2015年01月06日

岡山・芳泉小の児童数日本一 14年度1481人 宅地造成で増 /子どものスマホトラブル防ごう

岡山・芳泉小の児童数日本一 14年度1481人 宅地造成で増
/////
Increase in the number of children in Japan 14 fiscal 1481 people residential development of Okayama Hosen Small

Hosen elementary school that the number of children of fiscal 2014 of (Okayama Minami-ku Toshinden) has become the national leader in 1481 people, including a lark branch school to attend a couple of years production (same Izumida), school basic of Education, Culture, Sports, Science and Technology I found in the survey. Number of children Dosho among the low birth rate is on the rise in such residential development within the school district, I raised the order from the national 4-position of the 13 year.

Number of children Dosho the first grade and 4-6 grade school that attend the 1028 people, 453 people branch school there is a couple of grade classroom. The survey has been carried out at the time of last year May 1, of the national three schools that number of children exceeds 1,400, Funabashi, Chiba Prefecture of Katsushika Small (1456 people) and Kobe Uozaki Small (1401 people) whereas decreased from 2001, Hosen small has increased 35 people.

Number of children Dosho has turned to once decrease in peak fiscal 1988 (1636 people), is followed by a trend of soaring even while fiscal 2002, repeated some of the increase or decrease.

Same elementary school district has a population of 20 543 people (last year 11 31,), three years ago of '11 the end of November than 329 people increase. According to the Dosho, such as single-family homes and apartment has increased year by year in the vicinity, Asano Ayumi PTA president (40) "is located in the educational zone adjacent to the Hosen kindergarten and in Hosen, Hosen high, is endowed with educational environment" and I explained.

Taking advantage of the large number of children number in Dosho, and has been working on, such as the recovery of recyclable waste to help the earthquake reconstruction, six years Nagahashi Akiho's Steering Committee length (12) to the various things proud of "Japan speak challenge you want, "said.

Sakane Kiyotaka principal (59) is perceived as "vibrant school by children increases is growing."
/////
岡山・芳泉小の児童数日本一 14年度1481人 宅地造成で増

 芳泉小学校(岡山市南区当新田)の2014年度の児童数が2、3年生の通うひばり分校(同泉田)を含めて1481人で全国トップになったことが、文部科学省の学校基本調査で分かった。少子化の中でも同小の児童数は学区内の宅地造成などで増加傾向にあり、13年度の全国4位から順位を上げた。

 同小の児童数は1年生と4~6年生が通う本校が1028人、2、3年生の教室がある分校が453人。調査は昨年5月1日時点で実施しており、児童数が1400人を超えた全国3校のうち、千葉県船橋市の葛飾小(1456人)と神戸市の魚崎小(1401人)が13年度より減少したのに対し、芳泉小は35人増えた。

 同小の児童数は1988年度(1636人)をピークにいったん減少に転じたが、2002年度以降、若干の増減を繰り返しながらも右肩上がりの傾向が続いている。

 同小学校区の人口は2万543人(昨年11月末現在)で、3年前の11年11月末より329人増加。同小によると、付近に一戸建て住宅やアパートなどが年々増えており、浅野亜由美PTA会長(40)は「芳泉幼稚園や芳泉中、芳泉高と隣接する文教ゾーンにあり、教育環境に恵まれている」と説明する。

 同小では児童数の多さを生かし、震災復興を支援する資源ごみの回収などに取り組んでおり、運営委員長の6年永橋明歩さん(12)は「日本一を誇りにいろいろなことに挑戦したい」と話す。

 坂根清貴校長(59)は「児童が増えることで学校の活気は高まっている」と受け止めている。
/////
子どものスマホトラブル防ごう

スマートフォンの普及などで子どもたちのインターネットトラブルが相次いでいることを受け、岡山県青少年育成県民会議は11日午後2時~3時半、講演会「家庭や学級で語り合う
 スマホ時代のリスクとスキル」を岡山市北区丸の内の県立図書館多目的ホールで開く。
 講師は、元中学校教諭で、総務省スマホ連絡会近畿座長を務める兵庫県立大環境人間学部の竹内和雄准教授。子どもの安心・安全なネット利用のため、保護者や教員ら大人が知っておくべきことについて話す。
 無料。定員100人で申し込み不要。問い合わせは同県民会議(086 226 0560)
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山・芳泉小の児童数日本一 14年度1481人 宅地造成で増 | 更新情報をチェックする

高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人

高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人
////
Spent Daisuke Takahashi Christmas Eve "Yamagishi MaiAyani" Japanese beauty

Daisuke Takahashi each other staring at each other on ice (28) and Mao Asada (24). Asada put a big smile, but Takahashi somehow embarrassed likely. In such on the net, "two men are!? Lover relationship" enough to write that seen, has been intimate scene is witnessed even this. Such Takahashi Then "princess hug" the Asada, from the audience applause and cheers were Wakiaga~tsu -.

Ice show that two people were first co-stars, celebrated the last day on Christmas Eve of December 24. For Takahashi, after announcing his retirement last October, it was the first time to become the show. After the show the show, launched from 22:00 too far of a nearby venue Shin-Yokohama restaurants have been performed.

"This meeting was also the sense of meeting you Negirau competition life of 20 years of Takahashi. Therefore it was participating performers and their families, Takahashi and close staff only. Toast with champagne, Mao-chan also" Daichan, had over cheers for good work! "and the voice" (figure stakeholders)

In fact, the information that this is launched in Takahashi is called secretly a "precious lady" magazine had been caught in advance. Around 2:00 the meeting became Ohiraki. Takahashi that came out from the store, the figure of certainly snuggle woman. Slim woman with a small face, "NEWS ZERO" black hair beauty is reminiscent of the Mai Yamagishi (27) of free announcer that has appeared in. She, so as to support the little wobble Takahashi body good liquor, went sent him to the hotel -.

After "Actually Takahashi players retired, seems to have started dating and Kansai living in general women. She general not related to the figure women. A everything modest, It is" Japanese style "beauty of archaic personality. Takahashi to be "want to show off in front everyone" to this ice show meeting in good skating fellow of the relationship in the machine, it seems to have invited her to launch. of course also to Mao and has continued adores the "Dai-chan" that my chan , it sounds like she was introduced "(before de figure stakeholders)

After the year has opened, Takahashi mother-SeiNoboru's Okayama prefecture, I've heard about dating.

"No, no, I have not heard. Before you can not be her, in October, after which came back over here (home) in retirement conference, to not come back even once, not even contact. If really if she could, it is around here want to know (laughs). Please keep saying to Daisuke. out also occasionally Contact with (laughs) "

Brighter laughing, SeiNoboru's to worry about the son. To say that no matter how important the existence, the mother can be raised to report that of her!
////
高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人

氷上でお互いを見つめ合う高橋大輔(28)と浅田真央(24)。浅田は満面の笑みを浮かべるが、高橋はどことなく照れくさそう。ネット上などでは、“2人は恋人関係では!?”という書き込みが見られるほど、親密なシーンがこれまでも目撃されてきた。そんな高橋が浅田を“お姫様抱っこ”すると、観客席からは拍手と歓声が沸き上がった――。

 2人が初共演したアイスショーは、12月24日のクリスマスイブに最終日を迎えた。高橋にとっては、昨年10月に現役引退を発表した後、初めてとなるショーだった。ショーの終演後、会場近くの新横浜のレストランで午後10時過ぎから打ち上げが行われた。

「この会は高橋選手の20年間の競技人生を労う会という意味もありました。そのため参加したのは出演者とその家族、高橋選手と親しいスタッフたちだけ。シャンパンで乾杯し、真央ちゃんも『大ちゃん、お疲れさま!』と声を掛けていました」(フィギュア関係者)

実は、この打ち上げに高橋は“大切な女性”を密かに呼んでいるという情報を本誌は事前にキャッチしていた。会がお開きになったのは午前2時ごろ。店から出てきた高橋には、確かに寄り添う女性の姿が。小顔でスリムなその女性は、『NEWS ZERO』に出演しているフリーアナウンサーの山岸舞彩(27)をほうふつとさせる黒髪の美女。彼女は、酒に酔い少しふらつく高橋の体を支えるようにして、彼をホテルへと送っていった――。

「実は高橋選手は引退後、関西在住の一般女性と交際を始めたそうです。彼女はフィギュアとは関係のない一般の女性。万事控えめで、古風な性格の“和風”美人ですね。高橋選手は仲のいいスケート仲間が集まる今回のアイスショーを機に“みんなにお披露目をしたい”と、打ち上げに彼女を誘ったそうです。もちろん自分のことを“大ちゃん”と慕い続けてきた真央ちゃんにも、彼女を紹介したようですね」(前出・フィギュア関係者)

 年が明けた後、岡山県在住の高橋の母・清登さんに、交際について聞いてみた。

「いえいえ、私は聞いていません。彼女ができるできない以前に、10月に、引退会見でこっち(実家)に戻ってきた後、1回も帰ってきていませんし、連絡すらありません。もし本当に彼女ができたなら、こっちが知りたいぐらいです(笑)。大輔に言っといてください。うちにもたまには連絡しなさいと(笑)」

 明るく笑いながらも、息子を心配する清登さん。いくら大切な存在といっても、お母さんには彼女のことを報告してあげて!
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 高橋大輔 クリスマスイブを過ごした“山岸舞彩似”和風美人 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。