2015年03月20日

ハラール認証パン屋が誕生 =岡山県のパン製造業者=

ハラール認証パン屋が誕生 =岡山県のパン製造業者=
桃瀬美咲 スケッチ よ.jpg
/////
A HARARU authentication bakery is established Bread maker in Okayama.

A place by the muslim relaxation will open in Metropolitan area tomorrow. Number one of HARARU authentication in a bakery cafe is a store. It's the bakery cafe where a Muslim received the HARARU authentication eaten surely to open tomorrow. 80 percent of the employee are also established by the inside in a store attached to a worship place by a Muslim. It's a bread maker in Okayama-ken to manage this store. Bread using rice flour and Suites Hotel made in Okayama-ken line up in the store. Delight was voiced from an invited visitor. It's thought to magnify more stores of HARARU authentication with increase of a visit to Japan visitor from now on.
/////
ハラール認証パン屋が誕生 =岡山県のパン製造業者=

イスラム教徒の憩いの場があす、都内にオープンします。ベーカリーカフェのハラール認証一号店です。あすオープンするのはイスラム教徒が安心して食べられるハラール認証を受けたベーカリーカフェです。従業員の8割がイスラム教徒で、店の奥には礼拝場所も併設されています。この店を運営するのは岡山県のパン製造業者。店内には、岡山県産の米粉を使ったパンやスイーツが並びます。招待された客からは喜びの声が上がりました。訪日客の増加でハラール認証の店舗は今後、さらに拡大するとみられています。
/////
WBSニュース
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | ハラール認証パン屋が誕生 =岡山県のパン製造業者= | 更新情報をチェックする

おかやまマラソン、県民に優先枠 岡山

おかやまマラソン、県民に優先枠 岡山
マラソン 楽しみ.jpg
////
A cogon, oh, I have priority over a marathon and inhabitant of a prefecture, a frame Okayama.

It has been decided that an execution committee of the first held large-scale marathon meeting "a cogon, oh, marathon" (It's composed of Okayama-ken and the said city by 56 groups.) holds a plenary meeting and accepts appearance from April 22 the 2nd time at a prefectural office on the 19th on November 8 in Okayama-shi. The "inhabitant of a prefecture priority limit" of the prefecture residence person (2000 people of capacity) is wanted ahead from the same day to the 29th and the "general limit" out the prefecture (12,500 people) is collected from 30th to May 31. You can apply from the internet both, and when exceeding the capacity, it's lot.
An application corresponds to only the site for sports event entry LAWSON in a convenience store
manages "LAWSON DO!SPORTS" or an information terminal for LAWSON storefront "Loppi". A priority frame is planning to release a general rim on June 29 on May 21, and an alsoran of a priority frame is turned to a general frame automatically, and the result when drawing lots, draws lots.
It was also decided that a cross company of a clothing company (the said city) seconds a meet especially at the general meeting.
A meet starts from number 53 of national highway in front of the Momotarou arena, and, a city, going south. I move north through Asahigawa eastern coast via Konan Ohashi and do a goal in a city light stadium.

////
おかやまマラソン、県民に優先枠 岡山

岡山市で11月8日に初開催される大規模フルマラソン大会「おかやまマラソン」の実行委(岡山県、同市など56団体で構成)は19日、県庁で第2回総会を開き、4月22日から出場を受け付けることを決めた。県内在住者の「県民優先枠」(定員2千人)は同日から29日まで先行募集し、県外も含めた「一般枠」(同1万2500人)は同30日から5月31日まで募る。いずれもインターネットなどから応募でき、定員を超えた場合は抽選となる。
 申し込みは、コンビニのローソンが運営するスポーツ大会エントリー用サイト「ローソン
 DO!SPORTS」か、ローソン店頭の情報端末「Loppi」のみ対応。抽選した場合の結果は優先枠が5月21日、一般枠は6月29日に発表予定で、優先枠の落選者は自動的に一般枠に回され再抽選される。
 総会では、アパレルメーカーのクロスカンパニー(同市)が大会に特別協賛することも決まった。
 大会は、桃太郎アリーナ前の国道53号をスタートして市街地を南下。岡南大橋経由で旭川東岸を北上し、シティライトスタジアムにゴールする。
////
<おかやまマラソン>概要決定 来月22日から県民枠募集 /岡山

11月8日に初めて開かれる「おかやまマラソン」の概要が19日決まった。フルマラソン(42・195キロ)の定員1万4500人のうち2000人は「岡山市民県民優先枠」として、県内在住者を先行して4月22日正午~29日に募集する。

 この日、北区の県庁であった実行委総会で大会要項が決まった。大会は、フルマラソンと、気軽に参加できる4・5キロのコース(定員500人)の2部門。

 フルマラソンは、桃太郎アリーナ(北区いずみ町2)をスタートし、岡山市役所筋や国道30号を南進。南区西紅陽台付近で折り返し、児島湖を望む岡南大橋方面へ進み、岡山城や岡山後楽園周辺を通ってシティライトスタジアム(北区いずみ町2)でフィニッシュする。30キロ地点付近の岡南大橋で最大17メートルの高低差があるものの、比較的平坦なコースで見通しも良く、好タイムが期待できるという。

 インターネットの専用サイトか、コンビニ(ローソン、ミニストップ)の店頭端末から申し込む。先行受け付けの期間中に、県内在住のフルマラソン参加希望者が定員2000人を超えた場合は抽選となり、外れれば一般枠で受け付けるという。一般枠(定員1万2500人)と、4・5キロコースの受け付けは4月30日~5月31日。

 この日は、岡山市出身のマラソン銀銅五輪メダリストで、おかやまマラソンの助言やPRに協力するスペシャルアンバサダー、有森裕子さんも参加。有森さんは「育ててもらった岡山への恩返しができてうれしい。好タイムを狙うランナーから、楽しんで走る家族連れの方々まで、全ての参加者の思いを集結させる大会にしたい」と語った。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | おかやまマラソン、県民に優先枠 岡山 | 更新情報をチェックする

つぶやきビッグデータに見る「岡山」の真の姿とは?

1位はやっぱりそれか...つぶやきビッグデータに見る「岡山」の真の姿とは?
images kouraku.jpg
テレビの情報番組や報道番組で、その日ツイッターで急上昇したワードが紹介するコーナーを見たことがあるだろう。
ネットに蓄積される膨大なデータ=ビッグデータをビジネスに役立てようとする動きは、一般企業で盛んになっている。例えば、コンビニチェーンはこの分野で先行する業種の1つで、購入者データを参考に開発された食品がヒット商品になるケースが生まれている。

お役所はビッグデータの分析・活用から遠いと思われがちだが、岡山県はネットの活用に積極的な自治体の1つだ。

2014年7~9月の3カ月間にツイッターでつぶやかれた言葉のうち、「岡山」に関する単語(ワード)を収集・分析していた岡山県の情報政策課。2015年3月16日、その調査結果を公表した。

分析ツールはNTTコムウェアのソフトを使用。「岡山」をキーワードとして、さらに岡山の観光や特産品に関する224の単語を設定した。

男性よりも女性、地元民よりも関東が「岡山」に熱視線!?

設定ワードは定番の「桃太郎」「岡山城」「きびだんご」、そして妖怪ウォッチで一躍有名になった「もんげー」などが含まれる。
期間中のツイート数は11万3444件で、投稿者の54.4%が女性。居住地別では関東地方が27.5%もあり、地元中国地方の26.2%をわずかに上回る。

もっとも、全投稿のうち約半数はリツイート(他人の投稿を再投稿だった)で、「理解できるもの」「意見や評判であるもの」は3.6%しかなかった。

設定ワードのうち、ツイート数の多かったトップ10は以下の通り。

okayama_tweet.jpg

岡山を代表するキャラクターや名所、ご当地グルメがランクインしている中で、「移住」が4位、「もんげー」が9位に食い込んだ。

「移住」と「もんげー」については、次のようなつぶやきがあった。そういえば、県がつくったPRサイト「もんげー岡山!」は、オープン時と比べて色気が出ているような。これもSNSを分析した成果なのだろうか。

「岡山駅の近くにイオンができるって何年か前に聞いたけどもうできたんかな!?岡山に移住を考えてる身としてはとっても気になる」
「首都圏からの移住は、岡山市周辺が最適なようですね。 ○仕事や交通の面から考え、本州にとどまっていたかった ○雰囲気が自分の故郷に似ていると感じた ○自然が多く、町や人の感じが良かった ○活断層が無く、地震が少ない ○晴天率が高い」
「もんげー岡山って案外キャッチコピーとしてみれば悪くないな...」
「岡山県の新しいキャッチコピー『もんげー岡山!』だって! なんか恥ずかしいわ笑」

このほかユニークな傾向を示した設定ワードの1つが、「前長船刀剣博物館」だ。7月12日から同館で「戦国無双の刀剣展」が開催されたが、その2日前の10日からツイート数が急増する。その中には次のようなつぶやきが。

「行ってきましたよ、刀剣展!面白かった! 備前長船刀剣博物館はねー、岡山ってだけでも遠いのに、場所がちょっと車ないと不便かなーってとこなんだよね( ?・ω・`) すごいもったいないと思う。まぁゆっくり見れてよかったですがw」

ネガティブ意見もちゃんと拾っている

県はポジティブなつぶやきだけピックアップし、自己陶酔しているわけではない。次のようなネガティブな声もきちんと拾っている。次のツイートは「後楽園」に関するものだ。

「先日、岡山県の後楽園に行きました。緑が青々としてとても綺麗でした。 しかし嫌なものを2つ見ました。 1つは敷地内の芝の上に飲み終えたペットボトルが捨てられていた事 2つ目は敷地内の立派な大木が彫り込まれた落書きで無惨な姿になっていたことです。 守らねばどんどん名所が汚されていく」

レポートのまとめを読む限り、「すごい」「きれい」「よかった」「いまいち」「微妙」などの単なる感想よりも、改善につながる具体的な指摘や提案を県は求めている。
次のようなツイートもしっかりチェックしているところを見ると、岡山は打てば響く可能性がありそうだ。あとは実行力とスピードだろう。

「桃太郎のまち岡山ももてなし宣言ってCMを偶然見たんだけど、福原遥ちゃん使って何してんのって感じ。
岡山って制服の生産全国1位なのに、遥ちゃんは制服着てないし、しかもランドセル背負わせて踊らせて何をアピールしたいのか。本当にアピール下手すぎて恥ずかしくなるんだが」

「疎開に人気の岡山県も大気汚染が酷いようですよね・・大分県も・・・
これから疎開を考えている人は自分でよく調べて、一度は体感してからの方がいいと思います。移住疎開の支援団体や支援者に聞いて見るのもいいかもしれません。私自身、かなりpm2.5が衝撃だった(^^;; 」

ツイッターの利用者が10~20代に集中し、それ以上は年齢が上がっていくにつれ減っていくことから、ブログやフェイスブックなども見据える必要があると結論付けている。

最後に。ツイートの中には「えっ、そんな場所があったの!?」と驚くものも数多く含まれている。何気ないつぶやきを宝の山に変えて、観光地としての岡山がさらに輝くことができるか。

「これは岡山県津山市にある、「久米の里」という道の駅にあるZガンダムです!一般の方が作られたものでして、個人制作とは思えない出来ですよ!」
「私は岡山の犬島に移住 あの犬島プロジェクトに関わりたい!世界遺産にもならず何となく経営するには、最も勿体無い気がする。人の手が入らなかったら、日々朽ちていく...本当にボロボロだから感動した」
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | つぶやきビッグデータに見る「岡山」の真の姿とは? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。