2015年03月02日

秋篠宮さま、佳子さま (オスト展) =岡山 倉敷市=

オスト展に秋篠宮さま、佳子さま =岡山 倉敷市=
佳子さま 傘.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さまは「中学校の修学旅行で一度来たように覚えています」と話したという。
佳子さま 傘で.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さまはオストさんに「色がきれいですね」などと話されていたということです。
佳子さま
Powered by RSSリスティング

////
In OSUTO exhibition, Mr. Akishinonomiya and Keiko= Okayama Kurashiki-shi=

On the 1st, Mr. Akishinonomiya and second daughter Keiko visiting Kurashiki-shi for a local inspection of circumstances appreciated the Belgian flower artist which has started with fine-sight district and a work exhibition of Daniel and Mr. OSUTO
in the said city "flower of Kurashiki Daniel and OSUTO and heart".
Then Ohara Museum of Art arts and crafts in a meeting place and the Orient house courtyard (the said city center) show the installation by which Mr. OSUTO imagined Monet's masterpiece of art museum possession "water lily (water lily)" (spatial art). While it was drizzling to a large-scale work with the water tank which floated a miniature hill of moss, pink and a white flower on the whole garden, two people were gazing carefully.
Next to Ohara family old villa, Yuurin So and a meeting place of a national important cultural asset and old Ohara family housing (said address). Mr. Akishinonomiya "is clean streets" in a town of a white wall, Keiko, "I remember that I have come by a school excursion of a junior high school (Gakushuin University female middle school).", I say that you spoke.
They gathered when walking and moving a meeting place, the housewife who waves her hand to a citizen and a tourist by a smiling face, and is Kurashiki-shi (69), "I have come to the storage charge and is happy. A smiling face of two people was very conspicuous in streets.", it was affected.
A schedule for this 2 days which became the first local public duties for Keiko is finished, and two people have returned to Tokyo in the afternoon on this day.
////
秋篠宮さまと佳子さま 傘.jpg
////
オスト展に秋篠宮さま、佳子さま =岡山 倉敷市=

地方事情視察のため倉敷市を訪問中の秋篠宮さまと次女佳子さまは1日、同市の美観地区で始まったベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏の作品展「倉敷
 ダニエル・オストの花と心」を鑑賞された。
 会場の大原美術館工芸・東洋館中庭(同市中央)では、オスト氏が美術館所蔵のモネの名画「睡蓮(すいれん)」をイメージしたインスタレーション(空間芸術)を案内。庭全体にコケの築山やピンクと白の花を浮かべた水槽を配したスケールの大きい作品で、小雨が降る中、お二人はじっくりと見入っていた。
 続いて大原家旧別邸・有隣荘と国重要文化財・旧大原家住宅(同所)の会場へ。白壁の街に秋篠宮さまは「きれいなまち並みですね」、佳子さまは「中学(学習院女子中等科)の修学旅行で来たことを覚えています」と話されたという。
 会場を歩いて移動する際は、集まった市民や観光客に笑顔で手を振り、倉敷市の主婦(69)は「倉敷に来ていただき、うれしい。まち並みにお二人の笑顔がとても映えていた」と感激していた。
 佳子さまにとって初の地方公務となった今回の2日間の日程を終え、お二人は、この日午後東京に戻られた。
////
<秋篠宮さま>オスト展、佳子さまと鑑賞 岡山・倉敷

地方事情視察で岡山県倉敷市を訪問中の秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日午前、同市・美観地区の大原美術館などで開催中の「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展(4日まで)を鑑賞された。

 オストさん(59)はベルギー出身の世界的フラワーアーティスト。今回は東西の文化交流をテーマに、同館内の中庭や旧大原家住宅(国重文)、大原家旧別邸「有隣荘」を会場に、花や草木を使った壮大な空間芸術を演出した。

 館中庭では発泡スチロール製の13個の築山と周囲に日本各地で採集した約300畳分のこけを張り付け、那智黒の小石を敷くなどし、ラナンキュラスや島根県産のボタンを入れたアクリル製水槽などを配置した。日本の庭園や、同館も所蔵するモネ作品「睡蓮(すいれん)」が描かれたモネ邸の庭などから連想したという。

 オストさん本人が会場を案内。同展関係者によると、中庭で秋篠宮さまはこけの種類などを質問、佳子さまは「とても色がきれいですね」と感想を述べたという。この日午後に空路で帰京された。
////
秋篠宮さまと佳子さま、オブジェの展示を鑑賞 岡山県倉敷

岡山県を訪れた秋篠宮さまと次女佳子さまは1日、倉敷市で国の重要文化財、旧大原家住宅を中心に開幕した「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展を鑑賞した。

 ベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏が、本邸や付近の大原美術館などを舞台に、季節の花々や草木を用いた独創的なオブジェなど約40点を展示した。美術館中庭は、「モネの庭」をイメージし、ラナンキュラスなどを浮かべた水槽や、コケの小山を各所に配置。散策した秋篠宮さまはコケの種類などを尋ね、佳子さまは「とても色がきれい」と話した。同展は4日まで。

 同行した伊東香織市長が、周辺の情緒ある街並みについて説明すると、佳子さまは「中学校の修学旅行で一度来たように覚えています」と話したという。
////
佳子さま ス―ツ.jpg
佳子さま ス―ツ スケッチ
////
“花の彫刻”興味深くご鑑賞 倉敷訪問の秋篠宮さまと佳子さま


倉敷市を訪問されている秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日、同市の美観地区内の大原美術館などで同日開幕した特別展「倉敷 ダニエル・オストの花と心」を鑑賞した。和洋を融合した“花の彫刻”を興味深くご覧になり、同日午後に帰京した。

 同展はベルギーのフラワーアーティスト、ダニエル・オスト氏(59)による花のインスタレーション(空間芸術)。同美術館中庭には、コケを張り巡らせた小山と花のコラボレーションが展開され、お二人はオスト氏の案内で鑑賞された。

 プロデュースした土屋隆子さん(53)によると、お二人は不思議な造形に対して素材を質問され、配色を気に入ったご様子だったという。

 続いて本会場の大原家本邸や、昭和天皇も宿泊した別邸の有隣荘もご見学。途中で、同市の伊東香織市長が美観地区の伝統景観を佳子さまに説明したところ、「実は中学校の修学旅行でこられており、『きれいな町並みですね』と、おほめいただきました」という。

 佳子さまにはお印の花で、産地の沖縄県でユウナと呼ぶオオハマボウのブーケもプレゼントされた。贈り主の倉敷商工会議所の井上峰一会頭は「特長などを秋篠宮さまが補足してくださり、佳子さまも感動の笑顔でした。今日未明に沖縄から届き、間に合ってよかった」と安堵(あんど)の表情を見せていた。

 美観地区内には歓迎の横断幕が広げられ、日の丸の小旗を振る人らの熱気にあふれた。

 友人5人と訪れていた岡山市南区の主婦、矢吹みつよさん(53)は「30メートルほどの距離から双眼鏡で一瞬だけ佳子さまが見えましたが、清楚で、本当に素晴らしいプリンセスさまでした」と感激していた。
////
秋篠宮さまと佳子さま 庭園を鑑賞 岡山県倉敷

秋篠宮さまと次女の佳子さまは1日、岡山県倉敷市の美術館で、世界的に活躍するベルギーの芸術家が手がけた庭園を鑑賞されました。

秋篠宮さまと佳子さまは28日夜に続いて西洋美術の作品などおよそ3000点を所蔵する倉敷市の大原美術館を訪れ、花や緑を用いたアートで世界的に活躍しているベルギーの芸術家、ダニエル・オストさんが手がけた中庭の庭園を鑑賞されました。
こけを使って日本庭園を表現した中庭に置かれた水槽には、白いぼたんの花やピンクのラナンキュラスなど淡い色の花が浮かべられ、印象派を代表するフランスのクロード・モネの代表作「睡蓮(すいれん)」の世界を再現しています。
秋篠宮さまと佳子さまはオストさんの説明に時折、質問をしながら日本の伝統美を取り入れた庭園の景色を楽しまれていました。
佳子さまはオストさんに「色がきれいですね」などと話されていたということです。
////

posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 秋篠宮さま、佳子さま (オスト展) =岡山 倉敷市= | 更新情報をチェックする

岡山のニュースランキング 「秋篠宮さま、佳子さま」一色に・・・ =「ランキング」と「時系列」= と 皇室の報道

岡山のニュースランキング 「秋篠宮さま、佳子さま」一色に・・・=「ランキング」と「時系列」=
佳子さま 倉敷.jpg
佳子さま スケッチ
/////
=ランキング(ある時刻での・・)=

1位
オスト展に秋篠宮さま、佳子さま(山陽新聞) 3月1日 23:33
2位
“花の彫刻”興味深くご鑑賞 倉敷訪問の秋篠宮さまと佳子さま(産経新聞) 3月2日 7:05
3位
秋篠宮さまと佳子さま、オブジェの展示を鑑賞 倉敷(朝日新聞) 3月1日 19:05
4位
<秋篠宮さま>オスト展、佳子さまと鑑賞 岡山・倉敷(毎日新聞) 3月1日 20:15
5位
秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ(山陽新聞) 2月23日 23:30
6位
<皇室>秋篠宮さま、佳子さま グレコ、モネご鑑賞 大原美術館 /岡山(毎日新聞) 3月1日 14:23
7位
<皇室>秋篠宮さまと佳子さま、倉敷に 28日から /岡山(毎日新聞) 2月24日 13:32
8位
佳子さまが倉敷を訪問 秋篠宮さまと若手作家の絵画鑑賞(朝日新聞) 3月1日 5:50
9位
<佳子さま>秋篠宮さまと大原美術館を訪問 岡山・倉敷(毎日新聞) 2月28日 21:39
10位
多彩な舞台、28日から倉敷音楽祭(山陽新聞) 2月25日 16:05

/////
大原美術館 秋篠宮さまと佳子さま ピサロなど200点鑑賞 2015年03月01日 (読売新聞)

報道なし(日本経済新聞)

秋篠宮さまと佳子さま 庭園を鑑賞 (NHK) 3月1日 17時46分
佳子さま地方初公務 美術作品を鑑賞(NHK) 3月1日 5時36分
秋篠宮さまと次女・佳子さま、岡山・倉敷市の美術館訪問される(FNN)03/01 01:02
秋篠宮さまと次女・佳子さま、訪問先の岡山で花のアート展ご鑑賞(FNN)03/01 20:35

報道なし(日テレNEWS24) 
報道なし(テレビ朝日(ANN))
報道なし(TBS系(JNN))
報道なし(テレビ東京)
//////
秋篠宮さまと佳子さま 傘スケッチ.jpg
「秋篠宮さまと佳子さま」スケッチ
あるサイトの 「秋篠宮さまと佳子さま」 地方の全国ニュースの取り上げ方
/////
=時系列= 
“花の彫刻”興味深くご鑑賞 倉敷訪問の秋篠宮さまと佳子さま(産経新聞) 3月2日 7:05
オスト展に秋篠宮さま、佳子さま (山陽新聞) 3月1日 23:33
<秋篠宮さま>オスト展、佳子さまと鑑賞 岡山・倉敷 (毎日新聞) 3月1日 20:15
秋篠宮さまと佳子さま、オブジェの展示を鑑賞 倉敷(朝日新聞) 3月1日 19:05
秋篠宮さまと佳子さま 庭園を鑑賞(NHKニュース&スポーツ) 3月1日 17:46
<皇室>秋篠宮さま、佳子さま グレコ、モネご鑑賞 大原美術館 /岡山(毎日新聞) 3月1日 14:23
佳子さまが倉敷を訪問 秋篠宮さまと若手作家の絵画鑑賞(朝日新聞) 3月1日 5:50
佳子さま地方初公務 美術作品を鑑賞(NHKニュース&スポーツ) 3月1日 5:36
秋篠宮さま、佳子さまが倉敷訪問 (山陽新聞) 2月28日 23:30
<佳子さま>秋篠宮さまと大原美術館を訪問 岡山・倉敷 (毎日新聞) 2月28日 21:39
<皇室>秋篠宮さまと佳子さま、倉敷に 28日から /岡山(毎日新聞) 2月24日 13:32
秋篠宮さま、佳子さま倉敷へ (山陽新聞) 2月23日 23:30
/////
佳子さま 傘で.jpg
佳子さま スケッチ
佳子さま
Powered by RSSリスティング

/////
NAVER まとめ 秋篠宮家の佳子さまが美しすぎる!!
/////

岡山県内公立44高校で卒業式

岡山県内公立44高校で卒業式
卒業式 ありがとう.jpg
卒業式 スケッチ
/////
By 44 high schools of public school in Okayama-ken, graduation ceremony

With the memory a graduation ceremony is held on the 1st at 44 school public high schools in Okayama-ken, and by which about 9400 people are each, learning and, I left the nest. Then Taianji Ko who shifts to prefectural secondary education school of medium high consistency perfectly from April (Okayama-shi Kita-ku Kitanagasehonmachi) had the closing system and ended history in 52 all together.
A graduate of the Daian-ji amount is 157. Masaru Kageyama who handed a diploma to a representative, oneself, a principal, "These 3 years were the important period when the tradition grown at a main school is delivered to secondary education school. Everyone fulfilled his responsibility tightly as the last student.", it was praised.
Mr. Meika Masuda, the student council vice-president (18), "I boast to be able to graduate with my company as the last grade. I wish the development which will be increasingly future at secondary education school.", a valedictory was described. Next a school flag moved to the closing system and was stored.
A same school opens the school in fiscal year 1963. The one "Taianji secondary education school" of 6 year in fiscal year 2010 system has opened was received and student's recruitment was suspended with fiscal year 12 entrance draft beer in the end. A graduate is 20,656.
A graduation expected person of the public high school which is a prefecture according to a prefectural education board is 12,045 full-time schooling systems and 378 people of part-time schooling system. 1 day is a peak for a graduation ceremony and Hiruzen high school (Maniwa city Hiruzen Kaminagata) does together with the closing system on the 3rd.
/////
岡山県内公立44高校で卒業式

岡山県内の公立高校44校で1日、卒業式が行われ、約9400人がそれぞれの思い出を胸に学びやを巣立った。4月から中高一貫の県立中等教育学校へ完全移行する大安寺高(岡山市北区北長瀬本町)では、併せて閉校式があり、52年の歴史に幕を下ろした。
 大安寺高の卒業生は157人。代表者に卒業証書を渡した影山勝己校長は「この3年間は、本校で培われた伝統を中等教育学校に受け渡す重要な期間だった。皆さんは、最後の生徒として責任をしっかりと果たしてくれた」とたたえた。
 生徒会副会長の益田明香さん(18)が「最後の学年として仲間と共に卒業できることを誇りに思う。中等教育学校の今後ますますの発展を願います」と答辞を述べた。続いて閉校式に移り、校旗が収納された。
 同校は1963年度に開校。2010年度に6年制の「大安寺中等教育学校」が開校したのを受け、12年度の入学生を最後に生徒の募集を停止した。卒業生は2万656人。
 県教委によると、県内の公立高校の卒業予定者は全日制1万2045人、定時制378人。卒業式は1日がピークで、3日は蒜山高(真庭市蒜山上長田)が閉校式を併せて行う。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 岡山県内公立44高校で卒業式 | 更新情報をチェックする

本日 開園記念日 後楽園入園無料に 岡山市

本日 開園記念日 後楽園入園無料に 岡山市
images kouraku.jpg
////
The opening memorial day, today In Korakuen entrance no charge Okayama-shi.

Korakuen in Okayama-shi makes 2 days and the entrance on the open memorial day free, and an experience meeting of a demonstration of dressing and old play of a ceremonial dress (unlined clothing) "touougikyou" does a colorful event.
A performance of 'Kyogen' and Bitchu Shinto music and dance numbers and shellfish adjustment, there are also an experience meeting and a tea ceremony. The pace of Korakuen after Meiji is introduced by a slide and a panel. I give a demonstration of rice-cake making with the glutinous rice harvested in the park and behave myself in 200 people of first arrival.
Okayama seigneur Tsunamasa Ikeda dictates Korakuen to the said feudal clan Gundai Tsu Tanaga Tadashi about 300 years before, and, landscape gardening. It was transferred from Ikeda family to Okayama-ken in 1884.
Opening time, 8:00am-5:00pm. A question, Korakuen office (086 272 1148).
////
本日 開園記念日 後楽園入園無料に 岡山市

岡山市の後楽園は開園記念日の2日、入園を無料にし、十二単(ひとえ)の着付けの実演や昔遊び「投扇興」の体験会など多彩な行事を行う。
 狂言や備中神楽の上演、貝合わせ体験会、茶会もある。また明治以降の後楽園の歩みをスライドやパネルで紹介。園内で収穫したもち米を使った餅つきを実演し、先着200人に振る舞う。
 後楽園は約300年前、岡山藩主池田綱政が同藩郡代津田永忠に命じて築庭。1884年に池田家から岡山県に譲渡された。
 開園時間は午前8時~午後5時。問い合わせは後楽園事務所(086 272 1148)。
////
岡山城.jpg
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 本日 開園記念日 後楽園入園無料に 岡山市 | 更新情報をチェックする

「10万都市」津山誕生から10年 記念式典で発展誓う  岡山「新生・津山市」

「10万都市」津山誕生から10年 記念式典で発展誓う  岡山「新生・津山市」
津山 鶴山公園 春.png
/////
"100,000 cities" development is promised by a commemorative ceremony for 10 years from Tsuyama birth.

5 cities merge by "big merger in Heisei", and rebirth "and" Tsuyama-shi in 100,000 cities are born, and 28 days when 10 years were met and the said fairs hold a commemorative ceremony at Bell Faure Tsuyama (the said Ichishin Uomachi). A joint as well as about 500 citizens were celebrated and development in the city was promised.

The video showing which looked back upon 10 years was performed by an opening of a ceremony, and a match of municipalism was introduced to maintenance of school shokuiku center and Tsuyama area clean center.

After that I give a reading of a citizen charter by meeting place all the members. Mayor Akinori Miyachi, "A population decrease and the declining birthrate and a growing proportion of elderly people are the serious situation, I'd like to work on community building for realization of "home Tsuyama full of smiling face" while utilizing the characteristic of the area and the wealth.", I greeted. A performance of a Japanese drum by Tsuyama Tsurumaru drum was the grand finale, and a meeting place was wrapped in big clapping.

The said city absorbs 4 towns and villages in Kamo-cho, Aba-son, Shoboku-cho and Kume-cho on February 28, 2005, and is established. About 6000 people decrease the population which were 110,569 with 104,723 people (current as of January of this year) then.
/////
「10万都市」津山誕生から10年 記念式典で発展誓う

「平成の大合併」で5市町村が合併して10万都市の「新生・津山市」が誕生し、丸10年を迎えた28日、同市はベルフォーレ津山(同市新魚町)で記念式典を開催。市民ら約500人とともに節目を祝い、市の発展を誓った。

 式のオープニングでは10年間を振り返ったビデオ上映が行われ、学校食育センターや津山圏域クリーンセンターの整備など市政の取り組みが紹介された。

 その後、会場全員で市民憲章を朗読。宮地昭範市長が「人口減少や少子高齢化など深刻な状況だが、地域の特色や資源を生かしながら“笑顔あふれる ふるさと津山”の実現に向けまちづくりに取り組みたい」とあいさつした。津山鶴丸太鼓による和太鼓の演奏がフィナーレを飾り、会場は大きな拍手に包まれた。

 同市は平成17年2月28日、加茂町、阿波村、勝北町、久米町の4町村を吸収合併して誕生。当時11万569人だった人口は10万4723人(今年1月現在)と約6000人減少している。
/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。