2014年12月12日

岡山県内に今季初インフル注意報

岡山県内に今季初インフル注意報

/////
The first flu warning season in Okayama Prefecture

As influenza began to epidemic in earnest, Okayama Prefecture 11th, was issued a "flu warning" this season's first. Since you have changed the criteria issued last season (January 16) than 1 month or more quickly, and has called a "thorough hand washing and gargle such as preventive measures."
According to the prefecture, warning the past, but patients per prefecture 84 medical institutions 1 facility you have fixed point investigation had been issued with more than average five people, as "effective is better to call attention at an earlier timing" , and change the reference to the same one from this season. And became one, 24 people in the latest sentinel survey (December 1 to 7).
By health center Okayama, Bitchu, Kurashiki, infection is expanding around the southern part of Bizen. 0 accounted for young generation is 70% of 19-year-old, the virus is likely to severe A Hong Kong type has been detected.
This season population cold, which is seen as the prefecture of influenza, for the first time occurred in the elementary school in Kurashiki the earliest October 21 in the past five years. Temperature is lowered, and celebrated the season that air is dry, the three days of the month 8, 9, and 10 days were reported in a total of nine schools Garden.
Prefecture this day, held a liaison meeting of relationship each lesson for the thorough attention. Prefecture Health Promotion Division are to be "in such as a mask of wear and early vaccination, I want you to strive to prevent."
/////
岡山県内に今季初インフル注意報

インフルエンザが本格的に流行し始めたとして、岡山県は11日、今季初の「インフルエンザ注意報」を発令した。発令基準を変更したため昨季(1月16日)より1カ月以上早く、「手洗いやうがいなど予防対策の徹底を」と呼び掛けている。
 県によると、注意報は従来、定点調査している県内84医療機関1施設当たりの患者が平均5人を超えると発令していたが、「より早いタイミングで注意を促す方が効果的」として、今季から基準を同1人に変更。最新の定点調査(12月1~7日)で1・24人となった。
 保健所別では岡山、備中、倉敷、備前の県南部を中心に感染が拡大。0~19歳の若い世代が7割を占め、ウイルスは重症化しやすいA香港型が検出されている。
 県内のインフルエンザとみられる集団風邪は今季、過去5年間で最も早い10月21日に倉敷市の小学校で初めて発生。気温が下がり、空気が乾燥する季節を迎え、今月8、9、10日の3日間には計9校園で報告された。
 県はこの日、注意喚起の徹底のため関係各課の連絡会議を開催。県健康推進課は「マスクの着用や早期のワクチン接種などで、予防に努めてほしい」としている。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 岡山県内に今季初インフル注意報 | 更新情報をチェックする

岡山ドレミの街でXマス楽しんで =「イオンモール岡山」もいいけど・・・岡山ドレミの街 と 駅前商店街も=

「イオンモール岡山」もいいけど・・・岡山ドレミの街 と 駅前商店街も

「イオンモール岡山」も少し、あきた?・・・!
岡山ドレミの街 と 駅前商店街も
「岡山ドレミの街でXマス楽しんで」 いいね!


老舗百貨店を“飲み込んだ”! “都市型イオンモール”の衝撃

/////
岡山ドレミの街でXマス楽しんで

岡山 駅前商店街 - Google News
Powered by RSSリスティング


/////
Enjoying X-Mas in the city of Okayama Doremi

JR Okayama commercial facilities "town of Doremi" (Okayama, Kita-ku, Station Town) is 13 to 25, open a Christmas event that decorate the corner of the store with candles and ceiling decoration.
The third floor event Square venue, production and about one thousand candles, Kagawa prefecture of artist Kamiiketakuya's using the "Mobile" in the ceiling decoration is a fantastic space. Local suppliers also opened in daily to the venue, I sell coffee and handmade goods.
14:00 to 7:00. Admission is free. 15,18,22 days rest for the replacement of the work. Inquiry Okayama Doremi town Management Center (086 226 1433).
/////

岡山表町商店街 - Google News
Powered by RSSリスティング


奉還町商店街 - Google News
Powered by RSSリスティング



岡山ドレミの街でXマス楽しんで

JR岡山駅前の商業施設「ドレミの街」(岡山市北区駅前町)は13~25日、店内の一角をキャンドルや天井飾りで彩るクリスマスイベントを開く。
 3階イベント広場を会場に、約1千本のキャンドルと、天井飾りの「モビール」を使って香川県在住の美術家カミイケタクヤさんが幻想的な空間を演出。会場内には地元業者も日替わりで出店し、コーヒーや手作り雑貨を販売する。
 午後2時~7時。入場無料。15、18、22日は作品の入れ替えのため休み。問い合わせは岡山ドレミの街マネジメントセンター(086 226 1433)。
/////
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


イオンモール岡山 地図

大きな地図で見る
/////
老舗百貨店を“飲み込んだ”! “都市型イオンモール”の衝撃
/////
老舗百貨店を“飲み込んだ”! “都市型イオンモール”の衝撃

 2014年12月5日、イオンモールが西日本の旗艦店と位置付ける「イオンモール岡山」が、JR岡山駅から徒歩5分の場所にグランドオープンした。

 実はこのイオンモール岡山は、数あるイオンモールの中でも異色の存在だ。同社がこれまで得意としてきた郊外ではなく、都市中心部の一等地に出店。建物は地下2階、地上8階建てで、郊外の広大な土地に巨大モールを出店してきた従来の流れとは一線を画する。


イオンモール岡山は地上8階建て。ショッピングモールというよりファッションビルのような外観だ

 中身も既存のイオンモールとは大きく異なる。モールの愛称として東京スカイツリータウンの「ソラマチ」ならぬ「ハレマチ」(岡山は「晴れの国」の異名を持つ)を掲げ、「2013年にオープンしたイオンモール幕張新都心では『モノ消費とコト消費の融合』をテーマにしたが、ここ岡山では文化や情報の発信基地を目指す」(イオンモールの岩本博専務)という。東日本の旗艦店である幕張新都心は郊外型イオンモールの集大成であるのに対し、岡山は新たな挑戦といえるだろう。

 年間の来場者数は2000万人。この数値には「遠方からの来場客は含んでいない」というが、山陽新幹線が停車し、山陰や四国方面との乗り換え拠点となっている岡山駅と地下道でつながっていることから、出張や観光で訪れたときに立ち寄るのも容易。実際、県外客を意識したと思われる店舗も多数出店している。

 はたして地元客以外も楽しめるのか? そして「都市型イオンモール」の目指す先は? 広大な店内を歩いてチェックした。


右の幹線道路はJR岡山駅前から岡山市役所へと続く「市役所筋」。道路の奥に山陽新幹線のホームが小さく見える



岡山駅とは地下街で直結している。地下2階部分にも入り口を設置し、雨の日でも濡れずに来店が可能だ

巨大な吹き抜け空間を作った狙いは?

 店内に入ってまず印象的なのは、その構造だ。

 建物中心部に1階から4階までの吹き抜け空間があり、それを取り巻くように店舗が並ぶサーキットモールとなっている。吹き抜けの1階部分は600平米あり、2000人が集まれるパブリックスペース。壁面には300インチの巨大スクリーンが設けられている。吹き抜けは上層へ行くに従って広がり、4階部分は1000平米に。吹き抜けに面した部分にはベンチやソファなどを1100席を配置し、どこからでも巨大スクリーンがよく見えるようになっている。



1階から4階までの吹き抜け空間「未来スクエア」。イベントなどが開催される



各階には未来スクエアを取り囲むようにベンチやソファなどを配置している

 店舗面積を犠牲にしてまで巨大な吹き抜けを作ったのは、情報発信のためだ。未来スクエア1階には商業施設としては全国初となる常設のインターネットテレビスタジオ「ハレマチスタジオ」を設置。ここから店内のイベント、店舗情報、エリアの情報を集めたインターネットテレビ「ハレマチTV」を発信し、館内に約50台設置されたデジタルサイネージのほか、イオンモール岡山のウェブサイトを通じて全国へと配信していく。イオンモール岡山のオンラインショッピングサイト「ハレマチオンライン」もオープン済みで、テナントのイオンモール岡山限定商品などを全国へ販売する仕組みも整えている。



本格的な放送機能を備えた「ハレマチスタジオ」。インターネット回線で番組を配信する

 6階にはさらに本格的なテレビスタジオ「OHKまちなかスタジオ<ミルン>」もある。岡山・香川県域のフジテレビ系列放送局・岡山放送(OHK)の報道・情報番組がここから放送される。しかもこのスタジオ、商業施設の片隅によくあるサテライトスタジオではない。テレビの制作部隊60人全員が、岡山市郊外の本社を引き払ってオフィスごと引っ越してきたのだ。商業施設に入居した地上波テレビ放送局は前例がない。

 スタジオは252平米。広いとはいえないが、スタジオの左右に夕方の情報番組「ミルンへカモン! なんしょん?」と夕方の報道番組「OHKスーパーニュース」のセットがそれぞれ置かれていた。商業施設のフロア構成に合わせているため、天井高は3.5メートルとテレビスタジオとしては異例の低さ。従来の照明だと出演者が熱さを感じるため、すべてLED化するなど工夫したという。

 また、館内11カ所に中継用のカメラ端子も設置し、番組内ではモール内のさまざま場所からの中継を織り交ぜる予定。OHKは前述のハレマチスタジオの運営も請け負っており、事実上、イオンモールと一体となって事業を展開していくことになる。放送の大半を東京キー局発の全国ネット番組に依存し、自社制作と言えば情報番組程度という地方局にとっては、新たなビジネスチャンスといえる。



岡山放送(OHK)のスタジオ「ミルン」。ガラス越しに番組の放送風景も見ることができる

 ショッピングモールとしては珍しい施設としてもう一つ挙げられるのが、「おかやま未来ホール」。600席あるシアター型の客席は電動で収納可能で、映画や演劇から会議までさまざまな用途に使えるホールだ。ハレマチスタジオを通じて館内のデジタルサイネージやネットテレビでの生中継も可能で、文化や情報発信の一端を担う予定だ。



600人収容できる「おかやま未来ホール」。館内のデジタルサイネージへの生中継もできる

観光客、出張客も楽しめる地元の「味」と「技」

 では、商業施設としての実力はどうか。テナント数は356店、うち岡山県初出店が238店。しかしそれ以上に特徴的なのは岡山県の地元企業が65店出店していることだ。これも、「情報や文化の発信」というコンセプトに沿ったものといえる。

 象徴的なのが、5階に設けられた「ハレマチ特区365」だ。ここは岡山のクリエイターが手掛ける逸品を取りそろえたゾーンで、常時70ほどの地元ブランドが並ぶ。実演販売も行われ、作る工程から体感できる。



岡山県のクリエーターが集まる「ハレマチ特区」。岡山県はジーンズの産地としても知られ、ファッションアイテムの実演販売も

 その隣にあるオーダーメードのシューズショップ「my shoes factory-haku89」も、岡山県で4店舗を運営する地元の中山靴店グループの運営。店内の工房で、注文からわずか30分で完成させるという今までになかった業態だ。靴が作られていく様子をガラス越しに見られるのも面白い。



注文から30分でオーダーメードシューズを作製。流れ作業の様子を見ることもできる

 食の分野でも岡山の有名店が多数出店。3階にデリ、5階にカフェの2業態を出店している「マルゴカフェ」は、東京・恵比寿にも進出済みの人気店だ。

 4階のフードコート「ハレマチキッチン」には、2013年のU-1グランプリで売り上げ1位になった岡山県・倉敷の「ぶっかけうどん ふるいち」、豚肉をウナギのようにかば焼きにした「かばくろ」、地ビール「独歩」や地酒が飲める「クラフトビアショップ独歩」も出店している。6階、7階のレストラン街「ハレマチダイナー」に店を構えた回転寿司店「鮨 いわ栄」は地元の人気店だが、郊外立地だったため地元民以外はなかなか味わうのが難しかった店。新幹線に乗る前に瀬戸内の新鮮な魚を堪能できるので人気を集めそうだ。


果物の名産地である岡山らしく、さまざまなフレッシュジュースを提供する「マルゴカフェ」





4階のフードコート「ハレマチキッチン」では、地元岡山の味を気軽に楽しめる。地ビールのスタンドが出店しているのは、マイカー以外でも訪れることができる駅チカの立地ならでは



6階と7階は「ハレマチダイナー」。デパートや駅ビルのレストラン街のような雰囲気。地元の人気回転ずし「いわ栄」は必食

雰囲気はまるで百貨店!? 編集型売り場からデパ地下まで

 ショッピングモールは通路の左右にテナントが独立して並んでいるのが一般的。だが、岡山駅側の通路については幅を17メートルと広めにとり、その中央にも編集型の売り場を設けている。

 例えば、1階はジュエリーやコスメのテナントが並ぶ「イオンモール岡山の顔」(岩本氏)としての役割を担う。こうした売り場構成にしたのは、左右両側から入りやすく、回遊性を高めるためだが、どことなく百貨店の売り場づくりにも通じるものがある。これはイオンの直営売り場にもいえ、一部のフロアは「既存店のような商品ごとの陳列ではなく、トータルコーディネートを提案する売り場構成にした」(イオン岡山店担当者)という。





百貨店のような編集型売り場を配置し、どこからでもテナントに入りやすくしている



イオン直営売り場「イオンスタイル」も従来とは大きく異なる構成。紳士服売り場ではトータルコーディネートを提案



雑貨売り場でもテーマごとの陳列に。ビジネスパーソン向けにオフィスで使える文具を並べたり、女性向けに北欧風の雑貨を集めていた

 さらに、モール内には本物の「デパ地下」もある。1階の「タカシマヤ フードメゾン岡山店」がそれで、「フォション」や「柿安ダイニング」など、百貨店ならではの31ブランドが集まっている。このフードメゾン業態は、すでに新横浜の駅ビル「キュービックプラザ新横浜」、高島屋グループが運営する「流山おおたかの森S・C」(千葉県流山市)にあり、百貨店外への出店は珍しいことではない。しかし、このイオンモールから歩いて2~3分の岡山駅前に既存店「岡山高島屋」があるにもかかわらず出店したのは驚きだ。

 岡山高島屋の田中良司社長は「当初は既存店とどうすみ分けるのかという議論もあった」と明かす。しかし最終的には「百貨店だからこそお願いできるブランド力の高い取り引き先に出店してもらい、ベストのものを作った」(田中氏)。そのため、多くのブランドが、実は駅前のデパ地下と重複しているという。


タカシマヤ フードメゾンは1階にあり、外から直接入ることも可能。ここだけ見れば百貨店だ


手前がタカシマヤ フードメゾンで、奥がイオンの食品売り場。今までになかった組み合わせ



店内はまさに「デパ地下」。イオンの食品売り場とは一線を画する品ぞろえだ

百貨店も無視できない年間来場客2000万人の威力

 なぜ、百貨店が競合となるはずのイオンモールの懐に飛び込んだのか。

 それは年間2000万人という予想来場客数のパワーだ。この数値は「大都市の百貨店でも上位に食い込むレベル」(岡山高島屋の田中社長)で、岡山県内だけでなく、中四国全域から客を集めると見られている。そのためには「郊外型のショッピングモールとは違うキャラクター作りが必要。そこで力になれると考え、全力投球した」と田中氏は話す。

 フードメゾンでデパートの上質さやブランド力を伝えることで、既存店にも立ち寄ってもらうのが戦略だという。たしかに、イオンモールの売り場構成は百貨店に似るが、服飾の高級ブランドは出店していない。その部分は高島屋と補完関係にあるともいえる。



岡山駅前に約40年前から店を構える岡山高島屋。右奥に見えるのがイオンモール岡山。歩いて3分程度しか離れていない

 商業施設内にホールや催事場を設け、文化や情報の発信基地になる――。この手法は、もともと百貨店の専売特許だった。「ビジネスマンやキャリアウーマンも訪れる駅前立地は、これまでのイオンモールとは違う。あらゆる世代が集まるクロスポイントだからこそ、こういった構成にした」とイオンモールの岩本氏は話す。百貨店のお株を奪い、取り込む。これが成功すれば、全国各地の都市部にもイオンモールが増殖していくかもしれない。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:20| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

<映画>岡山が舞台「でーれーガールズ」 主演・優希美青さんらトーク会 来年2月から全国上映 /岡山

<映画>岡山が舞台「でーれーガールズ」 主演・優希美青さんらトーク会 来年2月から全国上映 /岡山
////
Cast of Teen film of high school students who were on the stage of Okayama "Day Re over Girl" was open talk meetings in ion cinema Kita Shimoishii 1 Okayama. About 100 people visitors, was listened to such memories at the time of shooting.

"Day Re over Girl" is a novel of Maha Harada's writer is a graduate of the original Sanyo high school (Naka-ku Kadotayashiki 2). Of the 1980s Okayama is on stage, work that depicts the friendship between the girls and the classmates who have moved to Okayama from Tokyo.

In there was talk meetings this month the 6th, Yuki Yoshiao's (15) starring back "human regional me with care, gave me a Kibidango felt the warmth of memories. Okayama of people" was.

Also, I think another one of the heroine, Rika Adachi (22) "Okayama valve is similar to if you look only Kansai dialect and character, make a mistake many times the difference in intonation. But, the last was able to speak well. it looks like they're doing is a recent "Mon-ge" in Okayama, but smile and a "Day rate" I want also use "this movie machine. "We work to become feeling that I want to meet right now to an important person, ask want to look a lot of people," Yuki-san was talking to.

Sophomore Sanyo in women, which is annexed to flush with, Noriyo Mr. Konishi (13) will be referred to as appeared in the extra, it was nice to be seen, "the two people in the vicinity. My school becomes the stage, can also appeared was talk that it became the memories "Te.

"Day Re over Girl" preceding screened at ion cinema Okayama next year February 14. National screening begins at the same 21st.
////

 岡山を舞台にした高校生たちの青春映画「でーれーガールズ」の出演者が、北区下石井1のイオンシネマ岡山でトーク会を開いた。来場者約100人が、撮影時の思い出などに聴き入った。

 「でーれーガールズ」は、山陽女子高(中区門田屋敷2)の卒業生で作家の原田マハさんの小説が原作。1980年代の岡山が舞台で、東京から岡山市に引っ越してきた女子生徒とクラスメートとの友情を描いた作品。

 今月6日にあったトーク会で、主演の優希美青さん(15)は「地域の人が気を使ってくれ、きびだんごをくれたのが思い出。岡山の人の温かさを感じた」と振り返った。
優希美青さん スケッチ.jpg
優希美青さん スケッチ

 また、もう一人のヒロイン、足立梨花さん(22)は「岡山弁は関西弁と文字だけ見れば似ているが、抑揚の違いで何度も間違えた。でも、最後にはうまく話せたと思う。岡山では『もんげー』が最近はやっているみたいだが、この映画を機に『でーれー』も使ってほしい」と笑顔。
足立梨花さん スケッチ.jpg
足立梨花さん スケッチ

優希さんは「大切な人に今すぐに会いたいという気持ちになる作品なので、多くの人と見てもらいたい」と話した。

 同高に併設されている山陽女子中の2年生、小西規予さん(13)はエキストラで出演したといい、「2人を近くで見られてよかった。私の学校が舞台になり、出演もできて思い出になった」と話した。

 「でーれーガールズ」は来年2月14日にイオンシネマ岡山で先行上映。同21日に全国上映が始まる。
/////
桃瀬美咲さん スケッチ7.jpg
桃瀬美咲さん スケッチ
/////
岡山では『もんげー』が最近はやっている・・・・
「妖怪ウオッチ」の コマさん
妖怪.jpg
/////

西大寺会陽 ポスターでPR /<内田百ケン文学賞>最優秀に三ツ木さん 短編小説「漱石の忘れもん」 /岡山

西大寺会陽 ポスターでPR

/////
PR in Saidaiji meeting yang poster

Saidaiji meeting positive PR poster finished to be held in next year Saidaiji Kannon-in to February 21 (Okayama Higashi-ku, Saidaijinaka). To cleanse the mind and body before dropping of Hogi (faith), which is to bring good luck, turning young group of figure is set the shoulder, and decorated with photos entering the stiffness (stiffness) up field of Kannon-in precincts with increasing spray to have.
Saidaiji meeting yang Hosan Board made. Put the phrase "Okayama is odd festival of world that boasts", you are introduced that can be viewing in the seats (5,000 yen) and standing room (Thousands of yen 500 yen). Photo I chose from among Nakai Saburo's Kaihi photographers (68) = city = is about 2 thousand taken with students from their own holding courses.
Hosan Board is going to "Through some of uplifting posters, want to call the visitors also people have never seen a Kaihi".
B1-size (vertical 103 centimeters, next to 72 cm), there are two types of B3-size (vertical 51 cm, horizontal 36 cm), and producing a total of 2500 sheets. From November are overhang Saidaiji center, including the JR Saidaiji Station, the city's public facilities over the next year, it is sequentially Posted etc. Chugoku JR station.
/////
西大寺会陽 ポスターでPR

来年2月21日に西大寺観音院(岡山市東区西大寺中)で開かれる西大寺会陽のPRポスターが出来上がった。幸運をもたらすとされる宝木(しんぎ)の投下前に心身を清めるため、まわし姿の若者グループが肩を組み、水しぶきを上げながら観音院境内の垢離(こり)取り場に入る写真をあしらっている。
 西大寺会陽奉賛会が作った。「岡山が誇る天下の奇祭」というフレーズを入れ、指定席(5千円)や立ち見席(千円と500円)で観覧できることを紹介している。写真は会陽カメラマンの中井三郎さん(68)=同市=が自身の開催講座の受講生らと撮影した約2千枚の中から選んだ。
 奉賛会は「躍動感のあるポスターを通じ、会陽を見たことがない人にも来場を呼び掛けたい」としている。
 B1判(縦103センチ、横72センチ)、B3判(縦51センチ、横36センチ)の2種類があり、計2500枚を作製。11月からJR西大寺駅をはじめとする西大寺中心部に張り出されており、来年にかけて市内の公共施設、中国地方のJR駅などに順次掲示される。
//////
<内田百ケン文学賞>最優秀に三ツ木さん 短編小説「漱石の忘れもん」 /岡山

県と県郷土文化財団は10日、第12回内田百ケン文学賞の最優秀賞に中区平井、三ツ木茂(本名・森茂)さん(67)の短編小説「漱石の忘れもん」を選んだと発表した。優秀賞には、神奈川県鎌倉市、里海瓢一さん(53)の「夕凪から」▽石川県加賀市の畔地里美さん(63)の「硬い水」▽北区学南町、小田由紀子さん(54)の「字隠し」--3作品が選ばれた。

 三ツ木さんの受賞作「漱石の忘れもん」は、帝大生の夏目漱石が岡山に滞在していた秘話に、地方新聞社を定年退職した記者が迫るストーリー。幼い内田百ケン(栄造)が効果的に登場したり、伝承を聞き書きするスタイルで表現した点などが評価された。

 同文学賞は、岡山市出身の随筆家で小説家の内田百ケン(1889~1971)の生誕100年を記念して90年度に創設された。一時は、県の財政難のため作品募集を停止したこともあったが、随筆・短編小説の作品を全国から募集している。今回は306編の応募があり、1次、2次審査を経た10編を作家の小川洋子さん、奥泉光さん、平松洋子さんが最終審査した。来年3月に表彰式があり、最優秀賞100万円、優秀賞30万円が贈られる。また、4人の受賞作が1冊の作品集として出版される予定
//////

保育1960人分の受け皿不足 岡山市

保育1960人分の受け皿不足 岡山市

//////
Saucer lack Okayama childcare 1960 servings

Before the "child, child care support new system" that begins in 2015, Okayama showed the 11th, the city of childcare services supply and demand outlook from 2003 for five years. The first year for the use of the desired 16 403 people, acceptance frame stays in 14 443 persons, a shortage of saucer of 1960 persons. The city is in the 19th year of the last year in such new expansion of nursery you have to eliminate the shortage.
Supply and demand outlook is incorporate the draft of city children, child care support business plan, city Okayama kid training station has published in the City Council Health and Welfare Committee. Outlook was calculated on the basis of the questionnaire and population estimates that target the parents. Acceptance frame nursery, certified child Garden, was aggregate capacity prospect of regional type childcare facilities that keep the children in small groups unit.
Childcare is the lack of saucer against children need most 15 year, 16 year 1269 persons, 809 persons in fiscal 17, gradually decreases as the 2006 428 servings. The 19 year exceeded the supply and demand is, it is expected that the shortfall will be zero.
As shortfall solving method, the city proceed with such private construction of new public offering of nursery, transition to Yoho Federated certified child Garden of municipal kindergarten that capacity cracking policy. City children Planning and General Affairs Division is difficult new municipal facilities Given the "limited budget, want to create an environment all the students who wish to be placed in a nursery by or to take advantage of the existing facilities to rent a power of the private sector Let me be. "
City 15 days to next year January 14, for the preliminary draft of the city child, child care support business plan solicit the opinions of citizens. Inquiry same division (086 803 1220).
/////
保育1960人分の受け皿不足 岡山市

2015年度に「子ども・子育て支援新制度」が始まるのを前に、岡山市は11日、15年度から5年間の市内の保育サービス需給見通しを示した。初年度は1万6403人の利用希望に対し、受け入れ枠は1万4443人分にとどまり、1960人分の受け皿が不足する。市は保育園の新増設などで最終年度の19年度には不足を解消するとしている。
 需給見通しは市子ども・子育て支援事業計画の素案に盛り込んでおり、市岡山っ子育成局が市議会保健福祉委員会で公表した。見通しは保護者を対象にしたアンケートと人口推計を基に算出した。受け入れ枠は保育園、認定こども園、少人数単位で子どもを預かる地域型保育施設の定員見込みを集計した。
 保育が必要な児童に対する受け皿の不足は15年度が最も多く、16年度1269人分、17年度809人分、18年度428人分と徐々に減少。19年度には供給が需要を上回り、不足分はゼロになると見込んでいる。
 不足分の解消策として、市は私立保育園の新増設の公募、定員割れしている市立幼稚園の幼保連携型認定こども園への移行などを進める方針。市こども企画総務課は「限られた予算を考えると市立施設の新設は難しいが、民間事業者の力を借りたり既存施設を活用したりすることで希望者全員が保育園に入れる環境を整えたい」とする。
 市は15日~来年1月14日、市子ども・子育て支援事業計画の素案について市民の意見を募る。問い合わせは同課(086 803 1220)。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 保育1960人分の受け皿不足 岡山市 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。