2014年12月08日

イオン岡山、初の日曜は混乱なし =市役所筋渋滞 最長500メートル= 岡山のご当地グルメ/無料モーニング

イオン岡山、初の日曜は混乱なし =市役所筋渋滞 最長500メートル= 岡山のご当地グルメ/無料モーニング
00A  DSC_0335.jpg
イオン岡山、初の日曜は混乱なし =市役所筋渋滞 最長500メートル=

010 DSC_0097 ss.jpg
//
おすすめ・お得!
デミカツ丼、岡山のご当地グルメを 発祥の店・味司 野村で味わう

パンの種類も豊富! 岡山県にあるビジネスホテルのイチオシ無料モーニングたち
////
Ion Okayama, first Sunday No confusion

Aeon Mall Okayama opened after the first 7 days became a Sunday, flows into the car Okayama city center of shopping from outside the prefecture. According to the police and this shop home page, in addition to the hotel in the afternoon parking (about 2500 minutes) became the first "parking rate of 100%", but congestion of one o'clock about 500 meters in the city hall muscle has occurred, there was no confusion.
About 5 hours from 1:00 to the hotel parking lot parking rate is displayed as "100%" in the afternoon. About 500 meters of congestion in one lane of sidewalk near one of three lanes to northward of city hall muscle, temporarily occurred 13:30 to 2:30. Confusion of neighborhood life road is not, there was no congestion noticeable to other highway.
On the other hand, in order to encourage such transfer to the shuttle buses and public transport, out of the six locations extraordinary parking provided on the outside of the city, in the two locations of O-machi Okayama, Kita-ku, Aoe and city Naka-ku temporary "full car" display. According to JR West Okayama branch, number of passengers of Okayama Station was about 5 premium of Sunday usually.
Police traffic control department is going to "selling season of Christmas and the end of the year is expected to further bustle. I want also refrain from the use of car future".
////
イオン岡山、初の日曜は混乱なし

イオンモール岡山開業後初の日曜となった7日、県内外から買い物の車が岡山市中心部に流入。県警や同店ホームページによると、午後に併設駐車場(約2500台分)が初めて「駐車率100%」となったほか、市役所筋で一時約500メートルの渋滞が起きたが、混乱はなかった。
 併設駐車場の駐車率が「100%」と表示されたのは午後1時から約5時間。約500メートルの渋滞は市役所筋の北進する片側3車線のうち歩道寄りの1車線で、午後1時半~2時半の間に一時的に発生した。近隣の生活道路の混乱はなく、他の幹線道路に目立った渋滞もなかった。
 一方、シャトルバスや公共交通機関への乗り換えなどを促すため、市内外に6カ所設けられた臨時駐車場のうち、岡山市北区青江と同市中区雄町の2カ所では一時「満車」の表示。JR西日本岡山支社によると、岡山駅の乗降客数は普段の日曜の約5割増だった。
 県警交通規制課は「クリスマスや年末の商戦は一層のにぎわいが予想される。今後も車の利用は控えてほしい」としている。
////
市役所筋渋滞 最長500メートル

////
City Hall muscle congestion longest 500 meters

In response to "Aeon Mall Okayama" (Okayama Kita-ku Shimoishii) that was pre-open at the end of November, Okayama prefectural police the 3rd, a summary of the traffic situation around the store. Convoy is 500 meters of city hall muscle was the longest. But the 5th Grand after opening of, as now more congestion is expected, it is calling for the use of public transport.
According to the police, at City Hall muscle pre-open at the 29th 10 am around and afternoon 5:00 of the first day to 8 through the store east, am to second day the 30th at 1:30 pm 8, three lanes that both of which northward 1 lane of sidewalk near out of, was stuck in between about 500 meters from Saiwaimachi intersection to the vicinity of Daikyo intersection.
Police, look to be caused by the left turn vehicle has residence entering the hotel's parking lot of the store, to adjust the signal at the intersection three locations in the vicinity of, tried to smooth. Congestion noticeable to other major roads such as national roads and prefectural road is not confirmed, that there was no significant disruption of life road.
Police traffic control department, unlike the pre-open for neighborhood residents, assumed after the grand opening Tsumekakeru shoppers from outside the prefecture. "In addition to the train or bus, we encourage also take advantage of special parking, such as JR Kitanagase Station" you are with.
Police so far, congestion mitigation measures other stores around the intersection and city road eight locations as, reviewing the traffic regulations in the part of the life road. Opening date falls on such thorough adjustment and regulation of the traffic signal at 60 people posture.
////
市役所筋渋滞 最長500メートル

「イオンモール岡山」(岡山市北区下石井)が11月末にプレオープンしたのを受け、岡山県警は3日、店舗周辺の交通状況をまとめた。車列は市役所筋の500メートルが最長だった。ただ5日のグランドオープン後は、今以上の混雑が見込まれるとして、公共交通機関の利用を呼び掛けている。
 県警によると、店舗東を通る市役所筋はプレオープン初日の29日午前10時前後と午後5時~8時、2日目の30日午後1時半~8時、いずれも北進する片側3車線のうち歩道寄りの1車線が、幸町交差点から大供交差点付近まで約500メートル間で滞った。
 県警は、店舗の併設駐車場に進入する左折車両が滞留したのが原因とみて、付近の交差点3カ所で信号機を調整し、円滑化を図った。国道や県道など他の主要道路に目立った渋滞は確認されず、生活道路の大きな混乱もなかったという。
 県警交通規制課は、近隣住民向けのプレオープンと異なり、グランドオープン後は県内外から買い物客が詰め掛けると想定。「電車やバスに加え、JR北長瀬駅前などの臨時駐車場の活用も促していく」としている。
 県警はこれまで、渋滞緩和策として店舗周辺の交差点や市道8カ所のほか、一部の生活道路で交通規制を見直した。開業日は60人態勢で信号機の調整や規制の徹底などに当たる。
////
イオン岡山、商店街との共存目指す 駅前回遊へ歩道橋も


JR岡山駅前に5日、「西日本最大」をうたうイオンモール岡山が開業した。何でもそろう大型店を次々と出して地方の流通を変えてきたイオンだが、最近は地元百貨店などがある都市部にも出店している。

 5日午前9時半、徹夜組も含めた約7300人が、開店とともに店内に駆け込んだ。もともと工場があり、岡山駅から徒歩5分という好立地。売り場面積9万2千平方メートルには、百貨店高島屋が運営する「デパ地下」のような食料品売り場や、人気のファストファッション店、大きな飲食店街などがそろう。様々な世代が来店し、年2千万人が訪れると見込む。

 イオンは1990年代から、地方都市で広い駐車場を備えてファミリー層中心の来店を見込んだ「郊外型店舗」を相次いで出してきた。ところが、近年は鉄道駅から徒歩で行ける「都市型店舗」の出店にも力を入れている。車を使わない若者やシニア層までをも取り込む戦略だ。
////
デミカツ丼、岡山のご当地グルメを 発祥の店・味司 野村で味わう
////
デミカツ丼、岡山のご当地グルメを 発祥の店・味司 野村で味わう

岡山のご当地グルメ、デミカツ丼。デミグラスソースがたっぷりかかったカツ丼で、このデミカツ丼の発祥が岡山市なのだそう。

岡山駅からほど近い場所にある「味司 野村」というお店が元祖で、ここからデミカツ丼が生まれたのだとか。広島では見たことが無いメニューだけに興味深々。

呼び方は「デミカツ」のほかに「ドミカツ」と呼ぶ場合もあり、デミカツ丼マップが作られているほど市内にはデミカツ丼を提供するお店が沢山。

生みの親である、「味司 野村」でデミカツ丼がどんなものか、味わってきました。

◆独特のデミグラスソースが特徴!岡山生まれのデミカツ丼

岡山駅から徒歩5分のところにある、デミカツ発祥のお店「味司 野村」さん。入口に自動券売機が置かれてあり、そこでメニューを選んで先に食券を買うシステムになっています。

デミカツ丼は、お肉の種類をロース、ヒレのどちらかを選びます。ちなみに、こちらの店舗でのメニュー表示では「デミカツ」ではなく「ドミカツ」になっていました。

お持ち帰りも可能のようで、こちらを選んで買っていく人の姿も。

数分待つと、デミカツ丼(ドミカツ丼)が登場。お新香とお味噌汁がついてきます。デミグラスソースは、一般的なそれとはちょっと違っており、とろみの感じも餡かけの感じに近いでしょうか。食べてみると、和風のデミグラスソースといった感じで、特徴のある味わいです。

カツの下にあるキャベツは蒸してありました。意外だなと思ったのは、「デミカツ丼」と「カツ丼(卵とじのもの)」の2つがセットになったメニューが、オススメとしてメニューに掲載されていたこと。

中華レストランなどでラーメンにチャーハンが付いてくるというセットは見たことがありますが、丼モノのWセットというのは珍しい。「オススメ」に掲載されているあたり、地元岡山の方はこの丼セットを注文する人が多いのかもしれません。

お店によってはトッピングやソースの味、デミグラスソースをくぐらせたものを提供する店などもあるため、「デミカツ丼」はお店によっていろんな個性があるようです。

デミカツ丼が食べられるお店は、先日オープンとなったイオンモール岡山や岡山駅から1km圏内の場所に、10店舗以上存在しているとのこと。

////
パンの種類も豊富! 岡山県にあるビジネスホテルのイチオシ無料モーニングたち
/////
パンの種類も豊富! 岡山県にあるビジネスホテルのイチオシ無料モーニングたち

大手全国チェーンのビジネスホテル無料朝食がチェーン間競争により充実してきているケースは多いが、都市によっては地元独立系や小規模チェーンのビジネスホテル間での競争が激しいケースも時々見かける。岡山はまさにそんな地域であり、同市内に多店舗を展開するホテルの無料朝食の充実ぶりが際だつ。

なお、この企画では、地元密着の独立系や小規模チェーンのビジネスホテル無料朝食にスポットを当てており、本文では別途料金が発生する「有料朝食」との対比で「無料朝食」と定義している。

○全国チェーンに負けないクオリティー

岡山市街には路面電車が走り「岡電」などと呼ばれているが、柳川駅から大雲寺前駅を結ぶ電車通りに面するホテルでは、無料朝食合戦が展開されている。まずは、大雲寺前駅のロータリーに位置する「ホテルレポーゼ岡山」の充実した無料朝食に注目したい。

ソーセージにスクランブルエッグ、納豆といった無料モーニングの定番メニューがうれしい。さらにはパンも2種類、全国チェーンのビジネスホテル無料モーニングと遜色ないクオリティーである。話はそれるが、こちらのホテルではロビーに無料マッサージチェアが設置されており、利用者目線を貫いているホテルとも言えそうだ。

○パンの種類が充実!

大雲寺前駅から柳町駅方面へ戻ると、「シングル3,800円~ 朝食付き」と書かれた目立つ壁が目に入る。この「岡山スクエアホテル」では、2階の開放的な明るいスペースでパンを中心とした無料朝食が提供されている。

パンが中心といえばトーストにサラダコーヒー程度の軽朝食を思い浮かべるが、こちらはちょっと違う。トーストはもちろん、クロワッサンにピザパン菓子パン、その他調理パンなど充実のラインナップ。もちろん、ご飯派のためにおにぎりの用意もある。和洋のビュッフェスタイルがブームになっているが、これだけパンに特化した無料モーニングは珍しい。

○朝食のほか、夕食も無料

最後に紹介したいのは、岡山市中心部で4店舗の他、岡山を中心に山陰山陽地区に多店舗展開するビジネスホテルチェーン「ユニバーサルホテル」である。電車通りに面しては2店舗展開されている。ユニバーサルホテルチェーンでは朝食はもちろん無料であるが、なんと宿泊者全員に夕食も無料で提供しているのだ。無料夕食と言えば、愛知県を中心に展開する「ABホテル」チェーン( http://news.mynavi.jp/news/2014/06/27/026/ )も有名だが、中国地方で無料夕食といえば「ユニバーサルホテル」と言えそうだ。

そのようなサービス満点のホテルなので、ビュッフェスタイルの無料朝食も一級。 一般的な卵料理や煮物などはもちろん、サラダバーも圧巻であるし、これほどのフルーツが供されているビジネスホテルの無料モーニングは貴重だ。

パンを中心に展開したり、ビュッフェスタイルを充実させたりと様々なスタイルで供される無料モーニング、利用者それぞれの好みでお気に入りのホテルを見つけていただきたい。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。