2015年01月01日

イオンモール岡山で新年の初売り

イオンモール岡山で新年の初売り
/////
The first sale of the New Year in the ion Mall Okayama


One day at JR Okayama Station in which it was opened in December last year to the south Okayama largest large shopping center ion Mall of Shikoku (Okayama Kita-ku Shimoishii), there is a sell first New Year, many of youths that buy the centerpiece of bags I was crowded with.
Create about 3,500 columns from before dawn, to store all at once at the same time as the open of 9:00. There is also a figure of shoppers running in the mall in search of bags that each tenant has prepared such as fashion and miscellaneous goods, and to find a mercenary of goods had been purchased one after another.
Bags, 3 thousand to sell a total of about 30,000 in the entire mall mainly clothing and miscellaneous goods of about 10,000 yen. Lined jewelry set of 20.15 million yen, well as difficult popular whiskey available (¥ 500,000) during.
College student of Kurashiki City, that was waiting for the opening from around 6:00 in the sister (21) Many shops were not in Okayama until "now, is happy to be able to buy. Lucky bag also four death had been looking forward to the first sale "and it was a smile.
On this day, Okayama Ichibangai of Okayama Station underground (Okayama) and Ito-Yokado Okayama store (same), the first sale in such Kurashiki Mitsui Outlet Park Kurashiki and ion Mall of Kurashiki. Tenmaya Okayama store (Okayama) and Okayama Takashimaya (same) prefecture of department stores such as starting the New Year sales from the 2nd.
/////
イオンモール岡山で新年の初売り


JR岡山駅南に昨年12月開業した中四国最大級の大型ショッピングセンター・イオンモール岡山(岡山市北区下石井)で1日、新年の初売りがあり、目玉の福袋を買い求める大勢の若者らでにぎわった。
 夜明け前から約3500人が列をつくり、午前9時のオープンと同時に一斉に店内へ。ファッションや雑貨など各テナントが準備した福袋を求めてモール内を走る買い物客の姿もあり、目当ての商品を見つけては次々と購入していた。
 福袋は、3千~1万円程度の衣料や雑貨を中心にモール全体で計約3万個を販売。中には2015万円の宝石セット、入手困難な人気ウイスキー(50万円)なども並んだ。
 姉妹で午前6時ごろから開店を待ったという倉敷市の女子大生(21)は「今まで岡山になかった店が多く、初売りを楽しみにしていた。福袋も四つ買うことができて満足です」と笑顔だった。
 この日は、岡山駅地下の岡山一番街(岡山市)やイトーヨーカドー岡山店(同)、倉敷市の三井アウトレットパーク倉敷やイオンモール倉敷などでも初売り。天満屋岡山店(岡山市)や岡山高島屋(同)など県内の百貨店は2日から新年の営業を始める。
/////
2015年展望:イオンは地方創生のカギとなるか?


郊外を中心に大型のショッピング・モールを展開してきたイオンが、岡山駅前という利便性の高い場所に出店し、話題となっています。地方都市の中心部に展開する都市型ショッピング・モールは、もしかすると、安倍政権が掲げる地方創生のカギとなるかもしれません。

 2014年の12月15日にオープンしたイオンモール岡山は、従来と全く異なるコンセプトで作られたモールです。大型のショッピング・モールは郊外への出店というのが常識でしたが、この施設は岡山駅から徒歩5分という中心地に位置しています。また、この施設からわずか300メールしか離れていないところにある岡山高島屋の食品売り場がそのままイオン内にも出店しています。郊外型の大規模店舗を得意としてきたイオンが都市の駅前に出店したことも驚きですが、競合店舗とのコラボが実現したという点でも非常に興味深い動きといえます。

 イオンは、これまで郊外に大型店舗を次々と建設してきており、地域の商業関係者からは、商店街の破壊者といわれたことすらあります。しかし、今回の岡山出店にあたっては、地域との連携を非常に重視したそうです。大規模小売店がこうした動きを進めているのは、今後、地方の人口減少が顕著になり、地域拠点都市への人口集約が一気に進むと予想しているからです。

 安倍政権は地方創生を重要課題として掲げています。地方創生について定めた「まち・ひと・しごと創生法」では、第1条に「少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正」すると記されています。つまり地方創生策というのは、地方の人口減少に歯止めをかけるための政策ということになります。

 ひとくちに地方といっても、それは様々です。地方には、あらゆる機能が集約する拠点都市もある一方で、過疎化が進み限界集落となっているところも少なくありません。限界集落を含め、地方すべての衰退を食い止めることができれば理想的ですが、現実にはそうはいきません。東京への過度の集中を是正するためには、逆に地域拠点都市へ人口を集約することがどうしても必要となってきます。

 今回のイオンモール岡山は、地方都市におけるひとつの方向性を示しているといってよいでしょう。市の中心部に大規模商業施設を建設し、周辺の商店街と協調することによって、郊外に分散していた人口を市の中心部に戻すことが可能となります。病院などの公的施設や住宅についても中心部に集約することによって、自動車の運転ができなくなった高齢者でも安心して生活ができるようになります。インフラを集約すれば低コストで運営が可能となりますし、人が集まれば新しい付加価値が生じますから、サービス業を中心に雇用が生まれます。これによって、地方定住の最大の障壁であった雇用問題を解決できるかもしれません。こうした動きは今後、各地域で加速することになるでしょう。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:53| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を

プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を
////
Programming Contest and Hackathon is flowering "data City - Okayama" the

2014 is, contests and Hackathon that programming is involved be held many, seems both was success. Also will have a lot of events will be held in 2015.

It is not only in the field of programming, but participation in the contest, will be the opportunity of looking to show off their skills and work. It is effective to enhance the motivation to keep skills up and works building. If if winning, not only lead to a great pleasure, social evaluation is also obtained.

On the other hand, also for the side to hold a contest, it is possible to be public the specific technology and ideas, you will be able to or obtained excellent you can discover the human resources, the tips of new products and services. Also, if the contest itself is accustomed to topic, you will be expected to increase awareness and market expansion in the market for its technology and themes.

Interestingly, simply rather than compete for the programming of technology, to say even with the business model, is that a growing number of cases that can compete for use of the idea of the program. Moreover, not only IT-based companies and community, general companies and government agencies, such as local governments have been conspicuous case to hold a contest.

For example, last year the Ministry of Internal Affairs and Communications and open data distribution Promotion Consortium, has conducted the "open data app contest". Open data seven demonstration experiment is to provide it is (municipality administrative information, tourist information, disaster prevention information, public transportation information, etc.) application development contest the use of the theme of. Kanazawa and Okayama, as in Yokohama, you can appeal the attractiveness of the region, also have increased municipalities citizens and tourists to practice the development contest of convenient-to-use app.

The Tokyo Metro is to publish such as subway train position and delay time as open data, we held a contest of apps using this data. Would aim is to explore what leverage is possible if you have public information such as the train as open data (related article: Tokyo Metro "open data contest", application of 281)
////
プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を

2014年は、プログラミングが関わるコンテストやハッカソンが多数開催され、いずれも盛況だったようです。2015年もたくさんのイベントが開催されるでしょう。

 プログラミングという分野に限りませんが、コンテストへの参加は、自分のスキルや作品を披露する格好の機会となります。スキルアップや作品づくりに対するモチベーションを高めるのに効果的です。仮に入選すれば、大きな喜びにつながるだけでなく、社会的な評価も得られます。

 一方、コンテストを開催する側にとっても、特定の技術やアイデアを公募することで、優れた人材を発掘したり、新商品や新サービスのヒントを得たりすることができます。またコンテスト自体が話題になれば、その技術やテーマに関する市場での認知度向上や市場拡大を期待できるでしょう。

 興味深いのは、単にプログラミングの技術を競うのでなく、ビジネスモデルとでもいうべき、プログラムの活用アイデアを競い合うケースが増えている点です。しかも、IT系の企業やコミュニティだけでなく、一般企業や官公庁、自治体などがコンテストを開催するケースが目立ってきています。

 例えば総務省とオープンデータ流通推進コンソーシアムは昨年、「オープンデータ・アプリコンテスト」を実施しました。7つの実証実験が提供するオープンデータ(自治体行政情報、観光情報、防災情報、公共交通情報など)の活用をテーマにしたアプリ開発コンテストです。金沢市や岡山市、横浜市のように、地域の魅力をアピールしたり、市民や観光客が便利に使えるアプリの開発コンテストを実施する自治体も増えています。

 また東京メトロは、地下鉄の列車の位置や遅延時間などをオープンデータとして公開し、このデータを利用したアプリのコンテストを開催しました。列車などの情報をオープンデータとして公開した場合にどのような活用が可能かを探るのが狙いでしょう(関連記事:東京メトロ「オープンデータコンテスト」、281件の応募)
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山発アプリ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。