was confirmed with.

Fuchino-jo Hideki Associate Professor of Ritsumeikan Asia Pacific Ocean Dai, verify the remaining background is the Atomic Bomb Dome. After the war, it is assumed "painful memories to remember" in the reasons such as "do not want a symbol of hatred to the atomic bomb was a bombing US," but there was opposition theory, became a symbol that over the years I hope the abolition of nuclear weapons, "it was said that learning should be considered "in Hiroshima.

In the panel discussion, in Aishoen Shinji's Nakao of residents autonomy chairman (80) "(due to the aging of the residents) painful was is too much life is gradually buried. World Heritage Site, and play visited by children, history was said to want to grow up in the land "to learn. The researchers issued a proposal to "to convey the forced quarantine people who won freedom is not Kusse in policy, engrave the names of people who lived in the sanatorium to the monument."
//
//////
地域のグローバル化へ役割議論 「スーパーグローバル大学(SGU)岡山大

世界レベルの研究や国際化を国が支援する「スーパーグローバル大学(SGU)」に選ばれた岡山大のキックオフシンポジウムが24日、岡山市で開かれた。岡山県内の教育、企業関係者ら約200人が出席し、地域のグローバル化に向けた同大の構想や役割について議論した。
 森田潔学長が「SGU事業を機に国際化を進め、世界で活躍できる『実践人』を育てたい」とあいさつ。大学改革担当の谷口秀夫理事が、現場体験を通じたグローバル実践型教育▽留学生の割合アップに対応するマッチングプログラムコース▽医療工学分野の強化?など構想を説明した。
 基調講演では、東京都教委の木村孟委員長(文部科学省顧問)が、社会で求められる能力と大学教育にミスマッチがある現状を説明。グローバル人材に必要な素養について「寛容さと好奇心、ボランティア精神を持っていること」と指摘した。
 「グローバルな“実践人”を育てるために」と題したパネルディスカッションもあり、伊原木隆太県知事が「留学生の増加は地域の活性化につながり、積極的にサポートしたい」、松田久岡山経済同友会代表幹事が「海外留学で留年しても企業は前向きに評価する。恐れないで挑戦するべきだ」などと述べた。
 SGUは文科省事業。世界トップレベルの教育や研究を目指す「トップ型」に東京大など13校、国際化を先導する「グローバル化牽引(けんいん)型」に岡山大など24校が選ばれた。

//
集団的自衛権行使容認に反対

岡山県内の大学教授や弁護士らでつくる「岡山県九条の会」は24日、集団的自衛権行使を容認した7月の閣議決定に反対する集会や街頭活動を岡山、倉敷市で行った。
 岡山市北区石関町の石山公園では約150人による集会があり、「集団的自衛権を実行させないよう閣議決定を押し戻し、平和な日本を守ろう」とのアピールを採択。続いて街頭活動を行い、「改憲暴走を許さない」と記した横断幕を掲げてJR岡山駅付近までデモ行進した。
 同会の石井淳平事務局長(77)は「集団的自衛権の行使は海外で戦争をするということだ。憲法9条を守り抜きたい」と話した。
 倉敷市では同様の集会を開いた。
//
小学生が算数や理科の課題に挑戦

小学生が算数や理科の知識を駆使して課題に挑む「サイエンスチャレンジ」(山陽新聞社後援)が24日、浅口市金光町占見新田の金光学園中学・高校で開かれた。
 浅口、倉敷、福山市などから小学4~6年生の4人組チームが参加。総合得点を競った。
 児童は提示された植物の葉と同じ形の葉を学校敷地内から探し出したり、酸性とアルカリ性のさまざまな溶液を混ぜて中性にする競争などに挑戦。チームメートと手分けして作業を進めたり、相談して知恵を出し合い、高得点を目指した。
 催しは金光学園が2011年度、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクールに指定されたのを機に毎年開かれている。
//
<ハンセン病療養所>世界遺産登録へ勉強会 入所者自治会など、北区で150人 /岡山

国立ハンセン病療養所の世界遺産登録に向け、瀬戸内市邑久町の長島愛生園、邑久光明園の入所者自治会などが22日、初の公開勉強会を北区で開き、約150人が集まった。研究者らが世界遺産・原爆ドーム(広島市)などの登録過程を紹介。自治会代表らと登録の意義や課題を議論し、「回復者が過酷な歴史を生き抜いた勇気を伝えるのは重要。市民や行政と協力し、活動したい」と確認した。

 立命館アジア太平洋大の淵ノ上英樹准教授は、原爆ドームが残った経緯を検証。終戦後、「つらい記憶を思い出す」「原爆を投下した米国への憎しみの象徴にしたくない」などの理由で反対論があったが、年月を経て核廃絶を願う象徴になったとし、「広島に学び考えるべきだ」と述べた。

 パネルディスカッションでは、愛生園入所者自治会長の中尾伸治さん(80)が「(入所者の高齢化に伴い)苦しかった生活が埋もれていくのがつらい。世界遺産登録で、子どもが訪れて遊び、歴史を学ぶ地に育ってほしい」と語った。研究者らは「強制隔離政策に屈せず自由を勝ち取った人たちを伝えるため、療養所で生きた人の氏名を碑に刻む」との提案を出した。
//

ベル無念 最終戦飾れず4位(サッカー女子・なでしこリーグ)

ベル無念 最終戦飾れず4位(サッカー女子・なでしこリーグ)
/////
Bell chagrin final round decorated without fourth place (soccer girls, Nadeshiko League)

Soccer girls, Nadeshiko exciting series Top League final clause of the league 24 days, 3 game is performed in various locations, Okayama Yunogo Bell was Sekihai home Mimasaka rugby football field to NTV in (Mimasaka) at 0? 1. Total 3 wins and two draws and five losses (17 points), and I finished the season in fourth place down one rank.
Urawa lined with NTV in points 24 lost 0-1 in Niigata, but the annual winner of five seasons the first time exceeded on goal difference. NTV second place, containing the Niigata that was stretched to 18 points wins the third place. INAC Kobe you have three consecutive until last season ended in sixth place.
Yunogo Bell and Urawa who won the regular series, to compete as the host country representative to the International Women's Club Championship kicks off in Mimasaka rugby football field to 30 days. (Points comprises the points by regular series results) NTV 1? 0 Okayama Yunogo first half 0? 0 the second half of 1? 0 NTV
Six wins and one draw and three losses (24) Okayama Yunogo
3 wins and two draws and 5 losses (17)
[Evaluation] Okayama Yunogo Bell was crying at one point. Offense and defense are swapped violently from early, 0? 10 minutes the second half was greeted with 0, and allowed the goal with a header in the MF Sakaguchi you jumped into the cross of NTV. The was disturb the defense just this scene, a moment of likes shame. I carried the ball to the front of the goal many times in attack, but are asked quickly, it was not typing is quite shoot.
NTV is game strength to take advantage of the one chance was glowing.
/////
ベル無念 最終戦飾れず4位(サッカー女子・なでしこリーグ)

サッカー女子・なでしこリーグのエキサイティングシリーズ上位リーグ最終節は24日、各地で3試合が行われ、岡山湯郷ベルはホームの美作ラグビーサッカー場(美作市)で日テレに0?1で惜敗した。通算3勝2分け5敗(勝ち点17)となり、順位を一つ下げて4位で今季を終えた。
 浦和は新潟に0-1で敗れて勝ち点24で日テレと並んだが、得失点差で上回り5季ぶりの年間優勝。日テレが2位、3位には勝ち点を18に伸ばした新潟が入った。昨季まで3連覇したINAC神戸は6位に終わった。
 レギュラーシリーズを制した湯郷ベルと浦和は、30日に美作ラグビーサッカー場で開幕する国際女子クラブ選手権に開催国代表として出場する。(勝ち点はレギュラーシリーズ成績による勝ち点を含む)日テレ1?0岡山湯郷前半0?0後半1?0日テレ
 6勝1分け3敗(24)岡山湯郷
 3勝2分け5敗(17)
 【評】岡山湯郷ベルは1点に泣いた。序盤から攻守が激しく入れ替わり、0?0で迎えた後半10分、日テレのクロスに飛び込んだMF阪口にヘディングでゴールを許した。守備を崩されたのはこの場面だけで、一瞬の隙が悔やまれる。攻めては何度もゴール前までボールを運んだが素早く寄せられ、なかなかシュートが打てなかった。
 日テレはワンチャンスを生かす勝負強さが光った。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | ベル無念 最終戦飾れず4位(サッカー女子・なでしこリーグ) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。