2015年02月28日

今日 秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ 来岡 =岡山=

秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ 来岡 =岡山=
大原美術館 ライトアップ.png

美観地区 夜.png
佳子さま スケッチ.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さま
Powered by RSSリスティング


秋篠宮さま スケッチ.jpg
////
Mr. Akishinonomiya and Keiko, to a storage charge Okayama.

On the 23rd, Kurashiki-shi announced for a local inspection of circumstances, that Keiko of Mr. Akishinonomiya and the second daughter visited the said city esthetic area by a schedule on the 28th and March 1. You appreciate the "flower
of Kurashiki Daniel and OSUTO and heart" exhibition begun for 1 day. It's my first time for Keiko's who became majority royalty in December of last year visiting an area by public duties.
You enter Okayama by an air route and inspect Ohara Museum of Art (the said city center) in the afternoon on the 28th. You appreciate an installation using Belgian flower by a flower artist and vegetation (spatial art) and return to Tokyo from Okayama Airport in the afternoon at a national important cultural asset, old Ohara family housing (said address) and the said art museum courtyard in a douten meeting place for 1 day.
The whole country urban afforestation cogon by which Mr. Akishinonomiya's formal next hill is April, 2009, oh, since fair.
////
秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ 岡山

倉敷市は23日、秋篠宮さまと次女の佳子さまが地方事情視察のため、28日、3月1日の日程で同市美観地区を訪問されると発表した。1日開幕する「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展などを鑑賞される。昨年12月に成年皇族となった佳子さまが、公務で地方を訪れるのは初めて。
 28日午後、空路で岡山入りし、大原美術館(同市中央)を視察される。1日は同展会場の国重要文化財・旧大原家住宅(同所)と同美術館中庭などで、ベルギーのフラワーアーティストによる花や草木を使ったインスタレーション(空間芸術)を鑑賞し、午後、岡山空港から帰京される。
 秋篠宮さまの公式な来岡は、2009年4月の全国都市緑化おかやまフェア以来。
////
<皇室>秋篠宮さまと佳子さま、倉敷に 28日から /岡山

倉敷市は23日、秋篠宮さまと次女佳子さまが28日~3月1日に同市に訪問されると発表した。大原美術館などで開かれるベルギー出身の世界的フラワーアーティストによる「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展(3月1~4日)鑑賞や地方事情視察のため。佳子さまは成年皇族として初の地方での公務となる。

 28日は空路で岡山入りし、夕方に美術館を訪問し作品鑑賞。大原謙一郎理事長や高階秀爾館長の説明を受ける。翌日午前中に同館中庭や近くの旧大原家住宅(国重文)などを会場に開かれるオスト展を鑑賞される。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | 今日 秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ 岡山 | 更新情報をチェックする

シーガルズ「結束力で戦い抜く」

シーガルズ「結束力で戦い抜く」
シーガルズ アタッカー 山口.jpg
////
SHIGARUZU "I fight it out by the union power."

A press conference by a director and a captain of each team was held at the Osaka-shi center gymnasium which becomes a meeting place of the first match on the 27th with the start of the playoff with which I argue about 6 teams of regular round dominance of volleyball V and a premiere league girl "final 6" (28 days) at the front. Kawamoto director and Yamaguchi captain told Okayama SHIGARUZU about a decision.
SHIGARUZU is summed up, 13 win passes a 3rd place of the said round in World Cup point 38 of 8 losses. About state of battle to here, Kawamoto director, "Potential energy has risen more than last season. Each, I'd like to utilize the additional value I got by the thing confronted with a problem by a playoff.", I made a confidence spread.
1st game of 6 team takes on at having no losing tickets in final 6. A durability point of 5-0 is given according to the order of the regular round, and SHIGARUZU has it and starts by point 3. Hisamitsu Pharmaceutical by which a partner of the important first match was defeated in the final last season by a 1st place of the said round. I stare at a war for 4 weeks until March 22 including crash with an old enemy, Yamaguchi captain, "I think it'll be a severe war, I'd like to fight it out until the end by the union power of the team.", a decision was described.
It's 3 teams of dominance that final 6 can be won. I advance 1st place towards a final (April 4 and Tokyo gymnasium), hang Japanese best with a winner of a semifinal by 2 or about 3 "final 3" (March 28 and Xebio arena Sendai) and fight.

////
シーガルズ「結束力で戦い抜く」

 バレーボールV・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド上位6チームで争うプレーオフ「ファイナル6」の開幕(28日)を前に、各チームの監督、主将による記者会見が27日、初戦の会場となる大阪市中央体育館で開かれた。岡山シーガルズは河本監督、山口主将が意気込みを語った。
 シーガルズは通算13勝8敗の勝ち点38で同ラウンドを3位通過。ここまでの戦いぶりについて河本監督は「昨季より底力が上がってきた。各自が課題に向き合ったことで得た付加価値をプレーオフで生かしていきたい」と自信をにじませた。
 ファイナル6は、6チームが1回戦総当たりで対戦。レギュラーラウンドの順位に応じて5~0の持ち点が与えられ、シーガルズは持ち点3でスタートする。大事な初戦の相手は同ラウンド1位で昨季、優勝決定戦で敗れた久光製薬。宿敵との激突を含め、3月22日まで4週にわたる戦いをにらみ、山口主将は「厳しい戦いになると思うが、チームの結束力で最後まで戦い抜きたい」と決意を述べた。
 ファイナル6を勝ち抜けるのは上位3チーム。1位は優勝決定戦(4月4日・東京体育館)に進み、2、3位による準決勝「ファイナル3」(3月28日・ゼビオアリーナ仙台)の勝者と日本一を懸けて戦う。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | シーガルズ「結束力で戦い抜く」 | 更新情報をチェックする

県立高一般入試、平均1.14倍

県立高一般入試、平均1.14倍
がんばれ! 受験生!
かんばれ! 受験生.jpg
受験 サポーター
////
Prefectural high general entrance examination and an average of 1.14 times

Okayama prefectural education board announced the application situation of the general entrance examination in fiscal year 2015 that 55 school public high schools put it into effect on the 27th. 9320 people apply for 50 school prefectural full-time schooling systems to recruitment of 8210 people except for pass personnel unofficially decided of a special entrance examination. 0* fell below next to 14 times of 1* and 16 times of the previous year's 1* 02 points for the average competitive rate.
Only 2 and 30 times by which it's an interest positive department of home domestic science that the competitive rate exceeded two times in a prefectural full-time schooling system. Ko Matsuno food science family and total of 3 family of an information technology family of Okayama artisan and Mizushima artisan continued and lined up 90 times of Okayama southern international economy family 1* and 85 times of Mizushima artisan construction family 1* with 1 and 80 times.
The one the competitive rate wasn't to reach the capacity lowest at 31 family of 19 school is 0 and 17 times of Katsuyama Hiruzen school land general course. Next Ihara gardening flirting, Takahashi Jonan general information flirting and Maniwa general course were 0 and 55 times both.
A system changes from an entrance examination to a prefecture in fiscal year 14, and only 3-the 5th and once can change the application destination in March during a tour of a general course and a general course, science and mathematics, international information flirting and carrier search flirting. A prefectural education board announces the competitive rate of the last on the 6th. There is interview in a scholastic achievement test and 13 days on the 12th, and a successful candidate announces it by each school on the 20th.
The general recruitment capacity of the prefectural full-time schooling system is 11,960. 3750 people coagulate by pass personnel unofficially decided and going persons inside the medium high consistent school of the special entrance examination performed already.
Prefectural, as well as, for, Koraku house integration department of Okayama municipal school was most expensive by 2.17 times.
////
県立高一般入試、平均1.14倍

岡山県教委は27日、公立高校55校が実施する2015年度一般入試の出願状況を発表した。県立全日制50校は、特別入試などの合格内定者を除いた8210人の募集に対し、9320人が出願。平均競争率は1・14倍となり、前年度1・16倍を0・02ポイント下回った。
 県立全日制で競争率が2倍を超えたのは、興陽家政科の2・30倍のみ。岡山南国際経済科1・90倍、水島工建築科1・85倍と続き、高松農食品科学科、岡山工と水島工の情報技術科の計3科が1・80倍で並んだ。
 定員に届かなかったのは19校31科で、競争率が最も低くなったのは勝山蒜山校地普通科の0・17倍。次いで井原園芸科、高梁城南総合情報科、真庭普通科がいずれも0・55倍だった。
 県内は14年度入試から制度が変わり、普通科、普通科のコース、理数科、国際情報科、キャリア探求科の間で3月3~5日、1回に限り出願先の変更ができる。県教委は最終の競争率を6日に発表する。12日に学力検査、13日に面接があり、合格者は20日に各校で発表する。
 県立全日制の総募集定員は1万1960人。うち3750人は、既に行った特別入試の合格内定者や中高一貫校の内部進学者らで固まっている。
 県立以外では、岡山市立の後楽館総合学科が2・17倍で最も高かった。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 県立高一般入試、平均1.14倍 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。