2015年03月28日

岡山「タニタ食堂」報道陣に公開

岡山「タニタ食堂」報道陣に公開
イメージ 図ss.png
楽しみ!

「本食堂は健康管理センター北館1・2階にオープンし、受診者だけではなく一般の方も利用できます。2階の食堂フロアでは、タニタ社員食堂のレシピを忠実に再現したヘルシー定食を日替わりで提供。価格は780円(税込み)で、栄養バランスに配慮し、1定食当たり500kcal前後、塩分は3g前後、野菜を150g-250g使用しています。」

岡山市の健康管理施設内に4月1日オープンする「タニタ食堂」が27日、報道陣に公開され、野菜たっぷりで話題のヘルシーメニューがお披露目された。
 タニタ食堂は、社員食堂のレシピ本がベストセラーになった健康計測機器メーカーのタニタ(東京)が全国11カ所で展開。社員食堂と同じ献立を出している。中四国には初出店で、提携した一般財団法人・淳風会(岡山市北区万成東町)が運営する健康管理センター(同大供)北館に入居した。
 2階飲食フロアで、1食500キロカロリー前後の日替わり定食(780円)のみを提供する。一般客向けは78席、同施設の人間ドック受診者用に61席を確保した。この日は、タマネギやトマトをふんだんに使った「豚肉のサルサソース」「こんにゃくとニンジンの白あえ」などをセットにした定食が紹介された。
 営業開始に合わせ、淳風会はドック受診者向けに同社の機器を活用し、食堂の特別メニューが味わえる健康管理サービスを行う。淳風会の柴田厚理事は「岡山の健康づくり拠点として貢献したい」と話している。
 営業時間は午前11時~午後3時。日曜、祝日は休み。
////
【店舗概要】
名称:岡山淳風会タニタ食堂
オープン:2015年4月1日
所在地:岡山県岡山市北区大供2-2-5(淳風会「健康管理センター」北館1・2階)
施設:1階・カウンセリングフロア、2階・食堂フロア
規模:延べ床面積389m2(食堂面積269m2) 
席数:139席(一般利用78席、受診者専用61席)
営業時間:11:00-15:00(日曜、祝日は休業)
メニュー:日替わり定食(780円・税込み)
※プレミアムコース向け特別メニューは、健康管理センター4階の専用ラウンジで提供。


岡山「タニタ食堂」
http://www.tanita.co.jp/shokudo/shop/detail/okayama_junpukai

Okayama "TANITA dining room" is opened to the press.

The "TANITA dining room" which opens on April 1 in the healthy management facilities in Okayama-shi was opened to the press on the 27th, and vegetables were much and topical healthy menu was announced.
TANITA of a healthy measuring instrument manufacturer where a recipe book of the company cafeteria was a best seller (Tokyo) develops a TANITA dining room at 11 points of whole country. The same menu as a company cafeteria is being taken out. I moved into the general foundational juridical person with which I cooperated and the health care center (the said adult) north building a good custom meeting (Okayama-shi Kita-ku Mannarihigashimachi) manages at the first branch store in Naka Shikoku.
About 500 kilocalories of 1 daily set menu (780 yen) chisel is offered at the 2nd floor eating and drinking floor. One for a general visitor has reserved 78 seats of 61 seat for checkup check-up persons in the said facilities. On this day, the set menu which made the "salsa sauce of pork" "white mix of konnyaku and carrot" etc. which used onion and tomato abundantly a set was introduced.
A good custom meeting utilizes equipment of the said company for dock check-up persons and does the health care service which can taste special in a dining room according to the start of business. Shibata Atsushi director of a good custom meeting, "I'd like to contribute as a positive health base in Okayama.", I'm speaking.
The business hours, 11:00am-3:00pm. Sunday and a holiday are a holiday.
////
4月1日(水)に「岡山淳風会タニタ食堂」がオープン
食事を含めた新たな健康サービスを共同で提供

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)と岡山県で人間ドック・健診サービスを提供する一般財団法人淳風会(岡山県岡山市北区万成東町3-1、理事長・原一穂)は、共同で準備を進めてきた岡山県初の「岡山淳風会タニタ食堂」を4月1日(水)にオープンします。同時に淳風会の健康管理センター(岡山県岡山市北区大供2-3-1)を利用する人間ドック受診者向けに、本食堂での食事とタニタの集団健康管理サービス「タニタ健康プログラム」とを組み合わせた新しい健康サービスの提供を開始。まずはプレミアムコース(総合検査コース)の人間ドック受診者向けにサービスを提供します。

本食堂は健康管理センター北館1・2階にオープンし、受診者だけではなく一般の方も利用できます。2階の食堂フロアでは、タニタ社員食堂のレシピを忠実に再現したヘルシー定食を日替わりで提供。価格は780円(税込み)で、栄養バランスに配慮し、1定食当たり500kcal前後、塩分は3g前後、野菜を150g-250g使用しています。週単位・月単位で栄養に偏りのないメニューを組み立てているため、継続して利用していただくだけでバランスのとれた食事を摂ることができます。このほか、コーヒーや低カロリーのスイーツなどのサイドメニューも今後ラインアップする予定です。

施設面では、タニタが東京・丸の内で運営する「丸の内タニタ食堂」と同様に、プロフェッショナル仕様の体組成計を設置したカウンセリングフロアを1階に設け、常駐する管理栄養士が人間ドック受診者や食堂利用者に健康アドバイスを行います。

一方、新しくスタートする健康サービスは、人間ドック受診後から次回受診までの間の健康づくりを継続的にサポートするものです。プレミアムコース向けサービスは、家庭用の計測機器(体組成計、活動量計、血圧計)や人間ドック受診後に本食堂で提供する食事がセットになって希望者は追加料金無しで利用できます。このサービスのフレームとなる「タニタ健康プログラム」は、通信機能を持つ体組成計や活動量計、血圧計を活用してからだの状態や運動量、血圧などを「見える化」するもので、利用者は提供された家庭用の計測機器を使って日頃の計測データをアップロードします。また、健康管理センター4階(人間ドック専用フロア)に設置するプロフェッショナル仕様の体組成計でも定期的に計測。これらのデータはインターネットを介して専用サーバーに蓄積され、利用者はパソコンやスマートフォンで計測結果を推移グラフにして見ることができます。加えて、計測データと検診データとを活用し、淳風会の保健師や管理栄養士などの専門家から日常生活における健康づくりのアドバイスを定期的に受けることができます。

食事面では日替わり定食とは別に、産地や素材にこだわった食材を使用したオリジナルの特別メニューを提供します。特に野菜は、健康増進効果が期待できると言われている機能性成分を多く含んだ機能性野菜を使用。種苗メーカーのタキイ種苗株式会社(京都府京都市下京区梅小路通猪熊東入、社長・瀧井傳一)が開発した機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズを採用し、このトマトやピーマンなどを使った特別メニューを提供します。提供メニューは1種類ですが、今後旬の食材を使いながら季節毎にメニューを更新する予定です。なお、健康的な食事の摂り方についての気づきを多くの受診者に促すため、プレミアムコース以外の全人間ドックコースにも本食堂での食事(日替わり定食)を受診後に無料でセットします。

今後両社では、食事診断などプレミアムコース向けにサービスの拡充を図るとともに、ニーズに応じて選択できるようオプションメニューを充実させ、2015年度中に健康管理センターを利用する人間ドック受診者全員に利用を広げていく計画です。同時に、健康診断を利用する法人向けに本サービスをカスタマイズし、医療費削減や生産性向上に寄与する健康づくりプログラムとして提供する予定です。両社では、このような法人・個人に向けた様々なサービスの提供を通し、健康管理センターと本食堂とが一体となって岡山県における健康づくりの中核拠点としての役割が担えるように努めていきます。

【店舗概要】
名称:岡山淳風会タニタ食堂
オープン:2015年4月1日
所在地:岡山県岡山市北区大供2-2-5(淳風会「健康管理センター」北館1・2階)
施設:1階・カウンセリングフロア、2階・食堂フロア
規模:延べ床面積389m2(食堂面積269m2) 
席数:139席(一般利用78席、受診者専用61席)
営業時間:11:00-15:00(日曜、祝日は休業)
メニュー:日替わり定食(780円・税込み)
※プレミアムコース向け特別メニューは、健康管理センター4階の専用ラウンジで提供。 
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 岡山「タニタ食堂」報道陣に公開 | 更新情報をチェックする

森陶岳さん「新大窯」の焚き佳境 岡山

森陶岳さん「新大窯」の焚き佳境 岡山
さくら おすすめ.jpg
「ゴーッ」。低く鈍い音が響き、熱風と炎に巻かれる大甕(がめ)?。備前焼の岡山県重要無形文化財保持者・森陶岳さん(78)=瀬戸内市牛窓町長浜=が同所に築いた空前の「新大窯」(全長85メートル、幅6メートル)に火が入って、間もなく3カ月。内部の温度は一部で1200度に達し、窯焚(だ)きはいよいよ佳境に入った。
 新大窯は森陶岳さんと弟子6人が昼夜問わず、交代で火を守り続けている。現在は窯の横に開いた小穴(直径約30センチ)から薪(まき)をくべ、隅々まで温度を上げて作品を仕上げていく横焚きが本格化している。
 「バチバチ」。薪がはじける音が絶えることなく聞こえる。松やヒノキの割り木は投入する度に炎にのみ込まれ、近くの穴から炎が噴き出す。長さ1・5メートルの竹も火花を上げてすぐに燃え尽きた。
 距離を取ってのぞくと、人が入れるほどの大作「五石甕(ごこくがめ)」(焼成前の高さ1・65メートル、胴径1・4メートル)がうっとりするようなオレンジ色に輝いて見えた。
 小穴は左右それぞれに96カ所あり、すべてに番号がふられている。作業は2人一組で行い、「温度にむらが生じないよう、左右で息を合わせて同時に進めていく」と、弟子の吉田多喜子さん(46)=瀬戸内市。薪を足す時も、大窯の反対側にいる相方に、その場所の番号を知らせてからくべる。
 窯内は正面の焚き口から約20メートル付近の温度が1200度に達していた。最上部の「けど」近くも600度。「傾斜した窯の中を今まさに炎がうねりながら登っている」と、作業に目をやる森さんが力を込めて言った。
 用意した薪4千トンはすでに半分を使用。窯焚きは順調に進み、大窯の表面に数十センチから1メートル程度のひび割れがいくつもできた。大窯は耐火れんがを3層に重ね、厚さ50センチに仕上げたといい、森さんは「まるで地殻変動のようなひびで、十分に焼けている証明でもある。これが大窯が蓄えた熱の力なのか、本当に驚かされる」と話している。
 窯焚きは4月中旬までには完了し、3カ月掛けて冷却。7月から窯出しを始める予定。
 大窯プロジェクト
 森陶岳さんが1970年ごろ着手。集大成となる新大窯は、全長50メートル前後の窯2基での経験を基に2000年から8年かけて築造した。「五石甕」など大甕97点と大小のつぼなど数千点を詰め、1月4日に火入れ。今月22日から横焚きが本格化している。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 森陶岳さん「新大窯」の焚き佳境 岡山 | 更新情報をチェックする

岡山大、論文不正なしとHP公表

岡山大、論文不正なしとHP公表
岡山大学 2次試験.jpg
岡山大は27日、教員が執筆した研究論文計31本に流用、ねつ造といった不正行為があるとする学長宛ての内部告発があり、調査の結果、いずれも不正はなかったとホームページ上で公表した。
 岡山大によると、内部告発は2013年12月と14年3月に寄せられ、規程に基づき予備調査を実施。5本については弁護士らを交えた調査委員会で本格的な調査を行ったが、不正は見当たらなかったとしている。この5本のうち1本には掲載画像の誤りが見つかり、故意ではないとして執筆者に訂正を勧告したという。
 今月上旬、報告書をまとめた。告発者からは不服申し立てがあったが、学内の不服審査委員会は再審理の必要性はないと判断したという。
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:01| Comment(0) | 岡山大、論文不正なしとHP公表 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。