2015年01月16日

岡山知事「風評被害の防止に万全を」 鳥インフル対策本部会議

岡山知事「風評被害の防止に万全を」 鳥インフル対策本部会議
//////
Receive confirmation of Kasaoka of avian influenza virus, the province the 15th, held a highly pathogenic avian influenza task force meeting. Italian wood Ryuta governor, director of this director "chicken and egg safety has not been confirmed is well-known thorough of never on the market, you can want every effort to prevent harmful rumors" were instructed to the executive staff.

If the result of genetic testing was positive, 200 000 birds that have been bred in the farm based on the Domestic Animal Infectious Diseases Control Law, are all killed. In addition, radius 3 km within the poultry farms six locations and multiplied by the movement restrictions, such as chicken in (breeding number total about 260 007 Senba), 15 locations in the range of 3-10 km (prefecture minutes only, breeding number total about 710 008 Senba) expected to carry-out is limited in.

3 km to subject the vehicle to and from beyond the line Sanyo Expressway Kasaoka Inter etc., established a disinfection point of Asakuchi city hall such as a total of 10 locations in 10 km line, county officials to implement the disinfection work.

Part of the line of movement restricted areas are also extends to Fukuyama, Hiroshima Prefecture.


///
To 200 000 birds disposed of in Okayama avian influenza

And found that the chicken is dead at a poultry farm in Okayama Prefecture Kasaoka, the 15th, as a result of Okayama Prefecture were in detail inspection, is detected avian influenza virus of "the H5", chicken about 20 million birds of this poultry farms all now to be disposed of.



///
Positive in doubt = simple test of bird flu in Okayama Prefecture

Okayama Prefecture has announced that 15 evening, the case suspected of highly pathogenic avian influenza in poultry farms of Kasaoka occurred. I was confirmed positive by simple inspection. Ken with advancing genetic testing, was carried out, such as emergency disinfection of isolation and poultry house inside and outside of chicken of this poultry farms.

In the poultry farms are breeding about 200,000 chickens. If it strong highly pathogenic avian influenza and identified toxic, all chickens will be subject to culling. To prevent spread, based on national guidelines, movement restriction zone of radius 3 kg within the poultry (charging), measures of setting the within 10 km radius of the discharge restricted area is also performed.
//////
笠岡市の鳥インフルエンザウイルスの確認を受け、県は15日、高病原性鳥インフルエンザ対策本部会議を開催。本部長を務める伊原木隆太知事が「安全が確認されていない鶏肉や卵が市場に出回ることがないのを周知徹底し、風評被害の防止に万全を期してほしい」と幹部職員に指示した。

 遺伝子検査の結果が陽性だった場合、同農場で飼育されている20万羽は家畜伝染病予防法に基づき、すべて殺処分される。また、半径3キロ以内の養鶏場6カ所(飼育数計約26万7千羽)には鶏などの移動制限をかけ、3~10キロの範囲にある15カ所(県内分のみ、飼育数計約71万8千羽)では搬出が制限される見込み。

 3キロラインを越えて出入りする車両を対象に山陽自動車道笠岡インターなど、10キロラインに浅口市役所など計10カ所の消毒ポイントを設置し、県職員が消毒作業を実施する。

 移動制限区域のラインの一部は広島県福山市にも及んでいる。
///
岡山 鳥インフルエンザで20万羽処分へ

岡山県笠岡市の養鶏場でニワトリが死んでいるのが見つかり、15日、岡山県が詳しく検査した結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出され、この養鶏場のニワトリおよそ20万羽がすべて処分されることになりました。

岡山 鳥インフルエンザで20万羽処分へ

岡山県笠岡市の養鶏場でニワトリが死んでいるのが見つかり、15日、岡山県が詳しく検査した結果、「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出され、この養鶏場のニワトリおよそ20万羽がすべて処分されることになりました。

岡山県によりますと、15日午前、笠岡市の養鶏場から「おとといからきのうの朝にかけて28羽のニワトリが死んだ」と連絡があり、県が簡易検査をしたところ養鶏場のニワトリ5羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。
このため県が遺伝子を詳しく検査した結果、5羽のニワトリすべてから「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
これを受けて県は、この養鶏場のニワトリおよそ20万羽をすべて処分することを決めました。
ニワトリの数が多いことから県は自衛隊の派遣を要請していますが、作業が終わるまでに数日かかる見込みだということです。
また県は、この養鶏場から半径3キロ以内にある6か所の養鶏場のニワトリや卵の移動を禁止するとともに、10キロ以内を「制限区域」として、その範囲にあるほかの養鶏場については区域外への移動を禁止する措置を取りました。
さらに制限区域には消毒ポイントを設置して、主に家畜に関係する車両に対して消毒を行って感染の拡大を防ぐことにしています。
安倍総理大臣は、農林水産省など関係省庁に対し、▽現場の情報をしっかり収集すること、▽関係各省が緊密に連携し、徹底した防疫措置を迅速に進めること、それに、▽国民に対して正確な情報を迅速に伝えることの3点を指示しました。
///
岡山県で鳥インフルの疑い=簡易検査で陽性

岡山県は15日夕、笠岡市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。簡易検査で陽性を確認した。県は遺伝子検査を進めるとともに、この養鶏場の鶏の隔離や鶏舎内外の緊急消毒などを実施した。

 養鶏場では約20万羽の鶏を飼育している。毒性の強い高病原性鳥インフルエンザと確認されれば、全ての鶏が殺処分の対象となる。感染拡大を防ぐため、国の指針に基づき、半径3キロ以内を家禽(かきん)の移動制限区域、半径10キロ以内を搬出制限区域に設定する措置も行われる。
////
 <鳥インフル>岡山もH5N8型

岡山県笠岡市の養鶏場で発生し、高病原性が疑われていた鳥インフルエンザで、農林水産省は17日、遺伝子解析の結果によりウイルスは高病原性で、「H5N8型」だったと発表した。

 H5N8型は韓国で大流行しており、今冬に国内の養鶏場で発生した宮崎県の2例と山口県の1例のほか、野鳥からも相次いで検出されている。同省は「渡り鳥が大陸からウイルスを持ち込んだ可能性がある」としている。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 岡山知事「風評被害の防止に万全を」 鳥インフル対策本部会議 | 更新情報をチェックする

受験本番 岡山で験担ぎに縁起物を  /大切な人と牛窓で夕日眺めて

受験本番 岡山で験担ぎに縁起物を
////
The good luck charm to bearers experience in exam production Okayama

New year, also finally to full-scale examination season. Is for students to apply the final sprint bearers experience also would place to be worried about. Therefore, to introduce the newly unveiled the unique good luck in Okayama city. Good luck students!
Okita shrine-Michi-dorimiya (city, Naka-ku Okimoto), the sale the "truth defense" (500 yen) from New Year's Day. In the past, such as also "hospitality defensive" and "buy-back defensive", has made the original charm that reflects the era, this time last year the theme song of the large hit Disney movie "Anna and The Snow Queen" was sparked .
Same shrine as "" ability of the test day also as usual was the hope of the so that you can achieve. '"Immediately, that has gained the support of the examinees.
And was developed by sachet, named "pass wins bag" (¥ 756) Kyocera Buddhist Sanko-do (city, Kita-ku, Table Town). Sengoku warlords hope victory, are arranged in over-the-counter incense bag from the 4th as one of the winning bag series named after that it has kick - off is wearing. Relax and formulated the scent as test is received, it was decorated with plum handle to bag it in honor of the god-Sugawara academic.
Michizane in the worship Tamai Miya Toshogu (Higashiyama, Naka-ku city), "pass prayer you are selling from 2006
Slip sand "(800 yen). I sand sow the rail for slip prevention of tram that runs the city which was packed in a vial, but Okayama Electric Tramway to run a train (same Tokuyoshi Town) from the 9th, vehicle capsule toy vending machine vial hits I have installed within. Although not prayer unlike those of the shrine, the probability of hitting the one-third, also becomes luck. 20 yen once.
////
受験本番 岡山で験担ぎに縁起物を

年が明け、受験シーズンもいよいよ本格化。ラストスパートをかける受験生にとっては験担ぎも気になるところだろう。そこで岡山市内に新しくお目見えしたユニークな縁起物を紹介する。頑張れ受験生!
 沖田神社・道通宮(同市中区沖元)は、元日から「ありのまま守」(500円)を販売中。これまでも「おもてなし守」や「倍返し守」など、時代を反映したオリジナルのお守りを作っており、今回は昨年大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌がきっかけとなった。
 「『試験当日もいつも通りの実力が発揮できますように』との願いを込めた」と同神社。早速、受験生らの支持を得ているという。
 「合格勝ち袋」(756円)と名付けたにおい袋を開発したのは京仏具三香堂(同市北区表町)。戦国武将が勝利を願い、香袋を身に着けて出陣したことにちなむ勝ち袋シリーズの一つとして4日から店頭に並べる。リラックスして試験が受けられるように香りを調合し、学問の神様・菅原道真にちなんで梅の柄を袋にあしらった。
 道真を祭る玉井宮東照宮(同市中区東山)で、2006年から売っている「合格祈願
 滑り止め砂」(800円)。市内を走る路面電車のスリップ防止のためにレールにまく砂を小瓶に詰めたものだが、電車を走らせる岡山電気軌道(同徳吉町)は9日から、小瓶が当たるカプセル玩具販売機を車両内に設置している。神社のものと違って祈祷されていないが、当たる確率は3分の1で、運試しにもなる。1回20円。
////
大切な人と牛窓で夕日眺めて

海に沈む夕日を大切な人と楽しむ冬恒例のイベント「牛窓デート」(牛窓町観光協会主催)が1月17日と2月21日、瀬戸内市牛窓町牛窓地区で開かれる。
 牛窓港からフェリーで沖の前島に渡り、島西側の絶景ポイントで夕日を眺める。
 前島への移動前、市観光センター・瀬戸内きらり館から牛窓神社までの往復約4キロを散策。途中で同協会のメンバーが過去の映画やドラマのロケ地を案内する。同館では参加者向けに、地元食材を使ったサンドイッチの販売やカキ鍋の無料サービス(限定100食)などがある。
 参加は、カップルや家族連れのほか個人でもでき無料。雨天中止。同館に午後1時に集合し、同6時半まで。前島行きから加わる場合は同3時20分に集まる。問い合わせは同協会(0869 34 9500)。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 受験本番 岡山で験担ぎに縁起物を | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。