2015年03月17日

岡山県、ツイッター収集事業見直しへ / 岡山県のツイート活用狙い外れる

岡山県、ツイッター収集事業見直しへ / 岡山県のツイート活用狙い外れる
images kouraku.jpg
興味ある取組みであったが、「残念な結果」である。

  「ツイート数上位は、桃太郎▽岡山城▽きびだんご▽移住▽後楽園」

考えられること列挙!
1.現状、期間中、twitter上では、「岡山県は、魅力がない?」のである。
(岡山の地方では、twitter利用者が少なく、県外利用者も発信をしない。それは、ツイッター利用者ならすぐにわかることかな?)
つまり、twitter上の岡山のデータが少ないこともある。
2.分析の仕方に問題がある?。
3.問の立て方に問題がある?。

岡山の回遊性促進のため、twitterだけでなく、フェイスブックやブログなど他のネット上のデータの活用を考えてほしい。簡単にいうと、「岡山のWEB街の活性化・連携」も必要なのかもしれない。

twitter上では、「岡山県は、魅力がない?」かもしれないが、、「岡山県の魅力を伝える物語」を考えるのが先のような気がする。 わかりやすくいうと、 点在する観光地の連携するイベント、名物・名産をつなげる言葉(キャッチフッレーズ)が必要である。
////
To Okayama-ken and twitter collection business reconsideration.

A short sentence contribution site and "mutter" on twitter were collected and the result of analysis first year's was announced to a prefecture on the 16th about a new enterprise from fiscal year 2014 a sightseeing policy reflects as well as it was announced that the business continuation after fiscal year 27 was made blank from a point of the cost-effectiveness. It was an ambitious try in the first urban and rural prefectures, but a description of business is being reconsidered from now on and a turn is being considered to a data collection and an analysis by a face book.

The said business outlaid the budget from the inside "SNS analysis business" of the prefecture IT strategy promotion business (about 100,000,000 yen) (1,700,000 yen) and put it into effect from fiscal year 26. The "mutter" which included a key word as "Okayama" on the net (TSUITO), automaticair extracting. About 2,160,000 cases for 3 months in 7-September were collected last year. More were combined with a sub-key word and the contents were being analyzed.

According to an analysis, TSUITO, 54 and 4% are a lady. Teenage below occupied 67, 5% and the majority according to the time. Momotarou▽ Okayama-jo▽ millet dumpling▽ move was▽ Korakuen-for TSUITO number dominance by a sub-key word.

But the first when tourist's raw voice is taken up from twitter and it's utilized for a policy, I say that expected useful data wasn't obtained.

We assume "The first year was experimental business. It'll be based on request in the prefectural office from now on, and a face book and a blog are considering utilization of data on the other nets." for prefecture Information Policy Division.
////
岡山県、ツイッター収集事業見直しへ

短文投稿サイト・ツイッター上の「つぶやき」を収集して観光施策などに反映する平成26年度からの新事業について、県は16日、初年度の分析結果を発表するとともに、費用対効果の点から27年度以降の事業継続を白紙にすると発表した。都道府県初の意欲的な試みだったが、今後は事業内容を見直し、フェイスブックなどでのデータ収集・分析へ方向転換を検討していく。

 同事業は、県IT戦略推進事業(約1億円)のなかの「SNS分析事業」(170万円)から予算を支出し、26年度から実施した。ネット上で「岡山」というキーワードを含んだ「つぶやき(ツイート)」を自動抽出。昨年7~9月の3カ月間に約216万件を収集した。さらにサブキーワードと組み合わせて内容を分析していた。

 分析によると、ツイートした54・4%が女性。年代別では10代以下が67・5%と過半数を占めていた。またサブキーワードによるツイート数上位は、桃太郎▽岡山城▽きびだんご▽移住▽後楽園-だった。

 しかし、ツイッターから観光客の生の声を拾い上げて施策に生かすという当初期待していた有益なデータは得られなかったという。

 県情報政策課は「初年度は実験的な事業だった。今後は県庁内からの要望を踏まえてフェイスブックやブログなど他のネット上のデータの活用を検討していく」としている。
///
岡山県のツイート活用狙い外れる

岡山県は16日、インターネット上の「ビッグデータ」を県政に生かすため、短文投稿サイト「ツイッター」に書き込まれた岡山に関する単語の調査結果をまとめた。桃太郎、岡山城などが上位だったが、政策立案の参考になる投稿は全体の3・6%にとどまり、狙いは外れた格好。県は調査方法の変更なども含め、データ利用について再検討する。
 昨年7~9月、東京のシステム開発会社のサービスを使って試験的に実施。観光地や特産品など224種類のキーワードを含む投稿を抽出、分析した。
 県によると、該当の投稿は計11万3444件あり、桃太郎をトップに、岡山城、きびだんご、移住、後楽園 と続いた。県の新たなキャッチフレーズ「もんげー」も、発表したのが昨年9月ながら8位に入った。
 一方、キーワードについて投稿者が意見、評価などを記したツイートは4085件しかなく、「すごい」「微妙」など単純な感想が大半。政策の立案や改善につながるデータはほとんど得られなかった。
 県情報政策課は「想定外の結果」としており、調査目的を絞り込んだり、ツイッター以外に対象を拡大したりすることも検討する方針だ。
///
岡山で「医療カフェ」スタート

医者や患者らが病気や健康などについて飲み物を片手に気軽に話し合う「医療カフェ」の取り組みが15日、岡山市内の飲食店を会場にスタートした。誰でもみんな来られるようにと「みんくるカフェ」と名付け、今後、2カ月に1度程度のペースで定期開催を予定している。
 主催するのは飲食店「ナチュレルモン」(同市北区本町)。店のスタッフとして働く先天性心疾患を抱える小笹彰子さんとオーナーの山本和志さん(45)が「患者と医療従事者が立場を越え、自由に対話できる場をつくりたい」と、年明けから準備を進めてきた。
 店は通常、夕方から営業しており、医療カフェは営業前の1時間半程度を活用して開催。初回のこの日は同市内の内科医やお年寄りら約10人が集い、自己紹介の後、コーヒーや菓子などを味わいながら医師に上手に症状を伝えるポイントやアルコールを飲まない「休肝日」などの話題で盛り上がった。
 「地域の皆さんに声をかけ、交流の場にもしていきたい」と山本さん。小笹さんは「この取り組みが参加する方々の力になればうれしい」と話している。
 次回の日程は今後決める。参加費千円(飲み物、お菓子付き)で、収益は「全国心臓病の子どもを守る会岡山県支部」に寄付することにしている。問い合わせはナチュレルモン(086 226 8201)。
///

岡山県の少年非行率3年連続最悪

岡山県の少年非行率3年連続最悪
「一日警察署長」 桃瀬.jpg
////
Juvenile delinquency rate 3 year continuation in Okayama-ken is worst.

We assumed that I violated boy (more than 10 years old, less than 20 years old) criminal law among one thousand people, and the "misconduct rate" which indicates the exposed percentage directed, and went up Okayama-ken in 2014 in 8 and about 2 times of 8 people and the national average (4 and 5 people), and a summary of a prefectural police showed that it was the whole country worst for 3 years successively from 12. The percentage of less than 14 years old is increasing compared with last year, and there is fear of age decrease of misconduct.
After 1951 when a record is left for a criminal law conviction boy in 14 according to a prefectural police, least 1691 people. There were 138 people compared with last year, and 0* also decreased the misconduct rate 6 people, but the order of Okayama didn't change because the misconduct rate fell at almost all of urban and rural prefectures.
More than 14 years old of inside of the percentage occupied in the whole keeps decreasing by direction of a prefecture and exposure, and less than 14 years old increase. 49 for a junior high school student and 8% (2 of year-to-year comparisons and 9 points more), 22 for a high school student and 9% (1 and 4 points less) were 7 for a schoolchild and 2% (0 and 2 points more). The re-misconduct rates of the boy who directed in the past and was exposed were 28 and 6%, and 2* fell 5 points compared with last year.
The main details of the criminal law conviction boy, ", first, from the type, misconduct" you make a thief including shoplifting, a motorcycle and rotation kurumatou is most with 1063 people (62 and 9%). Next 14 intellectual offenses of 238 rough convictions and bilking a restaurant such as attack and a threat.
It's murdered and 12 people are exposed by robber's brutal event. We assumed that the female of the former association partner had been killed in September, 14, and there was also the 17-year-old unemployed boy = an event by which Tsuyama-shi= is arrested.
Hiroshima-ken is worst by 7 and 6 people by the misconduct rate according to the urban and rural prefectures, about 2. Kagawa-ken was 6 and about 7 for 6 people.
Okayama prefectural police installs "school police contact room" in the boy department in April, 14. I cooperate with school in policeman's patrol by elementary and junior high schools and holding in the delinquency prevention classroom and am putting the emphasis on prevention before anything happens of juvenile delinquency, and we assume "Improvement of model consciousness is appealed to children as well as would like to continue the strict exposure and direction."
////
岡山県の少年非行率3年連続最悪

少年(10歳以上20歳未満)千人のうち刑法に違反したとして補導、摘発された割合を示す「非行率」が、2014年の岡山県は8・8人と全国平均(4・5人)の約2倍に上り、12年から3年連続で全国ワーストだったことが県警のまとめで分かった。前年に比べ14歳未満の割合が増えており、非行の低年齢化が懸念されている。
 県警によると、14年の刑法犯少年は、記録が残る1951年以降最少の1691人。前年に比べ138人少なく、非行率も0・6人減ったが、大半の都道府県で非行率が下がったため、岡山の順位は変わらなかった。
 県内の補導、摘発では、全体に占める割合のうち14歳以上が減る一方で14歳未満が増加。中学生49・8%(前年比2・9ポイント増)高校生22・9%(同1・4ポイント減)小学生7・2%(同0・2ポイント増)だった。過去に補導、摘発された少年の再非行率は28・6%で、前年に比べ2・5ポイント下がった。
 刑法犯少年の主な内訳は、「初発型非行」とされる万引やオートバイ・自転車盗を含めた窃盗犯が1063人(62・9%)で最多。次いで暴行、脅迫といった粗暴犯238人、無銭飲食などの知能犯14人。
 殺人、強盗などの凶悪事件では12人を摘発。14年9月には、元交際相手の女性を殺害したとして17歳の無職少年=津山市=が逮捕される事件もあった。
 都道府県別の非行率では、広島県が7・6人でワースト2位。香川県は6・6人で同7位だった。
 岡山県警は14年4月、少年課に「学校警察連絡室」を設置。小中学校での警察官の巡回、非行防止教室の開催など学校と協力して少年非行の未然防止に力を入れており、「子どもたちに規範意識の向上を呼び掛けるとともに、厳正な摘発、補導を続けたい」としている。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 岡山県の少年非行率3年連続最悪 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。