2014年12月14日

イオンモール岡山 と 岡山駅前商店街「桃太郎市/ももたろういち」 に行こう!

イオンモール岡山 と 岡山駅前商店街「桃太郎市/ももたろういち」 に行こう!

「イオンモール岡山」もいいけど、「岡山駅前商店街」も面白いね!

「桃太郎市」やってる!(岡山ビックカメラ 方面) 

(選挙に行ってね! )
/////
イベント
/////
岡山駅前商店街「桃太郎市」

毎月第2日曜に岡山商店街で開催されている「桃太郎市」は、体験型の市です。販売するものだけではなく、岡山にちなんだ体験をしてもらおうと、備前焼のろくろ体験等を実施しています。

家族みんなで遊びたい。だけど近場にもう行き飽きてしまった・・・。そんなお母さんに注目!!近場なのにここでしか手に入らない美味しい物が食べられて、しかも大人も子供も家族みんなで楽しめる!そんなイベントです。

開催場所 岡山駅前商店街
開催時間 毎月第2日曜
10:00~16:00
交通アクセス 岡山駅から徒歩5分
主催/お問い合わせ 桃太郎プロジェクト実行委員会
TEL:086-225-2785

桃太郎市は大きな1つのコンセプトと3つのテーマを掲げ、岡山駅前商店街に誕生しました。
『 地域にあるものを活かし、地域の良さを伝える 』という基本コンセプト、
そして、それを実現していくための桃太郎市の3つのテーマ
『 中心市街地の活性化 』 『 地産地消 』 『 被災者支援 』
“地域全体が元気に活気溢れる街になる”
そんな地域を目指し、私たちは毎月第2日曜日に『 桃太郎市 』を開催しています。
/////

ion スケッチ.jpg
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


岡山 駅前商店街 - Google News
Powered by RSSリスティング

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

シーガルズ、決勝進出逃す 岡山

シーガルズ、決勝進出逃す 岡山
シーガルズ セッツター 宮下.jpg

シーガルズ アタッカー 山口.jpg
/////
Seagulls, miss finals Okayama

Volleyball Emperor's Cup, Empress Cup All-Japan Championships fourth day

the 13th, men and women at Tokyo Metropolitan Gymnasium

Semi-final is made of, Okayama Seagulls of previous second place in the

women's and Sekihai 2-3 to Hitachi, 2

Consecutive year of finalists had. 3 aims to consecutive Hisamitsu N in

swipe of Ishii et al.

I was victory at 3-0 in the EC.
Bye boys is Panasonic before last victory, the quarter-finals by

participation declined Toray

The Toyoda Gosei wanted was I beat straight. JT defeated the Sakai 3-1,

determined in 4 tournament the first time

I proceeded to piece to win.
14 days last day, girls Hisamitsu - Hitachi, men of Panasonic -JT card

In there is a final.
▽ Women's semi-final Hitachi 3-2 Okayama Seagulls 31-29 25-27 23-25 25-

21 15-10
[Evaluation] of Okayama Seagulls dropped the fourth set that was greeted

with set count 2-1

It was painful. 20-18 and have been lead, Sasaki from here, swipe of

Heihe block

I was Sogare momentum in such five consecutive runs are hampered in.

Fifth set in rally from 5-6 attack

Is not fully decided to attack, it was exhaustion spread to 4 point

difference. Kawabata Ira offense of movement is heavy, phase

Suffering team attack decision rate in the hands of defensive tenacity

sank to 26, 5%.
Hitachi side attack function you have to decoy the Paolini. Of 31 score

Sasaki, 24

Uchiseto these scores were decided well at strategic points.
/////
シーガルズ、決勝進出逃す 岡山

バレーボールの天皇杯・皇后杯全日本選手権第4日は13日、東京体育館で男女

の準決勝が行われ、女子で前回2位の岡山シーガルズは日立に2—3で惜敗し、2

年連続の決勝進出はならなかった。3連覇を目指す久光製薬は石井らの強打でN

ECに3—0で快勝した。
 男子は前々回優勝のパナソニックが、東レの出場辞退により準々決勝が不戦勝

だった豊田合成をストレートで下した。JTは3—1で堺を破り、4大会ぶりに決

勝に駒を進めた。
 最終日の14日は、女子が久光製薬—日立、男子はパナソニック—JTのカード

で決勝がある。
 ▽女子準決勝日立3—2岡山シーガルズ31—29 25—27 23—25 25—

21 15—10
 【評】岡山シーガルズはセットカウント2—1で迎えた第4セットを落としたの

が痛かった。20—18とリードしたが、ここから佐々木、黒河の強打がブロック

に阻まれるなど5連続失点で勢いをそがれた。第5セットも5—6からラリーで攻

撃を決めきれず、4点差に広げられ力尽きた。川畑愛ら攻撃陣の動きが重く、相

手守備の粘りにも苦しみチームアタック決定率は26・5%に沈んだ。
 日立はパオリーニをおとりにしたサイド攻撃が機能。31得点の佐々木、24

得点の内瀬戸らが要所でよく決めた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | シーガルズ、決勝進出逃す 岡山 | 更新情報をチェックする

<衆院選>きょう14日投開票 論戦を市民はどう評価? =衆院選 岡山5選挙区14人に審判

<衆院選>きょう14日投開票 論戦を市民はどう評価?

最新ニュース速報 政治(選挙)
/////
today the 14th Tokaihyo debate civil How evaluation?


47th general election 14 days is Tokaihyo. While the Liberal Democratic

Party has been positioned as a vote of confidence in the election of the

Abe administration to economic policy "Abenomics", such as opposition

Democratic Party challenged the debate and try to change the composition

of the "Liberal Democratic Party 1 Strong" in the National Assembly.

While dominant ruling party is transmitted from early in the situation

investigation, such as Mainichi Shimbun, impact on whether the 59.32% of

the post-war lowest in the last election of December 2012 turnout that

was recorded (small constituency) copper to change the results but

likely. Many are found early in the morning the 15th.

Small constituency 295, each party is vying for a total of 475 seats in

the proportional representation 180. Candidates small constituency 959

people, a total of 1191 people who proportional representation 232

(excluding duplicates candidacy). Each party officials complained of

support up to 13 day and night of the election campaign last day.

Prime Minister Shinzo Abe of the Liberal Democratic Party started "last

appeal" in Tokyo Akihabara Station. Akihabara select the final speech

destinations in the '12 election and the upper house election last year,

lucky location that lead to victory. Prime Minister "continue to strongly

productivity and competitiveness of enterprises. Provided so empowered,

to increase the employment, we will raise the wages" and highlighted the

achievements that have been working in the economy top priority. The

former Democratic administration repeatedly criticized the "failure", and

called it "not go absolutely To not turn the tide."

Natsuo Yamaguchi representative of New Komeito performs the last speech

in Tokyo Ikebukuro Station, "It's just one of the political party that

has continued to appeal the introduction" for the reduced tax rate to

reduce the consumption tax rate of daily necessities and claims.

Collective right of self-defense exercise tolerance such as Abe

administration security policy in mind "exclusively defensive posture,

but that defended the pacifism Komeito. As long as there Komeito in the

ruling party, Japan's road will not be mistaken," said the regime I

appeal to "brake role" in.

Banri Kaieda representative of the Democratic Party, in Tokyo and

Shinjuku Station's own election wards "Prime Minister" say this road

there is only ", but it is belief. Keep saying white patience even if the

strict life of people convinced" I was focused on the regime and

criticism. The party is sluggish in the situation investigation, Kaieda

said, "It's milestone to become party to take the big play to government.

Now it is time to change the flow" tried to conversion of hard aspects

with.

Stressed that Kenji Eda joint representative of the party of the Meiji

Restoration in Yokohama Asahi-ku "When occupied by the Liberal Democratic

Party alone 2/3 of the House of Representatives who also becomes abnormal

situation that can not be multiplied by the stop." Such as

parliamentarians of constant reduction and complained of a need for

"reform to cut yourself."

Argued that Hiranuma Takeo leader of the next generation of Party "create

a Japan that live with peace of mind rich in our subsequent Japanese" in

Okayama Prefecture Tsuyama. Kazuo Shii chairman of the Communist Party is

called "It is the Communist Party are you showdown from the front to the

runaway of the Abe administration" in Kawagoe, Saitama Prefecture,

complained of a consumption tax increase abort.

Ozawa Ichiro representative of the party of life in Iwate Prefecture Oshu

"Abe politics I while to painful the people's lives. It must be changed

to anyway," said speech. Tadatomo Yoshida leader of the Social Democratic

Party criticized the "is good whether. Politics does not change if you do

not reduce the seats of the Liberal Democratic Party continues to

authoritarian political," said Abe administration in Oita city. Arai

Hiroyuki representative of New Renaissance Party complained of support in

the downtown of Tokyo.

Voting takes place 7:00 to 20:00, except for some areas in the nation 48

620 places. Is also carried out public review of five Supreme Court

judges
/////
<衆院選>きょう14日投開票 論戦を市民はどう評価?


第47回衆院選は14日、投開票される。自民党が今回の選挙を安倍政権の経済

政策「アベノミクス」への信任投票と位置付けたのに対し、民主党など野党は国

会での「自民1強」の構図を変えようと論戦を挑んだ。毎日新聞などの情勢調査

で序盤から与党優勢が伝えられる中、2012年12月の前回選挙で戦後最低の

59.32%(小選挙区)を記録した投票率がどう変化するかが結果に影響しそ

うだ。15日未明に大勢が判明する。

 小選挙区295、比例代表180の計475議席を各党が争う。候補者は小選

挙区959人、比例代表232人(重複立候補を除く)の計1191人。各党幹

部らは選挙戦最終日の13日夜まで支持を訴えた。

 自民党の安倍晋三首相は東京・秋葉原駅前で「最後の訴え」に臨んだ。秋葉原

は12年衆院選と昨年の参院選でも最終演説地に選び、大勝につなげた縁起のい

い場所。首相は「企業の生産性や競争力を強くしていく。もうける力をつけ、雇

用を増やし、賃金を上げていく」と経済最優先で取り組んできた実績を強調。か

つての民主党政権を「失敗」と繰り返し批判し、「流れを変えるわけには絶対に

いかない」と呼びかけた。

 公明党の山口那津男代表は東京・池袋駅前で最後の演説を行い、生活必需品の

消費税率を抑える軽減税率について「導入を訴え続けてきたただ一つの政党だ」

と主張。集団的自衛権の行使容認など安倍政権の安全保障政策を念頭に「専守防

衛、平和主義を守り抜いたのが公明党だ。与党に公明党がいる限り、日本の道は

誤ることはない」と政権内での「ブレーキ役」をアピールした。

 民主党の海江田万里代表は、自身の選挙区内の東京・新宿駅前で「首相は『こ

の道しかない』と言うが、思い込みだ。思い込んで人々の暮らしが厳しくなって

も我慢しろと言い続ける」と政権批判に重点を置いた。同党は情勢調査で伸び悩

んでおり、海江田氏は「大きく再生し政権を奪取する政党になる一里塚だ。今が

流れを変えるときだ」と懸命に局面の転換を図った。

 維新の党の江田憲司共同代表は横浜市旭区で「衆院の3分の2を自民党単独で

占めると誰もストップをかけられない異常事態になる」と強調。国会議員の定数

削減など「身を切る改革」の必要性を訴えた。

 次世代の党の平沼赳夫党首は岡山県津山市で「われわれに続く日本人が豊かで

安心して暮らせる日本をつくる」と主張。共産党の志位和夫委員長は埼玉県川越

市で「安倍政権の暴走に正面から対決しているのが共産党だ」と呼びかけ、消費

増税中止を訴えた。

 生活の党の小沢一郎代表は岩手県奥州市で「安倍政治は国民生活を苦しくさせ

る一方だ。なんとしても変えなければならない」と演説。社民党の吉田忠智党首

は大分市内で「強権的な政治を続けていいのか。自民党の議席を減らさないと政

治は変わらない」と安倍政権を批判した。新党改革の荒井広幸代表は東京都内の

繁華街で支持を訴えた。

 投票は全国4万8620カ所で一部地域を除いて午前7時から午後8時まで行

われる。最高裁の裁判官5人に対する国民審査も実施される
/////
衆院選 岡山5選挙区14人に審判

安倍政権の評価を問う衆院選は14日、投開票される。県内5小選挙区に立候補している14人は、選挙戦最終日の13日、住宅街を選挙カーで細かく回って懸命に支持を訴えたり、休日の人出を狙って商店街でパレードしたりして「あと一票」の上積みに最後の力を振り絞った。12日間にわたった師走の政治決戦は幕を閉じ、有権者の審判を待つばかりとなった。

■1区■
 高井崇志氏は岡山市中心部を遊説。JR岡山駅前の集会で「自民党が圧勝すれば、原発を明日にでも再稼働してしまう。それでもいいのか」と力説した。
 向谷千鳥氏は同市街地でマイクを握り、集団的自衛権の行使容認について「米国と海外で戦争することだ。子や孫を戦場に送ってはならない」と訴えた。
 逢沢一郎氏は表町商店街をパレード。百貨店前では「好循環の日本経済をつくり上げる。中心部を元気にする政策づくりの先頭に立つ」とアピールした。

■2区■
 山下貴司氏は岡山、瀬戸内、玉野市を回り、最後の訴え。「安定した政権の中で岡山を発展させたい」と強調し、出迎えた支援者と握手した。
 津村啓介氏は無党派層の獲得に主眼を置いて岡山市を回り、「この激戦区から国会へと送ってほしい」。社会保障の充実や子育て支援の強化を主張した。
 井上素子氏は、選挙カーで地元の玉野市から岡山市に入り、演説を繰り返した。同市内のスーパー前では「選挙で政治を変えよう」と力を込めた。

■3区■
 阿部俊子氏は美作、津山市であいさつ回りや遊説をこなした。同市内でマイクを握り「地方創生の声を作州、津山から上げていく」と述べた。
 古松国昭氏は津山市内に絞って遊説。同市久米支所前では「消費税10%を中止し、国民の暮らしや経済を立て直す」と声を張り上げた。
 平沼赳夫氏は次世代の党の党首として全国各地で他候補の応援を終え、地元入り。津山市内の街頭で「地域が潤う経済政策を断固やっていく」と訴えた。

■4区■
 柚木道義氏は民主党参院議員らと遊説。倉敷市内のスーパー前では「平和憲法を変える流れを阻止しよう」と述べ、反自民党勢力の必要性を強調した。
 橋本岳氏は同市内の住宅街で「日本は動きだしている。時代を戻すわけにはいかない」と力説。自民県議らと選挙区内を一巡し、政権継続を訴えた。
 垣内雄一氏は共産党の政策をアピールしながら選挙カーを走らせた。同市水島地区では「正社員が当たり前の働くルールをつくる」と支持を求めた。

■5区■
 美見芳明氏は倉敷市真備町、同船穂町、総社市を遊説。真備町の道路沿いでは「国民の平和と暮らしを守る政治に転換させよう」と演説した。
 加藤勝信氏は選挙カーで高梁市以南を回り「景気回復の流れを岡山に持ってくる」と力を込めた。総社、笠岡市の中心部をパレードして締めくくった。
/////
NHKニュース 政治
Powered by RSSリスティング

読売新聞 選挙
Powered by RSSリスティング

政治 - 朝日新聞デジタル
Powered by RSSリスティング

毎日新聞 - ニュース速報(総合)
Powered by RSSリスティング


毎日新聞 選挙
Powered by RSSリスティング


政治:速報 東京新聞
Powered by RSSリスティング


日本経済新聞 - Google News
Powered by RSSリスティング

/////

「地域包括ケア」待ったなし 岡山県医師会

「地域包括ケア」待ったなし 岡山県医師会
//////
"Regional Comprehensive Care" No Matta Okayama Prefecture Medical

Association

Provide integrally medical and welfare services in the region is

considered a "comprehensive community care system"

That lecture organizers such as Okayama Prefecture Medical Association

and "No Matta!
Citing all Okayama collective effort to care from Regional Comprehensive

Care acute-chronic medical "is 1

The 3rd, I was held in Okayama hygiene Hall of Naka-ku Furugyo-cho,

Okayama.
Regional comprehensive care system, forever live in areas where the

elderly et al dear old

Mechanism that provides integrally a cormorant medical and nursing care

support and service. Country baby boomers 75

With the goal of 2025 to be a more than year-old, with the aim of system

construction in accordance with the characteristics of the region

There.
There is a symposium titled "Toward the realization of comprehensive

community care", hospital, special nutrient

Protect nursing home, visiting nursing station, representatives seven,

such as care managers Ya status quo

Report challenges. "The importance of home care and nursing care growing

more future", "a variety of industries, job

Effectively leverage the resources is now also to compensate for the

mutual understanding is essential "" shortage between species

Opinion, such as should use "came out.
About 400 people attended. There was also a special lecture by Tanaka

Shigeru Keiogijukudai professor emeritus.
//////
「地域包括ケア」待ったなし 岡山県医師会

地域で医療や福祉サービスを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」を考え

る岡山県医師会など主催の講演会「待ったなし!
 地域包括ケア 急性期・慢性期医療から介護までオール岡山総力を挙げて」が1

3日、岡山市中区古京町の岡山衛生会館で開かれた。
 地域包括ケアシステムは、高齢者らが住み慣れた地域でいつまでも暮らせるよ

う医療や介護支援・サービスを一体的に提供する仕組み。国は団塊の世代が75

歳以上となる2025年を目標に、地域の特性に応じたシステム構築を目指して

いる。
 「地域包括ケアの実現へ向けて」と題したシンポジウムがあり、病院、特別養

護老人ホーム、訪問看護ステーション、ケアマネジャーなどの代表7人が現状や

課題を報告。「在宅医療・介護の重要性は今後一段と高まる」「多様な業種、職

種間の相互理解が欠かせない」「人材不足を補うためにも今ある資源を有効に活

用すべき」などの意見が出た。
 約400人が聴講。田中滋慶応義塾大名誉教授による特別講演もあった。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 「地域包括ケア」待ったなし 岡山県医師会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。