2015年02月05日

後楽園で春呼ぶ芝焼き 岡山

後楽園で春呼ぶ芝焼き 岡山

/////
The spring called turf baked at Korakuen Okayama

The 4th of "first day of spring", at Korakuen in Okayama has a "turf baked", attendance enjoyed early spring annual event.
Happi appearance of workers about 10 people, and ignite the park lawn there about one-eight hectares in torches, spread flame that was fueled by the wind is a moment, I was dyed black grass withers of pale brown.
Lawn ware, and have done every year since 1965 in order to align the germination time of eggs of extermination and shoots of pests.
/////
後楽園で春呼ぶ芝焼き 岡山

「立春」の4日、岡山市の後楽園で「芝焼き」があり、入園者が早春恒例の行事を楽しんだ。
 法被姿の作業員約10人が、たいまつで約1・8ヘクタールある園内の芝生に火をつけると、風にあおられた炎がみるみる広がり、薄茶色の枯れ芝を黒く染め上げた。
 芝焼きは、害虫の卵の駆除や新芽の発芽時期をそろえるため1965年から毎年行っている。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 後楽園で春呼ぶ芝焼き 岡山 | 更新情報をチェックする

林原、倉敷市に化石や標本寄贈

林原、倉敷市に化石や標本寄贈
/////
Hayashibara, fossils and the specimens donated to Kurashiki

Hayashibara (Okayama, Kita-ku, Shimoishii) is the 4th, was donated fossil and skeletal specimens such as 335 points of flora and fauna to follow the evolution of organisms in Kurashiki. Advances the specimen registered in the same Museum of Natural History (the city center), and the general public as "Hayashibara Collection" in prospect this summer.
Awarded the fossils, there is a bone at the base of the primitive fish ▽ pectoral fin with a bone in the jaw called the 350 million years ago of the oldest seed plants ▽ plate skin (Banpi) s, from fish meat fin (hated) s, which corresponds to evolving to amphibians?, etc., there is a point in understanding the evolution of life. Skeletal preparations, such as deer and chimpanzees were also donated.
Visited the Ishigaki Shinobu director is city hall of Hayashibara Museum of Natural Sciences, I was handed a list to Ito Kaori mayor. Ishigaki director responded that it said, "collections that must be carried over to the next generation. I want you to take advantage of the research and education", Ito mayor "will tell posterity as a common property of mankind".
The museum, although not manage a sample of about 10 000 points, including about 7,000 points of Mongolia state-owned, such as dinosaur fossils, old-Hayashibara is bankrupt in 2011, which has been operated. Hayashibara was re-starting as a subsidiary of chemicals trading company specializing · Nagase (Osaka) advances the external transfer of philanthropic business, Mongolia state-owned fossil return, remain specimen has been transferred to such research institutions and museums.
/////
林原、倉敷市に化石や標本寄贈

林原(岡山市北区下石井)は4日、生物の進化をたどる動植物の化石や骨格標本など335点を倉敷市に寄贈した。同市立自然史博物館(同市中央)で標本登録を進め、今夏をめどに「林原コレクション」として一般公開する。
 贈られた化石は、3億5千万年前の最古の種子植物▽板皮(ばんぴ)類と呼ばれるあごに骨を持つ原始的な魚類▽胸びれの付け根に骨があり、魚類から両生類への進化途上に当たる肉鰭(にくき)類?などで、生物の進化を知る上でポイントとされる。シカやチンパンジーなどの骨格標本も寄贈された。
 林原自然科学博物館の石垣忍館長が市役所を訪れ、伊東香織市長に目録を手渡した。石垣館長は「次世代に引き継がなければならない収集品。研究や教育に活用してほしい」と述べ、伊東市長は「人類の共通財産として後世に伝えていく」と応えた。
 同博物館は、恐竜化石などモンゴル国有の約7千点を含む約1万点の標本を管理していたが、運営していた旧・林原が2011年に経営破綻。化学品専門商社・長瀬産業(大阪市)の子会社として再出発した林原はメセナ事業の外部移管を進め、モンゴル国有化石は返還、残る標本は研究機関や美術館などへ譲渡している。
/////
林原自然科学博物館、岡山・倉敷市に標本335点寄贈

文化・芸術活動を支援する「メセナ事業」を展開していた林原自然科学博物館(岡山市)は4日、所蔵する標本から335点を倉敷市に寄贈した。標本は今後、同市立自然史博物館で展示される。

 同日、同市役所で寄付採納式が行われ、同博物館からは石垣忍館長らが出席。石垣館長は「保存や普及などで中四国有数の実績がある博物館に贈れて何より」などと話し、伊東香織市長に目録を手渡した。

 続いて寄贈品の一部が紹介された。標本は約6億年前の古生代のものもあり、米大陸や欧州各地などで発掘。お盆ほどの大きさの三葉虫類や白亜紀のアンモナイト類、現代のヤツメウナギなどにつながるシルル紀の無顎(むがく)類などが並ぶ。恐竜が生きたジュラ紀の始祖鳥のレプリカもあり、伊東市長は「今年の夏休みには、子供さんに公開できるようにします」と応じていた。

 林原自然科学博物館は、平成23年に親会社・林原の会社更生法申請後、事業を見直しており、約20年間にわたって収集した恐竜や古生物などの標本約1万点について、有益な引き渡し先へ譲渡を進めている。

 県内での公開型公的施設への寄贈は、1月の高梁市成羽美術館に続いて2カ所目という。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 林原、倉敷市に化石や標本寄贈 | 更新情報をチェックする

岡山大 2次試験は平均3.2倍

岡山大 2次試験は平均3.2倍
/////
Okayama secondary test average 3.2 times

Ministry of Education, the 4th of Kokkoritsudai secondary test application deadline, announced the 3 o'clock current applicants situation afternoon. Number of applicants in the 455 491 people of 6763 people, down from the same time a year ago last day, magnification for recruiting personnel was 4 and 5 times, a decrease of 0, 1 point. Definite number of applicants and the magnification to announce on the 19th.
Volunteers Large (82 University 377 undergraduate) National in 332 694 people, magnification 4 · 1 times. Koritsudai (82 University 174 undergraduate) was 5.9-fold in 122 797 people.
Okayama whereas recruiting personnel 1752 people of 11 undergraduate, in volunteers 5615 people, the average ratio is 3.2 times (previous year final 3.1-fold). The previous fiscal year schedule is 2 · 5-fold (same 2 · 5-fold), the late schedule 7 · 4 times (same 6.9-fold). Most magnification high of was 13, 4 times of Dentistry Department of late.
Okayama Prefectural Univ is filed is 2591 people in the recruitment of three undergraduate 267 people, average magnification 9.7 times (the same 10-1 times). Information Engineering medium term has become the most magnification is high in the medium term dates nationwide at 28, 9 times. Niimi Koritsudai 285 people volunteered to recruit personnel 48 people, was 5.9 times (the same 6.3-fold).
Hiroshima is filed is 7019 people in recruiting personnel 2007 people of 11 undergraduate, average magnification 3 · 5-fold (previous year last 3 · 7-fold). The previous fiscal year schedule is 2 · 6 times (same 2 · 9-fold), the late schedule 8-1 times (the same 8-0-fold), magnification top became a 20-5 times of Dentistry Department of late.
Prefectural Hiroshima is 2330 people were filed on 4 undergraduate 390 people recruiting personnel, the average ratio is 6 · 0 times (same 5.9-fold). 1979 people were filed on Hiroshima City Univ. 3 undergraduate 327 people recruiting personnel, 6-1 times (same 4-1 times). Fukuyama Univ. 1434 people were filed on 2 undergraduate 225 people of recruiting personnel, 6.4 times (the same 8.8-fold). Onomichi Univ is filed is 1466 people in recruiting personnel 203 people 2 undergraduate, was 7-double (same 9.3-fold).
Kagawa Univ applicant is 2895 people for recruiting personnel 912 people 6 undergraduate. The average ratio is 3.2 times (previous year last 4 · 1-fold). By schedule, the previous fiscal year 2 · 0-fold (same 2 · 9-fold), the late 6.3-fold (same 7-2-fold). Kagawa Prefectural Health Iryodai applicant is 261 people for 45 people recruiting personnel. Magnification became a five-eight times (same 4-6-fold).
/////
岡山大 2次試験は平均3.2倍

文部科学省は、国公立大2次試験出願締め切り日の4日、午後3時現在の志願状況を発表した。志願者数は前年最終日の同時点より6763人減の45万5491人で、募集人員に対する倍率は0・1ポイント減の4・5倍だった。確定した志願者数と倍率は19日に発表する。
 国立大(82大学377学部)の志願者は33万2694人で、倍率は4・1倍。公立大(82大学174学部)は12万2797人で5・9倍だった。
 岡山大は11学部の募集人員1752人に対し、志願者は5615人で、平均倍率は3・2倍(前年最終3・1倍)。前期日程は2・5倍(同2・5倍)、後期日程7・4倍(同6・9倍)。最も倍率が高いのは歯学部歯学科後期の13・4倍だった。
 岡山県立大は3学部267人の募集に2591人が出願し、平均倍率は9・7倍(同10・1倍)。情報工学部中期は28・9倍で全国の中期日程で最も倍率が高くなっている。新見公立大は募集人員48人に対して285人が志願し、5・9倍(同6・3倍)だった。
 広島大は11学部の募集人員2007人に7019人が出願し、平均倍率は3・5倍(前年最終3・7倍)。前期日程は2・6倍(同2・9倍)、後期日程は8・1倍(同8・0倍)で、倍率トップは歯学部歯学科後期の20・5倍となった。
 県立広島大は4学部390人の募集人員に2330人が出願し、平均倍率は6・0倍(同5・9倍)。広島市立大は3学部327人の募集人員に1979人が出願し、6・1倍(同4・1倍)。福山市立大は2学部225人の募集人員に1434人が出願し、6・4倍(同8・8倍)。尾道市立大は2学部の募集人員203人に1466人が出願し、7・2倍(同9・3倍)だった。
 香川大は6学部の募集人員912人に対し2895人が出願。平均倍率は3・2倍(前年最終4・1倍)。日程別では、前期2・0倍(同2・9倍)、後期6・3倍(同7・2倍)。香川県立保健医療大は募集人員45人に対し261人が出願。倍率は5・8倍(同4・6倍)となった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 岡山大 2次試験は平均3.2倍 | 更新情報をチェックする

岡山県立高特別入試 2.28倍

岡山県立高特別入試 2.28倍
/////
Okayama Prefectural High special entrance examination 2.28 times

Okayama Prefecture Board of Education is the 4th, announced the filing status of fiscal 2015 special entrance examination in the prefecture public high school. Commercial, and specialized departments such as industry, was carried out comprehensive department, with some infantry, Prefectural average competition rate of 41 schools to be out of the full-time at times 2, 28, was below the previous year 0 - 03 points.
Prefectural full-time is to recruit 3510 people, which corresponds to about 30% of the total capacity 11 960 people in the special entrance examination, 8010 people were filed. Increased 602 people from academic hope the time of the survey of last year in December.
41 schools 107 Department of two courses 2 Type 3 out of the field, the highest competition rate was 3 · 65 of Kurashiki Central Normal School children course, Kyohi Division of Home Economics was followed by 3 · 50 times. Capacity cracking was only Katsuyama Hiruzen school land infantry (0 · 25-fold).
Introduction schoolwide common academic achievement test (language, mathematics, English) the, interview, each school own writing, I do like to the 12 and 13 days practical. Special entrance examination were selected with an emphasis on sense of purpose and suitability of the student to notify the prospective of pass in the 20th.
Koraku Hall in the City, Tamano quotient, Kurashiki Shominami, participated four schools of Ryonan Mabi, carried out in the same schedule as the Prefectural.
Special entrance examination was introduced along with the abolition of self-recommendation entrance examination, the second year. In the last 14 fiscal special entrance examination, mistake is discovered in scoring 35 schools 391 people Prefectural.
County board of education has summarized the improvements last October, during the scoring as the grader can focus on each high school you can prohibit the school of current students, is provided with a score entry column of each small question and large question to answer sheet in policy or I have a "so that the mistake does not appear again, to again thoroughly before production" (high School Education Division).
/////
岡山県立高特別入試 2.28倍

岡山県教委は4日、県内公立高校の2015年度特別入試の出願状況を発表した。商業、工業といった専門学科と、総合学科、一部普通科で行い、県立全日制のうち対象となる41校の平均競争率は2・28倍で、前年度を0・03ポイント下回った。
 県立全日制は総定員1万1960人の約3割に当たる3510人を特別入試で募集し、8010人が出願した。昨年12月の進学希望調査時点から602人増えた。
 41校107科2コース2類型3分野のうち、競争率が最も高いのは倉敷中央普通科子どもコースの3・65で、興陽家政科が3・50倍で続いた。定員割れは勝山蒜山校地普通科(0・25倍)のみだった。
 全校共通の学力検査(国語、数学、英語)をはじめ、面接、各校独自の作文、実技などを12、13日に行う。特別入試は生徒の目的意識や適性を重視して選抜し、20日に合格の内定を通知する。
 市立では後楽館、玉野商、倉敷翔南、真備陵南の4校が参加し、県立と同じ日程で実施する。
 特別入試は自己推薦入試の廃止に伴って導入され、2年目。前回の14年度特別入試では、県立35校391人の採点にミスが発覚した。
 県教委は昨年10月に改善策をまとめており、各高校で採点者が集中できるよう採点中は在校生の登校を禁止したり、解答用紙に小問や大問ごとの得点記入欄を設けたりする方針で「ミスが二度と出ないよう、本番までにあらためて周知徹底する」(高校教育課)としている。
/////
2015年2月20日(金)
高校特別入試3500人合格内定


岡山県教委は20日、県内の公立高校46校で実施した2015年度特別入試などの合格内定者数と、3月に行う一般入試の募集人員を発表した。県立全日制では募集定員1万1960人のうち3750人の合格が内定し、一般入試の募集人員は8210人と確定した。
 県立全日制41校で行った特別入試には7815人が挑み、3500人の合格が内定。同日、各中学校を通じて結果が通知された。平均競争率は2・23倍で、前年度を0・02ポイント下回った。海外帰国生徒の選抜と、中高一貫校での内部進学などによる合格内定者は計250人となった。
 これに伴い一般入試の募集人員は、県立全日制50校で8210人と固まった。県教委の進学希望調査(1月10日現在)を基に推計した一般入試の志願者数は9195人で、平均競争率が1・12倍。玉野光南体育科は全員を特別入試で選抜し、中高一貫校の天城理数科は内部進学者以外を特別入試で選んだため、両科は一般入試の募集はしない。
 一般入試の出願は25~27日に受け付け、県教委は同日午後に出願状況を発表する。普通、理数、国際情報、キャリア探求の各科に出願した生徒は3月3~5日、1回に限り出願先を変更できる。14年度から入試制度が変わり、受験機会が減った生徒の不安を軽減するためという。同12日に5教科の学力検査、13日に面接があり、合格発表は20日。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 岡山県立高特別入試 2.28倍 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。