2015年03月30日

ファジ今季初黒星、4位に後退 ファジアーノ岡山

ファジ今季初黒星、4位に後退 ファジアーノ岡山
ファジアーノ サポーター 応援しよう.jpg
J2第4節(29日・フクダ電子アリーナほか=11試合)ファジアーノ岡山はアウェーで千葉との首位攻防戦に臨み、0—1で敗れた。今季初黒星で、順位は1位から4位に後退した。
 千葉は勝ち点10で首位浮上。磐田が大分に競り勝ち同9で2位に、C大阪は横浜FCに快勝し、同8で3位に上がった。讃岐は京都とドロー。ファジアーノが次節、ホームに迎える大宮は1—1で札幌と引き分けた。千葉1—0岡山0—01—0千葉
 3勝1分け(10)岡山
 2勝1分け1敗(7)
 【評】ファジアーノ岡山は千葉に力負けした。後半36分、右サイドからのクロスをファーサイドでフリーになったDF金井に頭で押し込まれ、これが決勝点。前半はプレスの応酬で互角の展開に持ち込んだが、後半は息切れした。FW押谷やFW伊藤の惜しいシュートがあったものの枠を捉えられず、今季初の無得点に終わった。
 千葉は後半、敵陣に押し込んでボールを支配。守備も堅かった。
岡山 ファジアーノ
Powered by RSSリスティング

posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | ファジ今季初黒星、4位に後退 ファジアーノ岡山 | 更新情報をチェックする

<東日本大震災>岡山で伸び伸び過ごして 被災地の親子ら1週間滞在 /岡山

<東日本大震災>岡山で伸び伸び過ごして 被災地の親子ら1週間滞在 /岡山
images kouraku.jpg
東日本大震災時の東京電力福島第1原発事故に遭った福島県などの人たちを岡山に招き、放射能などを気にせず伸び伸びと過ごしてもらう「保養プラン」が玉野市で開かれている。7泊8日の日程で、約40人が参加している。

 原発事故後に避難区域となった福島県川内村から北区建部町に移住した大塚愛さん(41)が発足させた避難者支援団体「子ども未来・愛ネットワーク」が主催。春と夏に開き、今回が9回目。ボランティアがコンサートや観光を企画し、28日は渋川海岸近くで植物の芽や種を探すゲームを子どもたちが楽しんだ。

 福島県郡山市から8歳と4歳の息子と参加した熊田芳子さん(39)は「ここでは何も気にせず親子で過ごせる」と目を細めた。地元では道ばたの泥などの放射線量が高く、子どもを思い切り外で遊ばせることはできないという。郡山市は内陸で津波の被害も受けず、「原発事故さえなければ元の生活に戻れていた」という思いもある。「支援してくれる人がいて、ありがたい。子どもたちが大人になるまで続けてほしい」と話した。

 県内の高校生や大学生がスタッフとして参加するなど、迎える側の輪も広がっている。インターネットで活動を知り加わったという中国学園大3年の井上賢翔さん(20)は「被災地の人と話して、『もっと被災地のことを知ってほしい』という思いを感じた。岡山の良さを知ってもらい、のんびり過ごしてほしい」と話した。
2dai 持ち.png

2015年03月29日

スマホ適正利用 啓発ポスター募集 / スマホ適正利用へ啓発動画撮影

スマホ適正利用 啓発ポスター募集
スマホ 適正利用 問題.png
 岡山県内の中学生有志がスマートフォン・携帯電話の適切な使い方を考える「OKAYAMAスマホサミット」で採択した「宣言」を広く知ってもらおうと、山陽新聞社と県教委、岡山市教委が啓発ポスターコンクールの作品を募っている。最優秀作品(3点)は県内の小中高校や公共施設などに掲示する。
 作品のテーマは2月の第3回サミットで採択した「おかやま中学生スマホ宣言2015」。長時間使用に注意を促す「勉強じゃ!
 スマホ手放せ
 中学生!!」▽危険性を訴える「大丈夫?
 自分自身に問いかけて」▽ネット上の人間関係に関する「その画面で築いた友情は本物ですか?」?の三つから一つを選び、作品に盛り込む。
 対象は小中高生(新年度の学年)。四つ切りの縦または横で、画材は自由。県教委義務教育課ホームページにある応募用紙に必要事項を記入し、作品裏に貼り付ける。
 小学生、中学生、高校生の3部門で審査。全応募作品の中から最優秀賞3点(図書カード各1万円)を選ぶほか、各部門で金賞(同5千円)銀賞(同3千円)銅賞(同1千円)を1点ずつ決める。
 応募者全員に、サッカーJ2・ファジアーノ岡山の選手写真とスマホ宣言入りの特製クリアファイル(非売品)をプレゼントする。
 4月27日までに〒700?8534、岡山市北区柳町2の1の1、山陽新聞子どもとネット取材班(086?803?8037)へ郵送または持参。作品は返却しない。
////
スマホ適正利用へ啓発動画撮影

岡山県内の中学生有志がスマートフォン・携帯電話の適切な使い方を考える「OKAYAMAスマホサミット」(山陽新聞社主催、県教委、岡山市教委共催)の最終回となる第4回会合が28日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、啓発動画を撮影するとともに、スマホの使い過ぎを防ぐアプリの開発へアイデアを出し合った。動画、アプリとも5月に岡山市で開かれる成果報告会で披露する。
 青少年のインターネット利用に関する国の連絡会座長で兵庫県立大の竹内和雄准教授が司会を務め、岡山、倉敷、美作、高梁など9市町の18校から26人が参加。これまでの会合で生徒は、動画撮影とアプリ開発を行うことを自分たちで決めており、この日はそれぞれの班に分かれて作業した。
 動画班は、生徒が考案した脚本を基に短編2作品を撮影した。いずれもネット上への書き込みをめぐり、友人とトラブルになる筋立て。山陽新聞社とその周辺を舞台に、中学生自身が出演した。近くの下石井公園では登校風景の撮影があり、生徒の要望に応じ、見守り活動の地域ボランティア役で竹井千庫県教育長が特別出演した。
 アプリ班は、ソーシャルゲーム大手ディー・エヌ・エー(東京)の担当者を交え、アプリの仕組みやデザインを協議。「アプリ名は岡山にちなんで『桃太郎アラーム』としよう」「スマホを使い過ぎると、鬼をイメージした音声で叱るシステムにしてはどうか」といった意見が出た。
 参加した県立倉敷天城中学校2年の女子生徒(14)は「私たちのアイデアが目に見える成果となりつつあり、興奮している。サミットでの取り組みを一人でも多くの人に知ってほしい」と話した。
 成果報告会は5月24日、山陽新聞社さん太ホールで開催。啓発動画やアプリのお披露目のほか、募集中の啓発ポスター優秀作品の表彰、生徒や教育関係者らによるパネルディスカッションなどがある。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 10:07| Comment(0) | 岡山発アプリ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。