2015年01月30日

連合岡山 ベア2%獲得目指す

連合岡山 ベア2%獲得目指す
////
I aim earn 2% Union Okayama Bear

Okayama Union (37 organizations) is the 29th, opens in labor welfare business hall a spring offensive start declaration meeting of this year (Okayama Kita-ku Tsushimanishizaka), working in unity aimed at such two percent of the base up acquisition listed coalition headquarters I swore that.
Spring offensive policy "(elimination of long working hours) shorter working hours" Union headquarters as well as the "wage increase", "policy and institutional realization of efforts" activities pillars. The meeting was attended by about 200 people trade unionists, in Kanazawa Minoru Chairman "of last year spring offensive it was possible to achieve a certain wage hike. In a continuous wage increase to produce a virtuous cycle of economic. Labor time is long compared with the national based on the current situation of Okayama that is, I was greeted with even attempt "eradication of long working hours.
Then forest Nobuyuki vice-president is "to promote the society as a whole of the bottom-up, try our best to rectify the various disparities" and reading the spring offensive start declaration that was like. I raised the spirit in Ganbaro call everyone.
////
連合岡山 ベア2%獲得目指す

連合岡山(37組織)は29日、今年の春闘開始宣言集会を労働福祉事業会館(岡山市北区津島西坂)で開き、連合本部が掲げる2%のベースアップ獲得などを目指し団結して活動することを誓った。
 春闘方針は連合本部と同様に「賃上げ」「時短(長時間労働の解消)」「政策・制度実現の取り組み」が活動の柱。集会には労働組合員約200人が出席し、金澤稔会長が「昨年の春闘では一定の賃金引き上げを実現できた。継続的な賃上げで経済の好循環を生み出す。労働時間が全国と比べ長いとされる岡山の現状を踏まえ、長時間労働の撲滅も図る」とあいさつした。
 続いて森信之副会長が「社会全体の底上げを図り、さまざまな格差の是正に全力を尽くす」などとした春闘開始宣言を朗読。全員のガンバローコールで気勢を上げた。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:04| Comment(0) | 連合岡山 ベア2%獲得目指す | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

バレンタイン商戦いよいよ本番 「イオンモール岡山」が出来てどうなる? / 岡山後楽園 高校生以下対象「郷土愛を」

バレンタイン商戦いよいよ本番 「イオンモール岡山」が出来てどうなる?
/////
Valentine season finally it happens to be a production "Aeon Mall Okayama" is?

Before the Valentine's Day February 14, Valentine's shopping season has finally reached the production in Okayama prefecture of the department store. It is aimed at sales up by preparing a variety of chocolate products.
Okayama Takashimaya (Okayama, Kita-ku, Honcho) is the 28th, open a special department on the 8th floor. I was prepared from 400 different large 1500 kinds of chocolate last year. Enhanced products of foreign brands such as Women's perspective of female pastry chef. In addition, such as stylish products that the image of a jewelry box also has attracted attention.
This day is a lot of female customers visited immediately after the opening of 10:00, I was evaluating a chef chocolate. Okayama Valentine special department of Takashimaya until February 14.
On the other hand, it opened a chocolate department 23 days for Okayama shop Tenmaya (Okayama, Kita-ku, table-cho), you are selling a home and abroad 140 brand about 1800 types. In addition, Ito-Yokado Okayama store (same Shimoishii) also opened a Valentine venue a week earlier than the 14th last year. Plans to open a special department to Aeon Mall Okayama (same) is also 30 days.
/////
バレンタイン商戦いよいよ本番 「イオンモール岡山」が出来てどうなる?

2月14日のバレンタインデーを前に、岡山県内の百貨店などでバレンタイン商戦がいよいよ本番を迎えた。多彩なチョコレート商品を用意して売り上げアップを目指している。
 岡山高島屋(岡山市北区本町)は28日、8階に特設売り場をオープン。昨年より400種類多い1500種類のチョコレートを用意した。女性パティシエの海外ブランドなど女性目線の商品を強化。また、宝石箱をイメージしたおしゃれな商品なども注目を集めている。
 この日は午前10時の開店直後から多くの女性客が訪れ、チョコレートを品定めしていた。岡山高島屋のバレンタイン特設売り場は2月14日まで。
 一方、天満屋岡山店(岡山市北区表町)では23日にチョコレート売り場を開設、国内外140ブランド約1800種類を販売している。また、イトーヨーカドー岡山店(同下石井)も昨年より1週間早い14日にバレンタイン会場を開設。イオンモール岡山(同)も30日に特設売り場をオープンする予定。
/////
岡山後楽園の無料実験5月スタート 高校生以下対象「郷土愛を」

 岡山後楽園(岡山市北区)を管理運営する県は26日、高校生以下を対象にした無料化実験を5月からスタートすると発表した。日本三大名園のひとつに数えられるのにリピーターが少ない現状を打破するのが目的。8月まで試行し、反応などをさぐったうえで、早ければ平成28年度からの事業化を見込んでいる。

 無料化実験は、春の大型連休前の5月1日にスタートし、夏休みが終わる8月31日までの4カ月間。現行の入園料は小中学生が140円。高校生は大人と同じ400円で、名目上の減収額は約200万円になる見込み。

 後楽園をめぐって活性策などを議論していた「魅力向上委員会」が昨年3月に提言で「10年以上立ち寄っていない県民も珍しくない」「郷土愛が少ないほど観光誘致に消極的」「子どもたちの郷土愛を育てることは将来的な観光施策に資する」などと指摘した。

 県は、これらの指摘を重視。「無料実験をきっかけにした歴史授業などで後楽園に親しんでもらい、ひいては郷土愛をはぐくんでほしい。それが将来的な活性化につながるだろう」(都市計画課)とし、今回の実験に踏み切った。

 岡山後楽園の年間経費は約2億6千万円。95%以上を入園料収入などでまかなっており、大人まで含めた全面無料化は難しい。しかし、小中高生に限定すれば、年間入園料収入は約460万円。無料化のダメージよりもメリットのほうが多いと考えた。

 同園の年間入園者数は約66万人(25年度)だが、長期指針「晴れの国おかやま生き活きプラン」では、28年度まで75万人に引き上げることを目標にしている。県は同無料化実験は入園者数増にもつながると期待している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

<旧閑谷学校>来月1日、石塀修理を公開--備前 /岡山 旬のカキ 赤穂線沿線

<旧閑谷学校>来月1日、石塀修理を公開--備前 /岡山 旬のカキ 赤穂線沿線

<旧閑谷学校>来月1日、石塀修理を公開--備前 /岡山
/////
June 1, published a stone fence repair - Bizen / Okayama

Special historic site of the old Shizutani School (Bizen) state of repair works of stone walls that have been carried out in the February 1, is the site published. In March 2013, stone walls of stone fell, being promoted to investigate because there was such a gap, repair began from last year in November. "Since the internal structure of the stone wall is not able to grasp the whole, by all means, try to visit on this occasion," such as the prefectural board of education cultural assets Division have a call.

According to the Cultural Property Division, formerly Shizutani stone fence itself of school 1701 (Genroku 14) construction has been started in the year, part being repaired this time it is seen to have been built in around 1877. Currently, work such as re-loading is underway.

Application's unnecessary, but must have historic sites admission (adults ¥ 400, elementary and junior high school students 100 yen, 200 yen over 65 years of age). Site public starts from 10:00, 11:00, 0:30 pm, 1:30, 2:30 of a total of five times, there is a commentary. On the day of the contact information, special historic sites old Shizutani School honor Preservation Society (0869, 67, 1427) to.
/////
<旧閑谷学校>来月1日、石塀修理を公開--備前 /岡山

特別史跡の旧閑谷学校(備前市)で実施されている石塀の修理工事の様子が2月1日、現場公開される。2013年3月に、石塀の石が転落し、すき間などがあったため調査が進められ、昨年11月から修理が始まった。県教委文化財課などは「石塀の内部構造は全体が把握できていないので、この機会にぜひ、見学してみて」と呼び掛けている。

 文化財課によると、旧閑谷学校の石塀自体は1701(元禄14)年に建築が開始され、今回修理されている部分は1877(明治10)年ごろに建築されたとみている。現在、積み直しなどの作業が進められている。

 申し込みは不要だが、史跡入場料(大人400円、小中学生100円、65歳以上200円)が必要。現場公開は午前10時から始まり、午前11時、午後0時半、1時半、2時半の計5回、解説がある。当日の問い合わせ先は、特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会(0869・67・1427)へ。
/////
旬のカキ 赤穂線沿線で食べよう 岡山、兵庫県のJR赤穂線

旬のカキを味わって?。岡山、兵庫県のJR赤穂線沿線で特産のカキをPRする「かきまつり」が2月1日から順次開かれる。岡山県東部の産地では今シーズン、天候不順などから水揚げ量が伸び悩み、粒もやや小さいというが、心を込めたイベントで訪れた人をもてなす。同線沿線自治体などで構成する地域活性化連絡会議はちらしを作り、来場を呼び掛けている。■赤穂かきまつり
 1日午前9時~午後3時、兵庫県赤穂市御崎の赤穂海浜公園赤穂広場。焼きガキ8千個を振る舞うほか、殻付きやむき身のカキ、カキ入りのみそ汁を販売する。カキの重さを当てる大会もある。播州赤穂駅から会場までシャトルバス(片道190円)が走る。赤穂観光協会(0791?42?2602)。■相生かきまつり
 
 8日午前9時~午後3時、同県相生市相生のIHIふれあい広場。殻付きやむき身のカキを即売。カキフライ、カキ飯などが楽しめる屋台約30店が並ぶ。市観光協会が募集したレシピコンテストでグランプリに選ばれたカキのライスコロッケも味わえる。相生駅から会場へのシャトルバス(片道100円)を運行。同市地域振興課(0791?23?7133)。■ひなせかき祭
 
 22日午前9時~午後3時、備前市日生町日生、日生町漁協の産直市場・五味の市周辺。殻付きのカキが販売され、バーベキューコーナーで焼いて食べることができる。カキフライ、カキ飯、カキ汁などが味わえるテントも並ぶ。午前10時と午後1時から、殻付きカキを1人数個ずつ無料配布。各回先着2千人。日生駅前から無料シャトル船を運航する。同市まち営業課(0869?64?1832)。■PRちらし配布?県内JR駅や観光案内所
 JR赤穂線沿線地域活性化連絡会議が作った「ひなせかき祭」などをPRするちらしは、岡山県内のJR主要駅や関係市の観光案内所などで配布している。
 それぞれの日程やイベント内容とともに、駅から会場への案内図や赤穂線時刻表を掲載。イベントがない日でもカキを味わえるスポットとして岡山いこいの村(瀬戸内市邑久町虫明)、五味の市(備前市日生町日生)などを紹介している。
 A4判で6万部作成。問い合わせは備前県民局地域づくり推進課(086 233 9890)。
/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。