2014年05月09日

備中高松城跡 大河で脚光 資料館来館者、初の月3000人超え 岡山

備中高松城跡 大河で脚光 資料館来館者、初の月3000人超え 岡山
///////
Okayama more than 3,000 people a month limelight museum visitors , for the first time in Bitchutakamatsu Castle Ruins river

■ Stage " Mizuzeme " and " China large -back "

In the land of Samurai Kuroda Kanbee Yukari is noted in the broadcast of NHK Taiga Drama " Kanbee strategist " , the number of tourists to the ruins of a castle Bitchutakamatsu ( Okayama city north district ) is increasing . March this year , the number of visitors of orthotopic " Takamatsu Castle park museum " recorded the best month of about 3,400 more than three thousand people for the first time . As a stage " Mizuzeme " and " China University ebb " , attention of the castle ruins is rising . Officials are expected to be " more than and even after the broadcast of Mizuzeme " .

Doshiro is a stage that is Kanbee made ​​a name as a genius strategist at " Mizuzeme ", it is advised to " China large -back " , was a world dictated collar Toyotomi Hideyoshi . Such as part of the levee 's only remains now, or around castle ruins become the park , to display the reproduction model of Mizuzeme in the same museum of the park .

According to the same museum , number of visitors increased significantly since November last year of drama aired before . Record 20,000 people a little less than 25 fiscal year, increased 8,000 or more from the previous year . More than 70% of the visitors with tourists from outside the prefecture , from Fukuoka Prefecture and Hyogo Prefecture , and from the central region in recent years , visiting from local Toyotomi Hideyoshi and colleagues Kanbee that stands out earlier this year .

Six Inoue Masami representative of the museum steering committee ( 76) et al have done a guide of the park in shifts , but the busy state " hand will not turn even out every day , asking for foreign players from outside " and I followed .

Airing Takamatsu-jo Mizuzeme is the June around . Inoue are welcome " interest from collecting led him to opportunity to live that are not parts as samurai Soji Shimizu of . Lord good thing " he said.
///////
備中高松城跡 大河で脚光 資料館来館者、初の月3000人超え 岡山

 ■「水攻め」「中国大返し」の舞台

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放映で戦国武将・黒田官兵衛ゆかりの地が注目される中、備中高松城跡(岡山市北区)への観光客数が増加している。同所の「高松城址公園資料館」の来館者数は今年3月、初めて3千人を超えて約3400人の月間最高を記録。「水攻め」「中国大返し」の舞台として、同城跡の注目度があがっている。関係者は「水攻めの放送後はさらに増えるのでは」と期待している。

 同城は「水攻め」で官兵衛が天才軍師として名を挙げ、「中国大返し」を進言し、豊臣秀吉の天下獲りを決定づけた舞台とされる。現在は堤防の一部などが残るのみだが、城跡や周辺が公園となり、園内の同資料館で水攻めの再現模型を展示する。

 同資料館によると、ドラマ放映前の昨年11月から来館者数が大幅に増加。平成25年度は2万人弱を記録し、前年度から8千人以上増加した。来場者の7割以上が県外からの観光客で、今年初めは兵庫県や福岡県から、最近は中部地方からと、官兵衛や豊臣秀吉らの地元からの来訪が目立つという。

 同館運営委員会の井上正美代表(76)ら6人が交代で同公園の案内を行っているが、「毎日出ても手が回らなくなり、外部から助っ人を頼んでいる」という多忙な状態が続く。

 高松城水攻めの放映は6月ごろとされる。井上さんは「関心が集まるのは良いこと。城主の清水宗治の武士としてのぶれない生き方を知らしめる好機」と歓迎している。
///////
岡山の城(備中高松城跡)地図
岡山の城(備中高松城跡)地図

岡山県(117)の城・城跡とライブカメラへ
岡山県(117)の城・城跡とライブカメラ
///////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:28| Comment(0) | 備中高松城跡 大河で脚光 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。