2014年12月25日

クリスマスに「イオンモール岡山」を考える  “黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ 

クリスマスに「イオンモール岡山」を考える  “黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ

岡山出身の岡崎双一・イオンモール社長の「誠意」!?

(注意: 現状の状態である。未来は、変わる可能性はある。)
現状、「イオンモール岡山」に人は集まるが、周辺までの波及効果はない。「回遊性」は、みられない。

どこかで、聞いたような・・・ そうか 「アベノミクス」「安倍ノミクス」と同じ構造があるかもしれない。
そう、現状は、「アベノミクス」の「トリクルダウン」と同じだ。
アベノミクス トリクルダウン.jpg

(私は、「アベノミクス」の方向性は、賛成だが、現状の「第三の矢」の実行性が見えないのは残念です。そのような意味では、「アベノミクス」は反対ではないが、現状、信用できない。)

岡山市の回遊性へ施策や「イオンモール岡山」と「商店街」等の協定・連携に期待したいが、その効果は、現状みられない。人の流れをつくる仕掛けの「回遊性」、お金の流れをつくる「アベノミクス」どちらもうまく行って欲しい。
//////
Hon'i local economy of "Black Ships ion", to symbiosis from conflict

Ion is multiplied by the company's prestige, I opened the city Station shopping mall in Okayama. Ions which are ridiculed and Black Ships from local business community, for inclusion in a big way is "regional coexistence". Success or failure in Tianjin, the divine also to the future of the regional cities of the future.

December 5 hectic atmosphere began to drift into the town of Shiwasu, to JR Okayama Station, commercial facilities newly opened that dominate the topic of this place local residents.

"Aeon Mall Okayama". There from the east exit of Okayama Station Shinkansen stop at just a 5-minute walk, total leased area in the two-storey above ground 8 basement is 92,000 square meters. Ion of huge distribution group, it's a large shopping mall for the first time in earnest maker in the previous station of regional hub city. Before opening the 7300 people were without a matrix.

That day, was lined with eminent members in opening ceremony which was held at the hotel. Okayama prefectural governor and Okayama Mayor on stage one after another, I will continue to showcase the speech that was hopefully to the ion Mall.

Then, in the ceremony, there was originally also figure of was not the person in attendance list. Okada bundling ion group Motoya president, but that person.

The attendance of President Okada was decided just a few days before the opening. Okada president himself not only decided to attend the ceremony, also on a document of greeting that read aloud at the ceremony, plus his own hand.

"Aeon Mall in Okayama, was born also 65 stores employment of local businesses Contains .4000 people"

And was stressed that until then rework, it was a contribution and cooperation to Okayama economy.

In the vicinity of Okayama station, there are three commercial agglomerations roughly.

The first is, the station area centered Takashimaya, consumer electronics retailer of Bic Camera, the "best city" in the underground mall department stores. Here, there is also a shopping street of the region called "Station mall" in local.

Second, Omote-machi shopping street in the east from the station about 1km. In the heart of the era that flourished as a castle town of Okayama Castle, is here local capital of long-established department store, Tenmaya also. And the third is, but Hokan-cho shopping district in the west across the station.

Aeon Mall Okayama is in the right direction out of the east exit of the station. Hokan-cho, and shopping district of west entrance, not to mention the Omote-machi shopping street with a little distance, even in the same east exit station area, if the "best city" of underground shopping center that is directly connected to the ion, with the exception of ions from the station the flow of people towards the is different from that of Takashimaya and Station shopping district.

"If we ion, or not than will be no people from other regions." Immediately after the opening of the ion has been published, such concern was strong.

Of more normal times "earthmoving"

Black Ships invasion ──. When the ions to advance to the district, this expression has often been used. The ions that have built a huge facility Japan, seen from such local mall and destroyer of the local economy, because was not less likely antagonize.

Of course, there is no possibility that the ion itself so far showed hostility to overtly local merchants. But, as this time of Okayama, also true that never showed the friendly relationship with the local.

The Takeda Hisakazu general manager in charge of coordination with local has Okayama filled, the two and a half years before the opening. Normally, ion mall is to be opened in about one year from the planning of store openings, over the more than twice the time in Okayama, it has been the earthmoving.

"Does not mean it was relationship and people of local shopping street, from the beginning," Let's shake hands, "" and Takeda general manager recalled. But it has deepened patiently relationship with local officials.

Himself Okazaki bilinear ion Mall president born in Okayama, visit the local for many times consultation. From another municipality chiefs who had promoted the store opening plans in the past, "executive class is not come even once, there was no good faith" and is sometimes referred to as the attitude, it seems to have differed greatly.

The glimpse consideration to the region, it's congestion measures. Okayama Station is due to the narrow, one-way many roads, easy congestion occurs. Ions, from the pre-open period intended for the local residents, has been repeated publicity to the effect that I want you to refrain from coming to a store in private cars.

Junko Fujiwara who visited the ion to December 5 the official opening (58 years), If you come by car at the time of the "pre-open, I'll I had been careful went by train, if possible. There is also parking fee are, speak and "just because it may be congestion.

Both Okayama prefectural police and Okayama City Hall, discuss countermeasures from about two years ago. Parking several places of municipal, in addition the customer to the mall has to be able to use, and provide such services to the shipping if shopping for more than 10,000 yen free. I made a mechanism that is easy public transport.

"Big traffic jam did not see. I want to thank everyone of media and stakeholders." At a press conference held on the first day of opening, Okazaki president of Aeon Mall said so very beginning.

Aeon Mall Okayama, store configuration also a different color. Of the 356 stores of specialty store in the mall, 65 shop Okayama Prefecture of companies. In other words, less than 20% of the total and it comes to local businesses. But can not be stated for not taking out the the "local ratio" do this in other facilities, ion official also opened number of local businesses, that's a size not in the percentage of the entire past of.

Reference
This time, ion why was blurring the consideration of the local up to here. Detailed background the company has been forced to make a decision, please refer to the special report of the Nikkei business December 22, 2014 issue.
//////
“黒船イオン”の翻意  地方経済、対立から共生へ 

イオンが同社の威信をかけ、岡山に都市駅前型のショッピングモールを開いた。地方の経済界から黒船と揶揄されるイオンが、大々的に掲げるのは「地域共生」。転身の成否は、今後の地方都市の未来までも占う。

師走の慌ただしい雰囲気が街中に漂い始めた12月5日、JR岡山駅前に、このところ地域住民の話題を独占している商業施設が新規開業した。

 「イオンモール岡山」。新幹線が停車する岡山駅の東口から徒歩わずか5分のところにあり、地上8階地下2階建てで総賃貸面積は9万2000平方メートル。巨大流通グループのイオンが、地方中核都市の駅前で初めて本格的に手掛ける大型ショッピングモールだ。開店前には7300人が行列をなした。

 その日、館内で開かれた開業セレモニーにはそうそうたるメンバーが並んでいた。岡山県知事や岡山市長らが次々に登壇し、イオンモールへの期待を込めたスピーチを披露していく。

 そして、そのセレモニーには、もともと出席リストになかった人物の姿もあった。イオングループを束ねる岡田元也社長、その人だ。

 岡田社長の出席が決まったのは開業のわずか数日前。岡田社長自身がセレモニーへの出席を決断しただけでなく、式典で読み上げる挨拶の原稿にも、自ら手を加えた。

 「イオンモール岡山には、65店の地元企業が入っています。4000名の雇用も生まれました」

 手直ししてまで強調したのは、岡山経済への貢献と連携だった。

 岡山駅の周辺には、大きく分けて3つの商業集積地がある。

 1つめは、百貨店の高島屋、家電量販店のビックカメラ、地下街の「一番街」を中心とする駅前地域。ここに、地元で「駅前商店街」と呼ばれる地域の商店街もある。

 もう1つは、駅から1kmほど東にある表町商店街。岡山城の城下町として栄えた時代の中心地で、地元資本の老舗百貨店、天満屋もここにある。そして3つめが、駅を挟んで西側にある奉還町商店街だ。

 イオンモール岡山は駅の東口を出て右手方向にある。西口の奉還町商店街や、少し距離のある表町商店街は言うに及ばず、同じ東口駅前エリアでも、イオンと直結している地下街の「一番街」を例外とすれば、駅からイオンへと向かう人の流れは、高島屋や駅前商店街のそれとは異なる。

 「イオンができれば、ほかの地域から人がいなくなるのではないか」。イオンの出店が公表された直後、そうした懸念は強かった。

通常の倍以上の「地ならし」

 黒船襲来──。イオンが地方に進出する際、この表現がしばしば用いられてきた。日本全国に巨大施設を築いてきたイオンは、地元の商店街などから地域経済の破壊者と見られ、反感を買うことが少なくなかったからだ。

 無論、これまでにイオン自身があからさまに地域商業者に対する敵意を示したことはない。だが、今回の岡山ほど、地元との関係に配慮を見せたことがないのも事実だ。

 地域との調整を担当した武田久和ゼネラルマネージャーが岡山入りしたのは、開店の2年半前。通常、イオンモールは出店の計画を立ててから約1年で開業させるが、岡山では倍以上の時間をかけて、地ならしをしてきた。

 「地元商店街の方々と、初めから『握手しましょう』という関係だったわけではない」と武田ゼネラルマネージャーは振り返る。だが根気よく地元関係者と関係を深めてきた。

 岡山出身の岡崎双一・イオンモール社長も自ら、幾度となく協議のために現地を訪問。過去に出店計画を進めていた別の自治体首長から、「幹部クラスは一度も来ず、誠意がなかった」と言われることもある態度とは、大きく異なったようだ。

 地域への配慮が垣間見えるのが、渋滞対策だ。岡山駅前は道幅が狭く、一方通行も多いため、渋滞が起こりやすい。イオンは、地域住民を対象とした事前オープン期間から、自家用車での来店を控えてほしい旨の広報宣伝を繰り返してきた。

 正式開業の12月5日にイオンを訪れた藤原順子さん(58歳)は、「事前オープンの時に車で来たら、できれば電車を利用してって注意されちゃったわよ。駐車料金もあるし、渋滞するかもしれないからって」と話す。

 岡山県警や岡山市役所とも、2年ほど前から対応策を協議。市営の駐車場数カ所を、モールへの客が利用できるようにしたほか、1万円以上の買い物をすれば送料を無料にするサービスなどを提供。公共交通を利用しやすい仕組みを作った。

 「大きな交通渋滞は見られませんでした。メディアや関係者の皆様に感謝したい」。開店初日に開かれた記者会見で、イオンモールの岡崎社長は開口一番そう述べた。

 イオンモール岡山は、店舗構成も異色だ。モール内にある356店の専門店のうち、65店が岡山県の企業。つまり、全体の2割弱が地元企業ということになる。ほかの施設ではこうした“地元比率”を出していないために明言はできないが、イオン関係者は地元企業の出店数も、全体に占める割合も過去にない大きさだという。

参考
今回、イオンはなぜここまで地元への配慮をにじませたのか。同社が決断を迫られた詳しい背景は日経ビジネス2014年12月22日号のスペシャルリポートをご覧ください。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

岡山駅南地下道歩行者 休日90倍 =イオンモール岡山= /岡山の課題 岡山県の観光 “独り負け”立て直さねば

岡山駅南地下道歩行者 休日90倍 =イオンモール岡山=

「イオンモール岡山」との連携 や 回遊性の施策は?

今のところ、「恐れていた市中心部の深刻な渋滞は現時点では避けられている」
TVニュースによれば、
周辺の「岡山駅前商店街」や「表町商店街」の客足は、1割から2割ほど減少しているという。
ある「岡山駅前商店街」の店主は、飲食業を営んでいるが、新しく、ある野菜や魚介類の卸業を始めた。
「イオンモール岡山」と「岡山駅前商店街や奉還町商店街」は、連携をしているが、今のところ、「回遊性」の効果はない。客足の減少だけでなく、新規の客の減少、売上げも1割から2割ほど減少している。
という。

/////
Okayama Station south underpass pedestrian holiday 90 times = ion Mall Okayama =

Okayama was published on the 24th, Aeon Mall Okayama (city, Kita-ku, Shimoishii) preliminary figures of two points in the car and human traffic investigation of peripheral that was carried out after the opening of. Same mall and JR Okayama Station south underpass connecting Okayama Station pedestrian is compared with the previous same mall opened, about 90-fold in the holiday, was increased to about 40 times on weekdays. Car of city hall muscle holiday 1-1 times, was a weekday 1, 3 times.
Because survey to grasp the congestion situation after the mall opened, the city and the Ministry of Land, Infrastructure and Transport Okayama national highway office was carried out city hall muscle and prefectural street such as nine locations in 18 (weekdays) and 21 days (holiday).
Same underpass pedestrian (9:00 to 18:00) to 553 people holiday in the investigation of the March, but was weekday 534 people, about 40 009 thousand people after opening a holiday, and about 20 002 thousand people on weekdays I was greatly extended.
June-July of 22,754 units a holiday in the survey, weekdays 22 621 units was the City Hall muscle car (7:00 to 19:00) This time, about 20 005 thousand units holiday, was about 30,000 on weekdays was.
At a press conference of Masao Mayor Omori the 24th "severe congestion of the city center was afraid have been avoided at this time" is defined as a person to visit by using public transport, such as railway as a factor is the large I showed the recognition. However, it was in consideration of the New Year of turnout call that "I want to continue to use the public transportation."
City such as advancing an aggregate of definite value, including the other seven locations. Next year I conducted a similar survey in January.
/////
岡山駅南地下道歩行者 休日90倍 =イオンモール岡山=

岡山市は24日、イオンモール岡山(同市北区下石井)の開業後に実施した周辺の車や人の通行量調査で2地点の速報値を公表した。同モールとJR岡山駅を結ぶ岡山駅南地下道の歩行者は同モール開業前と比べ、休日で約90倍、平日で約40倍に増えた。市役所筋の自動車は休日1・1倍、平日1・3倍だった。
 調査は同モール開業後の混雑状況を把握するため、市と国土交通省岡山国道事務所が市役所筋や県庁通りなど9カ所で18日(平日)と21日(休日)に実施した。
 同地下道の歩行者(午前9時~午後6時)は3月の調査で休日553人、平日534人だったが、開業後は休日約4万9千人、平日約2万2千人と大幅に伸びた。
 6~7月の調査で休日2万2754台、平日2万2621台だった市役所筋の自動車(午前7時~午後7時)は今回、休日約2万5千台、平日約3万台だった。
 大森雅夫市長は24日の記者会見で「恐れていた市中心部の深刻な渋滞は現時点では避けられている」とし、要因として鉄道などの公共交通機関を利用して来店する人が多いとの認識を示した。ただ、年末年始の人出を考慮し「引き続き公共交通を利用してほしい」と呼び掛けた。
 市などは他の7カ所を含めて確定値の集計を進める。来年1月にも同様の調査を実施する。
/////
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


イオンモール岡山 地図

大きな地図で見る
/////
<岡山駅南地下道>イオンモール開業後、休日の歩行者90倍に 平日40倍 /岡山

イオンモール岡山(北区下石井1)の開業に伴い、岡山市と岡山国道事務所が周辺交通量を調査したところ、岡山駅とイオンをつなぐ駅南地下道を利用する歩行者が、休日で開業前の約90倍、平日は約40倍に急増したことが分かった。同市などが24日、速報値を公表した。市役所筋を通る自動車は微増だった。

 市などは今月18日と21日、駅南地下道や幸町交差点などで調査した。駅南地下道での9時間の歩行者通行量は、開業後の休日が4万9000人で、開業前(3月16日、553人)の約90倍。平日でも2万2000人で開業前(3月17日、534人)の約40倍となった。公共交通機関を使う来店者が多いためとみられる。

 一方、幸町交差点の12時間の自動車交通量は、開業後の平日が3万台で、開業前(7月1日、2万2621台)の約1・3倍。休日は2万5000台で、開業前(6月29日、2万2754台)の約1・1倍だった。交通規制の強化や臨時駐車場の利用を促すことで、交通量を微増にとどめているという。

 大森雅夫市長は「深刻な渋滞を回避できて安心したが、年末年始などで混み合うことも予想される。引き続き市民のご協力をお願いしたい」と話した。
/////
岡山県の観光 “独り負け”立て直さねば
//////
Okayama Prefecture tourism "alone defeated" I must rebuilt

Okayama prefecture of tourists downward trend continued, are losing bidding in neighboring prefectures which has increased -. Bank of Japan Okayama branch has been pointed out in the report of tourism trends. Downturn to Okayama tourism situation it's crisp and emerged dressed.

According to the report, the number of tourists and total tourism consumption amount of Okayama Prefecture is situated on a downward trend as a whole although since peaked in the late 1990s, there is a temporary increase or decrease, tourism industry is sluggish. On the other hand in Hiroshima, in neighboring prefectures such as Kagawa Prefecture has increased the number of tourists is, it can be said to be in the Okayama "alone losing" state.

Okayama, average number of tourists of 1 tourist point that indicates the ability to attract customers is the lowest in the neighboring prefectures, has been overshadowed also satisfaction of tourists. Furthermore brand power of the province, outside the prefecture resident, has remained in the country subordinate to evaluate both of residents.

Hiroshima Prefecture "dear! Hiroshima Prefecture", Kagawa Prefecture "Udon Prefecture," such as aggressive tourism PR strategy, such as large-Sengu and Iwami silver mine World Heritage Site of Izumo Taisha in Shimane Prefecture, in the national transmission of neighboring prefectures buried was also I thought.

Also it's certainly Okayama Prefecture tourism industry is the vulnerable (vulnerable). In the calculations, the total amount of value that was born by tourism is a 275.3 billion yen, it's 3.8 percent of the gross prefectural production. Weight of the tourism industry is small compared to the national (5%). Per capita of tourism revenue amount and \ 45,134, it is 39 in the estimates can be 42 prefectures.

Minute specific gravity of tourism is small, room for growth mean also said that the large, report is seeking an aggressive tourism promotion aimed at economic growth. Rebuilding of the tourism strategy it would be necessary.

According to the Bank of Japan Okayama branch, foreign tourists visiting Japan from abroad surged, in Tokyo and Osaka for consumer confidence is extremely strong have contributed significantly to the push-up of personal consumption. And poised in Okayama, you want to accept the economic effect. For foreign tourists to explore the tourist attractions in the wide area, that a is Okayama's advantageous strategic point of West transportation network.

Uptake is also important for seniors in the aging population. Is referred to as a "natural richness", "history and culture", "hot spring facilities" is important, Okayama also conditions are met. In fact, Yamashiro popular Bicchu Matsuyama Castle (Takahashi), NHK Taiga Drama is Takamatsu Castle (Okayama), such as the rapid increase of tourists of related history and culture that affected, became many sightseeing bus.

However, are in the new attention has been tourist destination not well-equipped and souvenir shops, is pointed out that it does not necessarily take full effect. Collaboration between development and the prefecture tourist destination of acceptance poised to capture the needs are required.
//////
岡山県の観光 “独り負け”立て直さねば

岡山県内の観光客数は減少傾向が続き、増加している近隣県に競り負けている―。日銀岡山支店が観光動向のリポートで指摘した。低迷する岡山観光の状況がくっきりと浮かび上がった格好だ。

 リポートによると、岡山県内の観光客数や総観光消費額は1990年代後半にピークを迎えて以降、一時的な増減はあるものの全体として減少傾向にあり、観光産業は伸び悩んでいる。一方で広島、香川県など近隣県では観光客数が増えており、岡山の“独り負け”状態にあるといえる。

 岡山は、集客力を示す1観光地点の平均観光客数が近隣県の中で最低であり、観光客の満足度も見劣りしている。さらに県のブランド力は、県外居住者、県民の評価ともに全国下位にとどまっている。

 広島県の「おしい!広島県」、香川県の「うどん県」といった積極的な観光PR戦略、島根県の出雲大社の大遷宮や石見銀山の世界遺産登録など、近隣県の全国発信の中で埋没したとも考えられる。

 岡山県の観光産業が脆弱(ぜいじゃく)なのも確かだ。試算では、観光によって生まれた価値の総額は2753億円であり、県内総生産の3・8%だ。全国(5%)に比べて観光産業のウエートが小さい。人口1人当たりの観光収入額は4万5134円と、推計可能な42都道府県の中で39位である。

 観光の比重が小さい分、成長の余地は大きいともいえるわけで、リポートは経済成長を目指した積極的な観光振興を求めている。観光戦略の立て直しが必要だろう。

 日銀岡山支店によると、海外から日本を訪れる外国人観光客は急増し、消費意欲が極めて旺盛なために東京や大阪では個人消費の押し上げにかなり貢献している。岡山でも態勢を整え、経済効果を受け止めたい。外国人観光客は広域に観光地を巡るため、西日本の交通網の要衝である岡山は有利だという。

 高齢化が進む中でシニア層の取り込みも重要だ。「自然の豊かさ」「歴史・文化」「温泉施設」が重視されるといい、岡山も条件がそろう。実際、山城人気で備中松山城(高梁市)、NHK大河ドラマが影響した高松城跡(岡山市)といった歴史・文化関連の観光客が急増し、観光バスなども多くなった。

 ただ、新たに注目された観光地では土産物店などが整っておらず、必ずしも効果を生かせていないことが指摘されている。ニーズをとらえた受け入れ態勢の整備や県内観光地間の連携が求められる。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

岡山市民会館 15年6月候補地決定

岡山市民会館 15年6月候補地決定
/////
Okayama Civic Center June 15 candidate sites determined

At a press conference in Okayama of Omori Masao mayor the 24th, for the city center that are considering relocation new construction (city, Kita-ku, Marunouchi) with civil Culture Hall (city, Naka-ku Kobashi Town), relocation to prospect the next year in June the idea that determines the candidate sites I revealed. Sennichimae shopping street that indicates the intention of attracting from (city, Kita-ku, table Town) two of urban redevelopment preparation union near asked to submit a plan by next year the end of March, Koraku Hall junior and senior high school site that city owned (same Tenjin-cho) I compare review and.
Omori mayor said, "(requires less financial burden of the city) for the maintenance completion of up to 2021 fiscal year, which can take advantage of the merger promote bonds, put out the direction of the candidate sites to prospect the next year in June."
According to the city, and are you eager to attract, both urban redevelopment of Sennichimae facing the east side of the street the same mall area (about 8500 square meters) and the west side of the table-cho, three-chome district (about 11,700 square meters) prepare union. For Koraku Hall middle and high of the site (about 4800 square meters), the city is to create a plan until March next year.
The plan, the city is functional image and to have professional artists performances possible large hall (1500-1600 seats) of the new facility, layout diagram of Hall (800-900 seats) in suitable for theater, I include both Hall asked incorporates such as construction costs of cultural facilities part, the City of expenses and functions, and consider such effects on the surrounding community development, to narrow the candidate sites to one. Method of selection is but undecided, Omori mayor said, "exposes the material, want to discuss in an open form".
On the Civic Hall (1718 seats) and the Civic Cultural Hall (802 seats), the city in '12, but showed a policy of transfer to high-site-in Koraku Museum, Omori mayor, who took office in '13 autumn re-examined in zero-based the idea that I expressed.
/////
岡山市民会館 15年6月候補地決定

岡山市の大森雅夫市長は24日の記者会見で、移転新築を検討している市民会館(同市北区丸の内)と市民文化ホール(同市中区小橋町)について、来年6月をめどに移転先の候補地を決める考えを明らかにした。誘致の意向を示す千日前商店街(同市北区表町)付近の二つの市街地再開発準備組合から来年3月末までに計画書を提出してもらい、市が所有する後楽館中学・高校跡地(同天神町)と比較検討する。
 大森市長は「(市の財政負担が少なくて済む)合併推進債を活用できる2021年度までの整備完了に向け、来年6月をめどに候補地について方向性を出したい」と述べた。
 市によると、誘致に意欲を見せているのは、同商店街通りの東側に面した千日前地区(約8500平方メートル)と西側の表町三丁目地区(約1万1700平方メートル)の両市街地再開発準備組合。後楽館中・高の跡地(約4800平方メートル)については、市が来年3月までに計画書を作成する。
 計画書には、市が新施設の機能イメージとしているプロアーティストの公演が可能な大ホール(1500~1600席)、演劇に適した中ホール(800~900席)の配置図、両ホールを含む文化施設部分の建設費などを盛り込んでもらい、市が経費や機能、周辺のまちづくりへの効果などを検討し、候補地を一つに絞る。選考の手法は未定だが、大森市長は「資料を公開し、オープンな形で議論したい」と述べた。
 市民会館(1718席)と市民文化ホール(802席)をめぐっては、市が12年、後楽館中・高跡地に移す方針を示していたが、13年秋に就任した大森市長がゼロベースで再検討する考えを表明した。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山市民会館 15年6月候補地決定 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。