2014年12月26日

岡山県内寺社で迎春準備着々

岡山県内寺社で迎春準備着々
/////
Geishun preparation steadily in Okayama Prefecture temples

As will be happiness Oki one year?. Each temples and shrines of Okayama Prefecture cleaning preparations and precincts of good luck before the New Year, is promoting the Geishun preparation and installation of Shimekazari.
Okayama, Kita-ku, Takamatsuinari best Inari in length about 12 meters staff was handmade of, Decoration in the main hall a large rope weighs about 1 · 5 tons. Sweeping of precincts to greet the prefecture most of Hatsumode customers also go to elaborate. Kibitsu Shrine of the same Kibitsu also I proceed with the preparation of awarding offices and bill of temporary to pass such charm.
In the same Ishizeki the town of Okayama shrine Hisayama Shintaro rights leek (Gonnegi), Miko-tachi mounting the Emma to Hamaya, I went a final check of the presence or absence of scratches and dirt. Hisayama rights leek have said, "such as natural disasters was the hope to become a little gentle one year".
/////
岡山県内寺社で迎春準備着々

幸多き1年となりますように?。岡山県内の各寺社は新年を前に縁起物の準備や境内の清掃、しめ飾りの設置など迎春準備を進めている。
 岡山市北区高松稲荷の最上稲荷では職員が手作りした長さ約12メートル、重さ約1・5トンの大しめ縄を本殿に飾り付け。県内最多の初詣客を迎えるため境内の掃き掃除も入念に行っている。同吉備津の吉備津神社もお守りなどを渡す仮設の授与所やお札の準備を進める。
 同石関町の岡山神社では久山信太郎権禰宜(ごんねぎ)、みこたちが破魔矢に絵馬を取り付け、傷や汚れの有無の最終チェックを行った。久山権禰宜は「自然災害などが少ない穏やかな1年となるよう願いを込めました」と話している。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷

ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷

/////
Net or smartphone appropriate use discussion

The second meeting of the 25th of the student volunteers of all 26 junior high school of Kurashiki City is discuss the appropriate use of the Internet and smart phones "Kurashiki children meeting" (City Board of Education sponsored), was held at the city hall. Toward the resolution of problems such as long-term use of cyberbullying or smartphone, held of whole school debate rally, students themselves, such as production of enlightenment video devised, practice to have initiatives were announced from 5 junior high school.
Higashinaka is on you talked net benefits, disadvantages in each class, held a discussion meeting of the whole school. Smartphone is a scene in which the rules ask the need or? Pros and cons, etc. is allowed to intention displayed set a color paper of red and blue to use, touch the point where all the discussion has been devised that can participate, "consciousness with their problems is growing I was reported to have ".
During middle and Kotora Shimotsui is summarized skit about information morals to enlightenment video, screened at the venue. North and Central, while the south was introduced the results of a questionnaire on the net use of reality that was carried out jointly.
Attendance centered on a total of 63 people the student council. Participation each school is to explain the activities and future policies in handouts, was information exchange. Tsurajima culmination 2 years of women's (14) said, "unique efforts of each school they were very helpful. I want to incorporate from the possible ones."
Meeting, opened the first meeting in July to try Engaging Our children of proactive efforts to troubleshooting. Plans to put together a "child declaration (tentative name)" on the net use in the final meeting to be performed in three semesters.
/////
ネットやスマホ 適切な使い方議論

倉敷市立の全26中学校の生徒有志がインターネットやスマートフォンの適切な使い方を話し合う「倉敷子どもミーティング」(市教委主催)の第2回会合が25日、市役所で開かれた。ネットいじめやスマホの長時間使用といった問題の解決に向け、全校討論集会の開催、啓発動画の制作など生徒自身が考案、実践している取り組みが5中学校から発表された。
 東中は各クラスでネットのメリット、デメリットを話し合った上で、全校の討論集会を開催。スマホ利用にルールが必要か?など賛否を問う場面では赤や青のカラー用紙を掲げて意思表示させ、議論に全員が参加できる工夫をした点に触れ、「自分たちの問題との意識が高まった」と報告した。
 下津井中や琴浦中は情報モラルに関する寸劇を啓発動画にまとめており、会場で上映。北中、南中は合同で実施したネット利用の実態に関するアンケートの結果を紹介した。
 生徒会を中心に計63人が出席。参加各校は配布資料で活動や今後の方針を説明し、情報交換した。連島南中2年の女子(14)は「各校のユニークな取り組みがとても参考になった。できるものから取り入れていきたい」と話した。
 ミーティングは、トラブル解決に子どもたちの主体的な取り組みを促そうと7月に初会合を開いた。3学期に行う最終会合でネット利用に関する「子ども宣言(仮称)」をまとめる予定。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷 | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

クリスマスに「イオンモール岡山」を考える  “黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ 

クリスマスに「イオンモール岡山」を考える  “黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ

岡山出身の岡崎双一・イオンモール社長の「誠意」!?

(注意: 現状の状態である。未来は、変わる可能性はある。)
現状、「イオンモール岡山」に人は集まるが、周辺までの波及効果はない。「回遊性」は、みられない。

どこかで、聞いたような・・・ そうか 「アベノミクス」「安倍ノミクス」と同じ構造があるかもしれない。
そう、現状は、「アベノミクス」の「トリクルダウン」と同じだ。
アベノミクス トリクルダウン.jpg

(私は、「アベノミクス」の方向性は、賛成だが、現状の「第三の矢」の実行性が見えないのは残念です。そのような意味では、「アベノミクス」は反対ではないが、現状、信用できない。)

岡山市の回遊性へ施策や「イオンモール岡山」と「商店街」等の協定・連携に期待したいが、その効果は、現状みられない。人の流れをつくる仕掛けの「回遊性」、お金の流れをつくる「アベノミクス」どちらもうまく行って欲しい。
//////
Hon'i local economy of "Black Ships ion", to symbiosis from conflict

Ion is multiplied by the company's prestige, I opened the city Station shopping mall in Okayama. Ions which are ridiculed and Black Ships from local business community, for inclusion in a big way is "regional coexistence". Success or failure in Tianjin, the divine also to the future of the regional cities of the future.

December 5 hectic atmosphere began to drift into the town of Shiwasu, to JR Okayama Station, commercial facilities newly opened that dominate the topic of this place local residents.

"Aeon Mall Okayama". There from the east exit of Okayama Station Shinkansen stop at just a 5-minute walk, total leased area in the two-storey above ground 8 basement is 92,000 square meters. Ion of huge distribution group, it's a large shopping mall for the first time in earnest maker in the previous station of regional hub city. Before opening the 7300 people were without a matrix.

That day, was lined with eminent members in opening ceremony which was held at the hotel. Okayama prefectural governor and Okayama Mayor on stage one after another, I will continue to showcase the speech that was hopefully to the ion Mall.

Then, in the ceremony, there was originally also figure of was not the person in attendance list. Okada bundling ion group Motoya president, but that person.

The attendance of President Okada was decided just a few days before the opening. Okada president himself not only decided to attend the ceremony, also on a document of greeting that read aloud at the ceremony, plus his own hand.

"Aeon Mall in Okayama, was born also 65 stores employment of local businesses Contains .4000 people"

And was stressed that until then rework, it was a contribution and cooperation to Okayama economy.

In the vicinity of Okayama station, there are three commercial agglomerations roughly.

The first is, the station area centered Takashimaya, consumer electronics retailer of Bic Camera, the "best city" in the underground mall department stores. Here, there is also a shopping street of the region called "Station mall" in local.

Second, Omote-machi shopping street in the east from the station about 1km. In the heart of the era that flourished as a castle town of Okayama Castle, is here local capital of long-established department store, Tenmaya also. And the third is, but Hokan-cho shopping district in the west across the station.

Aeon Mall Okayama is in the right direction out of the east exit of the station. Hokan-cho, and shopping district of west entrance, not to mention the Omote-machi shopping street with a little distance, even in the same east exit station area, if the "best city" of underground shopping center that is directly connected to the ion, with the exception of ions from the station the flow of people towards the is different from that of Takashimaya and Station shopping district.

"If we ion, or not than will be no people from other regions." Immediately after the opening of the ion has been published, such concern was strong.

Of more normal times "earthmoving"

Black Ships invasion ──. When the ions to advance to the district, this expression has often been used. The ions that have built a huge facility Japan, seen from such local mall and destroyer of the local economy, because was not less likely antagonize.

Of course, there is no possibility that the ion itself so far showed hostility to overtly local merchants. But, as this time of Okayama, also true that never showed the friendly relationship with the local.

The Takeda Hisakazu general manager in charge of coordination with local has Okayama filled, the two and a half years before the opening. Normally, ion mall is to be opened in about one year from the planning of store openings, over the more than twice the time in Okayama, it has been the earthmoving.

"Does not mean it was relationship and people of local shopping street, from the beginning," Let's shake hands, "" and Takeda general manager recalled. But it has deepened patiently relationship with local officials.

Himself Okazaki bilinear ion Mall president born in Okayama, visit the local for many times consultation. From another municipality chiefs who had promoted the store opening plans in the past, "executive class is not come even once, there was no good faith" and is sometimes referred to as the attitude, it seems to have differed greatly.

The glimpse consideration to the region, it's congestion measures. Okayama Station is due to the narrow, one-way many roads, easy congestion occurs. Ions, from the pre-open period intended for the local residents, has been repeated publicity to the effect that I want you to refrain from coming to a store in private cars.

Junko Fujiwara who visited the ion to December 5 the official opening (58 years), If you come by car at the time of the "pre-open, I'll I had been careful went by train, if possible. There is also parking fee are, speak and "just because it may be congestion.

Both Okayama prefectural police and Okayama City Hall, discuss countermeasures from about two years ago. Parking several places of municipal, in addition the customer to the mall has to be able to use, and provide such services to the shipping if shopping for more than 10,000 yen free. I made a mechanism that is easy public transport.

"Big traffic jam did not see. I want to thank everyone of media and stakeholders." At a press conference held on the first day of opening, Okazaki president of Aeon Mall said so very beginning.

Aeon Mall Okayama, store configuration also a different color. Of the 356 stores of specialty store in the mall, 65 shop Okayama Prefecture of companies. In other words, less than 20% of the total and it comes to local businesses. But can not be stated for not taking out the the "local ratio" do this in other facilities, ion official also opened number of local businesses, that's a size not in the percentage of the entire past of.

Reference
This time, ion why was blurring the consideration of the local up to here. Detailed background the company has been forced to make a decision, please refer to the special report of the Nikkei business December 22, 2014 issue.
//////
“黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ 

イオンが同社の威信をかけ、岡山に都市駅前型のショッピングモールを開いた。地方の経済界から黒船と揶揄されるイオンが、大々的に掲げるのは「地域共生」。転身の成否は、今後の地方都市の未来までも占う。

師走の慌ただしい雰囲気が街中に漂い始めた12月5日、JR岡山駅前に、このところ地域住民の話題を独占している商業施設が新規開業した。

 「イオンモール岡山」。新幹線が停車する岡山駅の東口から徒歩わずか5分のところにあり、地上8階地下2階建てで総賃貸面積は9万2000平方メートル。巨大流通グループのイオンが、地方中核都市の駅前で初めて本格的に手掛ける大型ショッピングモールだ。開店前には7300人が行列をなした。

 その日、館内で開かれた開業セレモニーにはそうそうたるメンバーが並んでいた。岡山県知事や岡山市長らが次々に登壇し、イオンモールへの期待を込めたスピーチを披露していく。

 そして、そのセレモニーには、もともと出席リストになかった人物の姿もあった。イオングループを束ねる岡田元也社長、その人だ。

 岡田社長の出席が決まったのは開業のわずか数日前。岡田社長自身がセレモニーへの出席を決断しただけでなく、式典で読み上げる挨拶の原稿にも、自ら手を加えた。

 「イオンモール岡山には、65店の地元企業が入っています。4000名の雇用も生まれました」

 手直ししてまで強調したのは、岡山経済への貢献と連携だった。

 岡山駅の周辺には、大きく分けて3つの商業集積地がある。

 1つめは、百貨店の高島屋、家電量販店のビックカメラ、地下街の「一番街」を中心とする駅前地域。ここに、地元で「駅前商店街」と呼ばれる地域の商店街もある。

 もう1つは、駅から1kmほど東にある表町商店街。岡山城の城下町として栄えた時代の中心地で、地元資本の老舗百貨店、天満屋もここにある。そして3つめが、駅を挟んで西側にある奉還町商店街だ。

 イオンモール岡山は駅の東口を出て右手方向にある。西口の奉還町商店街や、少し距離のある表町商店街は言うに及ばず、同じ東口駅前エリアでも、イオンと直結している地下街の「一番街」を例外とすれば、駅からイオンへと向かう人の流れは、高島屋や駅前商店街のそれとは異なる。

 「イオンができれば、ほかの地域から人がいなくなるのではないか」。イオンの出店が公表された直後、そうした懸念は強かった。

通常の倍以上の「地ならし」

 黒船襲来──。イオンが地方に進出する際、この表現がしばしば用いられてきた。日本全国に巨大施設を築いてきたイオンは、地元の商店街などから地域経済の破壊者と見られ、反感を買うことが少なくなかったからだ。

 無論、これまでにイオン自身があからさまに地域商業者に対する敵意を示したことはない。だが、今回の岡山ほど、地元との関係に配慮を見せたことがないのも事実だ。

 地域との調整を担当した武田久和ゼネラルマネージャーが岡山入りしたのは、開店の2年半前。通常、イオンモールは出店の計画を立ててから約1年で開業させるが、岡山では倍以上の時間をかけて、地ならしをしてきた。

 「地元商店街の方々と、初めから『握手しましょう』という関係だったわけではない」と武田ゼネラルマネージャーは振り返る。だが根気よく地元関係者と関係を深めてきた。

 岡山出身の岡崎双一・イオンモール社長も自ら、幾度となく協議のために現地を訪問。過去に出店計画を進めていた別の自治体首長から、「幹部クラスは一度も来ず、誠意がなかった」と言われることもある態度とは、大きく異なったようだ。

 地域への配慮が垣間見えるのが、渋滞対策だ。岡山駅前は道幅が狭く、一方通行も多いため、渋滞が起こりやすい。イオンは、地域住民を対象とした事前オープン期間から、自家用車での来店を控えてほしい旨の広報宣伝を繰り返してきた。

 正式開業の12月5日にイオンを訪れた藤原順子さん(58歳)は、「事前オープンの時に車で来たら、できれば電車を利用してって注意されちゃったわよ。駐車料金もあるし、渋滞するかもしれないからって」と話す。

 岡山県警や岡山市役所とも、2年ほど前から対応策を協議。市営の駐車場数カ所を、モールへの客が利用できるようにしたほか、1万円以上の買い物をすれば送料を無料にするサービスなどを提供。公共交通を利用しやすい仕組みを作った。

 「大きな交通渋滞は見られませんでした。メディアや関係者の皆様に感謝したい」。開店初日に開かれた記者会見で、イオンモールの岡崎社長は開口一番そう述べた。

 イオンモール岡山は、店舗構成も異色だ。モール内にある356店の専門店のうち、65店が岡山県の企業。つまり、全体の2割弱が地元企業ということになる。ほかの施設ではこうした“地元比率”を出していないために明言はできないが、イオン関係者は地元企業の出店数も、全体に占める割合も過去にない大きさだという。

参考
今回、イオンはなぜここまで地元への配慮をにじませたのか。同社が決断を迫られた詳しい背景は日経ビジネス2014年12月22日号のスペシャルリポートをご覧ください。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。