2015年02月20日

22日に後楽園でタンチョウ散策 岡山

22日に後楽園でタンチョウ散策 岡山
/////
Monotonically stroll Okayama Korakuen in the 22nd

Okayama Korakuen the 18th, announced that perform the monotony of the park stroll that had been canceled because of the highly pathogenic avian influenza that occurred in Kasaoka on the 22nd. Prefecture has decided in response to the releasing the movement restricted areas, such as chicken.
And emit a 4 birds of the eight birds that are housed in the crane house from 10:00, you can not walk the lawn, and or to turning the swamp of ponds and spiritualistic mountain sky. Hocho month once carried out in January every year from September to next year. This year because it was popular and was also planning to February 8, bird flu has been confirmed in January 15, had been postponed.
Movement restriction is released on the 14th of this month, Korakuen even mat to disinfect the attendance of shoes that had been installed in two locations in the vicinity of crane building already removed.
/////
22日に後楽園でタンチョウ散策 岡山

岡山市の後楽園は18日、笠岡市で発生した高病原性鳥インフルエンザのため中止していたタンチョウの園内散策を22日に行うと発表した。県が鶏などの移動制限区域を解除したのを受けて決めた。
 午前10時から鶴舎で飼育する8羽のうち4羽を放ち、芝生を歩かせたり、沢の池や唯心山上空を旋回させたりする。放鳥は例年9月~翌年1月に月1回実施。好評だったため今年は2月8日にも計画したが、鳥インフルエンザが1月15日に確認され、見送っていた。
 移動制限は今月14日に解除され、後楽園は鶴舎付近の2カ所に設置していた入園者の靴を消毒するマットも既に撤去している。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 22日に後楽園でタンチョウ散策 岡山 | 更新情報をチェックする

岡山のサッカー 湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山 /ファジ長沢監督とMF矢島が決意

岡山のサッカー 湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山 /ファジ長沢監督とMF矢島が決意
岡山 カープ女子.jpg
湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山
/////
Yunogo Bell, Nadeshiko exchange warfare 2 win Okayama

Soccer girls, Nadeshiko League pre-season match "Nadeshiko exchange war" by a team of second day the 19th, is done in such Anesaki park soccer field of Ichihara, Chiba Prefecture, Okayama Yunogo bell of the same league 1 parts of a two-part Nojimasutera The victory in the 1? 0 in Kanagawa. I was total 2 wins and 1 loss.
Yunogo Bell the first half, Matsuoka in FW, Kishino, Makoto Kobayashi in MF, Miyama, between kudzu, Asano, Mizushima in DF, Sasaki Takahashi, Kad, Kitaura, played the main members of Fukumoto to GK. The PK that Kobayashi true got brought down in the penalty area in 9 minutes Miyama scored, I took the lead. Although then did not Steal what goal, and move well in conjunction people and ball, and made the score machine many times.
FW Tanaka late Newest players young has been played, MF MoriSako, Nakajima, Okubo et al aggressively attack participation. Regrettable scene for example, match the DF Takahashi thousand with height in the set play also had, but ended in scoreless.
The 20th of the third day, Yunogo Bell 1 part Urawa, play against the Chiba.
/////
湯郷ベル、なでしこ交流戦2勝目 岡山

サッカー女子・なでしこリーグのチームによるプレシーズンマッチ「なでしこ交流戦」第2日は19日、千葉県市原市の姉崎公園サッカー場などで行われ、同リーグ1部の岡山湯郷ベルは2部のノジマステラ神奈川に1?0で勝利。通算2勝1敗とした。
 湯郷ベルは前半、FWに松岡、岸野、MFに小林真、宮間、葛間、浅野、DFに水島、高橋佐、加戸、北浦、GKに福元の主力メンバーが出場。9分に小林真がペナルティーエリア内で倒されて得たPKを宮間が決め、先制した。その後はゴールこそ奪えなかったが、人とボールが連動してよく動き、何度も得点機をつくった。
 新加入選手ら若手が出場した後半はFW田中、MF森迫、中島、大久保らが積極的に攻撃参加。セットプレーで高さのあるDF高橋千に合わせるなど惜しい場面もあったが、無得点に終わった。
 第3日の20日、湯郷ベルは1部の浦和、千葉と対戦する。
/////
ファジ サポーター 応援.jpg
ファジ長沢監督とMF矢島が決意

 今季のJリーグ開幕(3月7日)を前に、J1、J2、J3の計52クラブの監督、選手代表が一堂に会する「プレスカンファレンス」が19日、東京都内で開かれ、J2ファジアーノ岡山の長沢徹監督と新加入のMF矢島慎也が、悲願のJ1昇格に向けて決意を語った。
 昨季、リーグを含む3冠を果たしたG大阪の宇佐美貴史や広島の青山敏弘(作陽高出)らJ1勢に続いて、矢島が登壇。中四国ダービー「PRIDE
 OF
 中四国」をPRするパネルを持って、讃岐の木島良輔らとともに記念撮影に臨んだ。
 セレモニー後、矢島は「これまでの岡山のサッカーに自分たちの色を加えることが新加入選手の役割。攻撃で違いを生み、得点に絡むプレーで貢献したい」と抱負を述べた。現在、脚に負傷を抱えているが、3月8日にホームで迎える岐阜との開幕戦に向けて「コンディションを上げていく」と表情を引き締めた。
 昨季のファジアーノは終盤に失速して8位。あと一歩のところで昇格プレーオフ圏(3~6位)を逃しただけに「勝ちきることが今季の課題」と長沢監督。リーグ序盤は昨季J1のC大阪や大宮など強豪との対戦が続くが「勝って浮かれず、負けてもうなだれず、しっかりとしたメンタリティーで乗り切る。昇格という夢を地域に届ける」と力強く目標を語った。
 今季J2は22チームが2回総当たりで競い、2位までが自動昇格、3~6位は残り1枠を懸けてプレーオフに臨む。
//////

国公立大2次、岡山大は3.2倍 (国公立大2次試験)

国公立大2次、岡山大は3.2倍 (国公立大2次試験)
/////
National and public universities, secondarily, Okayama University, 3.2 times (secondary test of national and public universities)

The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology announced for 19 days, that the fixation number of applicants of this spring's secondary test of national and public universities was 9874 less 474,546 from last year. The magnification to the number to be accepted is 0, 1 point less of 4 and seven times.
Candidates for the national university (377 departments of 82 university) are 344,992, the magnification, the same 4 and three times as last year. The public large (174 departments of 82 university) was 0 for 129,554 people, 2 points less of 6 and three times.

Candidates are 5680 to 11 departments of 1752 number to be accepted in Okayama University, the average magnification, 3 and two times (last year's last 3 and 1 time). The first term 2* is quintuple according to the schedule (2 and five times), latter period 7 and five times (6 and 9 times). The one with the highest magnification was 13 and six times in the department of dentistry odontology family latter period.
2833 people apply to recruitment of 267 people for Okayama prefectural university 3 departments, the average magnification, 10 and six times (10 and 1 time). Department of computer science and engineering middle term is a middle schedule in the whole country by 31 and four times, and the magnification is highest. 285 people applied to 48 numbers to be accepted, and the Niimi public large was 5 and 9 times (6 and three times).

7235 people apply to 11 departments of 2007 number to be accepted for Hiroshima University. The average magnifications were 3 and six times (last year's last 3 and seven times). According to the schedule, the first term, 2 and seven times, (2 and 9 times) and the latter period, 8 and four times (8 and 0 times). 21 and the five times by which the magnification top is the department of dentistry odontology family latter period.
2821 people apply to 390 numbers to be accepted for prefectural Hiroshima University 4 departments, the average magnification, 7 and two times (5 and 9 times). 2080 people applied to 327 numbers to be accepted, and 3 departments of Hiroshima city university was 6 and four times (4 and 1 time). 2 departments of Fukuyama city university is an application of 1513 people in recruitment of 225 people, 6 and seven times (8 and 8 times). 1634 people applied to 2 departments of 203 number to be accepted, and Onomichi city universities were 8 and 0 times (9 and three times).

3235 people applied for Kagawa University to 6 departments of 912 number to be accepted, and the average magnification was 3 and five times (last year's last 4 and 1 time). The first terms are 2 and three times (2 and 9 times) according to the schedule, the latter period, 7 and 0 times (7 and two times).
262 people apply for
/////
国公立大2次、岡山大は3.2倍 (国公立大2次試験)

文部科学省は19日、今春の国公立大2次試験の確定志願者数が昨年より9874人減の47万4546人だったと発表した。募集人員に対する倍率は0・1ポイント減の4・7倍。
 国立大(82大学377学部)の志願者は34万4992人で倍率は昨年と同じ4・3倍。公立大(82大学174学部)は12万9554人で0・2ポイント減の6・3倍だった。
 
 岡山大は11学部の募集人員1752人に対し、志願者は5680人で、平均倍率は3・2倍(前年最終3・1倍)。日程別では前期2・5倍(同2・5倍)、後期7・5倍(同6・9倍)。最も倍率が高いのは歯学部歯学科後期の13・6倍だった。
 岡山県立大は3学部267人の募集に2833人が出願し、平均倍率は10・6倍(同10・1倍)。情報工学部中期は31・4倍で全国の中期日程で倍率が最も高い。新見公立大は募集人員48人に対して285人が志願し、5・9倍(同6・3倍)だった。
 
 広島大は11学部の募集人員2007人に7235人が出願。平均倍率は3・6倍(前年最終3・7倍)だった。日程別では前期が2・7倍(同2・9倍)、後期は8・4倍(同8・0倍)。倍率トップは歯学部歯学科後期の21・5倍。
 県立広島大は4学部390人の募集人員に2821人が出願し、平均倍率は7・2倍(同5・9倍)。広島市立大は3学部327人の募集人員に2080人が出願し、6・4倍(同4・1倍)となった。福山市立大は2学部225人の募集に1513人の出願で6・7倍(同8・8倍)。尾道市立大は2学部の募集人員203人に1634人が出願し、8・0倍(同9・3倍)だった。
 
 香川大は6学部の募集人員912人に対して3235人が出願し、平均倍率は3・5倍(前年最終4・1倍)となった。日程別では、前期が2・3倍(同2・9倍)で、後期は7・0倍(同7・2倍)。
 香川県立保健医療大は45人の募集に対して262人が出願。平均倍率は5・8倍(同4・6倍)だった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 国公立大2次、岡山大は3.2倍 (国公立大2次試験) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。