2015年02月07日

「イオンモール 岡山」(異変?)なんでもランキング?  行列からみる人気店の昼食編

イオンモール岡山(異変?) 「平日 昼 人気(行列ランキング?)」

イオン 岡山 飲食  開業1年記念  行列ランキング(昼食編)ランチ

イオンモール岡山 食事 飲食   開業1年記念 行列ランキング(夕食編) ディナー

イオン 岡山 飲食(おやつ時間 編)開業1年 行列ランキング

ion スケッチ.jpg

4F 「Food Court」の人気(行列ランキング?)
6F・7F の「Restaurant」の人気(行列ランキング?)

について

行列に異変?!
(明らかに、客の数は、減少していますね! )

12月5日~2014年1月23日 頃の調査
イオンモール岡山 「平日 昼 人気(行列ランキング?)」
より
以前は、
4F 「Food Court」の人気(行列ランキング?)
6F・7F の「Restaurant」の人気(行列ランキング?)
2つとも(どちらも)混雑していたが、
ゆっくり、座れる6F・7F の「Restaurant」に人が流れる傾向にあるようですね。
/////
昼食の単価コストが下がっているようです。
昼食代が高めの店に変化があるように感じました。
また、行列で並んでいるのは、比較的年配の高齢者や主婦が多くみられましたね。
店(ラーメン屋やファーストフード系など)によっては、若者、スーツを来たサラリーマンが多い店もありましたね。
 
/////
イオンモール岡山 「平日 昼 人気(行列ランキング?)」

/////
鉄則
「イオンモール 岡山」人気店の昼食は、11:00頃 または、14:00頃に行け!
(アドバイス:昼食時は、混雑をさけ、岡山一番街 または 岡山駅前商店街周辺がよいかも?)
(4Fのフードコーナーに行くときは、水筒にお茶、ペットボトルがあったほうがいいかも? 飲料水はありますが・・・。混雑時は、座席が近くにない場合もあるかも? 落ち着いて反対側のフロワーに移動しよう。)

あまり、混雑している場合 2F「SUB WAY」に行くか? 岡山一番街 または 岡山駅前商店街周辺と移動するのもよいかも?
////
(以前 と今回 ほぼ同じ)
4F 「Food Court」の人気(行列ランキング?)
(行列の多さ=人気 とする。  平日:昼11:30~13:00 、調査 目視! 、 期日 3日間)

1位 おひつごはん 海の穂まれ
2位 かばぐろ (豚のかば焼き重)
   NEWYORK STEEAK FACTORY (ステーキ・ハンバーグ)
   築地 銀だこ ハイボール酒場
   ラーメン 東大
3位 その他

「おひつごはん 海の穂まれ」は、ダントツでの人気であった。 行列がおおく、諦める客が隣に流れるケースも多い。そのため「両脇の店」が混雑していた。

////
(以前)
6F・7F の「Restaurant」の人気(行列ランキング?)
(行列の多さ=人気 とする。  平日:昼11:30~13:00 、調査 目視! 、 期日 3日間)

1位 ラ・メール・プラール(フレンチレストラン)7F
2位 鎌倉パスタ(ラーメン)6F
   Hawaiian Cafe & Pancake 88huit huit(パンケーキ)6F
   小豆島ラーメン HISHIO(ラーメン)6F
THE CENTRAL BUFFET(ビッフェ)6F
3位 パルパスタ岡山(イタリアレストラン)7F
   粥餐庁(粥麺)6F
   ナポリピアッツア と イタリア料理(ピアッア・パスタ)6F
   博多天ぷらたかお(天ぷら)6F
4位 その他1
5位 その他2(ほぼ、行列のない店 :夕食の時間帯は行列)
/////
2F  「SUB WAY」
http://www.subway.co.jp/index.html
ポポンデッタ(鉄道模型)000.jpg
(今回)
6F・7F の「Restaurant」の人気(行列ランキング?)
(行列の多さ=人気 とする。  平日:昼11:30~13:00 、調査 目視! 、 期日 3日間)

1位 THE CENTRAL BUFFET(ビッフェ)6F
   Hawaiian Cafe & Pancake 88huit huit(パンケーキ)6F
   小豆島ラーメン HISHIO(ラーメン)6F
   博多天ぷらたかお(天ぷら)6F
2位 鎌倉パスタ(ラーメン)6F
   パルパスタ岡山(イタリアレストラン)7F
   粥餐庁(粥麺)6F
   ナポリピアッツア と イタリア料理(ピアッア・パスタ)6F
3位 ラ・メール・プラール(フレンチレストラン)7F
   その他1
4位 その他2(ほぼ、行列のない店 :夕食の時間帯は行列)
/////
開業前 期待感 ランキング
「イオンモール岡山」気になる店、行ってみたい店ランキング
////
イオンモール岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


イオンモール岡山 地図

大きな地図で見る
/////
岡山駅と岡電とイオンモール岡山が「つながる」日、街は大きく変わるかもしれない
/////
「イオンモール岡山」は、「埼玉化」ではないらしい? がんばれ「商店街}!?
/////
地方都市の消費・風景が均質化する「埼玉化」が進んでいる

2014年12月、イオンモールが西日本の旗艦店と位置づける「イオンモール岡山」を開店させた。特色はJR岡山駅から徒歩5分という立地。イオンモールはこれまで郊外に巨大モールを出店してきたが、初めて政令指定都市の一等地に出店し、モール初出店の「ネストローブ」など郊外型のモールにはない「高感度」の店を揃えて新味を加えた。一方、ネットの発達で、トレンドはすぐに地方へも波及するようになった。空間や商品構成がそっくりの「高感度」店が、最近多くの地方にあふれている。つまり、全国各地のあらゆるレベルの消費と風景が「金太郎飴」のように無個性になっている。私は拙著『埼玉化する日本』で、この、どのフェーズの消費も均質化している現象を「埼玉化」と名づけた。

東京生まれの私はファッション誌でも仕事をしており、「感度の高い消費者」という自負があり、モール消費とは縁がなかった。その私があえて06年から埼玉に住んでいる。なぜなら、その頃から「埼玉化」の兆候を感じており、みずから現場に飛び込んでみたいと思ったからだ。

埼玉は消費生活を満喫するにはちょうどいい。周囲にはサンダル履きで行けるモールから、少しオシャレをして行く百貨店やテナント充実のモールもある。そのうえ、電車で40分ほど揺られれば青山や代官山に行ける。チェーン店ばかりのモール消費も、モールで買えない「作家の一点ものの器」といった感度の高い消費も、両方楽しめる埼玉での生活に何も不満はない。

「2014年上半期全国人気の街ランキング」(ネクスト調べ)では、関東エリアで1位が池袋、2位高円寺、3位中野、4位が大宮だった。「埼玉県民ばかりでダサい」と嫌われた池袋は今や人気の街に。そして、高円寺、中野に次ぐ4位が大宮なのだ。

私は個人の商店主に「埼玉化」の現状を知ってほしい。多少金太郎飴でも「モールで買えないモノやコト」を提供する「高感度人気店」として同じ志向を持つ者同士が手をとりあい、商店街を救ってほしい。日本全国に「埼玉化」が迫る。
/////
みんなで、イオンモール岡山 に行こう!
イオンモール岡山 1年の歴史? 人出は、最初の3か月? 減少が止まらない?
イオンモール岡山、開業1カ月、230万人が来店…年間2千万人の目標に向け「好調な出足」

イオンモール岡山 半年で950万人来館 (このペースでは、目標は不可能では?)

イオンモール岡山 開業から1年になろうとしている。 (イオンは、少し心配? 集客目標・ 営業利益など)
/////
イオンモール岡山 飲食   開業1年記念 行列ランキング(夕食編)

イオンモール岡山 飲食  開業1年記念  行列ランキング(昼食編)
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | 「イオンモール 岡山」なんでもランキング? | 更新情報をチェックする

学力向上対策めぐり意見交換 /生活にスマホ影響 高校生の35% /スマホ「9時だよ!全員終了!」

学力向上対策めぐり意見交換 /生活にスマホ影響 高校生の35% /スマホ「9時だよ!全員終了!」

学力向上対策めぐり意見交換
////
Academic improvement measures Tour exchange of opinions

And Okayama Prefecture Board of Education, education problem meeting is the 6th by representatives of the municipal education committee chairman, was held at the prefectural government. Based on the current situation in which stagnant ranking in the prefecture elementary and junior high school students nationwide achievement test, the theme to the exchange of opinions academic improvement measures. Municipalities side you can ensure the learning time at home, reported the efforts to or improve the teaching.
Prefecture education committee six, from the municipality Kurashiki, Setouchi, Asakuchi, Maniwa, education chairman five Satoshō, Okayama was attended. Maniwa While it showed off a "plus or minus 30 minutes exercise" such initiatives each school devote to learning between 30 minutes to enjoy the TV and games at home, challenges and "between school (academic) gap has occurred." the I mentioned.
Asakuchi last summer, and air conditioned in all the usual classroom city elementary and junior high schools, explained that it has increased the tuition time the second semester of the opening ceremony in ahead of schedule for a week. Setouchi City was reported that introduces that you are incorporating aggressively such experiment in class "child is realized that the" Understood, "" can have ", has led to the improvement of learning motivation".
Unified rules of prefectural board of education to limit the use of elementary and junior high school students of smartphones and mobile phones also will discuss opinions such as "To refrain from the use convinced children also need enlightenment to depressed to the use of the parent" (Satoshō, Okayama) came out.
Meeting is open every year by changing the theme, such as the county board of education is to consider the material of the measures.
////
学力向上対策めぐり意見交換

岡山県教育委員と、市町村教育委員長の代表者による教育問題懇談会が6日、県庁で開かれた。全国学力テストで県内小中学生の順位が低迷している現状を踏まえ、学力向上対策をテーマに意見交換。市町村側は家庭での学習時間を確保したり、授業を改善したりする取り組みを報告した。
 県教育委員6人、市町村からは倉敷、瀬戸内、浅口、真庭市、里庄町の教育委員長5人が出席した。真庭市は家庭でテレビやゲームを楽しむ30分間を学習に充てる「プラスマイナス30分運動」など各学校の取り組みを披露した一方で、「学校間で(学力の)格差が生じている」と課題を挙げた。
 浅口市は昨年夏、市内小中学校の全ての普通教室にエアコンを設置し、2学期の始業式を1週間前倒しして授業時間を増やしたことを説明した。瀬戸内市は授業に実験などを積極的に取り入れていることを紹介し「子どもが『分かった』『できた』を実感し、学習意欲の向上にもつながっている」と報告した。
 小中学生のスマートフォンや携帯電話の利用を制限する県教委の統一ルールも議論となり「子どもが納得して利用を控えるには、親の使い方にまで踏み込んだ啓発も必要」(里庄町)といった意見が出た。
 懇談会はテーマを変えて毎年度開いており、県教委などが施策の検討材料にする。
/////
生活にスマホ影響 高校生の35%


岡山県内でスマートフォンやインターネット、ゲーム機などの利用によって日常生活に影響があると感じている小学生は13・3%、中学生は23・5%、高校生は35・4%に上ることが6日、公立学校を対象にした同県教委の調査で分かった。具体的影響では勉強をする気にならないと感じる児童生徒が最も多く、生活・学習習慣の乱れを招いている実態が浮き彫りになった。
 日常生活に影響があると答えた児童生徒に具体的内容(複数回答)を尋ねたところ、小中高ともに「勉強をする気にならない」が最も多く、特に中学生は63・1%を占めた。2番目に多いのは、小学生は「外出が減った」(27・4%)、中学生と高校生はともに「スマホなどの使用をやめられない」(中36・4%、高42・6%)。「きちんと睡眠をとれない」「日中疲れを感じる」も小中高を問わず多かった。
 自分のスマホ・携帯電話を持っているのは、小学生31・2%、中学生46・7%、高校生97・0%。3年前の前回調査から小学生はほぼ倍増し、中学生でも増えた。高校生は前回と同率だった。
 スマホ・携帯電話を平日に3時間以上使っているのは小学生9・2%、中学生25・5%、高校生27・9%。いずれも3年前より増加しており、長時間依存の傾向が強まった。
 県教委は昨年11月、小中学生を対象に午後9時以降の利用を制限する統一ルールを設け、各地域や学校、家庭での取り組みを促している。
 しかし、スマホなどの利用に関する家庭内ルールについて、「ある」の回答は小中高すべてで3年前より減少。前回70・3%だった中学生は39・8%、51・7%だった高校生は13・4%に下がった。小学生も前回63・2%から54・8%に低下した。所持率が上がる中で、スマホをめぐる問題への危機感が低下しているとみられる。
 県教委生徒指導推進室は「長時間使用が増えるなど、3年前と比べて良い状況になっていない実態がうかがえる。保護者への啓発を進めるとともに、子ども自身に適切な使い方を考えさせる取り組みが必要」としている。
 スマートフォンなどの利用実態調査
 岡山県教委が昨年11月、県内の小学校と中学校各32校、高校17校を抽出し、小学4年生から高校3年生までを対象に行った。回答者は7745人(小2976人、中2911人、高1858人)。2008年3月、11年6月に続き3回目。もともとは携帯電話の利用実態把握が目的だったが、スマホの普及や無料通信アプリのLINE(ライン)利用が拡大する中、今回はスマホをメーンに尋ねた
/////
スマホ「9時だよ!全員終了!」

 高梁市成羽町成羽、成羽中学校の生徒会は、スマートフォンを午後9時以降使わないことを決め、6日から自主的な利用制限を始めた。「緊急アピール集会」をこの日同校で開き、約110人の全校生徒にルール順守を訴えた。
 県教委が昨年11月、小中学生のスマホ・携帯電話利用を午後9時以降制限する統一ルールを設けたことを受け、今年1月からクラスごとに適切な使い方を検討。生徒会が意見集約し、提案した9時以降の制限に異論が多かったため、制限の意義を周知する集会を企画した。
 生徒会メンバー7人が「使い過ぎは友人関係のトラブルや睡眠不足の原因になる。勉強時間を確保するためにも夜間の利用をやめよう」と呼び掛け。具体策として、定刻にアラームを設定し電源を切る▽親に預ける▽着信音を消し、手の届きにくい場所に置く?などを紹介し、スローガンの「9時だよ!全員終了!」を唱和した。保護者約30人も聞いた。
 生徒会長(14)は「制限は全員が一斉に取り組むことが重要。ルールを守ることで、便利に楽しく使いたい」と話していた。
/////
/////
岡山市教委指導課のHP
全国学力・学習状況調査について(岡山市)

他に
岡山県学力・学習状況調査について
平成26年度岡山県学力・学習状況調査【岡山市の状況】(PDF:779KB)
/////

<GO!ファジアーノ>サッカー 「絶対にJ1昇格」 選手、監督ら知事訪問 /岡山 ファジ矢島、U-22代表入り

<GO!ファジアーノ>サッカー 「絶対にJ1昇格」 選手、監督ら知事訪問 /岡山 ファジ矢島、U-22代表入
ファジアーノ 桃瀬.jpg
<GO!ファジアーノ>サッカー 「絶対にJ1昇格」 選手、監督ら知事訪問 /岡山
/////
Fajiano Okayama Kimura Masaaki representative of soccer · J League Part 2 (J2), Nagasawa Toru director, MF Sawaguchi Masahiko players, GK Nakabayashi Yoji four players four days, visited the prefectural government of Kita-ku, before the season kicks off I was greeted Lee wood Ryuta governor. Nagasawa director showed enthusiasm to as J1 promoted "I want to grow the team that can play given the impression to supporters at the stadium. Want to aim for the next stage in the team."

In response to the visit, Ihara tree governor was encouragement as "last year until the last hope to show the like to be excited about our residents game, Thank you. By all means, please continue to work hard."

In addition, Sawaguchi players and "got a new stimulus from Newest player, every day, we are working hard to practice. Absolutely J1 be promoted," he said.
/////
サッカー・Jリーグ2部(J2)のファジアーノ岡山の木村正明代表、長沢徹監督、MF沢口雅彦選手、GK中林洋次選手の4人が4日、北区の県庁を訪れ、今季開幕を前に伊原木隆太知事にあいさつした。長沢監督は「スタジアムでサポーターに感動を与えられるプレーのできるチームに育てたい。チームで次のステージを目指したい」とJ1昇格への意気込みを示した。

 訪問を受け、伊原木知事は「昨年は最後まで私たち県民をわくわくさせるような試合を見せてもらい、ありがとうございました。ぜひ、引き続き頑張ってください」と激励した。

 また、沢口選手は「新加入した選手から新しい刺激をもらい、日々、練習に励んでいます。絶対にJ1昇格する」と話した。
/////
ファジ矢島、U-22代表入り

日本サッカー協会は6日、シンガポール遠征に臨むU-22(22歳以下)日本代表メンバーを発表し、J2ファジアーノ岡山のMF矢島慎也ら18人を選出した。リオデジャネイロ五輪アジア1次予選を兼ねたU?23アジア選手権予選(3月・マレーシア)に備え、14日にU-23シンガポール代表との強化試合に臨む。
 矢島は今季、J1浦和から期限付き移籍加入。「自分の良さを出し、チームとしても個人としても結果を残せるよう頑張る」としている。遠征は11日から15日までで、ファジアーノの宮崎キャンプ(14~23日)には途中合流する。
 マレーシアと気候が似たシンガポールは、この時期も最高気温30度前後で、暑さへの慣れも目的となる。手倉森監督は「暑さへのシミュレーションと戦術の擦り合わせが目的。状態のいい選手、予選への(参加の)可能性が高い選手を選考した」とコメントした。
/////

岡山の地域を考える メモ (岡山市長ら地方創生テーマに討論 / 岡山のLRT化、路面電車で議論 /子どもの精神科医療で地域連携を /近代の岡山 東アジアとの関係探る)

岡山の地域を考える メモ
 
岡山市長ら地方創生テーマに討論

岡山のLRT化、路面電車で議論

子どもの精神科医療で地域連携を

近代の岡山 東アジアとの関係探る

////
岡山市長ら地方創生テーマに討論

/////
The discussion in Okayama Mayor local creation theme

Symposium was a local creation theme (designated city mayor Association sponsored) is the 6th, held in Tokyo, Omori Masao Okayama Mayor et al exchanged views Tour of the corporate relocation to rural areas.
Omori mayor and Hayashi Fumiko Yokohama Mayor (Mayor Chairman), is expand the panel discussion Sendai Emiko Okuyama mayor. Omori mayor, welcome for tax incentives, such as country of corporate relocation promotion measures if the entity has transferred the head office functions to local and "is synergistic with its own measures of the city such as location support, want to advance the transfer." It was said that for example, "I want to strive to follow-up" provision of a forum to discuss the company side and the city of executives.
While Hayashi mayor is about 950 companies in Tokyo's 23 wards the First Section of the Tokyo Stock Exchange listed company, Yokohama city about 50 companies and description. "Tokyo overconcentration big challenge. Financially tough" I was. Okuyama mayor told the utilization measures of subway new routes scheduled to open in December.
There is also a discussion by the Okayama Chamber of Commerce and Industry of Furuichi Finance Vice President from three cities of economic stakeholders, "private similar strategies such as to attract companies that young people feel the charm necessary" I ordered and the like to the municipality.
The mayor Board I constitute a national 20 designated cities of mayor. Local government officials about 430 people were listening.
/////
岡山市長ら地方創生テーマに討論

地方創生をテーマにしたシンポジウム(指定都市市長会主催)が6日、東京都内で開かれ、大森雅夫岡山市長らが地方への企業移転などをめぐり意見を交わした。
 大森市長と林文子横浜市長(同市長会長)、奥山恵美子仙台市長がパネルディスカッションを展開。大森市長は、企業が本社機能を地方に移転した場合の優遇税制など国の企業移転促進策について「立地支援など市の独自施策と相乗させ、移転を進めたい」と歓迎。企業側と市の幹部が話し合う場を設けるなど「フォローアップに努めたい」と述べた。
 林市長は東証1部上場企業が東京23区内に約950社あるのに対し、横浜市内は約50社と説明。「東京一極集中は大きな課題。財政的に厳しい」とした。奥山市長は12月に開業予定の地下鉄新路線の活用策を話した。
 岡山商工会議所の古市大蔵副会頭ら3市の経済関係者による討論もあり、自治体に対し「若者が魅力を感じる企業を誘致するなど民間同様の戦略が必要」などと注文した。
 同市長会は全国20政令指定都市の市長で構成する。自治体職員ら約430人が聴いた。
/////
岡山のLRT化、路面電車で議論

 岡山市が都市整備や交通施策などで有識者の意見を聞く市都市・消防政策審議会(会長・佐藤豊信岡山大大学院教授)が6日、北区春日町の市勤労者福祉センターで開かれ、検討中のJR吉備線LRT(次世代型路面電車)化や路面電車の岡山駅東口広場乗り入れについて議論した。
 市職員が両事業の概況を報告。吉備線LRT化では市が総社市、JR西日本とまとめた計画素案を示し、運行本数を現行の1時間当たり2、3本から倍増させる考えなどを説明した。路面電車乗り入れでは平面や高架など4通りの方式で詳細の異なる12パターンで検討を進めているとした。
 委員からは吉備線LRT化について「将来的な市中心部の路面電車への接続といった大きなビジョンを盛り込む計画にすべきだ」といった提案や市民への周知が不足しているといった指摘があった。路面電車乗り入れでは、乗り入れ方式をめぐり、JRとの乗り換え距離が短い案を求める声や政令指定都市の顔にふさわしい景観となる方式を望む意見が寄せられた。
/////
子どもの精神科医療で地域連携を

 「児童精神科医療の地域連携 点から面へ」をテーマとした全国児童青年精神科医療施設協議会の研修会が6日、2日間の日程で岡山市北区駅元町の岡山コンベンションセンターで始まった。子どもの精神科医療ニーズが高まる中、児童相談所や一般の小児科医などを含めた多機関での連携策を話し合った。
 約400人が参加。岡山県精神科医療センターの来住由樹副院長、県倉敷児童相談所の藥師寺真総括主幹、東京都立小児総合医療センターの田中哲副院長がシンポジウムを行った。
 田中副院長は、精神科で子どもの新規入院予約が5カ月待ちになるほど増えている現状を報告し、「診療所や小児科と患者を紹介し合える双方向の連携が必要」と提起。来住副院長は「医師を診療所や行政機関との間で行き来させるなど相互理解を深めることが大切」とした。
 藥師寺総括主幹は県精神科医療センターから、入院患者が子どもをネグレクト(育児放棄)していると連絡を受けた事例を紹介。地域住民も交えて対応を話し合う中で、ボランティアによる家事の支援などにつながったとし「連携により厚みのある支援をすることが重要」と話した。
 7日は各医療機関の取り組み報告などがある。
////
近代の岡山 東アジアとの関係探る

岡山大大学院社会文化科学研究科東アジア国際協力・教育研究センターは12日午前10時半から、同大創立50周年記念館(岡山市北区津島中)でシンポジウム「近代の岡山と東アジア?塩・人・書画」を開く。
 太田健一・山陽学園大名誉教授、陳祖恩・中国東華大特任教授、高淑媛・台湾成功大副教授ら国内外の研究者が登壇。倉敷市児島地区で製塩業を営んだ野崎家、新聞・実業界で活躍した岸田吟香(岡山県美咲町出身)ら地元ゆかりの人物の活動から、岡山と東アジアとの関係に迫る。
 無料。申し込み不要。定員120人。問い合わせは同センター(086 251 7442)。
////


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。