2014年12月04日

岡山県、既存店支援へ相談会開催 =イオンモール岡山が5日開業に向けて=

岡山県、既存店支援へ相談会開催 =イオンモール岡山が5日開業に向けて=
イオンスケッチ001.jpg
////
Okayama Prefecture, towards the consultation held = ion Mall Okayama is the 5th opening to existing store support =

November regular Okayama prefectural assembly is the 2nd, resumed plenary session. Performs a representative questions, Kiyomi (Tsuyama-Tomata County) Kishimoto of the Liberal Democratic Party, the Democratic-of residents club Kazuhiro Miyake (Kurashiki City, Tsukubo County), Mr. 3 prefectural General of Jingshan MitsuguAkira (Okayama Minami-ku) of Komeito was, however. Italian wood Ryuta governor, for the existing store support affected by Okayama large commercial facilities and Aeon Mall is opening five days JR Okayama Station south, revealed the policy to open a consultation in cooperation such as with financial institutions.
Mr. Kishimoto have questions about correspondence after ion opening. Governor will be held a special consultation sessions for such as "retailers. Follow-up and management innovation, such as expansion and new product development new business, is carried out, such as financial support from the county system financing, the mall activation of the entire province answered that the endeavor would like "to lead.
According to the prefecture management Support Division, consultation meetings assess the impact on the surrounding shops, carried out for 2 days in mid-February next year. Okayama City and the Chamber of Commerce, credit guarantee corporation, bank, etc. responds to consultation.
Mr. Miyake, missing a case to remain the elderly has left the home of dementia is flexible interpretation of the "Personal Information Protection Ordinance touch the reality that one after another across the country, the information of protected dementia elderly website that there is also local government that has been opened to the public in the (HP) "I asked the idea of the prefecture.
Governor "even when it is difficult intention confirmed by such dementia, when the engine you are protecting is determined to become the interests of the person, it can publish information on the basis of the ordinance," said, the intention to publish in the near Prefecture HP indicated.
Kageyama said, "for the safety of have been implemented across the country. Road, whether prefecture How tackle" for cavity investigation under the road surface that cause road subsidence heard.
Governor "is considering that to undertake cavity investigation using electromagnetic waves from fiscal 2015. And underground buried object is large route, in rivers and coastal area, promoting the survey of important routes such as heavy traffic I said pair ".
/////
岡山県、既存店支援へ相談会開催 =イオンモール岡山が5日開業に向けて=

11月定例岡山県議会は2日、本会議を再開。代表質問を行い、自民党の岸本清美(津山市・苫田郡)、民主・県民クラブの三宅和広(倉敷市・都窪郡)、公明党の景山貢明(岡山市南区)の3氏が県政全般をただした。伊原木隆太知事は、JR岡山駅南に大型商業施設・イオンモール岡山が5日開業することで影響を受ける既存店支援のため、金融機関などと連携した相談会を開く方針を明らかにした。
 岸本氏がイオン開業後の対応について質問。知事は「小売業者などを対象に特別相談会を開催する。新事業展開や新商品開発などの経営革新のフォローアップや、県制度融資による金融支援などを行い、県全体の商店街活性化につながるよう努めたい」と答えた。
 県経営支援課によると、相談会は周辺店に及ぼす影響を見極め、来年2月中旬に2日間実施。岡山市や商工会議所、信用保証協会、銀行などが相談に応じる。
 三宅氏は、認知症の高齢者が家を出たまま行方不明となるケースが全国で相次いでいる実態に触れ「個人情報保護条例を柔軟に解釈し、保護された認知症高齢者の情報をホームページ(HP)で公開している自治体もある」と県の考えを尋ねた。
 知事は「認知症などにより意向確認が困難な場合でも、保護している機関が本人の利益になると判断したときは、条例に基づき情報を公開できる」と述べ、近く県HPで公開する意向を示した。
 景山氏は、道路陥没の原因となる路面下の空洞調査について「全国各地で実施されている。道路の安全確保のため、県はどう取り組むのか」と聞いた。
 知事は「2015年度から電磁波を用いた空洞調査に着手することを検討している。地下埋設物が多い路線や、河川・海岸沿いで、交通量が多いなど重要な路線を対象に調査を進めたい」と述べた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。