2014年05月12日

岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」

岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」

以下の記事


Okayama Vivre, in the history of '35 curtain of a "moment"

The following article
//////
okayamai @ okayamai
Okayama Vivre! I thank you! Vivre closed. "Location of youth in Okayama" It was a "place of young people in Okayama!" So long! Thanks a bunch! pic.twitter.com/5iNNdklGUP # # okayama # Okayama Okayama Vivre
Vivre wonder if young people who gather in Okayama!
(Thanks to mother with Mother's Day)

//////
Twitter

okayamai ?@okayamai
岡山ビブレ! ありがとうな!ビブレ閉店。 「岡山の青春の場所」「岡山の若者の場所」だったね! さようなら!ありがとう! pic.twitter.com/5iNNdklGUP #岡山 #okayama #岡山ビブレ
岡山の若人集うビブレかな!
(母の日に母とともに感謝)
//////
Curtain the site is considered commercial facility field Okayama Vivre , in the history of '35

The 11th , I finished the last day of business , commercial facilities large and ion distribution group " Okayama Vivre " ( Okayama city north district Saiwaicho ) drew the curtain in the history of '35 . The group , scheduled for opening large shopping center " Aeon Mall Okayama " of ( same Shimoishii ) in November at JR Okayama Station south across the road . Vivre the site to investigate the use of measures in view to a new commercial facility .

There is a " Sale Everything Must Go " This day , I was busy all day . Part woman visited by a family of three ( 37 ) = city = said, " it is through well in OL era trendy clothes is rich . It's no longer the lonely " he said.

After closing of 19:00 , ceremony in front of the main entrance . Greetings Ochi Hiroyuki curator "We are grateful that we were able to contribute to the development of the culture of Okayama through the sales of '35 " before the shopper . The bow with employees , and took down the shutter .

1979 , The facility opened as " Nichii Okayama store" . Fashion expert " Okayama Vivre " and , ion retail 've been in operation since 2011 to '86 .

Yes ( first floor above ground five floors underground , 22 stores) is Building B Clothing and Accessories ( 1 ground floor 4th floor underground , 12 stores) and A Museum bookstores and outdoor equipment store to enter the premises of 8090 square meters , floor space meter 16,240 square meters . Had sales of about 10 billion yen of fiscal 1997 peak , but competition from other stores , I was reduced to about half in recent years .

Ion Mall on the site , indicating its intention to re- development in conjunction with the development of " Aeon Mall Okayama " . ( Sanyo newspaper )

//////
岡山ビブレ、35年の歴史に幕 跡地は商業施設視野に検討

流通大手・イオングループの商業施設「岡山ビブレ」(岡山市北区幸町)は11日、最終日の営業を終え、35年の歴史に幕を下ろした。同グループは、道路を挟んだJR岡山駅南で11月に大型ショッピングセンター「イオンモール岡山」(同下石井)の開業を予定。ビブレ跡地は新たな商業施設も視野に活用策を検討する。

 この日は「売り尽くしセール」があり、終日にぎわった。家族3人で訪れたパート女性(37)=同市=は「流行の服が豊富でOL時代によく通った。なくなるのは寂しい」と話した。

 午後7時の閉店後、正面玄関前でセレモニー。買い物客を前に越智浩行館長が「35年の営業を通じ岡山の文化の発展に貢献できたことに感謝しています」とあいさつ。従業員と一礼し、シャッターを下ろした。

 同施設は1979年、「ニチイ岡山店」として開業。86年にファッション専門の「岡山ビブレ」となり、2011年からイオンリテールが運営してきた。

 8090平方メートルの敷地にアウトドア用品店や書店などが入るA館(地上4階地下1階、12店)と衣料、雑貨のB館(地上5階地下1階、22店)があり、売り場面積計1万6240平方メートル。ピークの97年度は約100億円の売り上げがあったが、他店との競争激化で、ここ数年は半分程度に減少していた。

 跡地についてはイオンモールが、「イオンモール岡山」の整備と併せて再開発する意向を示している。(山陽新聞)
//////

//////


//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:30| Comment(0) | 岡山ビブレ、35年の歴史に幕の「瞬間」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。