2015年02月26日

岡山市長「回遊は強いといえず」 =イオンモール岡山 開業後=

岡山市長「回遊は強いといえず」 =イオンモール岡山 開業後=
ion スケッチ.jpg
/////
Mayor Okayama "It can't be said that the migration is strong."= Okayama of AEON Mall = after opening

On the 25th, a February regular Okayama city council continues making a representative interpellation. Both men of hayashijun (Communist Party) and Hiroshi Miyatake (LDP and independent meeting) took up municipalism in general. About the pedestrian migration situation Okayama of AEON Mall (Kita-ku Shimoishii) started Mayor Masao Omori in December of last year, and which is the after city center, "For person's flow from an ion, still, forcing but, I don't have that.", recognition was indicated. Representatives' interpellation ends in this day, and I enter a personal question from the 26th.
Mr. Miyatake corrected the current state of the city center after the said mall opening. A mayor explained "8 times of 1* and a holiday increased in 2 and four times on weekdays compared with the opening front at a peaceful bridge on the prefectural office street, but also the number of pedestrians wasn't changing at an intersection in front of the Okayama Central Post Office (under the said Nakayama)." based on the newsletter value of the traffic count a city did at the city center in January.
I touched that a coming visitor at the said mall reached 3,900,000 people by for 2 months of opening, and "It was a big plus for a citizen, too, but the case that many people have come from a suburb and out the prefecture was one which involves migration but was not. I'd like to put the policy which will give impetus to activation in the center city from now on into effect." was also stated.
For an investigation to check the trend of the pedestrian after the said mall opening and the car according to city Telecommunications Policy Division, it's put into effect on January the 25th and 29th. A pedestrian was 9, and a car was 7, and I measured.

/////
岡山市長「回遊は強いといえず」 =イオンモール岡山 開業後=

2月定例岡山市議会は25日、代表質問を続行。林潤(共産党)、宮武博(自民党・無所属の会)の両氏が市政全般を取り上げた。大森雅夫市長は、昨年12月にイオンモール岡山(北区下石井)が開業して以降の市中心部の歩行者回遊状況について「イオンからの人の流れはまだ強いとはいえない」との認識を示した。代表質問はこの日で終わり、26日から個人質問に入る。
 宮武氏が同モール開業後の市中心部の現状をただした。市長は、市が1月に市中心部で行った交通量調査の速報値を基に「県庁通りの平和橋では開業前と比べ、平日は1・8倍、休日は2・4倍に増えた一方、岡山中央郵便局(同中山下)前の交差点では歩行者数が変化していない」と説明した。
 同モールの来店客が開業2カ月で390万人に達したことに触れ「市外、県外から多くの人が来ていることは市民にとっても大きなプラスだが、回遊性を伴うものになっているとはいえない。今後、中心市街地の活性化に弾みをつける施策を実施していきたい」とも述べた。
 市事業政策課によると、調査は同モール開業後の歩行者や自動車の動向を調べるため、1月25、29日に実施。歩行者は9カ所、自動車は7カ所で計測した。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

国公立大2次 岡山大などで始まる / 公立高一般入試 出願受け付け

国公立大2次 岡山大などで始まる / 公立高一般入試 出願受け付け
岡山大学 2次試験.jpg
/////
It starts at secondary Okayama University of national and public universities.

Even total of 10 universities in 25 days, Okayama, Hiroshima and Kagawa-ken where a secondary test first term schedule of national and public universities has started were tested, and a student preparing for taking an examination challenged the last difficulty aiming at a pass to the school of his choice.
Okayama University Tsushima campus (in Okayama-shi Kita-ku Tsushima), then a student preparing for taking an examination arrived one after another by bus from a little past 7 o'clock a.m.. A foreign language is imposed from this time by nou and the department of science, and a student preparing for taking an examination opens a reference book, the last check. A test of a foreign language and a short essay has started from the said 9:00.
The girl of Joto high school who takes an examination for a department of agriculture (18), "I think you could study hard including English. If it's passed, I'd like to learn aiming at a researcher.", I spoke.
3707 people apply for Okayama University to 1488 numbers to be accepted by 11 departments by the first term schedule. The magnification is same as last year by 2 and five times. There is interview by medicine and a department of dentistry on the 26th.
Okayama prefectural university (Kuboki, Soja-shi) has science, mathematics and a short essay from 10:00am, and 695 people apply to recruitment of 183 people 3 departments, the magnification, 3 and 8 times (last year's 2 and 8 times). The Niimi public large (Nishigata, Niimi-shi), then a short essay has started from 10:30am. 130 people are applying to 40 numbers to be accepted, the magnification, 3 and three times (3 and four times).
Announcement of the result of the examination, the Niimi public large, March 5, Okayama University and a prefectural university are 6 days.
/////
国公立大2次 岡山大などで始まる

国公立大2次試験前期日程が始まった25日、岡山、広島、香川県の計10大学でも試験が行われ、受験生が志望校への合格を目指して最後の難関に挑んだ。
 岡山大津島キャンパス(岡山市北区津島中)では午前7時すぎから受験生がバスなどで次々に到着した。農、理学部では今回から外国語が課され、受験生は参考書を開き、最終チェック。同9時から外国語や小論文の試験が始まった。
 農学部を受験する城東高校の女子(18)は「英語を含めしっかり勉強できたと思う。合格したら研究者を目指して学びたい」と話した。
 前期日程では、岡山大は11学部で募集人員1488人に対し、3707人が出願。倍率は2・5倍で前年と同じ。26日は医、歯学部で面接がある。
 岡山県立大(総社市窪木)は午前10時から理科や数学、小論文などがあり、3学部183人の募集に695人が出願し、倍率は3・8倍(前年2・8倍)。新見公立大(新見市西方)では午前10時半から小論文が始まった。募集人員40人に対し、130人が志願しており、倍率は3・3倍(同3・4倍)。
 合格発表は新見公立大が3月5日、岡山大と県立大が同6日。
/////
公立高一般入試 出願受け付け

 岡山県内の公立高校55校で25日、2015年度一般入試の出願受け付けが始まった。27日正午に締め切り、県教委は同日午後5時に出願状況を発表する。
 西大寺高(岡山市東区西大寺上)では、普通、国際情報、商業科で計259人を募集しており、午前9時に受け付けを始めた。中学校の教頭や教諭らが次々と訪れ、生徒の入学願書や調査書を提出。同高の担当者が記入内容に漏れや誤りがないかを確認し、受検票を渡した。
 岡山市の中学校女性教諭(45)は「特別入試や私立の合格で進路が決まった生徒がいる中、一般入試に向けて頑張っている生徒に良い結果が出ると信じたい」と話していた。
 県内は14年度入試から制度が変わり、多くの普通科が一般入試のみの選抜となった。受験機会が減った生徒の不安を軽減するため、普通、理数、国際情報、キャリア探求の各科に出願した生徒は、出願状況発表後の3月3~5日、1回に限って出願先を変更できる。
 一般入試は県立51校と市立4校で行われる。県立全日制50校は募集定員1万1960人のうち、特別入試などで3750人の合格が内定しており、8210人を募集する。3月12日に5教科の学力検査、13日に面接がある。合格発表は20日。
/////
国公立大:2次試験始まる

 国公立大の2次試験の前期日程が25日、始まった。全国161大学の542学部で8万144人の募集に対し、25万8870人が志願した。志願倍率は3.2倍(前年3.3倍)だった。国立は3.1倍、公立は4.0倍。合格発表は公立大が3月1日から、国立大が同6日から始まる。

 大学入試センター試験の結果で2次試験の受験生を絞り込む2段階選抜は、27大学41学部で実施され、計3692人が「門前払い」された。

 中・後期日程を含めた2次試験全体では、計164大学で募集10万1605人(前年10万1366人)に対し、志願者は47万4546人で前年より約1万人減った。志願倍率は4.7倍(同4.8倍)だった。

 国公立大全体の学部系統別志願倍率は、近年人気の高かった医・歯5.5倍(前年5.9倍)と薬・看護5.6倍(同6.0倍)で前年比の下がり幅が目立った。このほか、人文・社会4.6倍(前年4.6倍)▽理工4.4倍(同4.5倍)▽農・水産4.6倍(同4.7倍)など。

 大学別の志願倍率は、国立では旭川医科大(12.1倍)が、公立は岐阜薬科大(16.3倍)が最高。最低は国立が筑波技術大(0.9倍)、公立が沖縄県立芸術大(2.2倍)となっている。

 東京大本郷キャンパス(東京都文京区)では、午前8時20分の開門前から、緊張した表情の受験生らが参考書やノートを読むなどして待った。理科I類を受験する群馬県の公立高3年、飯塚康太さん(18)は「専門の勉強を通して思考力を身につけたい」と意気込んだ。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 国公立大2次 岡山大などで始まる / 公立高一般入試 出願受け付け | 更新情報をチェックする

岡山魂 山田方谷から学ぼう

岡山魂 山田方谷から学ぼう
yamada houkoku.jpg
////
Learn from Okayama soul Hōkoku Yamada

From 2:00 March 4 afternoon as events Okayama Rotary Club (Furuichi Finance Chairman) is anniversary "Rotary Day", Re in San'yoshinbunsha's bold Hall of Okayama, Kita-ku, Yanagimachi Symposium "Su (revived)
Okayama soul! - Will be held learn from Hōkoku Yamada "the (San'yoshinbunsha sponsored).
Hōkoku Yamada (1805-77 years) was carried out the fiscal reform of Matsuyama clan Bicchu in Edo (Takahashi), and played an important role in the shogunate government started Taiseihokan. In Progress, Toru Mr. Nojima of Hotani sixth generation lineal descendants (Urban Renaissance Agency director, front and Treasury Kyushu Finance Director) is "to change the Japan from Okayama Yamada how valley" and entitled to keynote. Okazaki Akira Okayama Chamber of Commerce and Industry (Kai cheer Liaison Committee representative to spread Hotani-san), Kojima Mitsunobu Ryobi Holdings chairman (Okayama Domain Gundai Tsuda EiTadashi honor chairman), Bank of China Miyanaga Masato president is Takahashi City founded land performing a panel discussion is joined.
The club to become formed 81 anniversary, held tries to "base" going to create a new Okayama to become a regional and integrated. "Now that the post-war '70 has passed, what you learn in Hotani's," How about Okayama soul "I want to explore whether going to uplift the" and serves as the coordinator Furuichi chairman. Free Join (on application). Inquiry, application Okayama Chamber of Commerce and Industry (086 232 2266, Regional Development Division = weekdays 9:00 to 17:00).
////
岡山魂 山田方谷から学ぼう

 岡山ロータリークラブ(古市大蔵会長)は創立記念「ロータリーデイ」の行事として3月4日午後2時から、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ホールでシンポジウム「蘇(よみがえ)れ
 岡山魂!-山田方谷から学ぶ」(山陽新聞社後援)を開催する。
 山田方谷(1805~77年)は幕末に備中松山藩(高梁市)の財政改革を行い、大政奉還をはじめ幕政でも重要な役割を担った。シンポでは、方谷6代目直系子孫の野島透さん(独立行政法人都市再生機構理事、前・財務省九州財務局長)が「山田方谷で岡山から日本を変える」と題して基調講演。岡崎彬岡山商工会議所会頭(方谷さんを広める会応援連絡会代表)、小嶋光信両備ホールディングス会長(岡山藩郡代津田永忠顕彰会長)、高梁市が創業地である中国銀行の宮長雅人頭取が加わってパネルディスカッションを行う。
 結成81周年になる同クラブが、地域と一体となって新しい岡山を創造していく“基点”にしようと開催。「戦後70年が経過した今、方谷さんに何を学び、どう『岡山魂』を高揚させていくかを探りたい」とコーディネーターを務める古市会長。参加無料(要申し込み)。問い合わせ、申し込みは岡山商工会議所(086 232 2266、地域振興課=平日午前9時~午後5時)。
/////
山田 方谷(やまだ ほうこく 1805~1877)

江戸時代末期から明治時代初期の漢学者、備中松山藩士。
 藩主板倉勝静(いたくら かつきよ 1823~1889)のもとで藩政改革を断行し、大きな成功をおさめ、勝静が幕府の老中となると、その政治顧問として幕政にも関与した。
 また、多くの弟子を教え、備中松山藩を支えた多くの人々を育て、河井継之助(かわい つぎのすけ 1827~1868)のように他藩から来遊する者も多かった。
 方谷自身は明治維新を境に教育に専念し、世に出ることを拒んだが、その思想、手法、人材は次世代の大きな財産として残された。


●人格  至誠側怛

 陽明学に「至誠側怛」という言葉がある。真心と、いたみ悲しむ心といった意味であり、方谷も良くこの言葉に従い、誠を尽くし、慈しみの心をもって人と接した。産業振興による収入の増加や、飢餓をはじめとする非常時に備えた貯倉(穀物などを蓄えるための倉)を設けるなどの改革は、人民の撫育を考えたものであった。そのため、地震で江戸藩邸が崩れた際に、方谷に世話になった商人たちが駆け付け、いろいろと世話をしたというエピソードからも分かるとおり、人々から慕われた。組織のトップに必要とされる要素として、人格を備えた人物であれば自然と人がついてくる良い例といえ、自己研鑽を怠らずに自らの格を高めることは、時代を問わず重要であろう。

※陽明学

 中国の王陽明の唱えた学問。朱子学とならぶ儒学の一派。
 陽明学の思想を構成する三つの柱として、方谷は「至誠側怛」「致良知」「格物」の3項目をあげている。そして「至誠側怛」を中心にすえる。「致良知」と「格物」がこれを支えて、「至誠側怛」が完全なものになるというのが、その基本的な考えである。この「至誠側怛」を中心とするのが、方谷の陽明学観の特色である。

 陽明学派 中江藤樹、熊沢蕃山、佐藤一斎、大塩中斎、佐久間象山、高井鴻山

     『方谷先生の生涯』

1、幼年時代  1805年 高梁市中井町西方で生まれる。
   三,四才の頃からよく大文字を書く
   五才になると新見藩儒丸川松隠について学ぶ
2、学問修行の時代 1825~1837年
   藩校有終館に入学を許される 21歳
   京都に上り 寺島白鹿について学ぶ 23才

   江戸へ下り 佐藤一斎塾で学ぶ 30才
3、有終館学頭の時代 1837~1849年
   邸を御前丁に賜り、60石を給せられる。 この時32才
   翌年(1838) 藩学教授の傍ら家塾「牛麓舎」を開く
   1842年 桑名藩から勝静公を養子として迎える

4、藩政参加の時代 1849~1868年
   勝職公没し、勝静公藩主となり
   方谷先生を召して、元締役兼吟味役に任じる 45才
   藩政改革に着手(1850) 46才
   ・上下節約・負債整理・産業振興・紙幣刷新・士民撫育・文武奨励を重点とする。

   長瀬に住宅を建てて移る(1859) 55才 河井継之助来る。
   勝静公再び奏者番兼寺社奉行となり、方谷はその顧問となる 57才

   1868年「明治元年」戊辰の役起こる 64才

5、晩年 1869~1877年
   長瀬塾を開く 明治二年 65才
   明治三年十月 小阪部に移り「小阪部塾」を開く
   明治六年 閑谷学校に赴き督学にあたる 69才
   1877年 「明治十年六月二十六日」小阪部で没す。 73才
       高梁市中井町西方向山の墓地に埋葬する。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 岡山魂 山田方谷から学ぼう | 更新情報をチェックする

老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山

老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山
おもてなし.jpg
////
The innermost secret of long-established store Japanese-style hotel "Kaga shop" service Okayama?

The "Okayama hospitality cramming school" where he plans for improvement of hospitality consciousness to the tourist who visits Okayama-ken (Sanyo Shinbun company sponsorship) held Sanyo Shinbun company in Okayama-shi Kita-ku Yanagi-machi at a ta hole on the 25th, and Oda yo Yukihiko in a long-established store Japanese-style hotel in Ishikawa-ken and Wakura hot spring "Kaga shop" (He gave up and pulled.) showed the innermost secret of the service a president (46) has grown for a long time.
Though 1450 people are a large Japanese-style hotel in sleeping accommodations, Kaga seller of 1906 year foundation is spangled with tenderhearted service successively for 35 years in the 1st place of total of "the Japanese hotel and 100 elections of Japanese-style hotel a professional chooses" (travel newspaper Arata company sponsorship). President Oda "carries to provide for the smiling face it's easy to speak to which and read visitor's needs accurately without exception" about a reason of evaluation, a catch is explained.
If it "was when the person who serves guests gave priority to his arrangements, and communication with a visitor wasn't enough, that the claim tends to occur on it", it was pointed out, and "It's the mission that hotel business entertains a guest and pours energy tomorrow. I had to make a hospitality (heart of hospitality) compatible with accuracy for it." was stated.
About 300 people attend a lecture. There was also a social gathering with which President Oda was surrounded.
////
老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山

岡山県を訪れる観光客へのおもてなし意識の向上を図る「岡山おもてなし塾」(山陽新聞社主催)が25日、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ホールで開かれ、石川県・和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」の小田與之彦(よしひこ)社長(46)が、長年培ってきた接客の極意を披露した。
 1906年創業の加賀屋は、1450人収容の大型旅館ながら、こまやかなサービスで「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(旅行新聞新社主催)の総合1位に35年連続で輝いている。小田社長は、評価の理由について「話しかけやすい笑顔を心掛け、客のニーズを的確に読み取ることを徹底している」との受け止めを説明。
 その上で、クレームが起きやすいのは「接客する人が自らの段取りを優先したり、客とのコミュニケーションが足らない時だ」と指摘し、「旅館業は宿泊客をもてなし、明日への活力を注入するのが使命。そのためには正確性とホスピタリティー(もてなしの心)を両立させなくてはいけない」と述べた。
 講演会には約300人が出席。小田社長を囲んだ懇親会もあった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。