2015年03月11日

震災4年 岡山でも地域防災考えて 「イオンモール岡山」1F

震災4年 岡山でも地域防災考えて 「イオンモール岡山」1F
イオンスケッチ002.jpg

祈り 震災20年 a.jpg
/////
An earthquake disaster for 4 years also considers area disaster prevention at Okayama, and, "Okayama of AEON Mall", 1F

On the 11th, the eastern Japan great earthquake out of which a victim beyond 20,000 people was taken including related death met a day in 4 from occurrence. Okayama of AEON Mall (the said Shimoishii) opened the 1st floor of reconstruction aid event "3 and 11, he forgot it and opened NAI!" at a central future square the Japanese Red Cross Society Okayama-ken branch (Okayama-shi Kita-ku Marunouchi) stopped weathering of a hit memory on the same day as well as in order to think about area disaster prevention.
The picture panel which introduced a change in a disaster area and activity of the Japanese Red Cross Society (A2 and an A-3 size) exhibits total of 60 points. It was dispatched to a disaster area and you could carry it into the telecommunication dispatching car which is communicated to the member who collects the damage and information on refuge and hits support by a radio and a site and inflate aerially, and the air tent which becomes a special medical office (6 meter square and 3 meters of height) was arranged. There was also a charity section in meeting place one corner, and a goods was sold to the wooden coaster a victim of an accident in a reception desk of a contribution and Miyagi-ken Minami Sanriku-cho made (250 yen for 1).
The university 1 year girl who visited in shopping (19), "I think many people passed away once now, and would like to be of assistance to a disaster area even a little.", I spoke and donated.
A silent prayer was performed according to the earthquake disaster occurrence time (2:46) from the afternoon.
/////
震災4年 岡山でも地域防災考えて 「イオンモール岡山」1F

関連死を含め2万人を超える犠牲者を出した東日本大震災は11日、発生から4年の日を迎えた。日赤岡山県支部(岡山市北区丸の内)は同日、被災の記憶の風化を防ぐとともに、地域防災について考えてもらおうと、復興支援イベント「3・11忘れないを広げよう!」をイオンモール岡山(同下石井)1階中央の未来スクエアで開いた。
 被災地の移り変わりや日赤の活動を紹介した写真パネル(A2、A3判)計60点を展示。被災地に出動し、被害状況や避難の情報を収集して支援に当たる隊員に無線で伝達する通信指令車と、現場に運び込んで空気で膨らませ、臨時の診療所となるエアテント(6メートル四方、高さ3メートル)を配置した。会場一角にはチャリティーコーナーもあり、義援金の受け付けや、宮城県南三陸町の被災者が作った木製コースター(1枚250円)などグッズの販売も行われた。
 買い物に訪れた大学1年女子(19)は「大勢の人が亡くなったことを、いま一度考え、少しでも被災地の力になりたい」と話し、寄付していた。
 午後からは、震災発生時刻(2時46分)に合わせて黙とうなどが行われた。
/////
宗教の枠超え震災犠牲者を慰霊

岡山県内の宗教関係者らでつくる「人道援助宗教NGOネットワーク」(RNN)は、岡山市北区尾上の黒住教本部で、東日本大震災の犠牲者の慰霊祭を営み、宗教の枠を超えて祈りをささげた。
 天台宗、金光教、立正佼成会、真言宗、黒住教の関係者ら約80人が出席。震災発生時刻の午後2時46分に全員で黙とうし、RNNの永宗幸信委員長(倉敷市・本性院住職)が「今も苦しむ被災者の気持ちに寄り添うため、祈りを合わせて被災地に届けよう」とあいさつした。
 引き続き、それぞれのスタイルで1時間以上読経や祝詞を上げた。最後に、黒住宗道事務局長(黒住教副教主)が「早期の復興を願う。失われた命を無駄にせず今後の天災に備えなければならない」と述べた。

/////
【東日本大震災4年】「命の尊さ再認識して」岡山県内各地で追悼行事

東日本大震災の発生から4年を迎えた11日、県内各地で犠牲者への追悼行事が開かれた。

 倉敷市玉島の沙美海岸では、市民団体による「鎮魂・復興祈願式」があり、遠く離れた被災地へ思いをはせた。地元に事務局を置く「東日本大震災復興応援団」が昨年に続いて企画。近くの市立沙美小の児童や同黒崎中の生徒、市民有志らも含め約200人が集まった。

 被災地支援の経験がある同団の高渕真吾会長(70)が「3・11を忘れてはならず、命の尊さを再認識してほしい」などとあいさつ。発生時刻の午後2時46分に全員で黙祷(もくとう)をささげた。

 この後、参加者は海に献花するとともに、生徒らが用意した折り鶴を次々と燃やし、波に、立ちのぼる煙に、現地への鎮魂の思いを託した。最後に復興支援歌「花は咲く」を県立玉島商高吹奏楽部員の演奏にあわせ、ゲストの地元歌手とともに合唱した。

 同中2年の小林奈央さん(14)は「中学生レベルで何ができるかを改めて考えさせられた。せめてこうした催しに一人でも参加が増えるよう呼びかけていきたい」と話した。

 また、県立岡山南高(岡山市北区)では震災による東京電力福島第1原発事故を機に、福島県から故郷の岡山市に家族で移住した大塚愛さん(41)が講演した。

 同高は昨年から、2年生の修学旅行で、希望者が福島県内の被災地で社会貢献活動に参加。修学旅行を控えた1年生約360人を前に、大塚さんは「フクシマでの被災体験と伝えたいこと」と題し、発生直後のあわただしい避難の様子や代表を務める支援団体の活動、現地の状況を語った。

 一方、県庁では国旗を半旗にして犠牲者を追悼するとともに、県職員や訪れた県民が発生時刻に1分間の黙祷をささげた。伊原木知事は県議会で「改めて哀悼の意味を表し、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りします」と話した。

 このほか、宗派を超えた合同法要が岡山市北区の黒住教本部、倉敷市の本栄寺などで営まれ、僧たちの読経が響くなか、訪れた参拝者が祈りをささげていた。

/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

震災4年 岡山県内1120人避難 / 田舎暮らしは? 先輩移住者と交流

震災4年 岡山県内1120人避難
////
Earthquake disaster 4 year 1120 person refuge in Okayama-ken

The latest total of the rehabilitation agency (current as of February 12) showed that a refuge in Okayama-ken with an eastern Japan great earthquake also reaches 1120 people via about 4 years from occurrence. 74 people increased in this 1 year, it's minute from August of last year which was a peak (1137 people), decrease. The person who returns to the original residence where rehabilitation is developed is judged as increasing purpose according to a prefecture.
A city will report the refuge who had registration at the desk to rehabilitation agency every month through a prefecture. The refuge total number of the whole country decreases peaking in June, 2012, but little of the accident and the mild climate are estimated, and Okayama becomes most at a prefecture west of the Kinki area from October, 13.
The details of the former address of the refuge are injured according to a prefecture, 3 prefecture (Iwate, Miyagi and Fukushima), to 392 people (35%), others, 728 people (65%). The most part is from Kanto area and independent refuges are pressing a number up.
A refuge place, in 18 municipalities of prefecture and, 635 people in Okayama-shi are most. Kurashiki-shi, Takahashi-shi follows 104 people of 157 people and Soja-shi with 31 people of 41 people and Kasaoka-shi. I say that it's chosen from autonomous body support to a move as well as a living convenience of traffic.
A prefecture predicts "They may turn to sideways crawl or decrease." about a change in future's refuge. We assume that the case by which a refuges of mother and child have financial difficulties and return economically by prolongation of a double life as well as the increase of return with rehabilitation aren't also little.
A prefecture is planning also to continue inquiry counter in the crisis general engineering and facilities division in fiscal year 15. We assume "Cooperation is strengthened with a city and a private support group, and would like to take aid package according to the needs." for the same department.
////
震災4年 岡山県内1120人避難

東日本大震災に伴う岡山県内への避難者は、発生から約4年を経ても1120人に上っていることが、復興庁の最新の集計(2月12日現在)で分かった。この1年で74人増えたが、ピークだった昨年8月(1137人)からは微減。県によると、復興が進む元の居住地に戻る人が増えているためとみられる。
 市町村は窓口で登録があった避難者を、県を通じて復興庁へ毎月報告。全国の避難者総数は2012年6月をピークに減少しているが、岡山は災害の少なさや温暖な気候が評価され、13年10月から近畿以西の府県で最多となっている。
 県によると、避難者の元居住地の内訳は被災3県(岩手、宮城、福島)が392人(35%)に対し、その他が728人(65%)。大半は関東からで、自主避難者らが数字を押し上げている。
 避難先は県内18市町に及び、岡山市の635人が最多。倉敷市157人、総社市104人、高梁市41人、笠岡市31人と続く。交通などの生活利便に加え、移住に対する自治体支援などから選ばれているという。
 県は今後の避難者の推移について「横ばいか、減少に転じるのではないか」と予測。復興に伴う帰郷の増加とともに、母子避難者らが二重生活の長期化で経済的に困窮して帰還するケースも少なくないとしている。
 県は、危機管理課内の相談窓口を15年度も継続する予定。同課は「市町村や民間支援団体と連携を強め、ニーズに応じた支援策を講じたい」としている。
////
田舎暮らしは? 先輩移住者と交流

岡山県吉備中央町の「田舎暮らし体験ツアー」が7日、町内で開かれ、県内をはじめ、大阪府、広島、兵庫、神奈川の各県から参加した8組16人が先輩移住者や地域住民との触れ合いを通じて町の暮らしを体感した。
 参加者は貸し切りバスで移動しながら、空き家や4月の運用開始を目指して整備中のお試し暮らし住宅(同町田土)をじっくりと見学した。ピオーネを栽培する先輩移住者らとの交流会では、就農に当たっての体験談などを聞き、同町新山地区では住民団体「新山七転び会」のメンバーと一緒に餅つき。町内に二つある道の駅(かもがわ円城、かよう)では買い物も楽しんだ。
 東日本大震災以降、移住希望者が増えている岡山県。横浜市から訪れた女性(52)は「吉備中央町は、畑で野菜を育てながら近くで仕事ができる理想に近い環境。住む家などの課題をクリアし、ぜひ移住を実現させたい」と話していた。
 町が企画したツアーは昨年に続き2回目。前回の参加者10組22人のうち、3組6人が町内に移住した。
/////
祈り 震災20年 a.jpg
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 22:55| Comment(0) | 震災4年 岡山県内1120人避難 | 更新情報をチェックする

岡山への震災移住ニーズ依然高く 東日本大震災後の岡山県内への避難・移住支援 /東日本大震災と原発事故発生から4年 風化を懸念

岡山への震災移住ニーズ依然高く 東日本大震災後の岡山県内への避難・移住支援
東日本大震災と原発事故発生から4年 風化を懸念
祈り.jpg
/////
Refuge in Okayama-ken where earthquake disaster move needs are still after an eastern Japan great earthquake highly and move support to Okayama


On the 10th, the one-stop consultation organization 10 groups which participate in refuge in Okayama-ken after an eastern Japan great earthquake and move support made start in June of last year
"popular insertion network relieved Okayama" held an activity report meeting in Okayama-shi. Among 70 people who brought consultation near by the end of February and a move applicant accounted for 64%, and move needs still made them ask a high thing, but also I also had a lot of contents to which the person who has moved already complains of anxiety to the future and also hit upon a problem for settlement.
Ms. Ikuyo Hattori of Okayama secretariat (43) spreads and explains about the consultation 291 cases were here relievedly. Kanto area accounted for half mostly with 49% Tokyo, Kanagawa and Chiba-ken for residence of person who wants to have counselling and a home town, and Fukushima-ken was 32%.
Dwelling, a work search, child's nurture and economical support are various for the consultation contents. A life is poor, and you can't match an area, and I say it was isolated, and that there was also a serious case by which a mind and body loses its balance.
A result of the questionnaire Mr. Kiyotaka Ogata, the Okayama University of Science part-time lecturer (70) did in November of last year targeted for 90 households which took refuge in a prefecture will be reported. It was mentioned that the living degree of satisfaction could judge the tendency in which anxiety to a life will be so strong in the future that a refuge life fell and was longer than an investigation, from a mother and child and a refuge of father and child the previous year, and pointed out "A living problem diversified. Child care and the thing which is working for takuji and is supporting housing finely by the area were needed."
39 people participate in a report meeting from a composition group. Each group mentioned on the theme of securement of activity funds. Mr. Hattori, "Even if it has passed from an earthquake disaster for 4 years, the needs of support are high. I'd like to make mechanism of the support which can be a model of other prefectures in Okayama with the most refuges at western Japan.", I was speaking.
/////
岡山への震災移住ニーズ依然高く 東日本大震災後の岡山県内への避難・移住支援

東日本大震災後の岡山県内への避難・移住支援に携わる10団体が昨年6月に発足させたワンストップ相談組織「うけいれネットワークほっと岡山」が10日、岡山市内で活動報告会を開いた。2月末までに相談を寄せた70人のうち、移住希望者が64%を占め、移住ニーズが依然高いことをうかがわせる一方、既に移ってきた人が将来への不安を訴える内容も多く、定住に向けた課題も浮かんだ。
 ほっと岡山事務局の服部育代さん(43)が延べ291件あった相談について説明。相談者の居住・出身地は東京や神奈川、千葉県など関東圏が49%とほぼ半数を占め、福島県が32%だった。
 相談内容は住居や仕事探し、子どもの保育、経済的支援などさまざま。生活が困窮したり、地域になじめず孤立したりして心身のバランスを崩す深刻なケースもあったという。
 岡山理科大非常勤講師の緒方清隆さん(70)が県内に避難した90世帯を対象に昨年11月に行ったアンケートの結果を報告。母子・父子避難者では、生活満足度が前年度調査より低下し、避難生活が長いほど将来生活への不安が強い傾向が見られたことを挙げ「生活の問題が多様化している。育児・託児、仕事、住宅など地域できめ細かく支援していくことが必要」と指摘した。
 報告会には構成団体などから39人が参加。各団体が活動資金の確保などを課題として挙げた。服部さんは「震災から4年たっても支援のニーズは高い。西日本で避難者が最も多い岡山で他県のモデルとなり得る支援の仕組みをつくっていきたい」と話していた。
////
東日本大震災と原発事故発生から4年 風化を懸念

東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所事故の発生から、11日で4年となります。全国でおよそ22万9000人が避難生活を余儀なくされていますが、復興がなかなか進まないなか、被災した人の間では震災や原発事故への関心が薄れていく「風化」を懸念する声が強まっています。

4年前の平成23年3月11日午後2時46分ごろ、東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、高さ10メートルを超える大津波が東北や関東の沿岸に押し寄せました。直後から東北と東日本の各地で激しい揺れの地震が相次ぎ、余震活動が続く東北沖では2月も津波を伴う地震が起きています。
警察庁の10日までのまとめによりますと、これまでに死亡が確認された人は、12の都と道と県の合わせて1万5891人、行方不明者は6つの県の2584人となっています。また、復興庁や各県のまとめによりますと、避難後の体調の悪化などによるいわゆる「震災関連死」は10の都県で少なくともおよそ3200人に上り、「関連死」を含む震災の犠牲者は2万人を超えています。仮設住宅や賃貸住宅などで避難生活を余儀なくされている人は、2月12日現在の復興庁のまとめでおよそ22万9000人で、避難先はすべての都道府県に及んでいます。
自力で住宅を再建できない人のために建設される「災害公営住宅」は、2万9900戸余りの計画に対し、ことし1月末現在、半数余りが着工しているものの、完成したのは5582戸と、19%にとどまっています。
一方、3基の原子炉でメルトダウンが起きるという、過去に例のない事故が発生した福島第一原発では、増え続ける汚染水が依然として深刻な問題で、東京電力は当初、3月末までとしていた処理の目標を断念しました。40年かかるとされる廃炉に向けて、溶け落ちた核燃料の取り出しなどの遅れも懸念され、今後の情報公開の在り方も含めて東京電力の対応が問われています。国や自治体が進めている除染は、福島県をはじめ、東北と関東の合わせて81の市町村で完了しておらず、最も遅いところでは完了の目標が再来年の3月となっています。さらに、除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設への搬入の完了や、放射性物質が一定の濃度を超える「指定廃棄物」の処分なども、まだめどは立っていません。
国が「集中復興期間」としている5年の節目まで残り1年となりましたが、復興がなかなか進まないなか、被災した人の間では震災や原発事故への関心が薄れていく「風化」を懸念する声が強まっています。
////

「でーれー」映画製作委に感謝状 岡山

「でーれー」映画製作委に感謝状 岡山
感謝状 スケッチ.jpg
////
"DERE" in a filmmaking committee, a letter of thanks Okayama.

We assumed on the 10th, that a making committee of a movie "DERE girls" advertised charm in Okayama-shi in the whole country, and you presented a letter of thanks from a city. A member of a making committee, "The work which has not been completed without cooperation of Okayama's people. It's the feeling that I'd like to present a letter of thanks from here conversely.", delight was told.
The presentation system is a city office and 5 people of star Momose Misaki who appeared by the classmate role of the main character (22), Tsushima Keisuke Executive Officer of the entertainment branch office and HORIPRO which planned a movie (Tokyo) (51) and Hiroshi Shiraishi rape producer (26) visit. Mayor Masao Omori handed over a letter of thanks to Tsushima Executive Officer, and "Thank you very much for making the fascinating movie by which Okayama's charm is filling." was stated.
Mr. Momose showed "I could receive a letter of thanks from Kori, and, honor" and a smiling face, and talked with violation "the landscape of the home was left in posterity as a picture work. Very happily" in Tsurumi-bashi's near Korakuen, Okayama-jo's and Hokancho shopping area's appearing on a movie.

////
「でーれー」映画製作委に感謝状 岡山

映画「でーれーガールズ」の製作委員会は10日、岡山市の魅力を全国にPRしたとして、市から感謝状を贈られた。製作委のメンバーは「岡山の人たちの協力なくしては完成しなかった作品。逆にこちらから感謝状を贈りたい気持ちだ」と喜びを語った。
 贈呈式が市役所であり、主人公の同級生役で出演したタレント桃瀬美咲さん(22)、映画を企画した芸能事務所・ホリプロ(東京)の津嶋敬介執行役員(51)、白石裕菜プロデューサー(26)ら5人が訪問。大森雅夫市長が津嶋執行役員に感謝状を手渡し「岡山の魅力が満載の面白い映画をつくっていただき、ありがとうございました」と述べた。
 桃瀬さんは「古里から感謝状をいただけて光栄」と笑顔を見せ、映画に後楽園近くの鶴見橋や岡山城、奉還町商店街などが登場することに触れ「故郷の風景が映像作品として後世に残る。すごくうれしい」と話した。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 「岡山ビブレ」 から 「イオンモール岡山」 | 更新情報をチェックする

岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会

岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会
images kouraku.jpg
////
Okayama-ken By GPS utilization, road information management Regular Okayama prefectural assembly.

On the 10th, a February regular Okayama prefectural assembly resumes a general question. 3 family of Tsunehisa Kato (LDP and Tamano-shi), Yoshiyuki Watanabe (dou and Katsuta-gun) and Shinbo Kenichi (dou and Setouchi-shi) took the platform. To consolidate road management information on a road surface collapse, Ibaraki Ryuta governor made it clear that introduction of a sharing system in the agency which utilized a satellite use positioning system (GPS) is being considered.
While Mr. Kato introduced a practical use example of a road information sharing system in Aomori-ken, a governor answered "Quick location specification and information sharing on the map were done and led to more accurate road management. He'd like to consider system maintenance in order to indicate necessary information unitarily on the electronic map."
A national prefectural highway of prefecture management is about 3700 kilometers. Information is being managed by a paper base except for the part at present. I make sure that a site photograph, the repair history and information such as request from inhabitant of a prefecture and a complaint can be indicated on the electronic map by a sharing system. I make sure that the traders who entrust a repair will be seen, too and use it for quick correspondence.
Because the suffrage age is the perspective reduced to "more than 18 years old" from next summer's Upper House Election, Mr. Watanabe requests educational substantiality about political participation. Kengo Okamoto prefecture election administration chairperson explained that the delivering class is being developed by elementary and junior high schools in fiscal year 2014, and we assumed "It was opened to the high school from fiscal year 15. I was also thinking the supplementary material which can feel politics and election close is made and it's utilized by the session."
Mr. Shinbo points out that scholastic aptitude improvement and the class executive ability which spites and it's a teacher in school phobic prevention are important. Takei one thousand storage superintendent of educational affair "is important to the thing which plans for improvement of the class management power through practicing", recognition is indicated, as well as a present starting worker and training every 5 years, "The model business which plans for substantiality of a student council and class activity at a junior high school from fiscal year 15 was put into effect, and worked on improvement of practicing leadership about group organization." was stated.
////
岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会

2月定例岡山県議会は10日、一般質問を再開。加藤浩久(自民、玉野市)、渡辺吉幸(同、勝田郡)、神宝謙一(同、瀬戸内市)の3氏が登壇した。伊原木隆太知事は路面陥没などの道路管理情報を一元管理するため、衛星利用測位システム(GPS)を活用した庁内共有システムの導入を検討していることを明らかにした。
 加藤氏が、青森県での道路情報共有システムの運用例を紹介したのに対し、知事は「迅速な位置特定や地図上での情報共有ができ、より的確な道路管理につながる。必要な情報を電子地図上で一元的に表示できるよう、システム整備を検討したい」と答えた。
 県管理の国県道は約3700キロ。現在は一部を除き、紙ベースで情報を管理している。共有システムでは現場写真、補修履歴、県民からの要望・苦情といった情報を電子地図上に表示できるようにする。補修を委託している業者らも見られるようにし、素早い対応に役立てる。
 渡辺氏は、来夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる見通しであることから、政治参加についての教育充実を要望。岡本研吾県選管委員長は2014年度に小中学校で出前授業を展開していることを説明し、「15年度から高校まで広げる。政治や選挙を身近に感じてもらえるような副教材を作成し、授業で活用することも考えている」とした。
 神宝氏は、学力向上やいじめ、不登校防止などには教員の学級経営能力が重要と指摘。竹井千庫教育長は「実践を通した学級経営力の向上を図ることは大切」との認識を示し、現行の初任者や5年ごとの研修に加えて「15年度から中学校で生徒会や学級活動の充実を図るモデル事業を実施し、集団づくりに関する実践的な指導力の向上に取り組む」と述べた。
////
岡山城.jpg
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会 | 更新情報をチェックする

新幹線40周年 岡山駅で「感謝」

新幹線40周年 岡山駅で「感謝」
ドクターイエロー.jpg

okayama 駅.png

ドクターイエロー 初期.jpg

/////
I "am thankful" for the 40th anniversary of Shinkansen by Okayama station.

Is Sanyo-shinkansen Shin-osaka? 10 days when 40 years were met from the opening of whole lines between Hakata and the board staff of JR West group recorded with "thank you very much, 40th anniversary" on the Shinkansen platform for Hakata district by JR Okayama station were put up and gratitude was handed down to a user.
About 60 station employees, staff of a group company and railroad former meeting members participate. When "light number" (for Hakata) and "No. fresh ears of rice" departing at 39 minutes (for the Kagoshima center) at 8:25am from Okayama entered a home, I put up a board, met, waved the hand at the time of departure and saw off. Fujiwara kikan Okayama stationmaster, "It was achieved with voice from a staff. Stable transportation will be also performed now, and would like to be trusted transportation.", I spoke.
The "commemoration admission ticket" which made an admission ticket of all Sanyo-shinkansen 19 stations a set was sold at the said station, and about 200 people made a line at the time of starting at 9:00am. The female of Okayama-shi (24), "The dignity of the commemoration, so I'd like to keep importantly at a house.", I spoke.
Sale of a commemoration box lunch also started at a stand of station yard, and the "tour box lunch" in which the taste of "inside strait weather" (one thousand yen) and Inland Sea of Seto which used the ingredients made in Okayama-ken abundantly was packed (1050 yen) was put on sale.
A large truck and a train collided with a ceremony by JR Sanyo line crossing in Kurashiki-shi on February 13, and 18 people received and canceled an injured accident.
/////
新幹線40周年 岡山駅で「感謝」

山陽新幹線が新大阪?博多間の全線開業から40年を迎えた10日、JR岡山駅ではJR西日本グループの社員らが博多方面行きの新幹線ホームで「ありがとう40周年」と記したボードを掲げ、利用客に感謝の気持ちを伝えた。
 駅員、グループ会社の社員、鉄道OB会メンバーら約60人が参加。岡山発午前8時25分の「ひかり号」(博多行き)と同39分発の「みずほ号」(鹿児島中央行き)がホームに入ると、ボードを掲げて出迎え、出発時には手を振って見送った。藤原喜幹岡山駅長は「社員からの声で実現した。これからも安定した輸送を行い、信頼される交通機関でありたい」と話した。
 同駅では山陽新幹線全19駅の入場券をセットにした「記念入場券」が発売され、午前9時の開始時には約200人が列をつくった。岡山市の女性(24)は「記念の品なので家で大切に保管したい」と話した。
 駅構内の売店で記念弁当の販売も始まり、岡山県産の食材をふんだんに使った「せとうち日和」(千円)と瀬戸内海の味覚を詰め込んだ「漫遊弁当」(1050円)が売り出された。
 式典は、2月13日に倉敷市のJR山陽線踏切で大型トラックと列車が衝突、18人がけがをした事故を受けて取りやめた。
/////

鹿児島の3偉人が地域の魅力PR

鹿児島市の観光キャラバン隊が10日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、2018年に迎える明治維新150年に向けて盛り上がる地域の魅力をPRした。
 訪れたのは、西郷隆盛、大久保利通、篤姫といったゆかりの偉人3人に扮(ふん)した「鹿児島市薩摩観光維新隊」メンバーら5人。幕末から明治にかけて活躍した偉人の生誕地が多く、足跡が残る加治屋町エリアをはじめ、日本初の近代工場群跡地にある博物館「尚古集成館」など市内の歴史スポットを紹介。グルメでは、特産品の黒豚や黒牛、今が旬のブリや桜島大根などをアピールした。
 九州新幹線の全線開業により、岡山?鹿児島中央間は最速2時間57分で結ばれており、一行は「岡山?鹿児島間はあっという間。節目に向けて活気づく鹿児島市に、ぜひ足を運んで」と呼び掛けた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 新幹線40周年 岡山駅で「感謝」 | 更新情報をチェックする

渋川をビーチスポーツの中心地に 岡山

渋川をビーチスポーツの中心地に 岡山
ビーチ バレー.jpg

ビーチ バレー スケッチ
/////
Shibukawa, in a center of the beach sport Okayama.

On the 10th, the establishment plenary meeting of "a cogon, oh, beach sports society" by which Shibukawa coast in Tamano-shi aims to become a center of the Japanese beach sport was held at an industrial development building of the said city harbor. I work on classroom holding for the spread, volunteer activities and upbringing of a Japanese representative player.
When a society didn't want to bring held protuberance of "the whole country beach soccer meeting" to an end transiently for the first time at the said coast in September of last year, a tournament representative moves. Participation was appealed to the beach sports fans who come into action at the said coast and a neighborhood.
I compose in 5 classes of the beach volleyball, the beach tennis, the beach soccer, the beach yoga and the beach fitness. The activation by which the improvement by which young people's sound upbringing is▽ competitive ability and technical power is a▽ area? The bottom of the idea which is so and colorful activity are advanced. A secretariat puts it in the city.
A group executive of each play, a representative of all kinds' city group, an administrative person concerned society official and total of 35 guests attend a general meeting. Everyone and Ms. community building Meister Sadako Miyake who assumed a chairperson, "Suitability and an athlete are highly regarded in a beach sport for the quality of sand of the Shibukawa coast. I'd like also to achieve invitation of Tokyo Olympic beach volleyball play in 2020.", I greeted.
/////
渋川をビーチスポーツの中心地に 岡山

玉野市の渋川海岸が日本のビーチスポーツの中心地になることを目指す「おかやまビーチスポーツ協会」の設立総会が10日、同市築港の産業振興ビルで開かれた。普及に向けた教室開催、ボランティア活動、日本代表選手の育成などに取り組む。
 協会は、昨年9月に同海岸で初めて開かれた「全国ビーチサッカー大会」の盛り上がりを一過性で終わらせたくないと、大会関係者が発案。同海岸や近隣で活動するビーチスポーツ愛好者らに参加を呼び掛けた。
 ビーチバレー、ビーチテニス、ビーチサッカー、ビーチヨガ、ビーチフィットネスの5部門で構成。青少年の健全な育成▽競技力、技術力の向上▽地域の活性化?の理念の下、多彩な活動を進める。事務局は市内に置く。
 総会には、各競技の団体幹部、市内各種団体の代表、行政関係者ら協会役員や来賓計35人が出席。会長に就任したみなとまちづくりマイスター三宅定子さんが「渋川海岸の砂質はビーチスポーツに最適と競技者の評価が高い。2020年東京五輪ビーチバレー競技の誘致も実現したい」とあいさつした。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:01| Comment(0) | 渋川をビーチスポーツの中心地に 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。